フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の15件の記事

2013年8月31日 (土)

バイト先の冷蔵庫やピザ生地等々を用いてツイッターでモノボケ披露

 「スシ■■■■店でも醤油差しで醤油を飲む事件が発生」というのがあった。その種の投稿画像って、じつは一杯あるらしい

 スマホとか高機能な新型電子道具を手にし、うーん、これならスカート内盗撮が簡単にできるなと、長じたのび太君はつい思ってしまう…。
 若い自己顕示欲が、お手軽に画像をアップできる機能に出会えば、手近なもの(コンビニのアイスケースやバイト先の冷蔵庫やピザ生地や、飲食店の調味料入れ等々)を使ってモノボケを披露してみたくなる…。
 裁判的にいえばこうでしょ。

裁判官 「そうした犯行動機は、論理則、経験則等に照らして甚だ自然というべきであり、のび太被告人自身も捜査段階においては…」

P1050338 しかしながらその種モノボケ(ものボケ、物ボケ)は、刑法の「威力業務妨害」(第234条。3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)に当たり得る。
 そのうち、警察と検察が協議し、まずは悪質な1件を起訴、実名で全国報道させ、同種犯行の抑止に資する…かも。

 匿名掲示板の犯行予告は一時期、「威力業務妨害」でよく法廷へ出てきた。
 軽いおふざけでやったのに逮捕され、懲役刑を求刑され、親が証人出廷、若い被告人はかわいそうなほど泣き…そんなのを俺はたくさん傍聴してきたょ。
 モノボケの全国第1号起訴は、誰になるのか。

 さて来週の東京地裁は、夏期休暇が終わり、開廷がどどんと増える。あの事件、この事件、一杯出てくるっ。
 俺的に絶対見逃せないのは、7月末に即決で終わったはずの「覚せい剤取締法違反」。なんと来週、審理の期日が入ってるのだ。即決の直前に別件で再逮捕されたのか、即決の公判中に否認に転じたのか! 後者なら非常に興味深い。

 つーことでメルマガ「裁判傍聴バカ一代」(月105円、1号当たり約5円)、8月中に購読登録いただくと、以下の号が続々と送信される手はずになってる。

第1141号 若い女子の受け子、執行猶予に泣いた!
第1140号 「爆笑問題」の事務所社長、すっごい女や!
第1139号 検察官控訴、その信じがたい理由とは!
第1138号 原判決を破棄させ罰金刑を勝ち取る裏技とは
第1137号 服役5カ月間を7900円で買った被告人
第1136号 よってたかって詐欺師を守るのが刑事裁判?
第1135号 裁判官を連れて来いよっ、ふざけやがって!
第1132号 弁護人が週刊誌に調書の写真を売った?
第1134号 この判決が確定したら多くの女性が救われる!
第1133号 摂食障害でクレプトマニア、どうせ実刑?
第1131号 罰金7万円のオービス事件、なぜ長期勾留?
第1130号 40歳すぎて独身でパートの自分が許せず…
第1129号 私有地なんです、天下の公道ならこんな!
第1128号 父母を亡くし娘を施設に預け、ホテヘル讓は
第1127号 時効が成立してる裁判を俺は傍聴してたっ!
第1125号 実績を上げろと叱責され、違反キップ偽造

 そして今夜中に第1142号(8月の最終号)が送信される。8月末までに購読解除すれば、以上全部が無料。
 だがっ、面白くて解除できず、9月分から105円が課金される、そんな手はずになってます~。

 てか昨日(今日?)、気がついた! 俺のメルマガのサンプル号のページに「殿堂入り」というシールっぽいものが! 発行部数が“ある大台”を超えたから?
 いや、有料メルマガの中で優良メルマガと認定されたんだそうだ。俺の29年間の人生(←こらオッサン!pout)で「優良」なんて言われたのは初めてじゃないかな。39年間も生きてると(←大馬鹿野郎!sad)、いろんなことがあるわさ。
 ともあれこれは、読み支えてくれた読者諸氏のおかげに他ならない。感謝の宴(うたげ)を現在やってるところ。上掲画像はその酒肴。

 以下は、裁判傍聴に惑溺してると読みたくなる2冊。とくに「ヤンキー文化論」つーのは興味深い。

 

2013年8月29日 (木)

タイタンの太田光代社長に、傍聴師は深く感銘!

 爆笑問題の事務所タイタンの社長、太田光代さん、ご本人は人として当たり前のことしたつもりなのか知らないが、裁判傍聴師はびっくり、深く感銘しました。被害者氏にも感銘しました。
 タイタンの誰かとお知り合いの方は、メルマガ第1140号を社長に勧めてください。またはプリントアウトして渡してください。そのマネージャー氏の今後についても、傍聴師なりに言及してますので。
 以上、業務連絡でした。

※2014年6月27日追記: その元マネージャー氏が6月23日(月)、東京地裁で実刑判決を受けた。保釈は失効し…。メルマガ第1309号でレポートした。

 ところで、以下、左の本の著者は、宮崎地方検察庁検事正、髙森高徳さん。立花書房の紹介によれば…。

 逃亡・罪証隠滅防止という捜査の必要性と被疑者の人権保障をにらんだ手段の相当性の調和を念頭に,留意すべき逮捕・勾留の論点を詳解。初版発行以来の法改正等を反映させた。

 右の本は「昇任試験研究会」なるものの編著。現職か元職氏が、1人か2人で書いたんじゃないかな。立花書房の紹介によれば…。

 警察公論好評連載「たかが面接試験,されど面接試験」に,管理論文対策を加えて単行本化。不合格答案・面接回答例を多数収録して,陥りやすい罠とその対策を具体的に解説する。

 どんなことを言えば面接試験に合格するのか、警察マニアは必読だよねっ!

2013年8月28日 (水)

オレオレの受け子、初犯でもすこーんと実刑だよっ!

 近頃、東京地裁の法廷へ出てくる「詐欺、詐欺未遂」「詐欺未遂、詐欺」は、ほっとんどオレオレ詐欺の受け子(また見張り役。以下同)じゃないかな。全部だったりして?

 オレオレの受け子の量刑が非常に重いこと、みんな知ってんのか。いつも俺は首をひねる。
 前科ナシでも、どんなに反省・後悔しても、すこーんと実刑を食らうんだょ。それも、4月とかのションベン刑じゃない。懲役2年とか2年6月とかを、すこーんと、若年(じゃくねん)でも。

 日本の犯罪処理システムは、懲役(または禁錮)3年以下については、初回は許す、2回目は大変なことになるよ、それがもう、大原則といえる。若年者は可塑性があるってことで、大人より一般に刑は軽い。
 ところがオレオレは、3年以下でも、前科ナシでも、若年でも、すこーんと実刑なのである。

 判決言渡しを傍聴してると、裁判所としては、社会問題になってるオレオレ詐欺ゆえに重罰に処し、オレオレ防止に資する意図があるようだ。
 でも、受け子が重罰に処されることを、世間がぜんぜん知らないんでは、意味なぁいじゃーん。
 
 飲酒運転も、罰則が重くなったと同時に、同種前科ナシでも、罰金刑ですまず、さくっと公判請求されて懲役刑(原則執行猶予付き)を食らうという厳罰化が行われてる。
 でも、そのことを言ってるのは俺だけ。警察も検察も裁判所も黙ってる。

 オレオレの受け子もそうだ。前科なしでもすこーんと実刑、しかもけっこう重いぞ、と言ってるのは俺だけ(かな? 突っ込んでは未確認)。

 オレオレ詐欺は、どんどん電話をかけまくる。看破して引っかからないお年寄りは相手にせず、引っかかったお年寄りからとことん、むしり取ろうとする。
 いちばん危ないのは、受け子だ。ゆえに、甘言を弄して、あるいは脅し、受け子を集める。裁判傍聴で聞いた手口を駆使されれば、若い頃の俺なんか、すぐ応じたんじゃないか。

 たとえば数百万円を詐欺っても、受け子の報酬はせいぜい5万円、1万円ってことがよくある、未払いも多い。
 しかし捕まれば、数百万円全部の責任を問われ(※首謀者は捕まらず数百万円を握って安泰)、受け子ばかりが初犯でも刑務所行き、こんなバカバカしいことはないよっ!

 受け子の集め係は、「詐欺とは知らなかったって言い張ればセーフだから」とか持ちかけるかもしれないが、そんなの通りませんからっ!

 当ブログの読者諸兄は大丈夫だろうけど、親戚、知人、その息子さんで、金もないのに華やかな方向を求め、意思が弱く流されやすい若者(つまり俺の若い頃も含め普通の若者)がいたら、この記事を送ってあげてください。

 なお、受け子は、若年男子だけじゃない。食いつめオッサン(現在の俺?crying)もいるし、裁判的には少数だが女子もいるのだ。
 先日、女子(22歳)の見張り役&現金運搬役(もちろん前科ナシ)の判決を傍聴した。凄かった! メルマガ近日号で必ずご報告します、凄かったので。

※追記:  2015年4月1日現在、当ブログ内の「人気記事ランキング」でこの記事が第1位になってる。少し付記しとくです。
 その「女子(22歳)」の判決、ころっと忘れてまだレポートしてないかも。調べて、未レポなら4月中にレポートします、申し訳ない。
 あと、当記事は「詐欺、詐欺未遂」「詐欺未遂、詐欺」について述べてる。初めて受け子をやり、通報されてソク逮捕、「詐欺未遂」だけで終わったケースは、俺が傍聴してきた限り、ほぼ全部だっけか、わりと執行猶予が付いてる。
 1回成功すれば、詐欺グループはあなたを逃がさない。次々と、最終的に捕まるまで受け子をやらされる。受け子は使い捨てなのだ。
 受け子にスカウトされ、どうしても逃げられない場合、密かに110番通報するとかして、わざと捕まるのがいいと思う。詐欺グループは、次の受け子をスカウトすればいいんであって、捕まった者を追わないだろうから。

※2015年4月3日追記: その「女子22歳」の判決、ごめん、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」で既にレポートしてました。第1141号「若い女子の受け子、執行猶予に泣いた! 」です。実刑間違いなしの事件がなぜ執行猶予を付されたのか、受け子にスカウトされる前に是非お読みを。泣ける言い訳をすれば許されるってもんじゃ全くないですぞ!
 オレオレ受け子のリアルな裁判レポートとしては、第1451号「元AV男優、老婆90歳はロボットのようで」もお勧めです。

※2017年7月16日追記: 捕まって留置場か拘置所にいる受け子を、詐欺グループは追わないが、不起訴か執行猶予で釈放されると、同じグループから、別のグループから、また誘われることがあるようだ。キャバクラで豪遊させてもらい、「こないだは運が悪かったなぁ、今度は絶対大丈夫なやつだから」とか言われて。
 詐欺グループは、1回だまされた年寄りを逃がさず、意思が弱くてずるずるやってしまう受け子も逃がさないのだ。
 今度はどうきっぱり断るか、逮捕勾留されてる間によく考えておこう。

2013年8月27日 (火)

女のストーカー、「そんな女につきまとわれて男は大変だったね」と「そりゃ男のほうが悪いんじゃない?」

 裁判所から帰り、衣服をぜんぶ洗濯機に突っ込み、腹が減ったので見切り品の梨を1個食べえる間だけ、ちらっとテレビのニュースを見た。
 女性のストーカーは初めて…というようなことを言ってた。

 あれ? んなこたないっしょ。俺は女性の「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」を何件か傍聴してたはず。
 仕事場へ行き、超絶マニアックデータを検索。俺は6件傍聴してた。いちばん最近は今年7月12日。メルマガ第1113号でレポートした。
 その最後の部分はこうだ。

被告人 「他の方にもストーカーせず、幸せな出会いをしていきたいです。申し訳ありませんでした」

裁判官 「それではこれで休廷して、(16時)35分になったら戻ってきます、判決を言い渡します」

 きっかり16時35分に戻り、判決は懲役1年、執行猶予3年。訴訟費用(国選弁護人の費用)は不負担。

 女のストーカー事件は、「そんな女につきまとわれて男は大変だったね」と「そりゃ男のほうが悪いんじゃない?」というのに大きく分かれる。

 本件は、前者ではあるんだけど、なんか切ない事件だった。幸せな出会いと結婚、あと数年内にできるんだろうか…。

 それから、報道をネット検索してみた。たくさんヒットがあった。以下は27日付けサンスポの一部。■は今井。

女医ストーカー「私のこと好き?」
 福岡県警折尾署が26日、知人の男性医師(32)に約2週間でメールを104回送りつけたなどとして、ストーカー規制法違反の疑いで北九州市の女医■■■■容疑者(33)を逮捕した。

     (中略)

 7月施行の改正法で追加された「連続して電子メールを送信する行為」での逮捕で、千葉、岡山両県警に続き全国3例目となる。女性が男性に執拗(しつよう)なメールを打ち続けて逮捕されたのは初めてのケース。ストーカー規制法をめぐっては、昨年起きた神奈川県逗子市の女性殺害事件で、女性が元交際相手から1000通以上のメールを送りつけられていながら、メールについての規定がないなどの不備が指摘されていた。6月の法改正で、電話やファクスに加え、執拗なメールも規制対象となった。

 なーんだ、そういうことだったのか、とほほ。

 第1140号は、爆笑問題さんの元マネージャー(と思われる)の事件、これから書く。
 こういうことをやって芸能の仕事へ戻るのは難しいんじゃないかという話が出てたけど、いやいや、そんなことはないと思いますょ、なぜなら…という話をこれから書くのだ。じゃねっ。

2013年8月26日 (月)

検察官控訴、その信じがたい理由とは!

 今日はマジ濃いのばっかり傍聴した!
 うち1件、高裁の「道路交通法違反」は検察控訴、珍しいでしょ。

 原判決は無罪か? と確認したら、罰金40万円、未決勾留日数の1日を金8千円に換算して、その刑に満つるまで算入、だった。
 8千円という金額設定は、きわめて異例だ。なんとしても満つるまで算入で終える必要があったのかな。うーん。

 首をひねりつつ裁判所内をうろうろしてたら、その弁護人にばったり、聞いてびっくり!
 こんな控訴理由、どんなベテラン裁判官も想像すらできないだろう。記者諸氏が知ればニュース原稿を書くに違いない。

 メルマガ第1139号「検察官控訴、その信じがたい理由とは!」は、その話と、「交通違反見逃し求め現金…断られ逆上、殴りかかる タクシー運転手逮捕」と報じられた事件の第3回公判、賄賂の供与の申込みなんて、目撃証言からもドライブレコーダの録画映像からも、ぜんぜん出てこないじゃん、という話と、知念里奈さんの元夫の、どうも報道されてないらしい新たな事件。1号につき原則1事件なのだが、つい興奮しちゃって。ふぅ。

 第1140号は、メルマガ読者以外、たぶんほとんどの人が知らない、あの“芸能系”事件だけにしたいと思ってます。

 アマゾンの管理ページに入れないという件、原因はじつにくだらないことだったと思われ、ソク復旧しました。
 マニアックな立花書房の書籍を。

2013年8月25日 (日)

掌紋の向きじゃない、何かとんでもないデッチ上げが隠されてるな?

 ツイッターで速報したこれ、こっちでも書いとこう。
 以下は8月24日付け河北新報。■部分は今井。

強制わいせつ致傷事件起訴取り消し 掌紋、証拠能力に疑い
 仙台地検が起訴を取り消した強制わいせつ致傷事件で、現場で採取された養殖業■■■■郎被告(33)=宮城県■■市=の掌紋の証拠能力に疑いがあったことが23日、関係者への取材で分かった。掌紋は検察側の有罪立証の有力な証拠とされており、弁護側は「起訴の取り消しに決定的に影響した」と主張している。
 地検によると、被告は2010年11月10日、石巻市内の路上で、女性に暴行してわいせつな行為をし、腰などにけがをさせたとして昨年9月に起訴された。地検は「公判に提出する証拠内容が起訴時点と変わった」などとして今月22日、起訴を取り消した。
 関係者によると、掌紋は路上近くの金属フェンス(高さ約1.5メートル)から採取された。検察側は起訴後、被告の掌紋と一致したとする証拠を弁護側に開示。「被告が事件後にフェンスに手を突いて乗り越え、西から東の方向へ逃げた」との構図を描いたという。
 被告は昨年8月の逮捕段階から無罪を主張し「起訴状で事件があったとされる時は自宅にいた。2日前に現場付近へ行き、フェンスに触った」と説明した。弁護側は掌紋の鑑定を栃木県警鑑識課OBの専門家に依頼した。その結果、掌紋は東から西の方向を指し、検察側の構図と合わないことが分かったという。
 専門家は「掌紋の向きという基本的な間違いはありえない。いいかげんな捜査としか言いようがない」と指摘する。
 検察側は掌紋や事件関係者の証言などを検討し、有罪立証が困難と判断したとみられる。仙台地検は「個別具体的な事件の証拠内容に関わることなので答えられない」と説明する。
 仙台地裁は23日現在、公訴棄却を決定していない。被告はほかに窃盗罪などで計6回起訴されている。

 この報道だけから言わせてもらえば、裁判傍聴師は直ちに思うですょ! 掌紋の向きなんて、なんとでもなるじゃん!

検察官 「フェンス上部に手をかけて登り、それから、いったんフェンスに腰掛ける状態になり、そのとき、手をかけた際の掌紋は消えたのです。腰掛け、手を反対向きして体を支えた、それが、本件で採取された掌紋と認めるのが、論理則、経験則に照らして合理的というべきであります!」

 その検察主張を疑わず有罪にすることは、裁判官にとって朝飯前でしょ。つか、そうやって有罪認定するのが裁判ってものでしょ。

 掌紋の向きが「起訴の取り消しに決定的に影響した」なんて、絶対おかしいと思う、報道を見る限り。

 こりゃあ、弁護人も気づいてない、何か悪質かつずさんなデッチ上げが判明し、起訴を取り消さざるを得なくなったんじゃないの? それを、掌紋の向きという“凡ミス”で隠そうとしてるんじゃないの?

 約4500件を傍聴し、現実の裁判がどういうものか、相当程度分かっていれば、そういう推理にならざるを得ないのである。 

 さて、また立花書房のマニアック書籍をご紹介しよう…と思ったら、今度はアマゾンの管理ページへ入れない。どうなってんのっ?

2013年8月24日 (土)

裁判傍聴依存症とは!

 昨年12月中旬、当ブログの管理ページと、ツイッターの管理ページへ、自分のパソコンからアクセスできなくなった。
 何をどう試してもダメ。信頼できる高橋ユキさんに記事をメール送信、パスワード等を伝えて代理アップしてもらう、ということを一時期、させてもらってた、申し訳ない。
 その後、某女性からノートパソコンを借り、通信回線のケーブルをつなぎ替え、ユキさんの手を煩わせずに自分で記事をアップしてた。が、いつまでも借りてるわけにはいかない。
 ツイッターについては、携帯電話(いわゆるガラケー)からツイート等、一部のことができた。が、ガラケーの画面は小さく、かつキーボード以外で文字を打つのが非常に面倒だった…。

 ところが諸君っ! 今日、ちょと事情があってツイッターの管理ページをクリックしてみたら、普通にアクセスできるではないか!
 なにいっ、もしや! と当ブログの管理ページへ行ってみたら、こっちも普通にアクセスできたっ!

 復旧の原因は、いったい何なのか。メルマガ第1132号の編集後記に書いた、あのバカげたこと…かもしれない。それくらいしか思い当たらない。

 なわけで、同メルマガ第1133号の編集後記から、一部をコピーして以下に。自分のパソコンだとこんな作業がさっとできる、便利だぁ~。

 ところで、万引きでも痴漢でも、病的常習犯の事件にしばしば名が出てくる赤城高原ホスピタル、その「嗜癖問題関連情報」に、とうとう「裁判傍聴依存症」が登場したっ!

 16のチェック項目が掲げられてる。

 気がつくと、思っていたより長い時間、裁判傍聴をしていることがありますか?

 裁判傍聴のために、仕事(職探しを含む)の能率や成果が下がったことがありますか?

 家族や友人と過ごすよりも、裁判傍聴を選ぶことがありますか?

 ディズニーランドへ行くより、裁判傍聴を選ぶことがありますか?

 裁判所で新しい仲間を作ることがありますか?

 翌日に何を傍聴しようか、考えている自分に気がつくことがありますか?

 裁判傍聴の無い生活は、退屈で空しく、つまらないものだろうと、恐ろしく思うことがありますか?

 憂うつだったり、いらいらしたりしていても、裁判傍聴をすると嫌な気持ちが消えてしまうことがありますか?

 傍聴したい裁判の傍聴席がすでに満席だと、いらいらしたり、怒ったり、大声を出したりすることがありますか?

 キャバクラ(ホストクラブ)へ行っても裁判傍聴の話ばかりして、ホステス(ホスト)を沈黙させることがありますか?

 裁判所の廊下で「あと1件だけ」と言っている自分に気がつくことがありますか?

 裁判傍聴をする時間を減らそうとしても、できないことがありますか?

 裁判傍聴をしていた時間の長さを隠そうとすることがありますか?

 睡眠時間をけずって、朝一(あさいち)から裁判所へ出かけることがありますか?

 夢の中に、裁判官や書記官や検察官や弁護人や被告人や法廷が出てくることがありますか?

 自分も被告人になりたいと思ったことがありますか?

 半分がイエスなだけで、カウンセリングが必要なんだそうだ。ひぃ~っ!

 でも大丈夫、「とうとう…」以降はぜんぶウソですから~(笑)。

 しかし…専門病院が把握してなくても、「裁判傍聴依存症」は確実にあるのかも。15項目にイエスな俺は非常に不安。

 ノーだった1つは何か? それは4つめ。だってそもそもディズニーランドへ行こうと思ったこと自体がないんで(笑)。

 ついでに言っとくと、「キャバクラ…」も、厳密には当てはまらない。
 裁判の話をすると、たいてい、ホステスちゃんの彼氏または元彼が服役中って話になり、俺のほうが「沈黙」しちゃって…。 ←どんなキャバクラへ行っとんじゃいっ(笑)。

 23日(金)、裁判所内でちょっと空いた時間があり、地下の至誠堂書店へ寄ってみた。
 おっ、面白そうじゃん、と思う書籍はみんな立花書房だった(笑)。下掲の上の本なんか、「民明書房」を思わせるマニアックな本だ。団塊世代の方にはおすすめかと。

 下の本の著者、木村昇一さんは以前、東京簡裁の刑事の公判立会をやってた。分かりやすく緻密な解説を書く人だ。

2013年8月22日 (木)

警視庁警察官による交通違反捏造等による行政処分の取消し及び損害賠償請求事件

 21日(水)、今日は“宅調日”。自宅でメルマガを書く等していたら、12時半過ぎ、お世話になってるマニア氏からメールあり。ええーっ、マジっすか! あわてて飛び出し、電車を乗り継ぎ…!

 東京地裁の法廷前に着いたとき、開廷時刻の13時30分を9分ほど過ぎてしまった。弁論はとっくに終わり、ドアは施錠されていた。
 しかしっ、開廷表の事件番号等をばっちり書き写した。あとで記録を閲覧させてもらおう。民事はこれができるんで助かる。
 ちなみに事件名は「警視庁警察官による交通違反捏造等による行政処分の取消し及び損害賠償請求事件」。原告が訴状にそう書いたんで、開廷表にもそのまま(またはほぼそのまま)載ってるんだろう。俺の「虚偽記者席損害賠償等請求事件」もそうだ。

 「警視庁警察官による…」は、メルマガ第1125号「実績を上げろと叱責され、違反キップ偽造」でレポートした、あの事件の関係である可能性が高い。無関係ならなおさら興味深い。
 間に合わないのを覚悟で、飛び出さざるを得ないでしょぉ(泣)。

 それにしても、マニア氏からメールをいただかなければ、俺はこの事件に気づかず暮らしたかもしれない。
 マニア網恢恢、疎にして漏らさず。ありがたいことです。

 裁判所内での用事を1件片付け、警視庁へ寄り、この日は1件も傍聴せずに帰った。
 15時30分からの「器物損壊」、ちょと理由があって傍聴したかったんだが、傍聴席は20席。夏休みの学生諸君で一杯になるだろうし、ほかに団体さんの姿も見え、傍聴席争奪戦争に参戦する意欲がわかなくて。夏バテですかね。
 帰途、ゲリラ豪雨に出くわした…。

 22日(木)、早起きして超絶マニアックデータの打ち込みをやってたところ、パソコンが突然、ぶすん…という感じで終了。電源オフになった。
 何をどうやっても回復しない。えーっ、壊れたの?

 あきらめて、修理ショップへ運ぶべくケーブルを全部外し、ついでに蓋を開いて中を覗いてみた。
 覗いたって原因など分かるはずがない。メモリを外して眺めてみたが、眺めてどうなるもんでもない。
 ところがっ! 念のため再び電源ケーブルをつないでみたら、なんと回復してしまった。どうなってんの?

 22日(木)は裁判所へ行かない。来週は忙しそうなので。あの超有名芸能人のマネージャーとされる人物と同姓同名(けっこう珍しめの氏名)の交通事件もある。来週は傍聴席争奪戦争に勝ち抜かねばならないっ!

 通風発作は? うーん、あんまり良くなってません。でも、おかげで断酒日数が(19日にちらっと赤ワインを飲んだのを除き)驚異的な長さになってる。これはこれでありがたいことかと、うん。

2013年8月21日 (水)

交差点の案内標識、文字はアルファベットでも、中身はばりばり日本語やん

 以下は8月20日付けFNNニュースの一部。

外国人観光客増加へ 都内で案内標識を英語表記に切り替える試み
20日から、案内標識のローマ字表記を、英語表記に切り替える試みが始まった。
東京・千代田区で、午後4時55分、標識の張り替え作業が作業員によって行われ、「Roppongi dori(六本木通り)」改め、「Roppongi-dori Ave.」へと生まれ変わった。
20日午後、外国人観光客の増加を目指す日本政府の新たな戦略の一環として、東京都内で、道路案内標識の張り替え作業が行われた。
外国人観光客は「標識が全然ないときがあるから、もっとあれば助かるのに」と話した。
外国人観光客の間には、「日本の案内標識には、英語での説明が少ない」といった不満の声が出ている。
そこで、国会前の交差点にある看板は、現在「Kokkai」とローマ字表記されているが、今後、「The National Diet」と、英語でも意味が通じるものに変わるという。
案内標識に表示されているローマ字読みの部分を、外国人が、より理解しやすいように、英語表記に変更する。
国土交通省と東京都が、20日から始めたこの取り組みについて、外国人観光客からは、「コッカイ? 日本に来た外国人には、何のことかわからないよ」、「コッカイは日本語だけど、(The National Dietは)英語だから、よくわかるよ」といった声が聞かれた。
「Sorikantei」」にある道路案内標識も、ローマ字で、そのまま「Sorikantei」と書かれている。
「総理官邸前」や「国会正門前」など、まずは、国会周辺の案内標識の切り替え作業を順次行い、よりわかりやすい表記へと変えていくという。

 俺は都内を運転するとき、案内標識なんてほとんど見ない。見ても、一瞥して漢字表記を(必要最低限の情報を)読み取るだけ。ローマ字表記になんて注意を払ってこなかった。
 刑事裁判だと、地検の正義ぶった若い検察官が…。

検察官 「案内標識を見たなら、当然にローマ字表記も目に入ったはず。漢字表記だけしか記憶にないはずがない。ほんとうは案内標識など見てなかったんでしょ!」

 とか突っ込みそうなとこだが、人間の認知とはそんなもんなのである。

 それでだね、今回のこのニュースに接して、多くの方が思ったんじゃないか。
 「Kokkai」と見て「国会(前)」と、また「Sorikantei」と見て「総理官邸(前)」と分かる外国人が、いったいどれほどいるのか。ローマ字表記っていったい何なんだ、と。文字はアルファベットでも、中身はばりばり日本語やん、と。

 ローマ字を習うのは小学生のときだっけ。俺が子どもの頃、英語が書けたような気になってうれしく、「baka」とか「unko」とか落書きしたような気がする(笑)。

祖母 「ありゃまぁ、亮一は英語を書けるんかい。ほんに神童やねぇ」
亮一 「えへへ」

 なーんてノリで、昔の官僚氏が、従来のローマ字表記をおっぱじめたのかもね。
 ま、地方へ行くと、「キソガワ・リバー」とか「ギフ・プリフェクチャー」とか(いずれもローマ字表記が)よくあったけど。

 今回、「Kokkai」を「The National Diet」に、というふうに、意味のある表記に直すんだという。
 よっくもそんな、先輩官僚の施政を否定するようなことができたもんだなと、俺は大いに感心する。これを発案、決断した官僚氏らには、いちばんおいしい天下り先を、亡くなるまで渡り鳥させてあげたらいいと思う?
 え? そんなことしたら、天下り人事全体が狂う? あそっか。なかなか難しいもんですな。

 ところで、「国会前」を「kokkai」とローマ字表記するバカらしさ、それと似た感覚を、昨日傍聴した「監禁」で存分に味わった。刑事裁判の1つの最悪の特徴が分かりやすくあらわになったというか。対して、被告人もその妻(情状証人)も、なんて立派なんだ。俺は泣きそうになったょ。
 それはこれからメルマガ第1136号に書く。パンツいっちょで汗を拭きふき。
 痛風発作は、明日は急速に良くなる予感。久しぶりに靴を履けるかも。

2013年8月16日 (金)

通行止めと花火大会と痛風発作

 俺はもうだいぶ何年も、たいてい8月13日出発、同月16日帰京ってスケジュールで、車を運転してお盆の墓参りへ行ってる(往復千km以上)。けど、帰省ラッシュの大渋滞ってやつに当たった記憶がない。いっつもがらがら。
 往路も復路も夜に出発し、十分に仮眠を取りつつ朝方到着するようにしてるから。

 ところが今年、復路で、とんでもないめに遭った。
 長野自動車道の一部が、雨はとっくにあがってるんだけども、豪雨で通行止めに。ありゃま。
 でもまぁ、通行止めはちょっとの区間だ。べつにいいや。と下道(したみち)を進んだら、なんと、諏訪湖の花火大会の終わり(中止)と重なってしまったんだねぇ!
 10mほど動き、5~10分止まる、そんなくり返し。車のギアをサードに入れる瞬間がほとんどないっ。
 そうこうするうち、前夜軽くきてた痛風発作(左足親指付根付近)がだんだんとひどくなり…!
 高速道路に乗るまで4時間っ、もう大変だったス。ま、花火大会の観客諸氏のほうがもっと大変だったようだが。

 高速道路に乗ったら、がらがらではないものの、渋滞は皆無。16日の朝方、帰京したのでした。
 16日、仮眠してから裁判所と警視庁へ行く予定だったが、通風がまだひどく、あきらめました。
 とりあえずそんなご報告。今夜は酒を抜こう。抜けるかな?

2013年8月15日 (木)

摂食障害でクレプトマニアの若い女性、逆転執行猶予!

 若い女性の万引き常習、じつは摂食障害でクレプトマニア、そんな万引き事件はよくある。
 でも、そういったことはスルー、量刑相場をひたすら固守する、初回は執行猶予、執行猶予中にまたやれば実刑。それが裁判(=犯罪処理行政)の基本だ。

 ところが、原判決(実刑)破棄、保護観察付き執行猶予とされた事件を、俺は最近、傍聴した。
 他の同種事件にも影響するんじゃないの? つい最近、東京簡裁でまったく同種の事件があったが、その弁護人は本件を知ってるんだろうか。

 メルマガ第1133号は、そんな事件の控訴審第1回。第1134号は、判決。
 2号に分けるつもりは当初なかったんだが、このケースは、きっちり書いとくほうがいいだろうと。

2013年8月13日 (火)

右手の包帯のわけ

 けっこう長く、右手に包帯を巻いて裁判所へ行ってる。女性事務官から優しくいたわってもらえるように? ちがーうよっ。

 清く正しく勤勉な者だけが発症するといわれる「手根管症候群」になっちゃったのだ。
 この経過についてもご報告しとこう。

 最初に指の痺れを感じたのは今年1月だったかな。
 やがて痺れはひどくなり、ポケットに入れた電車の切符をつまめなくなった。指先の感覚がないのだ。スーパーのレジで小銭を落とすようにもなった。
 かつ、不気味な痛みを覚えた。やがて手術せざるを得ないのか?

 専門の整形外科へ行ったところ、装具をつくってくれた。手首を内側へ曲げるのがよくないんだそうで、外側へ反らせる装具を。
 就寝時、それを包帯で右手首付近に固定し、あとは、湿布薬とビタミンB12。

 たいしたもんである。おかげさんでだいぶ治ってきた。まだ痺れはあるものの、切符はつまめるし、小銭も落とさない。不気味な痛みはまったくない。

 もっと良くなるためには、裁判所にいる間も湿布薬を貼っとくほうがいいだろう。それで、湿布薬がずれたり落ちたりしないよう、包帯を巻いてるわけ。
 ただ、猛暑日は、湿布薬が白くどろっと溶けたりして、たぁいへん。この際、しばらく湿布&包帯はせずに様子をみてみようかと考えてる。

 実感としては、装具がいちばん効いてるんじゃないか、という気がする。
 そういえば、以前傍聴した「公然わいせつ」、青いブラジャーの露出魔氏は、コートの前を開いたとき陰茎が勃起して見えるような装具を装着し…。

2013年8月11日 (日)

俺の糖質制限食、体重10kg減、中性脂肪が激減!

 昨年4月1日から、俺は「糖質制限食」を始めた。週刊誌で読みかじって、なんとなく始めたの(笑)。
 それから1年数カ月、体重はなんと…! 血液検査の中性脂肪はなんと…! というご報告をしておこう。

 俺の「糖質制限食」は、朝と夜だけ、米飯、パン、麺類を食べないというもの。
 朝は、野菜&きのこ&海草たっぷりの味噌汁または中華スープ、プラス納豆1パックとリンゴ半分、これで決まりだ。

 昼は、現在は基本的に、小豆入り玄米&漬物&ゆで卵1個、かな。
 以前、野菜たっぷり入りのうどんを好んでたんだが、うどんの日々と米の日々を比べると、米の日々のほうが体重が減るみたい。そこに気づいて以来、うどんは食ってない。寒くなったらまた?

 とにかく、いっつも腹が減ってる。空腹を耐えるのに最も効果的なのは、運動かと思う。
 裁判所内なら、歩測約100mの中央廊下を、次の事件を傍聴するために急ぎ歩く、走る、非常階段を駆け下り、駆け上がる…。
 そうすると、蓄えられてる脂肪が分解され、血中に出てくるんだそうで、なるほど空腹は収まる。

 そして夜が、俺は楽しみなのだ。
 「糖質制限食」は、肉や油や焼酎(と赤ワイン)はOKと聞きかじり、もう存分に楽しんでる。
 でも、肉はもう飽きちゃって、ここ数カ月は、スーパーの半額の魚(秋刀魚、鰯、鮭)や、自作の麻婆茄子なんかが多いかな。
 地元農家の即売所で野菜を買うことにも目覚めちゃって、毎日野菜を大量に食ってる。

 市販の麻婆茄子の素や、味醂に、砂糖が入ってるとか、揚げ物の衣は炭水化物だとか、そんな細かいことは俺は気にしない。
 根菜は糖質らしいんだが、大根、人参、山芋、牛蒡は毎日だいぶ食ってる。
 ま、そういう緩い「糖質制限食」なわけ、俺のは。

 で、1年数カ月を経た8月11日現在、どうなったか。

 体重は、78~79キロから、68キロになった!
 以前は立ったまま靴下を履けなかったんだが、今は楽々履ける。ズボンのベルトの穴が2つ以上、なんつーの、減った。

 そうして、毎年6月末頃にやってる健康検診、の血液検査、その中性脂肪(基準値50~149)に、顕著な変化があらわれたっ!
 10年以上前、『ビッグコミック・スピリッツ』で交通違反マンガの原作をやってたとき、300を超えて「要医療」とされた。エパデールだっけ、高い薬を服用し続け、200を割った年もあったが、2011年は253だった。
 2012年4月に「糖質制限食」を始め、薬は服用したまま、113に激減した! 基準値を割ったのは、この10数年、初めてかな。
 「糖質制限食」の効果だろうと認め、薬の服用をヤメた。

 ヤメて約1年を経過した今年、気を失わないでほしい、なんと、基準値の下限に迫る55っ!
 年1回の血液検査にすぎないとはいえ、それなりに驚愕の数値とは言えるんじゃなかろうか。

 ちなみに、髪もごわごわにょきにょき生えてきた! うぇーん、ウソです~。 ←泣いて走り去る姿の哀れ哉(笑)

2013年8月 7日 (水)

中高生、中高年の「裁判傍聴依存」がヤバイ?

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」(月105円、1配信当たり約5円)は、おかげさまで人気をいただき、その発行部数がとうとう“ある大台”に到達したっ!
 努力は報われるんだと実感し、かつ、読み支えてくれた読者諸氏の心がうれしくて、もう泣きそう。

 6日夜は、全国同時独りパーティを開催した。夏の空へ向かい、俺が乾杯の音頭をとらせていただいた。
 乾杯後、各自が持ち寄った料理等を各自で飲食し、夜更けまで歓談したのであった、テレパシーで。きゃほー!

 いま購読登録すると、まずは以下の4号が送信される。内容濃いよぅっ。

第1128号 父母を亡くし娘を施設に預け、ホテヘル讓は
第1127号 時効が成立してる裁判を俺は傍聴してたっ!
第1126号 つまらん交通取締りのせいで一家は破滅?
第1125号 実績を上げろと叱責され、違反キップ偽造

 ところで最近、中高生、中高年の「裁判傍聴依存」が話題になってるらしい。
 厚生労働省の研究班が、ネット依存のスクリーニングテストを元に8項目の質問を考案、そのうち5つに当てはまる人は依存状態なんだという。

1、裁判傍聴に夢中になっていると感じているか?
2、満足得るために裁判傍聴の時間を長くしていかねばならないと感じているか?
3、裁判所行きを制限したり、傍聴時間を減らしたり完全にやめようとして失敗したことがたびたびあったか?
4、傍聴時間を短くしたり完全に辞めようとして、落ち着かなかったり不機嫌や落ち込み、イライラなどを感じるか?
5、裁判所へ来たときに意図したよりも長い時間、裁判所にいるか?
6、裁判傍聴のために、大切な人間関係、学校のことや部活動のことを台無しにしたり、危うくするようなことがあったか?
7、裁判傍聴に熱中しすぎなのを隠すために、家族、先生やそのほかの人たちに嘘をついたことがあるか?
8、問題から逃げるため、または絶望的な気持ち、罪悪感、不安、落ち込みと言った嫌な気持ちから逃げるために、裁判所へ行くか?

 おっ、恐ろしい質問だな! 俺はももっ、黙秘するっ。
 念のため断っときますけど、パロディ・ジョークですからね。うぇーん。 ←なんでそこで泣くんだ(笑)

2013年8月 2日 (金)

実績を上げろと叱責され違反キップ偽造

 1日(木)、「虚偽有印公文書作成・同行使」を傍聴した。地域課の巡査部長が虚偽の交通違反キップを切ったと大きく報じられた事件だ。

 警察官(元を含む)が被告人の刑事裁判を俺はいくつも見てきた。組織から切り捨てられた者が、最後の儀式を淡々と終える、という感じだった。ところが本件は…。
 詳細は先ほどメルマガ第1125号「実績を上げろと叱責され違反キップ偽造」に書いて送信したところ。俺はもともと交通違反・取締り専門のジャーナリストなので、その立場からの驚きにも触れ、いつもよりちょっと長くなってしまった。
 交通取締りを行う全国の警察官諸氏は、この被告人(元巡査部長氏)を「バカなやつだ」と言いつつ、「気持ちは分かるよ」ともちらっと思うんじゃないか。

 2日(金)は、なんとも不思議なオービス事件を傍聴した。それも詳しくはメルマガで。俺のネット上の本拠地はメルマガなのです、ごめんね。

 早々帰宅、仮眠等してからニュースを見たら!

「時効」に気づかず起訴 建造物侵入罪で東京区検
 東京地検は2日、東京区検が時効が成立しているにも関わらず、建造物侵入罪で被告を誤って起訴していたと発表した。区検は被告に謝罪した。被告は7月29日まで53日間、勾留されていた。

 と2日付け産経新聞、の一部。
 それ、俺が傍聴してるっ。犯行日は2010年5月14日、妙だなとは思ったんだが、深くは考えなかった。スピード違反や飲酒運転や無免許ならともかく「建造物侵入」の法定刑(公訴時効の期間に関係する)までは頭に入っておらず…。
 これもあとでメルマガで。是非にもレポートしたいことが多すぎて…。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »