フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の19件の記事

2014年7月31日 (木)

インチキ取締りがドラレコで暴かれる日

 傍聴マニアになって11年半、事件数で5100件以上を傍聴してきて、たぶん初めてのシーンを今日は傍聴した。
 被告人を拳銃で撃った警察官(警視庁第二自動車警ら隊の巡査部長)による、撃ったときの証言。なぜ威嚇射撃をしなかったか、どこを狙って撃った結果、被告人に当たったか、ずいぶん奇妙な印象を受けたっけ。

 それが終わり、俺に対し「殺害予告」をした有名傍聴人の、驚きのエピソードを某方面から聞いた。いろんな人がいろんな場面を目撃してるんだね。
 以上の詳細はメルマガで。

 メルマガ次号を書く前に「☆自動車ニュース&コラム」を見たら、こんなのが紹介されてた!

 要するに、踏切でしっかり一時停止してるのに、「止まってないですよぉ、アレは」と取締りを受けそうになる動画記録だ。うっわ、すっごいのをアップしてくれたもんだね~!

 キカイが苦手な俺までとうとうドライブレコーダを買っちゃう時代、従来どおりの“ずさん現認&サイン強要”の取締り、言い換えれば、「運転者なんてどうせバカだから泣き寝入りして反則金を払うさ」という取締りをやってると、マジヤバイでしょ。

 スピード違反取締りの測定機も、運転者側のドラレコ等により誤測定が暴かれるときがくるのは、もう時間の問題だろう。
 ゆえに、画像解析式の測定機(簡易式オービス)を導入し、その際、火事場の焼け太りというか、行政制裁金制度とスピード違反取締りの民営化をイッキに導入しちゃう、非常にうまいやり方だと思う、うん。

  

2014年7月29日 (火)

ドライブレコーダを買ったよ!

 メルマガ第1328号「わいせつ誘拐等、追起訴の遅さに裁判官怒る」の編集後記に既に書いたことだが…。

 諸君、俺もとうとうドライブレコーダを買ったょ! 夏に予定してる自動車旅行にどうしてもドライブレコーダが必要…なぜかそんな思いに突き上げられて。ヤバイ?

 最初、ネットで探してみたの。
 だが、書いてあることがよく分かんないうえ、安いのは不具合が出たり、販売者の対応がダメだったりするらしい。

 であれば、よしっ、俺はリアル社会のカー用品店で買おうじゃん!
 遠くのオートバックスへ、運動がてら自転車で行ってみた。さすが専門店の店員、俺の疑問にぜーんぶ答えてくれた。しかも少し値引きしてくれたょ、やほ~。
 130万画素で、4GBの記憶カード付き、税込みで6000円ちょい。格落ちで在庫整理の品かもしんないが、俺には十分だ。
 何か分からないこととかあればすぐおいでください、と言ってくれた。おぅ、その安心感がいい。

 帰り際、ワイパーのブレードを買って交換作業をお願いしたら工賃はいくら? と尋ねてみた。無料だという。へぇ~! 俺はブレードの交換が苦手なのだ。助かるっす。
 リアル社会、いいじゃん、と痛感した次第。

 帰途、ディスカウントの酒屋へ寄ってみた。さすが、安いね。浮かれた俺は、チンザノ・ロッソを買った。1リットルで950円+税。
 今、グラスに氷を詰め、チンザノ・ロッソを少し入れ、焼酎25度を足して飲んでるところ。うまいなぁ! 癖のある味なんで、毎日これじゃ飽きるんだが(笑)。

 今回、俺が買ったのは、以下だ。 ※当記事を携帯電話でお読みの方は、以下の画像を閲覧できないかも。

  

2014年7月28日 (月)

ローラさんの証人出廷はあるか!

 以下は7月27日付け産経ニュースの一部。

ローラさんの父親逮捕 海外治療費詐取の疑い
 バングラデシュで知人が診療を受けたと偽って海外療養費約87万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺の疑いで、タレントのローラさんの父親で住所、職業不詳のジュリップ・エイエスエイ・■■容疑者(54)=バングラデシュ国籍=を逮捕した。
 組対1課によると、「そんな事実はない。私は百パーセント関係ない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、平成20年12月から21年1月にかけて、バングラデシュの病院に知人の元調理師の男(47)=詐欺罪で服役中=が入院したり治療を受けたりしたことがないのに、東京都世田谷区役所に虚偽の診療内容証明書などを提出。海外療養費など約87万5千円を振り込ませたとしている。

 その「知人の元調理師の男(47)」の裁判が1年ほど前に東京地裁であり、俺は傍聴した。
 ローラパパのロの字も出なかったが、記者がけっこう来て、終わると弁護人を取り囲んだ。ローラさんの人気ぶりがうかがえた。俺も弁護人に1つだけ質問したっけ、芸能界とは関係のない、マニアックな質問を(笑)。メルマガ第1105号「国保海外療養費詐欺、ローラパパの共犯者」でレポートした。

 ローラパパが起訴されれば、通常だとまぁ9月中には東京地裁の法廷へ出てくるかな。
 もちろん傍聴券抽選で、傍聴席38席の警備法廷を使い、筆記具以外の手荷物預かり、ハンディ金属探知機による厳重検査…となる可能性が高いかと思う。法廷審理の様子を密かに録画・録音してユーチューブ等にアップ、ということがあってから、厳重検査のハードルが低くなったような気が俺はしてる。

 それでだ、ローラパパが自白に転じれば、娘であるローラさんが情状証人として出廷する可能性が出てくる。
 もし証人出廷したら、たたっ、大変なことになる。裁判所もそういう事態は望まないだろう。俺が弁護人なら…。

弁護人 「今回、娘さんは、あなたのために証人出廷したいと言ってくれたんですね? しかしあなたは断った。どうしてですか?」

被告人 「………(泣いて言葉にならない)」

 そんで、ローラさんからの嘆願書か上申書か手紙を書証として出し…。

弁護人 「一部読みます。…私はとても残念で悲しいです。でも私たち家族には大事なパパです。きちんと罪をつぐなって、私たち家族のもとへ帰ってきてください。そして二度とこんなことはしないでください…」

 あとはもう、判決までに被害弁償をどれくらい終わらせるか、そこにかかってくるでしょ。全額弁償できてれば基本的には執行猶予でしょ。地獄の沙汰も金次第というか、被害弁償ができなければ実刑、できれば執行猶予、もし実刑でも刑期はかなり短い、つーことはあるのだ。ま、俺は本件の全体を知らないんで、どうなるか分かんないけどさ。

 ちなみに、何十万円か被害弁償して、しかし実刑判決で、そんなら弁償した金を返してほしいと言った被告人がいたっけ…。

人気ブログランキングへ ←あっ、今クリックして見たら、87位から45位へ上がってました! 激しいですね。happy02

  

2014年7月26日 (土)

一般国道が制限70キロに。キターっ!

 ご記憶だろうか、2013年6月4日、古屋圭司・国家公安委員長が速度取締りについてこんなことを言ったとマスコミ各社が報じた。

「違反した側も納得できるようにする必要がある。歩行者が出てくる危険性がない道路で、制限速度を20キロオーバーしたことで取り締まりの対象になるのは疑問だ。取り締まりのための取り締まりになっている傾向があり、警察の信頼という視点からもちょっと疑問符がつく」

 “大臣の苦言”を待っていたかのように警察庁は「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設け、さっそく同年8月1日、警察庁の会議室で第1回の会議を行わせた。
 懇談会の資料等、そして同年12月の「提言」を、俺は目ン玉おっぴろげて読んだ。
 こりゃもう、駐車監視員の携帯端末ならぬ“携帯オービス”(携行式の簡易なオービス)でもって、駐車監視員ならぬ速度監視員に取締りを行わせ、放置違反金ならぬ速度違反金を導入するんだな!
 手始めに何をやるんだろ、マニアな俺は、こう言っちゃ何だがわくわくした(笑)。

 今年3月31日、警察庁は「交通事故抑止に資する交通指導取締り・最高速度規制等の更なる推進について」という通達(丙交企発第49号、丙交指発第13号、丙規発第13号)を発出。4月2日には「最高速度規制の点検・見直し等の更なる推進について」という通達(丁規発第32号、丁交企第42号、丁交指発第50号)を発出した。

 ふり返れば、1968年7月1日に反則金制度をスタートさせる、その前に警察庁は、待ち伏せ取締りとかヤメるようにという素晴らしい通達を発出してる。2006年6月1日に駐車取締りの民間委託と放置違反金制度をスタートさせる、その前には、そもそも駐車規制は合理的かつ必要最小限なものにせよという素晴らしい通達を発出した。いずれも、制度がスタートしたら、早い話、通達とは逆のことになった。
 DV男が暴力による支配をスタートする前に、にこにこ優しく「一生、幸せにします」とプロポーズする、それに似てる。

 よしっ、いつもどおり順調に進み始めたぞと、こう言っちゃ何だがマニアな俺はガッツポーズをした。
 そうして、以下は今年7月25日付け読売新聞の一部。

飛ばしすぎ注意…制限速度が70キロになる国道
 北海道旭川市と稚内市を結ぶ道北の幹線道路・国道40号の開源(豊富町)―更喜苫内(稚内市)間の一部区間で30日から、自動車の制限速度が時速60キロから70キロへ引き上げられる。
 時速70キロ区間は道北のバイパスを除く一般国道では初めて。
 変更の対象となるのは、開源パーキングシェルター南から上勇知停車場交差点の南まで3・7キロの区間。

 こういうのをもう少しやり、その度に全国報道させ、いよいよ来年の通常国会に法案を出すのかな。
 でも、俺なら、スピード違反のせいで事故の被害がこんなに悲惨なものになった、というケースをいくつか、脱法ハーブがらみの交通事件くらいに大きく集中的に報道させるね。そんなの警察庁はとっくに考えてる? あそ。

 とにかく、3.7㎞の区間の制限速度が10㎞/h引き上げられたからって喜んでると、相変わらず制限速度が低すぎる(と多くの運転者が感じる)場所で、その場所ではこれまでなかった超過20㎞/h前後の違反でびしびし捕まり、うむを言わさずカネを徴収されるようになる、そういうこってす。

  

2014年7月25日 (金)

もうしゃべんなくていいと言ってるんです!

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、最新の4号は以下のとおり。

第1325号 あの「インディーズ候補」、原審は懲役実刑!
 「振り込め詐欺目的? 女性呼び出し600万円奪う 男を逮捕 警視庁」と報じられた「詐欺未遂、詐欺、窃盗」の控訴審判決に続いて始まったのは、「深谷市長選立候補者に実刑判決 駐車違反の調書破く」と報じられた「公用文書毀棄」の控訴審第1回。開廷前の廊下で、非常に珍しいことがっ!

第1324号 お役人の手はいつも白く、被告人は蟻地獄へ
 ヤクザとの勾留場所や貧困ビジネスの搾取施設へ追い込んどいて、被告人1人が悪いかのような言い様に、俺はムカついた! プラス、真っ向否認の電車内痴漢。被害女性はツイッターで…! 裁判長は、前日に痴漢冤罪で逆転無罪をやってのけた河合健司さん!

第1323号 もうしゃべんなくていいと言ってるんです!
 第1322号の続き。検察官による被告人質問の途中、裁判官が介入、まぁ大変なことになるのだった! この事件、裁判官が激怒した事件ベスト10に間違いなく入る、堂々1位かも。終わって席へ戻った被告人の顔は、黒っぽくなっていた。次回期日は…!

第1322号 無免許運転で起訴された後にまた無免許で!
 東京地裁で「道路交通法違反」の審理。追起訴だった。なんと、物損追突を伴う無免許で公判請求された後の無免許運転。ドライブレコーダの録画では衝突は明らからしいのに、被告人は頑強に否定し…!

 その他、7月の既発行号は以下のとおり。

第1321号 原審無罪のシャブ、同じ証人をまた取調べ!
第1320号 51歳アルバイト店員が22歳女性に片思い!
第1319号 あ~、寒気がしてきた、急にざーっと…
第1318号 紹介されたのは貧困ビジネス、現代の蟻地獄
第1317号 この程度はOKと天文学的な回数、飲酒運転?
第1316号 ノーサイバン、ファッキンガイ、バカヤーロ!
第1315号 睡眠時無呼吸、重大事故、禁錮5年6月!
第1314号 警察官の指を咬み「俺はエイズ」と叫んだ男
第1313号 刑務所を出たら遺族に請求に行きますんで

 7月末までの発行号があと5号ある。これから第1326号を書く。「「道教えて」少女の体触る=容疑の会社員逮捕-警視庁」と報じられた「わいせつ誘拐、わいせつ誘拐未遂、強制わいせつ」をレポートする予定。

 いま購読登録をすると、とりあえず以上全部を無料で読める。7月末までに購読解除をしなけば(面白すぎて購読解除できなくなればheart04)、8月分から月額108円…そういう仕掛けになってます~。
 108円? 1号が? いえ月額が108円なのです。信じられないでしょ。俺も信じられないっ、えーん。sweat01

 最近、高橋ユキさんからアドバイスをいただき(ありがとうっ)、俺が把握してる次回期日等をメルマガに少し載せるようにした。
 この夏、いっぺん東京地裁へ裁判傍聴に行きたいけど、どの日に行こうかな、という方は、「じゃあ、どうせなら、それがある日に行こうか」というふうにお役立ていただければ。

人気ブログランキングへ ←これ、しばらく貼り忘れてたら、87位へ落っこっちゃいました~。weep

  

2014年7月23日 (水)

「公用文書毀棄」の被告人はあのインディーズ候補!

 22日(火)13時30分から東京地裁425号法廷(42席)で「覚せい剤取締法違反」の新件があった。「<覚醒剤>初公判で栩内被告が無罪主張…ASKA被告の知人」などと報じられてる事件だ。
 傍聴券抽選、締切は12時45分。あとでマニア氏に聞いたところ、当たり券21枚のところに917人が並んだらしい。

 俺はそっちへは目もくれず、13時30分から東京高裁410号法廷(42席)で「公用文書毀棄」の控訴審第1回へ。
 被告人は、東京都知事選などにガンガン立候補し、大川興業の大川豊総裁が「インディーズ候補」として取り上げた、あの山口節生さんなのだ! 
 開廷前に「ええっ!」ということがあった。後でネット検索して、なんと駐車違反がらみの事件なのだと分かった!

 いま、その傍聴レポートをメルマガ第1325号に書いてるところ。でももう疲れたんで寝るです、寝させてっ。

 ところで、司法試験に合格する前から知ってる女性弁護士さんが、『モラル・ハラスメント こころのDVを乗り越える』という本を出した。
 7年半前に同旨の本を出し、その後、多くの相談を受け、経験と勉強を重ねての、今回の出版だという。こういう本は信頼できると思う。
 「こころのDV(ドメスチク・バイオレンス)」は、特に男女関係がらみの事件によぅく出てくる。俺も勉強させてもらおう。

  

※2014年9月2日追記  山口節生さんの「公用文書毀棄」の控訴審判決が9月1日(月)15時、言い渡された。開廷前に、メルマガ第1325号でレポートしたのと同じことがあった。主文は普通に控訴棄却。ただ、原判決を知ったらビックリしますょ!

人気ブログランキングへ ←9月2日10時40分現在36位。happy01

2014年7月22日 (火)

51歳アルバイト店員が22歳女性に片思い!

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は毎週月、火、木、金の発行で月額108円。7月の既発行号のうち第1313号から第1316号までを7月10日にお知らせした。その後の5号は以下のとおり。

第1321号 原審無罪のシャブ、同じ証人をまた取調べ!
 原審無罪の「覚せい剤取締法違反」が東京高裁へ出てきた。次回、いっしょに逮捕された女性(有罪確定か)を尋問することにっ。 プラス、「自動車運転過失致死」の審理。開廷前、10歳男児をハネ殺された母親が声を上げて激しく泣き…。

第1320号 51歳アルバイト店員が22歳女性に片思い!
 「住居侵入、邸宅侵入、窃盗」は、年配独身男性の、実るはずもない片想い。若い検察官が、いかにもお勉強秀才風な突っ込みをして…。 プラス、元正検事の弁護人が真っ向無罪主張の「強姦」!

第1319号 あ~、寒気がしてきた、急にざーっと…
 報道された「犯人隠避」、執行猶予付き懲役刑の原判決を破棄、逆転罰金刑! プラス、右翼団体の会長がPTA内の不倫をネタに脅した「恐喝」。 プラス、「重過失傷害」(自転車事故)の否認の、証人尋問。うっわ、こりゃひどいなと…。

第1318号 紹介されたのは貧困ビジネス、現代の蟻地獄
 「自動車運転過失傷害、道路交通法違反」は、84歳の爺ちゃんが、信号無視で横断した68歳男性をひき逃げした事件…。 プラス、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の法廷における、あの有名傍聴人の呆れた振る舞い。 プラス、役人たちの手によって蟻地獄へ落とされたというべき「窃盗」…。

第1317号 この程度はOKと天文学的な回数、飲酒運転?
 「道路交通法違反」(酒気帯び0.62mg)は、ちょっとそれ無理でしょ! という無罪主張で…。 プラス、「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」。最近、ストーカーがよく法廷へ出てくる。本件被告人は、逮捕・勾留されてからいろいろ勉強し、ストーカーとはどういうものか、被害女性の気持ちはどうか、ようやく分かったんだそうだ。

 16日に札幌地裁で出た「道路交通法違反」の無罪、詳しいことが分かった! びびっ、びっくらこきましたょ俺はっ!
 メルマガで速報し、詳しくは『ドライバー』の次号でっ。
 さぁ、これからアレを傍聴に行かねば。傍聴券抽選のシャブ(芸能関係)じゃなくて、もっと興味深いのがあるのだ~。

  

2014年7月19日 (土)

中国の駐車取締りは遅れてる?

 中国の駐車違反について興味深いニュースが!
 以下は7月17日付け新華ニュース。■は、まだれに「龍」かな。

中国、車内の蛇を退治して違法駐車、処罰を受けた運転手は異議申立て
中国・貴州省遵義市で■さんが走行中に車内に蛇がいることを発見し、直ちに車を道路脇に止めて退治したが、違反駐車として道路防犯カメラに記録された。
■さんは違反駐車として罰金50元と3点滅点の処罰を受けた。
■さんは「実に悔しい。故意ではなく、緊急事態だった」という。■さんは蛇の写真を持って交通部門に異議を申し立てた。遵義市交管局法制大隊は当日の映像を見て、■さんは本当に車内から蛇を取り出したことが分かり、処罰を取り消した。 (翻訳 王秋)

 記事の全趣旨に徴すれば、「当日の映像」とは「道路防犯カメラ」の映像と解される。
 日本だと、警察が治安や検挙のために撮影した映像を、すでに執行を終えた行政行為をひっくり返すために利用することは考えにくい。「調査に着手したときは保存期間が過ぎ、自動消去されていた」「他者のプライバシーに関わる映像があり、開示できない」「技術上のトラブルで紛失した」などと言うはず。
 また、仮に、映像があったとして、裁判になれば…。

裁判官 「その蛇が危険な毒蛇であり、かつ乗員に襲いかかろうとしていた事実は、全証拠を精査してもうかがえない。差し迫った危難は何らなかった。仮に危険な毒蛇であり、乗員に襲いかかる危険があったとしても、蛇の存在は、車両管理の不手際によるものであり、自招(じしょう)危難であって、緊急避難には当たらない」

 とかなんとか言われるんじゃないか、日本では。
 その意味で、まだまだ中国は日本に遅れてる…ん? 何か変かな。coldsweats01

 いや、そんなことより、「違反駐車として道路防犯カメラに記録された」という部分である。
 道路上に監視カメラを仕掛け、違法駐車車両を撮影、そのナンバーから、車両の持ち主に対し「罰金」や、おそらくは車両使用禁止処分のための「減点」を課すのかな。

 そのやり方はマズイだろ、と俺は思う。
 だってそんなことじゃ、違法駐車したら必ず取締りを受けることになってしまい、誰も違法駐車をしなくなる=その道路における「罰金」等の稼ぎがなくなってしまうから。
 日本の駐禁商法の人たちからすれば、「中国人はアホやなぁ。日本のノウハウを中国へ持ち込めばボロ儲けやなぁ」かも。

 ま、とりあえずそんなことで。急ぎメルマガを書かねば。ここんとこ、超濃ゅいのばっか傍聴してて、次号で何をレポートしようか、悩んぢゃう。被告人質問の途中で裁判官がマジ激怒したあの事件をまずご報告しようか。じゃねっ。

  

2014年7月17日 (木)

いずれ必ず失われるはずだった命が失われた

 ムカついた! というか、怒りと悔しさと馬鹿らしさがごっちゃになって、なんかもう気が遠くなりそう。
 全く失われなくていい命を失わせた、べつの言い方をすれば、いずれ必ず失われるはずだった命が失われた…。そのことの自覚が全くなさそうな、あっても非常に薄そうなニュースに、俺は震撼するっ。
 以下は7月16日更新の日テレニュース。

死亡事故を教訓に…歩道に柵 (北海道)
旭川市の交差点で先月、車同士が衝突し、歩道で巻き込まれた高校生など3人が死亡した事故をうけ、現場には歩行者を守る防護柵が設置されました。
昨夜遅く、歩道にたてられる鉄製の防護柵。先月起きた死亡事故のあと、住民らの要望をうけて設置されました。事故は旭川市末広の国道12号と道道の丁字路交差点で起きました。右折しようとしたRV車と直進してきた乗用車が衝突。そのはずみで歩道で信号待ちをしていた高校2年の男子生徒が乗用車にはねられ死亡しました。この事故をうけて、道路を管理する旭川開発建設部は歩道を囲むように防護柵を設置しました。柵は高さ1メートル、幅8メートルで、時速60キロで車が衝突しても耐えられる強度があるといいます。
けさ、高校生らは防護柵に守られながら登校しました。
(死亡した高校生と同じ高校に通う高校生)「少し安心できる」
(地元の住民)「だいぶ違うと思う。高校生の通学も安全になるのでは…」
(樋口記者)「防護柵の設置とあわせて、横断歩道の前には信号待ちの位置を示す目印も付けられました」
信号待ちをする歩行者が防護柵の幅に収まるように注意を促す目印もあわせてつけられました。若き尊い命が失われた事故をきっかけに設置された防護柵。今回設置された場所の向かい側にも防護柵が設置されることになっています。  [7/15 20:15 札幌テレビ]

 俺がなぜ震撼するか、奇妙に思われるかもしれない。
 2013年6月19日付けの当ブログ記事「地獄の上に架かった細い危うい橋を渡るに等しい」をどうかお読みいただきたい。そこにすべて書いた。

 少しだけ付言しとこう。
 その「防護柵」が、時速60キロで衝突してくる車両を、ガツンと阻止してくれる、車両は防護柵の前でバラバラになってしまう…のか?
 仮に、防護柵の鉄柱自体は少しも曲がらなくても、鉄柱を埋めたコンクリートのほうが一部破壊される可能性がある。
 鉄柱は垂直を保てず、少し傾く。車両が乗り上げ、歩道へ飛び込む可能性がある。一般的な乗用車で重量約2トンもの物体が時速60キロもの速度で突っ込むことを、ナメちゃいけない。
 もちろん、トラックが突っ込んでも防護柵の内側は別世界、と実験により証明されてるんならいいのだが。

  

2014年7月16日 (水)

札幌地裁、驚きの無罪判決!

 この種の裁判はさんざん傍聴してきたが、札幌地裁で驚愕判決っ!
 以下は16日付け産経ニュース。

60キロオーバーも追突避けた「緊急避難」認め無罪判決 札幌地裁
 北海道喜茂別町で昨年5月、法定速度を超えて乗用車を運転したとして、道交法違反罪に問われた札幌市厚別区の会社役員の男性被告(81)に、札幌地裁は16日、追突を避けるための緊急避難だったと認め、無罪(求刑罰金4万円)の判決を言い渡した。
 判決理由で大久保俊策裁判官は、男性は前後を別の車に挟まれていたことを挙げ「当時、後続車が1、2メートル後方で密着したように迫るなどの普通ではない走り方をしており、追突事故に至る可能性は低くなかった」と指摘。その上で「被告は前の車を追い越す際に法定速度を超えたが、今回のケースでは後続車との事故を防ぐためにはやむを得なかった」と認定した。
 男性は昨年5月29日午後5時15分ごろ、喜茂別町の道路で法定最高速度の60キロを超える94キロで走行したとして起訴されていた。
 札幌地検の浦田啓一次席検事は「予想外の判決。上級庁と協議の上、対応を検討する」とコメントした。

 60キロオーバーでなんで求刑4万円やねん! と思ったら34キロオーバーなんだそうだ。法定最高速度が60キロだから「60キロオーバー」って…。

 ま、それは措いといてだ、こういう事件は、まずはこう蹴られるんである。

裁判官 「被告人が言う後続車が存在したという証明がない。そのような後続車は存在しなかったと認められる」

 そのうえで、「仮に存在したとしても…」と、要旨こんなふうに蹴られるんである。

裁判官 「後続車が車間を詰めたからといって追突までするとは考えがたい。仮に追突され死亡しても、被告人には何ら落ち度がない。被告人は携帯電話で110番通報すれば良かった。地図を見ると付近に警察の寮がある。そこへ逃げ込めばよかった。あるいは、道路脇に停止すればよかった。相手はヤクザ、殺されると思ったと被告人は言うが、停止して確認したわけでない。とるべきべき手段はさまざまあったというべきであり、法定最高速度を超過したことに何ら合理的理由はない」

 
 ところが今回、札幌地裁の大久保俊策裁判官は…! 札幌地検の浦田啓一次席検事がおっしゃるとおり、まことに「予想外の判決」だと俺も思う。

 「1、2メートル後方で密着したように迫るなどの普通ではない走り方」って、何を証拠に認定したのか。測定方法は何なのか。そもそも公判請求なのか、略式経由なのか。
 本件の弁護人をご存知の方がいたら教えて~!

  

※8月13日追記: おかげさまでその弁護人氏と電話で話すことができましたっ。どういう無罪だったのか、メルマガ第1330号「札幌地裁のオービス無罪、検察が控訴した!」に少し書き、詳しくは8月20日発売の『ドライバー』の連載コラムに書きました~。

人気ブログランキングへ ←現在56位~。weep

2014年7月15日 (火)

傍聴人に証人尋問が聞こえる必要なし

 ほぉ~、マジっすか! 以下は11日付け日経新聞。太字は俺。 ※メルマガでは第1318号でコメント済み。

別室の証言聞こえなかった裁判、違法に当たらず 東京高裁判決
 裁判の傍聴時、別室で証言する証人の様子を法廷で流すはずのビデオの音声を切られて内容を聞くことができなかったのは、裁判の公開の原則に反するとして、弁護士が国に33万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が、11日までに東京高裁であった。園尾隆司裁判長は「裁判長は証人の音声を聞こえる状態にする義務を負わない」として、請求を棄却した一審判決を維持した。
 原告団は「判決は非公開の裁判を開いても国は責任を負わないと言っており、裁判員裁判の時代に逆行している」と上告の意向を示した。
 原告の塚田育恵弁護士は2012年8月、弁護を担当している被告の共犯者の裁判をさいたま地裁で傍聴。別室からのビデオリンク方式で行われた証人尋問の音声は、裁判官らの手元のモニターでしか流れず、傍聴席からほとんど聞き取れなかったという。
 原告側は「憲法が保障する裁判の傍聴の自由を侵害した」と主張していたが、園尾裁判長は裁判を聞く自由について「傍聴人に個々の証拠の詳細な内容を知る権利が与えられているものではない」と指摘。傍聴人に音声を聞き取りやすくする措置を取らなかった裁判長の訴訟指揮は違法とはいえないと結論づけた。
 法廷で傍聴人が自由にメモをとることを最高裁が事実上認めることになった1989年の「レペタ事件」の原告、ローレンス・レペタ明治大特任教授は「25年たってもこのような問題が起きていることに驚く」と批判している。

 俺の「虚偽記者席訴訟」で国側は、「国民には裁判を傍聴する権利はなく、裁判所には傍聴させる義務はない」と主張し、東京地裁も東京高裁もそのまま認めた。
 あれと同じ方向性が感じられる。裁判所は俺だけを邪険にしたわけじゃなかったんだ、ほっ。 ←こらっ(笑)。

 上掲記事で原告団が言う「裁判員裁判の時代に逆行している」については、違うと俺は思う。
 裁判員制度は、上記方向性を固めて強めるのに都合がいいから、国が推進してるのだと俺は見てる。
 仮に、裁判員制度が本来、その方向性を弱めるものであれば、国は間違いなく、原告団が考えるところの“裁判員制度の良さ”を骨抜きにするだろう。運用するのは国であり、分厚い守秘義務の壁で覆われ、国民による検証は不能なわけだし。

 裁判所はどんどん、その本来の姿をむき出しにしてるように思える。レペタさんが25年前と同じ訴訟をいま起こしたら、負けたりしてね。

  

人気ブログランキングへ ←37位から58位へ落っこっちゃいました~。weep

2014年7月14日 (月)

1万円札を手に無防備で歩く女性

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第1224号「キャンプ座間の米軍属、オービスで破滅か」(※発行時、間違えて第1124号と表記してしまった)では、ある「窃盗」についても少しレポートした。自転車で徘徊し、歩きスマホの若い女性を捜し、スマホを引ったくる、ということをくり返してた事件だ。
 第1224号から一部拾うと…。

 被害女性によれば、そのアイホンは「4、5万円で買ったもの」。起訴状では時価3万円相当とされていた。

 ネットオークションで、仮に1万円で売れるとすれば、むき出しの1万円札を右手に持ち、無防備で歩く(自転車をこぐ)女性が、探せばすぐ見つかる…。うーん。

 おいしい犯罪だなぁ、と思ってたら、以下は7月10日付け産経ニュースの一部…。

狙われた5人の女性、「歩きスマホ」は無防備のサイン…マナー問題だけじゃない犯罪被害も誘発
 スマートフォンの画面を見たり、操作しながら移動する「歩きスマホ」。視野が狭くなり、人とぶつかるだけでなく、駅のホームや階段から転落するなどの事故が全国で相次いでいる。そんな中、歩きスマホの女性が襲われる事件が大阪市内で連続発生した。6月下旬の2日間だけでいずれも20代の女性5人が、手にしていたスマホを自転車の男にひったくられたのだ。「歩きスマホ=無防備」となっている現状がうかがえる事態で、もはやマナーやエチケットだけの問題ではなく、犯罪被害に直結する問題になっている。

 ホームや階段から転落する、無防備さをアピールして犯罪者を引き寄せる、こうしたことはもう止まらないんだろうと、刑事裁判の傍聴席からは思える。

  

2014年7月11日 (金)

「neet1987のブログ」に大感謝!

 よしっ、今日は休もう! 台風一過の性典もとえ晴天、家中の窓を開け、布団を干し、溜めてた事務作業を…。

 昼頃、「neet1987のブログ」の11日(金)分をふと見てみた。
 そしたらっ、13時15分から東京高裁で「犯人隠避」の判決! 13時30分から東京簡裁で「重過失傷害」の審理が!
 「犯人隠避教唆」はわりとあるが「犯人隠避」は滅多にない。オービス身代わり出頭だったら大変っ! 「重過失傷害」は、最初の頃に傍聴し、その後の期日を見失ってた事件かもっ!

 いや~、でもな~、せっかく布団を干したんだし、今日は有酸素散歩と洗濯を、昼食は何にしよう…と30秒ほど悩んだが、もはや抗拒不能(こうきょふのう)っ、急いで着替えて出かけたっ。13時00分頃に裁判所に着いた。

 「犯人隠避」はオービス関係じゃなかった。が、報道された事件だった。その報道の内容は虚偽なんだという。で、原判決破棄! 理由は量刑事情の考慮不足、へぇ~!

 「重過失傷害」は、目撃者と警察官の2度目の尋問。刑事裁判の証人尋問は、目撃者の生の記憶をズタズタのボロボロにしてしまうのだな、と痛感した…。

 そのほか、偶然たまたま、「PTAの父母会はハッテン場か」というふうに俺は記憶してた事件の、控訴審第1回を傍聴した。

 「neet1987のブログ」に大感謝、である。
 当該ブログは、「重過失傷害」や、簡裁の「道路交通法違反」など、普通の傍聴人は興味を持たないだろう事件を載せてくれてる。前にも言ったけど、「今井のため」というテレパシーが俺の脳にガンガン突き刺さる! こうなったらもう「昭和」でご馳走するしかないねっ。奮発して5品まで。って550円じゃん、ケチくせ~(笑)。

 帰宅したら、こんなニュースが。以下は11日付け産経ニュース。

大津地裁彦根支部で傍聴男性が自分を刺し軽傷
 10日午後1時40分ごろ、滋賀県彦根市金亀町の大津地裁彦根支部2階廊下で、傍聴に訪れていた同市の無職男性(33)が突然、かばんからナイフ(刃渡り12センチ)を取り出して自分の腹部を1カ所刺した。裁判所職員が119番通報して男性は病院に搬送され、軽傷。
 彦根署によると、男性は廊下で、かばんからノートを取り出し、裁判のため訪れていた女性弁護士に「僕のノートを見てください」と話しかけた。弁護士が断ると、ナイフを取り出して自身の腹部を刺した。2人に面識はなかった。男性は、精神障害者保健福祉手帳1級を所持しているという。

 東京地裁でも、庁舎内でシャブを使用した女性がいたし、ある犯罪をやってるらしい男性もいる(一時期は間違いなくやってた。ここ1~2カ月もやってるのか、やってると思われるんだが確証がない)。その男性、いつ逮捕されるのか、逮捕状の執行は庁舎内のどこで行われるのか…。
 ま、いろんなことがあるよねぇ、という話。俺は東京地裁の法廷内で「殺害予告」を受けたし(メルマガ第1269号「ほんと最後は殺してやっからなと殺意の告知」)。

  

2014年7月10日 (木)

ノーサイバン、ファッキンガイ、バカヤーロ!

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、7月の既発行号の内容を以下簡単に。

第1316号 ノーサイバン、ファッキンガイ、バカヤーロ!
 裁判所が犯罪者に垂らす“蜘蛛の糸”。 プラス、ベナン大使館で暴れた男、法廷でも暴れ…。 編集後記は、「公然わいせつ 3億稼いだ緊縛師ら3人逮捕」など。

第1315号 睡眠時無呼吸、重大事故、禁錮5年6月!
 「首都高4人死亡事故で有罪判決」とNHK。うまく要約されてると思う。俺的な見所を補足するなら…。 編集後記は、その法廷での、俺に対し「殺害予告」(メルマガ第1269号)をした男の呆れたふるまい。

1314号 警察官の指を咬み「俺はエイズ」と叫んだ男
 病院勤務の男は前科3犯、最終刑は懲役6年! プラス、公務執行妨害で逮捕される際、警察官の指を咬んで「俺はエイズだ」と叫び…。 プラス、量刑の「調整要素」の話。 編集後記は、東京地裁・高裁の今後の期日。

第1313号 刑務所を出たら遺族に請求に行きますんで
 第1153号「地球上からバカな女がたった1人減っただけ」などでレポートしてきたとんでもない事件の控訴審第1回。出所したら遺族に請求に行くと被告人は言い、法廷内はシーンと静まりかえった…。 編集後記は、女児監禁の被告人が法廷で歌をうたい認否を拒否したというニュースについて。

  現在10日(木)の朝7時半頃。東京は今日の午後、台風の影響で雨風が強まるんだとか。
 でも今日の午後は東京地裁・簡裁で、84歳がひき逃げと報じられた事件の判決と、“追い飲み”を理由とする酒気帯び否認の論告・弁論がある。どぉしよう。傘は使えない? なら下駄とカッパで行く? うーん。

※ 以下、同日夜の追記。

 午後、風は強まったが、雨に遭うことなく裁判所から帰れた。

 それでだ、詳しくは既にメルマガ第1317号で書いたんだが、いま話題の「野々村龍太郎ブログ」。
 コメント欄にある大量のコメントは、俺的に見て、あまりに個性がない。もしかして、通常のコメントは一切受け付けず、特定個人(または数人程度)が必死に、応援、賞賛、賛同のコメントを書きまくってる?

 その、「通常のコメントは一切受け付けず」の部分を検証するために、真意を隠して(ゴメンね)、「訂正とお詫び」との記事に、実験コメントを投稿してみた。
 するとっ、どうやら約5分後に、載った! 以下だ。

1316. 無題

頑張ってください
今井 2014-07-10 07:56:25

 ほぉ~! なんか驚き。
 それにしても、俺の“オッサン感覚”では、俺の投稿以外のほとんどは、俺と同じ動機の実験投稿と、やっぱり特定個人(または数人程度)によるもの、ってことになるんだが。
 もしも、あの大量の投稿群の1~2割以上が、実験目的ではない、不特定の個人によるものだとしたら、現代社会を読み解くうえで非常に興味深い、ような気がする、うん。 ←お前は自分の頭髪の数でも読み解いてろ? えーん。crying

  

人気ブログランキングへ ←現在43位。いや37位っ!

2014年7月 7日 (月)

駐車監視員が駐禁除外標章を偽造!

 元カリスマ駐車監視員、松木和哉さんのメルマガ「駐車監視員が教える駐禁ルール」の最新号で初めて知った!
 以下は7月3日付け産経ニュース。

「自分で作りました」 偽造の「駐車禁止除外指定車標章」使用、警備員の男逮捕
 神奈川県警相模原署は3日、偽造有印公文書行使の疑いで、相模原市中央区水郷田名の会社員、■■美和容疑者(68)を逮捕した。
 逮捕容疑は6月12日午前8時45分ごろ、同区南橋本の路上で、「歩行困難者使用中」と書かれた駐車禁止除外指定車標章の偽造品を、フロントガラス付近に掲示して駐車したとしている。■■容疑者は「自分で作りました」と容疑を認めているという。
 同署によると、■■容疑者は警備会社に勤めており、駐車監視員として働くこともあったという。■■容疑者は偽造の標章を、主に会社前の路上に駐車する際に使用しており「苦情を言われたくなかったから」と供述しているという。同署で偽造標章の作成方法を調べている。

 名は「美和」だが「男」なんだという。「よしかず」と読むのかな。裁判傍聴マニアはちっとも驚かない。「子」が付いて男ってこともあるんだから。

060818 よりによって駐車監視員がなんてことするんだ、けしからん! 世間はそう思うのかもしれない。
 しかし、俺が漏れ聞いてる話だと、一般的に言って、職業にふさわしいモラルなど駐車監視員に求めるのはそもそも無理らしい。

 松木さんによると「相模原署から委託を受けている警備会社は株式会社KSP」。KSPって国際警備のこと? 俺はよく分かんない。
 なんにしても、確認事務委託(駐車監視員を使っての駐禁取締り業務)の入札は、金額と評価点数で決まる。不祥事があると点数が厳しくなり、それは大きな金額に相当するんだそうだ。

 あと、偽造除外標章って、誰かがつくったやつのコピーを買ったり、買ったものをさらに売ったり、よくあるらしい。本件は「自分で作りました」だけで幕引きとなるのか。
 そしてKSPは、次回の入札、どうなるのか。どんな方法で挽回しようとするのか。

  

人気ブログランキングへ ←ぐんぐん上昇、7日21時15分現在、53位!

2014年7月 6日 (日)

裁判所と爆弾と東京ガスと恐喝犯と

 どうしても傍聴したい裁判が重なってるとき、一方の法廷に爆弾仕掛けたと電話して…と幾たび夢想したことか。
 もちろん俺は思慮分別のある大人なので(え~っ?coldsweats02)、夢想にとどめてきたが…。
 以下は7月5日付け埼玉新聞。

爆弾持って行く...裁判所を脅迫 容疑の中3男子を逮捕/川越署
 川越署は5日、威力業務妨害の疑いで、所沢市の市立中学3年の男子生徒(15)を逮捕した。
 逮捕容疑は、2日午後4時ごろ、川越市のさいたま家裁川越支部に電話をかけ、対応した書記官男性に「おまえのところに爆弾を持って行ってやるよ」「1週間以内にやってやるよ」と脅迫し、裁判所の業務を妨害した疑い。
 同署によると、男子生徒は裁判所が扱っている事案について電話で問い合わせ、約30分間のやりとりで書記官に回答を拒まれると途中から腹を立てたという。同裁判所は同日、危険回避のため職員を定時に帰宅させた。
 男子生徒は「電話で聞いたことに答えてくれなかったから言ってしまった」と容疑を認めている。

 川越支部は、寺澤オービス事件で俺はずいぶん通ったっけ。
 あそこの家裁のほうへ電話って、家事事件に関してだったのか、少年事件に関してだったのか。友人や家族のことだったのか、本人自身のことだったのか。

 最大公約数的なことを言えば、裁判所は国民から恨まれる役所だ。職員個々人の個性や人格とは別に、役所の構造として、というか、国民を遠ざけようとする面もあるし、木で鼻を括ったような言いぶり、理不尽としか思えない回答拒否もある。
 そんなのにいちいち腹を立ててたらすぐハゲちゃうょ、と俺のほうからはアドバイスしておきたい、あーん。crying

 こんなの見つけた。

 感動しました!
 ところがこれ、クレームを受けて打ち切りになったんだそうだ。マジ?
 全国の恐喝常習犯たちは思ったんじゃないか、おぉぅ、東京ガスはクレームに弱いぞ、おいしいぞ、と。

  

 アイザック・アシモフ氏の『神々自身』が廊下の隅でほこりをかぶってた。手に取って読み始めた。が、文字が小さすぎて断念。
 広瀬隆氏の『資本主義崩壊の首謀者たち』が、台所のテーブルの麻婆豆腐の素の下から発見された。読んでみた。面白っ! こんな面白いのが、アマゾンでは「ロープライス¥1」って!

人気ブログランキングへ これ、すっかり忘れてた。7月7日0時05分現在、「週間IN」なるものが「30」で58位。ワンクリックで10増えるらしい。なので何人かの方がクリックしてくれると、あっという間に上位に食い込むかも。

2014年7月 5日 (土)

「紛ハシキ外観ヲ有スルモノ」とさえ言えない偽札

 不謹慎と言われるかしれないが、でも笑ってしまった。happy02
 以下は7月4日付けサンスポ。

「百万円札」使い詐欺容疑で男2人逮捕、覚せい剤売人に見破られる
 「百万円」と書かれたおもちゃの紙幣を使い買い物をしたとして、大阪府警西成署は4日までに、詐欺の疑いで、大阪市西成区、派遣社員岩田■■容疑者(22)と大阪市住之江区、派遣社員山田■■容疑者(28)を逮捕した。逮捕は3日。
 おもちゃの紙幣は付箋として市販されており、西成署によると、肖像の福沢諭吉は鼻毛を伸ばしている。裏面が白紙のため、2枚を張り合わせ、買い物の際は見つからないよう四つ折りにして差し出していた。
 岩田容疑者は買い物後、西成区の路上で覚せい剤を購入しようと、おもちゃの紙幣を売人に渡して見破られトラブルになった。近くの消防署に駆け込み助けを求めたが、不審な様子だったため消防署員が警察に通報。尿検査で覚せい剤の成分が検出され、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、起訴された。売人は逃走した。
 逮捕容疑は6月12日午後7時50分ごろ、西成区の商店で缶ジュース2本とバナナ、釣り銭約9600円を詐取した疑い。(共同)

 そんなので買えちゃったんだ、缶ジュース2本とバナナを! んでシャブの売人には見破られたって!

 2011年6月に東京地裁で「通貨及証券模造取締法違反」つーのを傍聴し、メルマガ第483号「ニセ1万札をつくった動機は風水って」でレポートしたっけ。
 ネットで拾った旧1万円札の画像をカラープリンタで印刷、旧札ならバレにくいだろうとコンビニで使おうとした。が、あまりに出来が悪く、店員により一瞬で看破されたんだそうだ。

 「偽造通貨行使」なら無期または3年以上の懲役(刑法第148条)、重い。
 しかし出来が悪くてとても「偽造」とは言えず、「紛ハシキ外観ヲ有スルモノ」程度とされ、「通貨及証券模造取締法」のほうで起訴されたんだね。
 求刑は懲役1年。詐欺用の通帳をどうとかしたで執行猶予前科があり、今回は懲役10月、未決30日算入だった。

 そして今回の大阪の事件は、「紛ハシキ外観ヲ有スルモノ」とさえ言えず…。
 裁判では、押収したそれを被告人に提示し、検察官が言うんだろうか。

検察官 「これはあなたのものですね? もう要りませんね?」

 大阪地裁の傍聴マニア諸氏は、狙って傍聴するんだろうなぁ!

  

2014年7月 4日 (金)

6人死傷事故と睡眠時無呼吸症候群の関係

 4日(金)は朝一から16時30分頃まで裁判所にいて、警察庁へ寄って帰った。
 朝一、狙い定めて出かけた東京簡裁の「道路交通法違反」が、ななっ、ないっ! 期日取消になったのか、俺がメモを間違えたのか、あとで確認しよう(泣)。
 そのあとしばし迷走乃至彷徨したのだが、「ええ~っ!?」というのを一杯傍聴したよぅ~。

 「首都高玉突き事故、死傷の6人は税関職員」と報じられた「自動車運転過失致死傷」は、交通事故の裁判を数百件傍聴してきた俺からして、びっくりするほど重い判決だった。睡眠時無呼吸症候群の問題を、裁判所はどう認定したか、興味深い判決だった。

 裁判の中身とは別に、交通事故なんぞの法廷に、いるはずのない男が!
 男とは、俺に対し「殺害予告」(メルマガ第1269号「ほんと最後は殺してやっからな」)をしたあの有名傍聴人だ。んまぁ今日も呆れた振る舞いがあった、4人が死亡して遺族がたくさん来てる法廷なのに…。

 ところで、申し訳ない、裁判傍聴関係でいただいてるメールにも、当ブログにいただいてるコメントにも、ほとんど応答できてない、忙しくてっ!
 7日(月)は裁判所行きを休み、全部終わらせて体勢を立て直す予定。立て直るかな~? ←「立て直る」という日本語はなく、したがって立て直りに相当する事態には至らない可能性が高いと裁判所は認めざるを得ない? あーん。

  

2014年7月 2日 (水)

取締り警察官のほっぺに押印

 申し訳ないけどタイトルに惹かれてしまう。以下は7月1日付け読売新聞。

反則切符ではなく、巡査の頬になつ印…教諭逮捕
 群馬県警太田署は29日、太田市の県立盲学校教諭(48)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。
 発表によると、同容疑者は29日午後8時50分頃、太田市脇屋町の市道で、乗用車を運転中、一時停止違反をして取り締まりを受けていた際、反則切符になつ印するためインクを付けた右手の人さし指を同署員の男性巡査(25)の左頬に押しつけ、公務を妨害した疑い。巡査にけがはなかった。
 県内公立学校では、県迷惑防止条例違反(盗撮)などで逮捕された高崎市立小学校の男性校長(懲戒免職)が6月18日、罰金50万円で略式起訴されたばかりで、県教委は「事実をしっかりと確認したい」としている。

 数枚で1綴りになってる違反キップの2枚目、「交通事件原票」の下のほうに、「供述書(甲)」という欄がある。
 「私が上記違反をしたことは相違ありません。事情は次のとおりです」とか不動文字があり、狭い空欄(以下単に署名欄)がある。
 そこに、「事情」など書かず、命じられるがまま署名・押印する、というのがまぁ普通の取締り風景だ。

 印鑑を携行してる運転者はあんまりいない。また、印鑑を持っていても、警察官は指印を求めることがある。
 署名欄への指印は、警察官が携行してる小さな印肉(色は黒)を使い、左手の人差し指の先で行う。
 そうやって取るのは「名下(めいか)指紋」といい、警察は集積してるようだ。指を決めておかねば、情報データとしての価値が薄まる。
 ところが上掲記事では「右手」となってる。その教諭氏は、左指をケガしてたのか、あるいは、そういうところも逆らってやろうとしたのか…。
 どうです、マニアックなコメントでしょ。coldsweats02

 普通車の一時不停止の反則金は7千円。納付は任意。納付しなければ、統計的には、そんなの軽々不起訴で終わるだろう。
 だが、公務執行妨害となったら、話はぜんぜん違う!

(公務執行妨害及び職務強要)
第九十五条
 公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
 公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。

 そりゃもちろん不起訴の可能性もないわけじゃないが、罰金なら30万円か20万円、大金だ。懲役刑の場合、たぶん執行猶予が付くだろうけど、執行猶予付きでも懲役刑は懲役刑、「県立盲学校」は退職となるはず。
 裁判ではこう責められるはず。

検察官 「交通の安全を図り不幸な事故を防止するための重要な公務を妨害し、犯情は悪質であるっ!」

 どんなにムカッときても、法廷では、反省と謝罪と、再犯しないことの誓いしか述べてはいけない…。
 そもそも逮捕されれば、名下指紋どころか10指の指紋、掌紋、写真も撮られるし。

 権力に押しつぶされる屈辱感を味わいたくなく、かつ取締りに納得できないなら、署名欄に署名押印せず、反則金を納付しないのが、いちばん簡単で楽だと俺は思う。
 それらは全部合法だし、取締り警察官のほうは、否認事件用の書類作成を強いられたり、上司から「お前はまた署名押印を取れなかったのか、無能か!」とか叱られたりするらしいので。
 

  

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »