フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 自分の裁判の判決期日、忘れたっ! | トップページ | シャブ密輸、非常に興味深い論法で、また逆転有罪 »

2014年3月20日 (木)

虚偽記者席訴訟、俺は実質的に勝った?

 ころっと忘れて昨日の判決期日をすっぽかした「虚偽記者席訴訟」、その判決書き(民事の判決書きは判決期日の時点で出来上がってる)を取りに行くことを、当然ながら(汗)、今日の裁判所への往路の電車内でかみしめた。

 んがっ、すぐに青ざめた。どこへ取りに行きゃいいの! 係属部を忘れたぁっ。
 「亮ちゃん、お使いに行ってきて」と母親から言われ、「うん、行くっ」と飛び出してから、「どこへお使いに行くんだっけ」となる、それと同じだ。バカ野郎っ。sweat01

 係属部を、俺はブログで書いた気がする。電車内で、携帯電話でいろいろ検索してみた。が、いわゆるガラケーの検索はパソコンとはぜんぜん違う、分からんっ。
 事件係へ行って氏名を告げ、調べてもらうしかないのか。年度末が近い、混んでたらどうしよう。

 手帳を見たら、第1回も判決も、開廷は水曜、809号法廷だった。水曜に809号法廷を使う高裁の民事部は? 裁判所に着き、案内板を見てみた。第9民事部だった。

 そうして第9民事部へ行ったら、すでに郵送(特別送達)したかも、という。ええ~っ。
 いや、ぎりぎり間に合った。何とか判決書きを手にすることができた。

 裁判所内の、他に誰もいない待合室で、持参のおにぎり(玄米+白米+大納言小豆。うまくてたまんないんだよぅ)を食べながら、判決書きを読んだ。

 うわぉ、びっくりだった。判決主文は控訴棄却、俺の負けなんだけど、こんなあからさまなことってあるのか! 俺は実質的に勝ったと喧伝していいんじゃないの? ごじゃごじゃ法律論を言わず、シンプルに徹した、それが良かったんだなぁ。

 あっ、もうメルマガ執筆へ戻らねば! 次号は、刑事裁判のレポートは短めとし、編集後記で「虚偽記者席訴訟」のことを書こうと…。その前に片付けるべき“特定傍聴事務”も多く、俺はもう大変なにょ!

  

« 自分の裁判の判決期日、忘れたっ! | トップページ | シャブ密輸、非常に興味深い論法で、また逆転有罪 »

民事の裁判」カテゴリの記事

コメント

 上告しました。そしたら12日(土)、裁判所から特別送達が届きました。なんだろ、怖くて開けてません(笑)。
 『絶望の裁判所』について、思うんですけど、絶望するのは、もともと希望があったから、ではないのか。
 俺は、希望とか抜きに、客観的に裁判を見てるつもりなので、これまで誰も見ていない、いろんなものが見えてきてる、そんな気がするのです。どうなんでしょね。

上告はなささらなかったのですか?

絶望の裁判所なんだから、国、行政は勝たせない。
こんな裁判所に誰がした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の裁判の判決期日、忘れたっ! | トップページ | シャブ密輸、非常に興味深い論法で、また逆転有罪 »