フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 土屋アンナさんが批判したせいでは全然なかった | トップページ | 舞台公演、突然中止、土屋アンナ、大変だ! »

2014年4月23日 (水)

女性の放尿音を聞く目的で

 被告人氏名でネット検索すると、“スカート切り”事件がヒットする。この「建造物侵入」、もしや…。
 と思って傍聴してみたらば、やっぱり女子トイレ侵入だった! 若い女性検察官による起訴状朗読は、こう始まった。

検察官 「女性の放尿音を聞く目的で…」

 しかし、可哀想な被告人なのだった。情状証人として出廷した父親の、侠気ともいうべき、覚悟を決めた親心! そしてなんと裁判官が自らの過去を告白するのだった。すっごい裁判を見てしまった!

 午後は、クレプトマニアのおばさんの「窃盗」を傍聴。俺はこのおばさんの前刑の「窃盗」も傍聴してる。
 前刑を服役し、出所して自宅へ戻ったら、夫(前刑の裁判官が「神様のような人ですよ」と言った夫)が消えていた。飼い犬も消えていた。ひとりぼっちになったおばさんは、同じスーパーでまた万引きを…。

 さて、4月11日にお知らせして以降の、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の4月の既発行号、その一部を以下に。

第1270号 シェイキング・ベィビー・シンドローム
 「2カ月男児揺さぶり重傷=傷害容疑でパキスタン人男逮捕」と報じられた事件が「傷害」として東京地裁の法廷へ出てきた。報道からは想像もつかない事件なのだった! プラス、東京地裁の傍聴人たちに驚天動地の衝撃を与え、裁判所がまた闇へ潜った件。

第1269号 ほんと最後は殺してやっからなと殺意の告知
 開廷表の事件名は「住居侵入等」。被告人は20歳の学生で、「等」の部分は「強制わいせつ」なのだった。「覚せい剤取締法違反」の被告人は、ある女性プロゴルファーと同姓同名で…。「「会社の方針に嫌気」 勤務先への放火未遂容疑で男を逮捕」と報じられた「非現住建造物等放火」、余罪が複数あるそうで、「ん?」と思って調べてみたら…! プラス、俺が「殺害予告」を受けた件の詳報。

 
第1268号 この人がよけいなことばっかり言うから(笑)
 ワイドショーなどで連日盛んに取り上げられてるあのネタの、あの人の所属先の別の男性が被告人の「強制わいせつ」。あのネタがらみでこの事件を叩くのは可哀想と思えた…。 プラス、「殺害予告」者が当該予告をする直前の、唖然呆然のウソ。マジたまげたね!

第1267号 おかしいと思って揺すったら、もう硬直してた
 「覚せい剤取締法違反」、被告人は男性。そんなのなぜ狙って傍聴したのか、理由があるのだ。開廷前、傍聴席から呟きが聞こえた、「あんな男に殺されて!」。どうやら死亡女性の父親らしい…。

第1266号 つま先の臭いを嗅ぎながら性欲処理をした…
 簡裁の「住居侵入、窃盗、住居侵入未遂」は、やっぱり色情系だった。俺はしみじみ思った、犯罪行為によらなければ入手できない、オナニーのオカズ、これもまた“結ばれない定め”というべきか…。
 

 いま購読登録すると、以上5号と、4月11日にお知らせした5号と、さらに3号、合計15号がどどっと送信される。で、さらに3号が、俺が書き次第、送信される。
 4月末までに購読解除すれば、全部無料、というシステムになってます。
 俺がこのシステムを運営してるなら不安だが、運営者は「株式会社まぐまぐ」なので。happy02

 ところで俺はねぇ、今週はもう覚悟を決めて毎日裁判所へ通う気でいるのだ。
 明日(24日)の狙いは、もしや被告人はテレ朝社員? という事件と、メルマガ第1230号「女児の性癖をどうしても学校に知らせたく!」の被告人の再犯かと思われる事件と、異例にも5回もの審理をやったシャブ密輸の控訴審判決! 大変だっ。

  

« 土屋アンナさんが批判したせいでは全然なかった | トップページ | 舞台公演、突然中止、土屋アンナ、大変だ! »

刑事/色情犯」カテゴリの記事

コメント

 裁判所から詐欺の電話をかけてる傍聴人もいるらしいです…。

元裁判官が女子トイレを盗撮時代ですから、なにがあっても不思議ではありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土屋アンナさんが批判したせいでは全然なかった | トップページ | 舞台公演、突然中止、土屋アンナ、大変だ! »