フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「危険運転致傷、危険運転致死傷」、量刑不当で控訴 | トップページ | 裁判員裁判で現場検証をやるってマジ? »

2014年3月 4日 (火)

「全国同時独り乾杯」とは

全国同時独り(ひとり)乾杯: 古代中国、戦国時代において、遠く離れて全国に散る武将らが、各々の城や陣地、また敗走先にて、夜空(ときに満月)を見上げ、心を同じくして一斉に乾杯すること。全国一斉独り乾杯ともいう。缶酎ハイの「缶」と「ハイ」の語源となったことは広く知られるところである。民明書房刊、『古代武将たちの友情、その隠された真実』より。なんつってぇ~(笑)。

 民明書房とは、漫画『魁(さきがけ)!!男塾』に出てくる、ま、言わば、凝りに凝ったギャグですね。そのことについて素敵な解説サイトがいろいろありますんで、ご存じない方はご覧を。

 そのパロディの形をとって、俺の造語である「全国同時独り乾杯」について解説した次第。
 「全国同時独り乾杯」は、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」でときどき言及されるところ、メルマガ上でいちいち解説するのも面倒なため、ハイパーリンクで済ませるよう、この解説ページを設けたわけです。
 意味分かんない? なんとなく分かってください~。sweat01

 ところで、話はぜんぜん変わるが…。
 って変えて語りたい話がいっぱいあるんだが、今回はひとつだけ。以下は3月2日付け弁護士ドットコムトピックスの一部。

「適正な裁判や当事者の権利は二の次」 元裁判官が最高裁の「人事支配」を厳しく批判
33年間にわたり、東京地裁や大阪高裁など日本各地の裁判所に勤務し、最高裁判所の調査官を経験したこともある元裁判官・瀬木比呂志氏が2月27日、外国特派員協会で記者会見を開き、日本の裁判所の「病巣」を厳しく批判した。
裁判所の内部に長く在籍した人物による表立った組織批判は、異例のことだ。2月中旬に『絶望の裁判所』と題する新書を出した瀬木氏は、同書の内容を引用しながら、「最高裁長官の意を受けた最高裁事務総局が、裁判官の人事を一手に握ることによって、容易に裁判官の支配・統制をおこなうことが可能になっている」と指摘した。

 俺は傍聴席から、事件数で約5千件を傍聴して、裁判の目的乃至(ないし)存在意義は、国家の秩序、治安、威信を護ること、との評価・結論を現時点では得ているわけだが、へぇ~、そうですかぁ~。絶望の裁判所』、これは読まねばっ!

  

« 「危険運転致傷、危険運転致死傷」、量刑不当で控訴 | トップページ | 裁判員裁判で現場検証をやるってマジ? »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この手の本は、現職裁判官にぜひ読んでいただきたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「危険運転致傷、危険運転致死傷」、量刑不当で控訴 | トップページ | 裁判員裁判で現場検証をやるってマジ? »