フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 日本で、韓国で、米軍は慰安婦を買い漁った? | トップページ | 安全意識、原子力と運転者と警察のズレ »

2013年5月23日 (木)

原告も被告も氏名秘匿の宗教内わいせつ裁判

 俺が原告の略称「虚偽記者席訴訟」、5月21日に第2回弁論があった。
 大高裁判において、少なくとも4席が、公判の始まりから終わりまで毎回ずっと空席だったこと、俺のほうで立証すべきなのか、裁判長に尋ねてみた。それは不要だろう旨、裁判長。ほっとしたょ~。coldsweats01
 あと、被告は「国 代表者法務大」なわけだが、谷垣法務大臣はこの訴訟のことを知ってるのか、被告指定代理人の訟務官に尋ねてみたら…。
 その他、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第1072号でご報告した。

 メルマガは、いま購読登録すると、5月の既発行号がどどっと送信される。そのタイトルは以下のとおり。

第1072号 虚偽記者席訴訟、第2回弁論、求釈明をしたよ
第1071号 原因はパラノイア、揺るぎない妄想体系
第1070号 ストーカー放火殺人、裁判員が途中で脱落?
第1069号 赤信号の横断歩道を88歳女性が横断中…
第1068号 未必の故意で落着、これが今風の大岡裁きか
第1067号 東京高裁が告訴した事件を東京高裁が審理
第1066号 カリスマホスト失踪、その携帯電話を埋め?
第1065号 法廷警察権 vs 刑務官の法廷関与権って!
第1064号 刑務所内で公妨を続け長期にわたり服役
第1063号 娘が自殺予告、焦って飲酒無免許で捜しに
第1062号 シャブの追徴金、原審のミスで刑期が減った
第1061号 狼狽の余り間違えてアクセルペダルを踏み!
第1060号 日本刀、据物斬りでは素延のほうが斬れる
第1059号 年金受給者向け売春クラブの女性経営者
第1058号 これぞ裁判員裁判では絶対見られないシーン
第1057号 シャブ売人も「ゆでガエル理論」で客ゲット
第1056号 彼女はすごく愛してくれたと思っています
第1055号 怒羅権幹部の向学心、向上心に俺は感動

 被告席のそばで訟務官と話してるうち、書記官が証言台をパーティションで囲み始めた。傍聴席に人がどんどん集まってきた。なんだ?
 廊下の開廷表を見ると、続いて「損害賠償」の本人尋問が入ってるのだった。原告氏名欄は「1(閲覧制限)」、被告氏名欄は「Y」。なんだっsign02

 傍聴師として、これを捨て置くわけにはイカンじゃないの。
 つーことで傍聴してみたらば、ある宗教団体内におけるセクハラ、つか強制わいせつ行為が問題になってるのだったsign01
 それは第1073号で書く。

 翌22日(水)は、第1071号でレポートした裁判員裁判「現住建造物等放火、住居侵入、殺人予備、銃砲刀剣類所持等取締法違反」の判決を傍聴。補充裁判員が非常に興味深いことを呟くのを、俺は聞いたsign01
 その話は、弁護士が被告人の「業務上横領、無印私文書偽造・同行使、国税徴収法違反」とあわせて、第1074号になるかな。

 さて、メルマガ執筆に戻ります。じゃね~。happy01

« 日本で、韓国で、米軍は慰安婦を買い漁った? | トップページ | 安全意識、原子力と運転者と警察のズレ »

民事の裁判」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。