フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スピード違反、究極の騙し討ちとは | トップページ | ますます国民を遠ざける司法 »

2014年4月17日 (木)

シェイキング・ベィビー・シンドローム

 以下は今年1月21日付けの時事通信。

2カ月男児揺さぶり重傷=傷害容疑でパキスタン人男逮捕-警視庁
 生後2カ月の男児を強く揺さぶるなどして、脳挫傷などの重傷を負わせたとして、警視庁組織犯罪対策2課は21日までに、傷害容疑で、パキスタン国籍の会社員モハメッド・■■■容疑者(29)=東京都葛飾区■■■=を逮捕した。同課によると、「泣いていたのであやしたが、強くは揺さぶっていない」と話しているという。
 同課によると、男児はモハメッド容疑者の知人の長男で、重い障害が残る可能性が高いという。同課は強く揺さぶられて脳が傷つく「乳幼児揺さぶられ症候群」の症状とみて調べを進めている。
 逮捕容疑は昨年8月4日午後3時~同50分ごろ、江戸川区平井の衣料品店で、男児の体を強く揺さぶるなどの暴行を加え、脳挫傷や硬膜下出血などを負わせた疑い。

 うっわぁ、ひっでぇことをやったもんだな、とご記憶の方もおいでだろう。「乳幼児揺さぶられ症候群」、シェイキング・ベィビー・シンドロームというんだそうだ。

 これが今日、17日(木)、「傷害」として東京地裁の法廷へ出てきた。
 片仮名氏名の「傷害」なんて、東京地裁的にはチョー不人気だろうに、20席の傍聴席は満席! そのほとんどが、被告人を支援するパキスタン、日本の人たちと、捜査側の関係者かと思われた。
 俺は早起きして狙って傍聴してきたよっ。
 そしたらなんと、報道からは全く想像もできない話が展開されるのだった。現時点での印象は、「警視庁、やっちまったか?」である。急ぎメルマガ次号に書こう、じゃねっ。

 帰りは警視庁と警察庁へ寄り、面白データを多数コピーしてきた。メルマガ編集後記のネタが有り過ぎ、困っちゃう。sweat01

  

 『交通安全への道』とは、初代交通局長、故・冨永誠美さんの著書だ。いま読み返すと、へぇ~、なことがいっぱい書かれてる。マニア向けかもしんないけど(笑)。

« スピード違反、究極の騙し討ちとは | トップページ | ますます国民を遠ざける司法 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

まさ 様
 東京地裁だけでなく、東京高裁、東京簡裁もです! 司法サービスの運用を変えるということらしいです。理由については、2通りの推測ができます。
 私のほうでは、座して看過、甘受するわけにいかないので、ちょと手を打とうと思ってます。訴訟? いきなりそんなことしませんよ~(笑)。
 ま、あとで発表します。いまはメルマガを書かねばっ。

今井さん 先日はありがとうございました。

阿曽山大噴火さんのツイッターによると、
東京地裁 一週間分の開廷表公開廃止との事ですが、
何かあったのでしょうか…

 今日、秦野真弓さんに久しぶりにお会いでき、よかったです。時間がなかったので、ちょっとしかお話しできませんでしたが、秦野さん、あんたはほんと大したもんだと感心しました。頑張ってください!

A:本日,今井様にお会いするだけでなく
B:日弁連パーティに向かう,中村慎・最高裁総務局長様に声をかけらられる等→奇遇
尚,私は高山様が日弁連会長になられても構わない
私が生まれる前の

傍聴したい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピード違反、究極の騙し討ちとは | トップページ | ますます国民を遠ざける司法 »