フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 韓国カルト宗教の“セクハラ”裁判 | トップページ | 74歳の白人男性は、なぜシャブの運び屋をやらされたのか »

2014年5月29日 (木)

もしかしてだけど、集団的自衛権ってこういうことなんじゃないの?

 もしかしてだけどォ、もしかしてだけど、集団的自衛権ってこういうことなんじゃないの?

 兄貴分(または弟分、以下同)がケンカしてる。よっし、加勢してやろうじゃん!

 だけど、こっちが加勢すれば当然、相手方の兄貴分も出てくる。ケンカは大きくなるばかり。

 そりゃダメでしょ。ノーベル平和賞もんの憲法を持つ我が大日本国がすべきは、加勢じゃなくて、ケンカの仲裁、そこにこそ命を賭けるべきでしょ。

 具体的には、安倍晋三首相が白装束で、特定仲裁対象国(国家間の紛争等の仲裁に関する法律第2条第4項)へ単身乗り込む。携行品は、国宝の匕首(あいくち)1口(いっく)のみ。
 古式に則って指を詰め、あるいは諫め腹(いさめばら)を切り、「この皺腹(しわばら)に免じてどうか兵をおひきくだされ」と停戦を迫る。

 相手が悪辣で、安倍首相が殺されちゃったら?
 そんときは、内閣解散で浪人となった石破茂氏をはじめ、旧安倍内閣の家臣ら総勢47人の義士が、艱難辛苦の末、相手の親玉の首をとるんである。

 時に西暦2014年、アラブの夜風をふるわせて、響くは山鹿(やまが)流儀の陣太鼓! 一打ち二打ち三流れ、耳を澄ませて太鼓を数え、おう、まさしく敷島浪士の討ち入りじゃぁーっ!

 命惜しむな名をこそ惜しめ、立派な働き祈りますぞよ、さらばさらばと右左。敷島浪士に邪魔する奴は、何人(なんぴと)たりとも通さんぞ。砂漠のたもとで石突き(いしづき)突いて、槍の進次は仁王立ちぃ~っ。 ※ 三波春夫氏の不朽の名作「元禄名槍譜 俵星玄蕃」より。

 そんなのテロ行為だろ、国際法上、許されない? 当然、とった首を亡き安倍氏の墓前に供えたのち、石破氏らは切腹して果てるんである。
 Samurai forty-seven、人々はおそれおののき、賞賛し、世界に平和が訪れるんじゃねーのっ、そういうことだろっ♪

 裁判所へ向かう電車内の、雑誌の吊り広告に、「集団的自衛権」の文字が躍るのを見て、そんなことを妄想した次第。石原慎太郎氏なんかも、喜んで義士に加わるだろう。
 あくまで妄想なんで、細かいとこ突っ込まないでね~。happy02

 先日、農家(東京都内)の直売所に、真っ赤なトマトがあるのを見た。畑では茄子の苗が伸び始めてる。もうすぐ夏なのだ。
 盛夏には、新生姜が出てくる。たっぷりの束が100円で。あれをすり下ろして、焼いた茄子にのっけて醤油をぶっかけると、旨いんだな~。嗚呼、暑いっ。

  

« 韓国カルト宗教の“セクハラ”裁判 | トップページ | 74歳の白人男性は、なぜシャブの運び屋をやらされたのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国カルト宗教の“セクハラ”裁判 | トップページ | 74歳の白人男性は、なぜシャブの運び屋をやらされたのか »