フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 拷問殺:背中にバラの絵をカミソリで | トップページ | ウルソの威力を知らない酒飲みは »

2014年1月24日 (金)

8年半前の死傷事故が!

 事故発生は、2005年8月だという!
 以下は2009年6月19日付けの47ニュース。

中央道追突事故で無罪判決破棄 東京高裁が差し戻し
 山梨県都留市の中央自動車道で、自損事故で立ち往生していた車に追突し、男女5人を死傷させたとして業務上過失致死傷罪に問われた■■■告(26)の控訴審判決で東京高裁は19日、一審の無罪判決を破棄、審理を甲府地裁に差し戻した。
 一審判決は、目撃証言から事故車が無灯火で停車していたと認定、被告の前方注意義務違反は問えず、追突を予見できる可能性はなかったと判断したが、この日の判決で出田孝一裁判長は「実況見分によれば事故車のハザードランプが点灯していた」と指摘。
 「一審判決は、被告が事故車を視認できた距離の認定を誤っており、検察側に再検証を促すべきだった」とした。
 判決によると、被告は2005年8月13日夜、中央道を時速約100キロで走行中、事故車に追突。近くにいた男性=当時(30)=を死亡させ、男性の妻と、被告の同乗者3人にけがを負わせた。

 その「業務上過失致死傷」の、差戻後の控訴審の第1回が今日、つまり2014年1月24日、東京高裁であった。4年半経って再び東京高裁へ出てきたわけだ。

 弁護人はなんと8人。控訴趣意書の要旨を口頭で述べた。へぇ~! と思える内容だった。
 ややこしい話なんだけど、差戻後の甲府地裁の判決とあわせ、分かりやすくメルマガ次号で。

 あと、昨日の東京高裁の「強姦致傷」の判決、原判決破棄だったと、お世話になってるマニア氏から聞いた。
 原判決後に示談ができたとかいうんじゃなく、事実認定で。つまり裁判員裁判の認定にダメ出ししたわけだ。へぇ~。
 そのことも次号で触れられるかな。ま、とにかく腹へった。今夜の肴は、シャケ3切れと肉少々と、ほうれん草と大根おろしと白菜の漬け物にすっかな。思い浮かべたらますます腹へった(笑)。じゃねっ。

« 拷問殺:背中にバラの絵をカミソリで | トップページ | ウルソの威力を知らない酒飲みは »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

統計的には、控訴は検察のためにこそある、そう言えるかと。 http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/8-2d35.html

で、シャケの塩分、考えてなかった~。coldsweats02

控訴審も無駄じゃあないて事ですね。夕飯、シャケ3切れは、多いのではないですか。血圧上がりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 拷問殺:背中にバラの絵をカミソリで | トップページ | ウルソの威力を知らない酒飲みは »