フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の10件の記事

2012年12月23日 (日)

交通事故死者、計上漏れ、全国へ拡がるのか?

交通事故死者、計上漏れ 愛知県警、毎年数十人単位か
 交通事故死者数が全国最多の愛知県警で、死亡事故や人身事故の計上漏れが昨年まで、長年にわたって続いてきたことが県警への取材でわかった。県警は、記録が残っている過去約10年分について洗い出しを進めている。死者数だけでも各年で数十人上乗せされる見込みで、年明けにも修正・公表する方針だ。県警は、意図的な改ざんなどは否定している。
 愛知県では昨年1年間に約5万件の人身事故が起き、死者は225人と全国最多。それ以前も長年、死者数最多が続いてきた。交通白書を修正する必要が出てくるのは必至で、交通事故統計の信頼性が損なわれる事態となる。
 愛知県警では踏切事故や、自転車、自動車などの単独事故などで自殺や病死が疑われる場合、交通事故とは扱わず、統計に計上してこなかった。

 と12月23日付け朝日新聞。
 少なく計上したにも関わらず「長年、死者数最多が続いてきた」のでは、意味なーいじゃーん、と笑って済ませられる話じゃないかも。
 事故死者数を正しく把握せず、したがって現状に即した効果的な対策をとることができなかったため、死者数最多が続いてきた、と解釈することもできる。

 てゆっか、なんでこんなことが発覚したんだろう。そこが気になる…。

 シートベルト違反の誤摘発みたいに、「調べてみたらうちの県警でも」ってことが続々と出てきたりして。
 既発表の統計データを、いったいどう訂正するのか。困るんだよねぇ。

 以下は21日付け毎日新聞、の一部。これも、取締り件数のデータを訂正…する必要はないか。取締りが行われたことは事実なんだから。

<栃木県警>速度違反で誤測定 4136件を取り消し
 栃木県警は21日、宇都宮市で昨年7月~今年5月、宇都宮東署員が自動車の速度を測る装置の設置角度を間違え、計4136件を誤って速度違反として摘発したと発表した。県警はすべての処分を取り消す。
 県警によると、複数の担当署員がレーダー式の速度測定装置を設置する際、角度を勘違いしていたため約8%速度が上がった状態で計測していたという。
 摘発した4136件のうち429件で罰金刑などが確定済みで、宇都宮地検は再審請求し、無罪求刑する方針。また、4人が免許取り消し、483人が免許停止処分を受けており、県警は日数に応じた慰謝料の支払いなどで補償するという。

 以下は10月4日付け毎日新聞、の一部。

全国優良警察職員表彰:県警運転免許課・赤池警部補、警察庁長官賞詞を受賞 /山梨
 優秀な警察職員を対象にした「全国優良警察職員表彰」で、県警運転免許課試験第1係長の赤池常雄警部補(56)が「警察庁長官賞詞」を受賞した。県警本部で3日、真家悟本部長への報告が行われ、赤池警部補は「先輩や同僚、部下ら皆に感謝しています」と喜びを語った。

 お~、すごいじゃないですか、おめでとうございます、と言いたいところなのだが、記事中にこうあるんだね。

 …交通機動隊の白バイ隊に20年在籍するなど主に交通畑を歩んだ。年間の交通違反取り締まり件数で県内トップの実績を上げたこともあり…

 実績稼ぎの取締りでドライバー、ライダーに反警察感情を植え付けてたりして…。

 さて、いよいよ25日(火)、2012年度(統計年度)の裁判傍聴ライフ、最後の週に突入するっ、大変だっsign01 じゃねっ。

2012年12月21日 (金)

職務質問・交通取締りのここがおかしい!電話相談会

 こういうのがありますよ~。

12/12/22(土)職務質問・交通取締りのここがおかしい!電話相談会
納得できない職務質問、納得できない交通取締りについての相談会です。悪質な犯罪の摘発や危険な車の運転を取り締まろうとすることは当然です。しかし、実際には、犯罪に無関係の人が違法な職務質問の餌食になったり、まるで揚げ足取りのような陰湿な交通取締りに不快な思いさせられたり、という人たち向けです。現場の警察官からの相談にも対応します。深刻な事案については、後日、個別相談にも応じます。

日  時:2012年12月22日(土)午前10時~午後4時
場  所:さくら通り法律事務所
電話番号:03-3353-3399
相談担当者:警察ネット協力弁護士
チラシhttp://www.ombudsman.jp/policedata/121222.pdf

 以下は警察官職務執行法第2条。

(質問)
第二条
 警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。
 その場で前項の質問をすることが本人に対して不利であり、又は交通の妨害になると認められる場合においては、質問するため、その者に附近の警察署、派出所又は駐在所に同行することを求めることができる。
 前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。
 警察官は、刑事訴訟に関する法律により逮捕されている者については、その身体について凶器を所持しているかどうかを調べることができる。

2012年12月20日 (木)

背がぎざぎざの、でっかいナイフ!

 以下はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第939号より著者(って私だよっ)の許可を得て一部抜粋。

 続いて、ナイフ本体を“展示”した例の透明プラケースを、検察官が両手でうやうやしく差し上げた。
 背がぎざぎざの、でっかいナイフsign01 普通のナイフがイワシ級なら、これは丸々太ったクジラ級? 刃体長は30cmだっけ38cmだっけ。
 そのナイフを、一段高い法壇から見下ろす裁判員は、ぎょっ、全員女性sign01

 東京地裁の裁判員裁判「殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反」の第1回(12月12日)のことである。その後、私は傍聴しなかった。

 今日(12月20日)、15時00分から判決…の予定だったのだが、15時30分に延び、なんと16時00分に、ずるずる延びたのだsign01
 いったい何があったのか、最後の最後まで判決が決まらなかったのか。

 以下は20日19時39分付け読売新聞の一部。

渋谷駅サバイバルナイフ刺傷、懲役10年の判決
 東京メトロ副都心線の渋谷駅で今年5月、体がぶつかった男性の首などをサバイバルナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた会社員■■■■被告(33)の裁判員裁判で、東京地裁は20日、懲役10年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

 伝聞のまた伝聞の情報なのだが、未決算入は110日だったらしい。
 ずるずる延びた事実やその理由は、現時点では報じられてないようだ。最後の最後まで判決が決まらなかったとすれば、それは「評議の秘密」ゆえ極秘なのだ。

 ほんとは傍聴人が法廷で見ることができた部分が、「公判前整理手続」で密室へ潜るし、弁護人がジャーナリストに検察書証(たとえばオービスの点検成績書とか)を見せるのは罰則の対象になったり、どんどん裁判の検証が困難になっている。
 裁判員制度の目的はなに? それは、裁判員法の第1条に明記されてる。

(趣旨)
第一条  この法律は、国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することにかんがみ、裁判員の参加する刑事裁判に関し、裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)及び刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の特則その他の必要な事項を定めるものとする。

 つーことでメルマガ次号(第945号)は、何の話にしよう。いろいろあって悩む。「詐欺未遂」、オレオレ詐欺の受け子の見張り役の、真っ向否認にしようかなと。明日朝までには送信できると思う。お楽しみにっ。happy02

2012年12月18日 (火)

ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの…

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」(年末年始と日曜を除く毎日配信。月105円、1号あたり約4円)の創刊は2009年12月。
 丸3年、よっく続いたもんだと我ながら感心する。おかげさまで、じつはかなりの人気メルマガになっていたと、先日判明した。ありがとうございます。

 いま購読登録すると、12月1日からの既発行号がどどっと送信され、それから月末までの号がゆっくり送信されます。
 12月末までに購読解除すれば、以上は全部無料。
 購読解除しなけば、来年1月のぶんから月105円が課金される、そういうシステムになっております。スマホでも読めます。よろしくね~。
 12月1日~17日の既発行号は以下のとおり。

第942号 ショタ動画のDVD販売、おとり捜査で逮捕
第941号 傍聴人は厳禁の帽子、裁判員はOKとは!
第940号 東京地裁、恐怖の“埋め尽くし傍聴”!
第939号 裁判員を見て思う、ニッポン、大丈夫なのか!
第938号 偽造通貨拾得後知情行使、ヘンワ21号
第937号 いきなりこんなものボーンと出されて
第936号 平成陛下と極めて仲良く親交があり
第945号 無銭飲食の被告人はグルメライター?
第934号 失踪宣告の裁判が確定し無戸籍の被告人
第933号 窃盗の被告人はアメリカの弁護士資格あり
第932号 待ち伏せ取締りの一部始終を法廷で上映!
第931号 時速133キロで走った記憶はあるますん…
第930号 可愛いお嬢さんが「陰茎」「自慰行為」と
第929号 ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの…

 第929号は、被告人の前科は自動車運転過失傷害で懲役2年4月と検察官が言い、禁錮でなく懲役で実刑とは重い、そんな交通事故なら報道されてるはず、そう思ってネット検索したら、うわぁ…という話。

 風呂で『週刊アサヒ芸能』を読んでたら、『宗教とカネ 』について「彼らが、どのように信者を獲得して莫大な財力を持ったのか。信者の自尊心をくすぐる集金システムとは?」などと。

 そして『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 』について、これは永江朗さんが「全世界で6000万人の女たちが股間を濡らした小説がこれだ! 書店で買うのは恥ずかしいからと、電子書籍が普及するきっかけにもなった小説である」などと。主人公は「アナスタシア」、21歳なんだそうだ。へぇ~。

2012年12月16日 (日)

最高裁の裁判官を判決で選ぼうとするのはバカである

 どうにも忙しくて、こんな時刻になってしまった、うぅ。

 急ぎ、言っておきたい。最高裁判所裁判官の国民審査、
  「この裁判官はこんな判決をしたから」
  「いやいや、こんな判決も出してますぞ」
 とか選ぼう(選ばせよう)とする連中は、バカであるっ。バカがバカって言っちゃいけない? ま、そうなんだけど、この際もういいやっ。

 あんなものは「最高裁の裁判官は国民の信任を得てます」というタテマエを維持するための装置にすぎないっ。
 そんな装置を設け続けてること自体に、大きな「×」印なのだっ。 ※ただし、枠内にきちんと「×」のみを書かないと、信任の意思に数えられてしまう仕掛けなんだそうで、ご注意を。

 それから、戦争のこと。自力で自国を守れる国に、という考え自体に異議を言うつもりはない。
 ただし、戦争ってのは、とうとう戦端が開かれました、バリバリ、ドカーン、ギュイーン、ボカーン、敵兵をこれだけやっつけました、当方にもこれだけの戦死者が出ました、だけが戦争じゃないんだょ。
 戦争は、敵国との交戦があってもなくても(普通はなかなかないでしょ)、交戦に倍する国力を、自国民を縛るっていうか、そっちへ向けるんだょ。敵国と勇ましく戦うだけが戦争と思ったら大間違いだっ。
 じゃあどういう国になるのか、自民党の「日本国憲法改正草案」には、そのへんが随所に見てとれる。ビックリしゅるよっ。
 ちなみに、これはカーラジオのニュース解説で聞いたんだっけか、中国は、莫大な軍事費よりもっと多く、国民を押さえ込むことに出費してるんだそうだ。

 今回の衆議院選挙、どこに政権を取って欲しい、ではなくっ、どこにだけは政権を取らせたくないか、という選択なのだと思う。
 我々には、どうせダメな政党か、最悪の政党か、どっちかの選択肢しかないのだ。そうして、どっちも選びたくねーよと棄権する国民が多ければ、最悪の政党が政権の座に着くのだっsign01

 さぁ、歯を磨いて寝よう。じゃね~。

2012年12月12日 (水)

「少しマシ」がぐずぐずで絶望したからと「最悪」を選び直す

 誰が首相になろうと同じだ、と昔から言われてきた。政権が交代しても同じ、と多くの方が感じてるんじゃなかろうか。

 日本国を動かすのは有機官僚体、すなわち権力と税金が集まり凝縮して熱を帯び、やがて生まれた、意思を持つ生命体。
 ゆえに、首相が誰だろうが、政権党がどこだろうが、変わらないのである。 ※あと、アメリカの意思というのがあるようだが、私は詳しくないので捨象しとく。

 一方、ほとんどの議員の目的は、議員になることそれ自体だという。選挙になると議員は燃える。自分とこの議員を多く当選させようと燃える。
 それ自体が目的ゆえに、政策がころころ変わったりするのである。

 選挙で勝利するために、誰とくっつき、誰を党首とするか。その競争が大好きなのが、テレビ、新聞の政治部だ。
 国民は易々(やすやす)と乗せられ、あたかも、誰に投票するかで国が変わる、議員が国を最良の形に変えてくれるかに勘違いしてしまう。

 私はね、自民党より民主党のほうが少しはマシと思ってる。
 敦賀の原発の下に活断層があって危険だとか、自民党の政権下では絶対に出てこないでしょ。交通安全協会が独占してた運転免許の更新時講習が、入札になり、コンサルタント会社が落札しちゃうなんて、自民党の政権下じゃ絶対に起こり得なかったでしょ。

 国民には「最悪かそれより少しマシか」の選択肢しかないのであって、「少しマシ」がぐずぐずで絶望したからと「最悪」を選び直す、それこそ絶望の選択である。

 先日、ある弁護士さんから教えられ、つかプリントアウトしてもらい、自民党の「日本国憲法改正草案」を見た。ぶっとんじゃったよ。

 憲法は、国に対する基本的な縛りを定めたものだ。国民の自由とか権利とか、それは言うまでもなく、国家との関係におけるものだ。
 ところが自民党は、どうやら、国(=自民党政権)が国民を縛り統治するための基本法、として捉えてるんだね。そのことが随所に見てとれる。
 
 第6条第5項なんか、オイオイ、天皇陛下を人寄せパンダに使おうってのかょ、だし。

 こんな自民党が今回の衆院選で圧倒的多数を獲得するのかと思うと、心底震撼する…。

 甚(はなは)だ雑駁(ざっぱく)ではありますが、そんなところで。今日は運転免許カンニング事件の、主犯格とされる中国人の判決があるのだよっ、見逃せないっ。

2012年12月 7日 (金)

87歳、前科19犯、8歳女児にチューを迫り

 ところで、以下はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、第149号(2010年5月22日発行号)「87歳、前科19犯、8歳女児にチューを迫り」より、著者(って私だよっ)の許可を得て一部転載。改行位置等若干変更。なぜ突然転載したのかは内緒。coldsweats01

     snail    chick

未成年者略取】 新件/10:00~11:00/東京地裁・刑事2部/田村政喜裁判官/529号法廷(20席)

 10時の段階で、傍聴席は16席まで埋まった。
 被告人は身柄、拘置所(刑務官の1人は“ディック・ミネ”氏)。アシックスの紺のジャージに、ジーンズ。両方とも、汚れてる風。見るからに、すっげぇ爺さん、という感じ。生まれは大正12年1月、87歳sign01
 受け口を半開きにしていて、口を閉じると、歯が全部ないのか、見事にくしゃっとなる。昔、“くしゃおじさん”というのがあったが、あれを30~40歳フケさせた感じ。

 検察官は2人。主任はあのイケメン、ホスト男。相検察官は、目ぱっちりの若い男。
 2人とも、そうだ、近ごろの『仮面ライダー』に出そうなタイプ。キャバクラ辺りじゃモテるんだろうなぁ、ムカつくっス(笑)。

 被告人は耳が遠いんだそうで、検察官がどでかい声で起訴状を読み上げた。この事件は「小学生の女の子誘拐しようとした87歳男逮捕」などと報道されてる。
 認否は…。

被告人 「あいっ、(起訴状の内容に間違ってるところは)ありゃせんっ」

 前科19犯。うち、わいせつ事犯は12犯。うち4犯(わいせつ)は本件と累犯の関係、つまり服役を終えてから5年経ってない。

 生活保護を受け、朝から酒を飲み、気が向けば散歩に出る暮らし。病院へ行くためバス停でバスを待っていたところ、可愛い少女(8歳)が。
 いっしょにバスに乗り、可愛いのでチューをしたいと思った。
   「可愛いね」
   「ありがとうございます」
   「どこ行くの」
   「学童の子どもクラブです」
 被告人は少女の手を握り、指をからめて力を入れた。

 少女がバスを降りると、被告人も降りた。手を握って指をからめ、学童保育のほうへ歩き始めた。お年寄りには優しく、と教育を受けていた少女は、嫌だけど逃げなかった。

 路地があり、被告人は少女の手を強く引っ張って路地へ。ちょっと奥まったところへ少女を引っ張り込み、○○ビルの出入り口前へ少女を押し込み、顔を近づけてチューをしようとした。
 少女は逃げたが、被告人は手を離さず、強く引っ張った。通りがかりの男性(67歳)が不審に思い、「知ってる人なの?」と少女に声をかけ…。

 逮捕後の飲酒検知によると、アルコールは0.36mg。酒を飲むと、わいせつなことをしたくなり、前科はすべて飲酒時らしい。

 当然、その男性が通りかからなければ、被告人はどこまでやったか、という話になる。しかし被告人は、チューをしたら病院へ行くつもりだったと、笑うのだった。

検察官 「あなたっsign01 本当に反省してるんですかっsign01 だったらなぜっsign01 この法廷で笑うんですかっsign01

被告人 「なんですか、笑い上戸(じょうご)っていうんだか何だか、笑うんですね」

検察官 「裁判のたびに、被害者に対して同じようなこと(謝罪を)言ってますねsign01 なぜくり返すんですかっsign01

被告人 「は?」

検察官 「なぜくり返すんですかっsign01

被告人 「お酒飲んで、忘れちゃうんですね」

検察官 「ではなぜ、お酒を飲むんですかっsign01

被告人 「あそれは………………」

検察官 「わかんないんですかっsign01

被告人 「あ……………」

検察官 「そしたら、ヤメられないですねっsign01

被告人 「いや今度はヤメます」

 そのあたりまでは、被告人は何とか答えていたが、そのうち、何を問われても“貝”になってしまうのだった。相検察官がこう尋ねた。

検察官 「また福祉のお世話になる…具体的にどこに住むんですか」

被告人 「前の■■区に」

 こういう犯罪では、付近へはもう立ち入らないとか言うのがお約束だろうに、出所したらまた同じところに住むんだという。
 裁判官は前の事件のことを尋ねたが、被告人は「わかんない」。

 求刑は懲役2年。判決は5月28日(金)10時10分からと決め、11時04分閉廷。

 傍聴人がぞろぞろ出ても、黒いスーツの男女だけ、立ったまま動かない。修習生? いや、男性のほうが女性の肩に手を回したょ。こんなとこでラブラブ?
 違ったsign01 女性のほうは激しく泣いているのだった。被害少女の両親か…。
 8歳の可愛い娘が、あと一歩で、強制わいせつ致傷等の被害者になったかもしれないのだ。にもかかわらず、被告人には反省が見られない。出所したらまた戻ってくるという。そりゃあ…。

     snail    chick

 判決は懲役1年8月、未決10日算入

2012年12月 6日 (木)

傍聴マニアの忘年会は新年会に!

 傍聴マニアの大忘年会、すみませんっ、年内は私が無理ですっ。仕事の原稿について、年内に、それも早めにとの依頼が複数あり…。
 昨年と、いや今年と同様、新年会ってことにさせてください~。

 今日の東京地裁は団体が、つか黒スーツの男女が多かったね~! 主に黒スーツの男女が傍聴席をほとんど埋め尽くしてる法廷を、いくつも見た。もしかして、合計200人くらい、あるいはもっと、来てた? ※地方の裁判所で傍聴されてる方は想像もつかないでしょうけど、東京地裁は常軌を逸してるのだ!

 こういう事態に遭遇して私は、昔テレビで見た、バッタの大群が空を埋め尽くし、作物を食い尽くしていくシーンを思い浮かべる。
 いや、その団体や、とくに団体の構成員個々人に恨みがあるわけじゃ全くないけど、裁判傍聴マニアとしてはそんなことを思い浮かべてしまうって話。

 とか寛容なことを言ってられるのは、たぶん、今日の私はほとんど簡裁(東京簡裁)に居たから。
 今日の簡裁は、いろいろ興味深い事件があった。被告人は外国の弁護士資格を持ってるとか、失踪宣告をされてるとか、オービス否認事件の緻密で熱い弁論とか。でも傍聴人は私1人、または数人程度、簡裁はいいな~。
 じっさい、簡裁だけのマニア氏もいる。大したもんだと思う。団体に心かき乱される私は恥ずかしいのかも…。

 ところで、ここんと外山恒一さんのサイトからのアクセスが増えている。やっぱ都知事選だから、なんだろうねぇ。
 外山恒一さんの2007年の政見放送、左のリンクをつけるために開き、ちらっと見てみた。もう最後まで見てしまった。リンク先のURLはこれだ。
 
 http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=l2C9lv5t0yQ

 腹を揺すって笑い、パソコンの前で拍手しちゃった。すっぱらしいパフォーマンスだと思う! さぁ、メルマガへ戻らねば。じゃねっ。
 

2012年12月 5日 (水)

待伏せ取締りの一部始終

 今日、凄いのを見ちゃった。傍聴マニアとなって丸10年、あんなの初めて見たよ。何って? 私がメモできたところによれば「目白署地域課、イイクラヒロノリ巡査部長、28歳」の待伏せ取締りに引っ掛けられ、公務執行妨害でネジ伏せられるまで、淡々と撮影された映像と音声だ。なんでそんなものが法廷へ出てきたのか? 詳細はメルマガで。

 こういうのが埋もれてるから、裁判傍聴はヤメられない、止まらない。

 来週の東京地裁は、月~水だけで裁判員裁判が7件も出てくるっ。事件番号はぜんぶ今年。年内に在庫を少しでも片付けとこうってことなのか。
 1件は「強姦致傷」。1件は被告人が女性名。その2つの法廷の傍聴席は合計104席。なぜそんなことを数えるのか、秘密っ。じゃねっ。

※ これで2記事連続アフィリエイトを貼ってない。パソコンの調子が悪くて晴れないのだ。絵文字も使えない。ツイッターも書き込めない。この先どうなるんだろ…。

2012年12月 3日 (月)

裁判傍聴マニアの大忘年会、どうしましょ

 「中1球児お手柄!「振り込め詐欺」の現場撮影」と10月12日付けサンスポ。記事中にこんな部分が。

 
 女性が表書きに「100(万円)」とメモ書きした紙袋2つを男に渡していたところ、たまたま野球部の部活に向かうため、同駅に来た生徒2人(12歳と13歳)が目撃。不審に思い、1人が撮影し、すぐ110番した。
 大森署によると、2人は「女性は慌てた様子で『大切なものなのでよろしくお願いします』と頭を下げていた。振り込め詐欺と思った」と話したという。生徒2人は犯人の逮捕を聞き、大変驚いた様子だったという。2人には、警視庁副総監から感謝状が近く授与されるという。

 へぇ~、そんなことがあったんだぁ。
 10月12日の記事をなぜ今頃知ったか。12月3日、傍聴予定を立てるため被告人氏名を検索してたらヒットしたのだ。事件名は「詐欺未遂」。時期的にも、たぶんその事件と推認することができる。
 逮捕の端緒が珍しいし、その撮影画像が甲号証に含まれるのか、傍聴してみる? いやいや、んなこと言ってるとキリがない。東京地裁は、いろんなヒットのある事件が毎週続々と出てきて、あっという間にもう12月、信じらんない。shock

 つーことで恒例、裁判傍聴マニアの大忘年会(裁判官、書記官、事務官、検察官、弁護士等も参加自由)、そうですねぇ、12月14日(金)か12月21日(金)、今年の新年会と同じスタイルでと、いちおう考えてます。
 でも、忘年会はヤメて新年会にするか、諸氏の御意見等うかがいつつ決めようかと。よろしくお願いします~。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »