フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「少しマシ」がぐずぐずで絶望したからと「最悪」を選び直す | トップページ | ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの… »

2012年12月16日 (日)

最高裁の裁判官を判決で選ぼうとするのはバカである

 どうにも忙しくて、こんな時刻になってしまった、うぅ。

 急ぎ、言っておきたい。最高裁判所裁判官の国民審査、
  「この裁判官はこんな判決をしたから」
  「いやいや、こんな判決も出してますぞ」
 とか選ぼう(選ばせよう)とする連中は、バカであるっ。バカがバカって言っちゃいけない? ま、そうなんだけど、この際もういいやっ。

 あんなものは「最高裁の裁判官は国民の信任を得てます」というタテマエを維持するための装置にすぎないっ。
 そんな装置を設け続けてること自体に、大きな「×」印なのだっ。 ※ただし、枠内にきちんと「×」のみを書かないと、信任の意思に数えられてしまう仕掛けなんだそうで、ご注意を。

 それから、戦争のこと。自力で自国を守れる国に、という考え自体に異議を言うつもりはない。
 ただし、戦争ってのは、とうとう戦端が開かれました、バリバリ、ドカーン、ギュイーン、ボカーン、敵兵をこれだけやっつけました、当方にもこれだけの戦死者が出ました、だけが戦争じゃないんだょ。
 戦争は、敵国との交戦があってもなくても(普通はなかなかないでしょ)、交戦に倍する国力を、自国民を縛るっていうか、そっちへ向けるんだょ。敵国と勇ましく戦うだけが戦争と思ったら大間違いだっ。
 じゃあどういう国になるのか、自民党の「日本国憲法改正草案」には、そのへんが随所に見てとれる。ビックリしゅるよっ。
 ちなみに、これはカーラジオのニュース解説で聞いたんだっけか、中国は、莫大な軍事費よりもっと多く、国民を押さえ込むことに出費してるんだそうだ。

 今回の衆議院選挙、どこに政権を取って欲しい、ではなくっ、どこにだけは政権を取らせたくないか、という選択なのだと思う。
 我々には、どうせダメな政党か、最悪の政党か、どっちかの選択肢しかないのだ。そうして、どっちも選びたくねーよと棄権する国民が多ければ、最悪の政党が政権の座に着くのだっsign01

 さぁ、歯を磨いて寝よう。じゃね~。

« 「少しマシ」がぐずぐずで絶望したからと「最悪」を選び直す | トップページ | ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの… »

日記」カテゴリの記事