フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 検面と員面と巡面 | トップページ | 検察書証を示して裁判を検証することは犯罪! »

2013年4月24日 (水)

少年の交通事件、続々逆送

 4月になって3件、東京地裁で、犯行時少年の交通事件(新件)を傍聴した。
 被告人氏名欄は、1件は「A」、2件は「犯行時未成年」。もしや同一事件の共犯かと思ったが、3件ともまったく別の事件だった。

 少年の交通事件が公判廷へ出てくることは珍しい。最近急に少年の交通事件が起こり始めたとは考えにくい。
 検察が家裁に対し、どんどん逆送するよう舵を切らせたのか、あるいは、これは何かの実験、練習なのか、はたまた単なる偶然の重なりか。

 3件のうち2件は、オービスによる超過80キロ台。やったことはマズく、これで懲役前科1犯になってしまうとはいえ、2人とも、なんつーか見所のある少年だった。俺が19歳のときと比べたらもう…。

 残る1件は「道路交通法違反、自動車運転過失致死」。衝撃の事件だった。父親は、少なからぬ方がご記憶だろう、ある外国人俳優。死亡被害者は少年の親友。そして少年の生い立ちと、その内省ぶりが…。
 勾留中のため葬儀に行けなかった、というところで少年は泣いた。廷吏と弁護人(いずれも美人系)が涙を堪えていた。俺は…。 ※詳しくはメルマガ第1048号。

 明日も明後日も、見逃せない事件が出てくるっ。大変だっ。もう寝ようっ。じゃねっ。

« 検面と員面と巡面 | トップページ | 検察書証を示して裁判を検証することは犯罪! »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。