« 検察が控訴すれば逆転有罪が8割って! | トップページ | 国家が推し進める「司法改革」とは »

2013年3月27日 (水)

女性がおしっこする音を聞きたい、見たい

 この記事も、いつものパソコンのキーボードを押しのけ、借りもののノートパソコンを置き、光回線をつなぎかえてアップしてる。
 慣れないノートパソコンは使いにくく、かつ、じつは手根管症候群で右手の指3本が痺れており、やりにくいったらありゃしない。

 先ほど、いつものパソコンから、メルマガ第1024号の送信を終えた。

 第1025号は、運転免許の行政処分についての行政訴訟の、判決のレポートになる予定。この事件、証人尋問、本人尋問を傍聴したところによれば、違反を認めるに足る証拠が、あらびっくり、ないんだね。それでも処分は正しいとするのが日本の裁判所の役割分担とは思うが、いったいどういう理屈を立てるのか、あるいは、勇敢にも原告(運転者)の請求を認めるのか、わくわくするよぅ。

 第1026号は、あの珍しい事件をレポートする予定。何の事件? こんな公開の場所では言えないっす。傍聴人が押し寄せ、万が一にも俺が傍聴できなかったら大変だし、「こら今井、よけいなこと言うな!」とおっしゃる方々もおいでだろうし。

 第1027号は、スピード違反の再審(検察官が無罪請求)14件を予定してる。

 俺は24時間を、裁判傍聴とメルマガに注ぎ込んでる。そのうえで、雑誌原稿は120%のものを書いてやろうと毎月燃えてるんで、もう大変っ。
 手根管症候群は序の口、脳卒中、心筋梗塞等で、傍聴席で死んで伝説になるなら、それは本望だ、うむっ。 ←裁判所にとっちゃ迷惑なオッサンだよね~(笑)。

 以下は、前回お知らせして以降の、メルマガ記事。

第1024号 再犯を防ごうとする判決は司法権の濫用か
第1023号 あれとこれと差し引き計算すればシャブは損
第1022号 あの裁判官、軽くひっくり返される判決を?
第1021号 友だちは自分のためにお金使えるのに
第1020号 女性がおしっこする音を聞きたい、見たい
第1019号 黒い手袋の男が右手に拳銃を持って侵入
第1018号 法の権威、裁判の威信ってなんすか?
第1017号 ピンクのミニスカートをまくって陰茎を露出

 以下は、これから読もうと思ってる本。こいつ、まだ読んでなかったのか? うぇーん。

« 検察が控訴すれば逆転有罪が8割って! | トップページ | 国家が推し進める「司法改革」とは »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。