フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NHK元ディレクターのシャブ裁判 | トップページ | 事件本体に近い、7人目の被告人! »

2012年11月 8日 (木)

罰金70万円は酒酔いか

 ほぉ~、これはマニア的に興味深い報道だ。以下は7日付け産経新聞。

呼び出し無視…悪質交通違反者59人逮捕 大阪府警
 大阪府警交通指導課は7日、再三の呼び出しに応じなかったとして、10月30日から11月5日にかけて、悪質な交通違反者59人を道交法違反容疑で逮捕したと発表した。府警は出頭を促すため、悪質違反者に対して逮捕状の一斉執行を予告していたが、出頭してきたのは2人だけだったという。
 同課によると、逮捕容疑の内訳は、速度超過(25人)▽信号無視(16人)▽運転中の携帯電話使用(4人)など。
 また、このほかに罰金を納付しなかった31人の収容状も執行。うち4人は罰金を払えず、大阪拘置所で1日5千円換算の労役についた。罰金の最高額は70万円だった。

 まず、「反則金払わず逮捕」という、誤解を招く言い方が、珍しくどこにもない。「再三の呼び出しに応じなかった」ことは逮捕の理由になり得る、拙著『最新版 なんでこれが交通違反なの!?』のとおりだ。

 次に、逮捕状の執行を予告されて出頭してきたのが2人ってのは、なんかすごい気がする。日本乃至大阪の、根底のところで、質の変化が起こってる、つーのは、いくら何でも考えすぎ?

 そうして、「罰金の最高額は70万円sign01
 記事からは、交通違反の罰金額と読める。酒酔い運転の罰則は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。70万円は、酒酔いなのかなぁ。普通車を酒酔いで無免許運転して、50万+20万円=70万円? それだと公判請求されておかしくないけど、よっぽど良い情状があったんだろうか。違反者は医師で、執行猶予付きでも懲役刑は医師免許に影響するからと、早くに有能な弁護士に依頼し、公判廷でやる情状立証を起訴前にぜんぶぶつけたとか? 嗚呼、マニアの妄想は果てしなく続くのであった。sad

※ 酒酔いの公判請求、略式命令請求、不起訴の件数が分かれば、大いに参考になる。そんなデータはないと思ってた(何年か前、東京地検でないと言われた)が、なんと最近、集計するようになったんだね、びっくりsign01 無免許、酒気帯び、速度違反のデータと併せ、11月10日(9日?)発売の『ザッカー』、「お宝行政文書を斬る」のコーナーに書いたよん。

« NHK元ディレクターのシャブ裁判 | トップページ | 事件本体に近い、7人目の被告人! »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。