フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 警視庁巡査部長の地方公務員法違反 | トップページ | 桜塚やっくんは二次事故防止を焦ったのか »

2013年10月 6日 (日)

規則ですから

 コンビニで酒や煙草を買う際の、年齢確認、レジ背部のモニター画面、タッチパネルっていうの? あれにより、「20歳以上ですか?」と問われて「はい」と答えろってやつ。どこのコンビニでもやるようになった、と俺が気づき始めたのは去年の夏か。
 その後、たいがいのコンビニは、禿げたオッサンに「20歳以上ですか?」と尋ねることの愚かしさに気づいたのか、あるいは、俺みたいなオッサンが抵抗することが多く、めんどくさいのか、店員がさっと手を伸ばしてタッチパネルを触る(=「はい」と答えた形にする)ようになった…。

 ところが今日、煙草を買おうと立ち寄ったコンビニで、20歳程度と思しき若い店員が、禿げたオッサンである俺に対し、「はい」と答えることを執拗に求めるのだった。

今井 「あなた、俺は何歳くらいだと思う?」
店員 「20歳以上…です」
今井 「それで?」
店員 「規則ですから」

 お~、なるほど。俺は煙草を返し、店を出た。

 店を出て、俺はふと思った。規則の意味とか一切考えず、規則に盲従しよう(他人を盲従させよう)とする、そのスタイルは、行為の意味とか一切考えず、規則で具体的に禁止されてなければなんでもやっちゃうのと、裏表かも。
 コンビニ等の若いアルバイト店員が、店のものを用いてモノボケをやり、その写真(画像)をツイッターにアップしたりするのと、俺みたいオッサンに対し執拗に「(20歳以上ですか?)はい」と答えさせようとするのとは、裏表かも。
 嗚呼、いかにも禿げたオッサンが言いそうな理屈だなぁ、とほほ。

 左の本の副題は『小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』。すごいと思う。

« 警視庁巡査部長の地方公務員法違反 | トップページ | 桜塚やっくんは二次事故防止を焦ったのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

 あれはどうやら、コンビニの責任逃れのようですね。
 未成年に売ると法律違反になる→未成年か確認しづらい→パネルタッチで確認したことにしよう→未成年がゴネたとき「どなたにもお願いしてます」と言おう→そのために禿げたオッサンにもパネルタッチさせよう。

ただのマニュアル馬鹿です。
私は、スーパーで煙草を買った際、レジのおばさんに「身分証明みせましょうか?」て聞いたら「いや。結構です」て言われました。どうみても二十歳越えは、間違いないという観点から。でも私の中では「マニュアルどうり確認しろや」と。
しかし、いや多分、年齢確認は、二十歳前後の方が対象なのであって、どうみても、おっちゃん、おばちゃんは、対象外なのがあたりまえですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 警視庁巡査部長の地方公務員法違反 | トップページ | 桜塚やっくんは二次事故防止を焦ったのか »