フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« クレプトマニア女性の万引き常習、またも逆転判決! | トップページ | 裁判用語 「こと名」(こと・めい)とは »

2013年10月12日 (土)

匿名掲示板での人捜し、指名手配

 だいたい毎週100人くらい、新規の被告人氏名をエクセルの表に入力してる。その表を「超絶マニアックデータしょの2」という。
 入力事項は主に、被告人氏名、事件名、係属裁判所、期日。現時点で2万1737人、2.50MB。ちなみに「元祖超絶マニアックデータ」は、人数は約4530人だが入力事項が多く、3.45MB

 それでだ、新規に入力する度に、ネットで氏名検索をする。
 たとえば「今井亮一」で検索すると、いろんなヒットがある。「今井亮一容疑者 逮捕」で検索すると…。

コンビニのドアガラス蹴破る 年齢確認に立腹
 警視庁丸の内署は20日、住所不定、自称「裁判傍聴師」今井亮一容疑者(58)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、今井容疑者は同日午後0時40分頃、千代田区霞が関の裁判所合同庁舎内のコンビニで、ドアガラス1枚(時価約10万円)を蹴破った疑い。たばこを買おうとして年齢確認されたことに腹を立てたという。
 今井容疑者は夏休みの傍聴人の群れに紛れて逃走を図ったが、店員が下駄の音を追い、取り押さえた。

 なーんてウソぴょんニュースがヒットする。その裁判所地下のコンビニは、レジ背部のモニター画面(タッチパネル)での年齢認証は、やってないはず(笑)。

 バカ話はともかく、被告人氏名でネット検索すると、報道や、企業のホームページ、個人のツイッター、フェイスブック、前略プロフなどに同姓同名が見いだせることがけっこうある。
 メルマガには、主に報道ヒットがあった事件の一部について、期日(時刻を含む)や法廷(席数を含む)などを載せてる。

 そんな作業をするなかで、困るのは、同姓同名の人物を捜してる掲示板投稿だ。
 失踪した家族を捜してるのもあるし、詐欺師を逃がさない、情報を求む! といったのもある。被害者掲示板なんてのがヒットすることもある。
 そうしたヒットがある事件の期日等を、ときどきメルマガに載せてる。俺自身、時間があればなるべく傍聴するようにしてる。年齢的に別人じゃん、てこともあるし、ズバリ同一人物と思われる事件もある。
 そうすると、「お捜しの人物と同姓同名のこれこれの事件が来週、××号法廷へ出てきますよ」とか「同様のことをまたやったようです。次回期日は…」とか、その掲示板に投稿したくなっちゃうんだょね。
 俺は匿名掲示板に関わらないことにしてるんだが、投稿したくてうずうずしちゃう…けど、1度も投稿せずにいる。

 来週、そうした匿名掲示板にヒットがある氏名(珍しい氏名)、と同姓同名の事件が東京地裁へ出てくる。その氏名の被告人の前刑の裁判を俺は傍聴した。元祖超絶マニアックデータの備考欄にこうある。「ことさら赤信号無視でひき逃げ後、カラオケ店で乱闘。もろ無軌道な若者」。
 判決は懲役2年、未決70日算入だった。出所後、またやったのか…。

 来週のその日は、ツイッターでボロクソ言われてる人物の事件もある。これも珍しい氏名なんで、間違いないだろう。
 こうして俺は、裁判傍聴から抜けられなくなるのだ、嗚呼!

« クレプトマニア女性の万引き常習、またも逆転判決! | トップページ | 裁判用語 「こと名」(こと・めい)とは »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事