フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの… | トップページ | 職務質問・交通取締りのここがおかしい!電話相談会 »

2012年12月20日 (木)

背がぎざぎざの、でっかいナイフ!

 以下はメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第939号より著者(って私だよっ)の許可を得て一部抜粋。

 続いて、ナイフ本体を“展示”した例の透明プラケースを、検察官が両手でうやうやしく差し上げた。
 背がぎざぎざの、でっかいナイフsign01 普通のナイフがイワシ級なら、これは丸々太ったクジラ級? 刃体長は30cmだっけ38cmだっけ。
 そのナイフを、一段高い法壇から見下ろす裁判員は、ぎょっ、全員女性sign01

 東京地裁の裁判員裁判「殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反」の第1回(12月12日)のことである。その後、私は傍聴しなかった。

 今日(12月20日)、15時00分から判決…の予定だったのだが、15時30分に延び、なんと16時00分に、ずるずる延びたのだsign01
 いったい何があったのか、最後の最後まで判決が決まらなかったのか。

 以下は20日19時39分付け読売新聞の一部。

渋谷駅サバイバルナイフ刺傷、懲役10年の判決
 東京メトロ副都心線の渋谷駅で今年5月、体がぶつかった男性の首などをサバイバルナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた会社員■■■■被告(33)の裁判員裁判で、東京地裁は20日、懲役10年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

 伝聞のまた伝聞の情報なのだが、未決算入は110日だったらしい。
 ずるずる延びた事実やその理由は、現時点では報じられてないようだ。最後の最後まで判決が決まらなかったとすれば、それは「評議の秘密」ゆえ極秘なのだ。

 ほんとは傍聴人が法廷で見ることができた部分が、「公判前整理手続」で密室へ潜るし、弁護人がジャーナリストに検察書証(たとえばオービスの点検成績書とか)を見せるのは罰則の対象になったり、どんどん裁判の検証が困難になっている。
 裁判員制度の目的はなに? それは、裁判員法の第1条に明記されてる。

(趣旨)
第一条  この法律は、国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することにかんがみ、裁判員の参加する刑事裁判に関し、裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)及び刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の特則その他の必要な事項を定めるものとする。

 つーことでメルマガ次号(第945号)は、何の話にしよう。いろいろあって悩む。「詐欺未遂」、オレオレ詐欺の受け子の見張り役の、真っ向否認にしようかなと。明日朝までには送信できると思う。お楽しみにっ。happy02

« ハンバーガーに毛髪詐欺はあのひき逃げの… | トップページ | 職務質問・交通取締りのここがおかしい!電話相談会 »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。