フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 傍聴人に証人尋問が聞こえる必要なし | トップページ | いずれ必ず失われるはずだった命が失われた »

2014年7月16日 (水)

札幌地裁、驚きの無罪判決!

 この種の裁判はさんざん傍聴してきたが、札幌地裁で驚愕判決っ!
 以下は16日付け産経ニュース。

60キロオーバーも追突避けた「緊急避難」認め無罪判決 札幌地裁
 北海道喜茂別町で昨年5月、法定速度を超えて乗用車を運転したとして、道交法違反罪に問われた札幌市厚別区の会社役員の男性被告(81)に、札幌地裁は16日、追突を避けるための緊急避難だったと認め、無罪(求刑罰金4万円)の判決を言い渡した。
 判決理由で大久保俊策裁判官は、男性は前後を別の車に挟まれていたことを挙げ「当時、後続車が1、2メートル後方で密着したように迫るなどの普通ではない走り方をしており、追突事故に至る可能性は低くなかった」と指摘。その上で「被告は前の車を追い越す際に法定速度を超えたが、今回のケースでは後続車との事故を防ぐためにはやむを得なかった」と認定した。
 男性は昨年5月29日午後5時15分ごろ、喜茂別町の道路で法定最高速度の60キロを超える94キロで走行したとして起訴されていた。
 札幌地検の浦田啓一次席検事は「予想外の判決。上級庁と協議の上、対応を検討する」とコメントした。

 60キロオーバーでなんで求刑4万円やねん! と思ったら34キロオーバーなんだそうだ。法定最高速度が60キロだから「60キロオーバー」って…。

 ま、それは措いといてだ、こういう事件は、まずはこう蹴られるんである。

裁判官 「被告人が言う後続車が存在したという証明がない。そのような後続車は存在しなかったと認められる」

 そのうえで、「仮に存在したとしても…」と、要旨こんなふうに蹴られるんである。

裁判官 「後続車が車間を詰めたからといって追突までするとは考えがたい。仮に追突され死亡しても、被告人には何ら落ち度がない。被告人は携帯電話で110番通報すれば良かった。地図を見ると付近に警察の寮がある。そこへ逃げ込めばよかった。あるいは、道路脇に停止すればよかった。相手はヤクザ、殺されると思ったと被告人は言うが、停止して確認したわけでない。とるべきべき手段はさまざまあったというべきであり、法定最高速度を超過したことに何ら合理的理由はない」

 
 ところが今回、札幌地裁の大久保俊策裁判官は…! 札幌地検の浦田啓一次席検事がおっしゃるとおり、まことに「予想外の判決」だと俺も思う。

 「1、2メートル後方で密着したように迫るなどの普通ではない走り方」って、何を証拠に認定したのか。測定方法は何なのか。そもそも公判請求なのか、略式経由なのか。
 本件の弁護人をご存知の方がいたら教えて~!

  

※8月13日追記: おかげさまでその弁護人氏と電話で話すことができましたっ。どういう無罪だったのか、メルマガ第1330号「札幌地裁のオービス無罪、検察が控訴した!」に少し書き、詳しくは8月20日発売の『ドライバー』の連載コラムに書きました~。

人気ブログランキングへ ←現在56位~。weep

« 傍聴人に証人尋問が聞こえる必要なし | トップページ | いずれ必ず失われるはずだった命が失われた »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。