フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 東京と兵庫の「オービス格差」、ひどいじゃないか! | トップページ | 白鳥睦夫氏の名誉のために »

2013年9月24日 (火)

スピード違反の鉄板量刑、ひっくり返した理由は?

 ほんとは他の判決を傍聴する予定だったの。
 けど、ぎりぎり数分前、なんとなく気になることがあって、こっちを傍聴したの、「道路交通法違反」の控訴審判決を。

 そしたらなんとっ、原判決破棄! いや、それだけならべつに仰天などしない。なんとなんと、スピード違反、88キロ超過、原審懲役3月、執行猶予2年、をひっくり返しての罰金10万円だったのだぁっ!

 執行猶予付きでも懲役刑だと破滅する、どうか罰金刑に、という事件を俺はたくさん傍聴してきた。
 破滅しようがどうしようが、んなこた自業自得、知ったこっちゃない、裁判所は鉄の量刑相場(=刑事司法の威信、秩序)を死守するのだ、という裁判をたくさん傍聴してきた。

 本件は、いったいなぜ、ひっくり返したのか。
 判決理由を聞く限り、特段の理由はないように思えるのだった。じゃあ、なぜ?

 そこんとこ、いまメルマガ第1156号に書いてるとこ。ただ、もう眠くてたまんないので、歯をブラッシングして寝るのです、ごめんね~。

 被告人が地方公務員、国家公務員、医師、自衛隊員、不動産業等々で、執行猶予付きでも禁錮以上の刑を受けるとヤバイ、という事件を請けて困ってる弁護士さん、参考になるかならないか、第1156号、いちおう、是非、可能なら、絶対…。 ←どっちやねん(笑)

 以下の左側の本は、「裁判員制度はいらない!大運動」の呼び掛け人のお1人で、日弁連副会長などを歴任した織田信夫弁護士の新刊。織田さんは静かで熱い論客。面白そうっ。

 約5時間後、追記。いま、起きてメルマガを書き進めてるんだが、傍聴ノートを何度も読み返すうち、妙なことに気づいた。
 俺は過去に、同様の破棄判決を1件、傍聴してる。国選弁護人が無能だったがゆえに助かった、といえるケースだった。もしや、本件も…?

« 東京と兵庫の「オービス格差」、ひどいじゃないか! | トップページ | 白鳥睦夫氏の名誉のために »

オービス(オービスⅢ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京と兵庫の「オービス格差」、ひどいじゃないか! | トップページ | 白鳥睦夫氏の名誉のために »