フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 通行止めと花火大会と痛風発作 | トップページ | 警視庁警察官による交通違反捏造等による行政処分の取消し及び損害賠償請求事件 »

2013年8月21日 (水)

交差点の案内標識、文字はアルファベットでも、中身はばりばり日本語やん

 以下は8月20日付けFNNニュースの一部。

外国人観光客増加へ 都内で案内標識を英語表記に切り替える試み
20日から、案内標識のローマ字表記を、英語表記に切り替える試みが始まった。
東京・千代田区で、午後4時55分、標識の張り替え作業が作業員によって行われ、「Roppongi dori(六本木通り)」改め、「Roppongi-dori Ave.」へと生まれ変わった。
20日午後、外国人観光客の増加を目指す日本政府の新たな戦略の一環として、東京都内で、道路案内標識の張り替え作業が行われた。
外国人観光客は「標識が全然ないときがあるから、もっとあれば助かるのに」と話した。
外国人観光客の間には、「日本の案内標識には、英語での説明が少ない」といった不満の声が出ている。
そこで、国会前の交差点にある看板は、現在「Kokkai」とローマ字表記されているが、今後、「The National Diet」と、英語でも意味が通じるものに変わるという。
案内標識に表示されているローマ字読みの部分を、外国人が、より理解しやすいように、英語表記に変更する。
国土交通省と東京都が、20日から始めたこの取り組みについて、外国人観光客からは、「コッカイ? 日本に来た外国人には、何のことかわからないよ」、「コッカイは日本語だけど、(The National Dietは)英語だから、よくわかるよ」といった声が聞かれた。
「Sorikantei」」にある道路案内標識も、ローマ字で、そのまま「Sorikantei」と書かれている。
「総理官邸前」や「国会正門前」など、まずは、国会周辺の案内標識の切り替え作業を順次行い、よりわかりやすい表記へと変えていくという。

 俺は都内を運転するとき、案内標識なんてほとんど見ない。見ても、一瞥して漢字表記を(必要最低限の情報を)読み取るだけ。ローマ字表記になんて注意を払ってこなかった。
 刑事裁判だと、地検の正義ぶった若い検察官が…。

検察官 「案内標識を見たなら、当然にローマ字表記も目に入ったはず。漢字表記だけしか記憶にないはずがない。ほんとうは案内標識など見てなかったんでしょ!」

 とか突っ込みそうなとこだが、人間の認知とはそんなもんなのである。

 それでだね、今回のこのニュースに接して、多くの方が思ったんじゃないか。
 「Kokkai」と見て「国会(前)」と、また「Sorikantei」と見て「総理官邸(前)」と分かる外国人が、いったいどれほどいるのか。ローマ字表記っていったい何なんだ、と。文字はアルファベットでも、中身はばりばり日本語やん、と。

 ローマ字を習うのは小学生のときだっけ。俺が子どもの頃、英語が書けたような気になってうれしく、「baka」とか「unko」とか落書きしたような気がする(笑)。

祖母 「ありゃまぁ、亮一は英語を書けるんかい。ほんに神童やねぇ」
亮一 「えへへ」

 なーんてノリで、昔の官僚氏が、従来のローマ字表記をおっぱじめたのかもね。
 ま、地方へ行くと、「キソガワ・リバー」とか「ギフ・プリフェクチャー」とか(いずれもローマ字表記が)よくあったけど。

 今回、「Kokkai」を「The National Diet」に、というふうに、意味のある表記に直すんだという。
 よっくもそんな、先輩官僚の施政を否定するようなことができたもんだなと、俺は大いに感心する。これを発案、決断した官僚氏らには、いちばんおいしい天下り先を、亡くなるまで渡り鳥させてあげたらいいと思う?
 え? そんなことしたら、天下り人事全体が狂う? あそっか。なかなか難しいもんですな。

 ところで、「国会前」を「kokkai」とローマ字表記するバカらしさ、それと似た感覚を、昨日傍聴した「監禁」で存分に味わった。刑事裁判の1つの最悪の特徴が分かりやすくあらわになったというか。対して、被告人もその妻(情状証人)も、なんて立派なんだ。俺は泣きそうになったょ。
 それはこれからメルマガ第1136号に書く。パンツいっちょで汗を拭きふき。
 痛風発作は、明日は急速に良くなる予感。久しぶりに靴を履けるかも。

« 通行止めと花火大会と痛風発作 | トップページ | 警視庁警察官による交通違反捏造等による行政処分の取消し及び損害賠償請求事件 »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通行止めと花火大会と痛風発作 | トップページ | 警視庁警察官による交通違反捏造等による行政処分の取消し及び損害賠償請求事件 »