フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 珍標識、発見! | トップページ | 男が男にストーカー、その強烈内容は書けませんっ »

2014年8月10日 (日)

映画盗撮、10年以下の懲役、千万円以下の罰金、併科!

 以下は8月9日付け産経新聞、の一部。

映画の盗撮を食い止めたCM「パトランプ男」とは
 バンダイ(本社・東京)は、映画館で本編上映前に流す「NO MORE映画泥棒」のキャンペーンCMに出てくる「カメラ男」と「パトランプ男」のフィギュアを9日に発売する。
   (中略)
 昨年5月、宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」が映画館で違法に盗撮され、群馬県警などは三重県の無職男=当時(34)=を映画盗撮防止法違反と著作権法違反(複製権侵害)容疑で前橋地検高崎支部に追送検した。三重県内の映画館で眼鏡型カメラを使って盗撮したという。男はインターネットの動画投稿サイト「FC2」で閲覧可能にしたとして1月に逮捕されていた。
   (後略)

 映画盗撮防止法、そんなのあるんだ? 総務省のサイトで検索してみた。あった。
 「映画の盗撮の防止に関する法律」、短い法律なんで、附則以外を全文引用しよう。

(目的)
第一条
 この法律は、映画館等における映画の盗撮により、映画の複製物が作成され、これが多数流通して映画産業に多大な被害が発生していることにかんがみ、映画の盗撮を防止するために必要な事項を定め、もって映画文化の振興及び映画産業の健全な発展に寄与することを目的とする。

(定義)
第二条
 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一  上映 著作権法 (昭和四十五年法律第四十八号)第二条第一項第十七号 に規定する上映をいう。
二  映画館等 映画館その他不特定又は多数の者に対して映画の上映を行う会場であって当該映画の上映を主催する者によりその入場が管理されているものをいう。
三  映画の盗撮 映画館等において観衆から料金を受けて上映が行われる映画(映画館等における観衆から料金を受けて行われる上映に先立って観衆から料金を受けずに上映が行われるものを含み、著作権の目的となっているものに限る。以下単に「映画」という。)について、当該映画の影像の録画(著作権法第二条第一項第十四号 に規定する録画をいう。)又は音声の録音(同項第十三号 に規定する録音をいう。)をすること(当該映画の著作権者の許諾を得てする場合を除く。)をいう。

(映画産業の関係事業者による映画の盗撮の防止)
第三条
 映画館等において映画の上映を主催する者その他映画産業の関係事業者は、映画の盗撮を防止するための措置を講ずるよう努めなければならない。

(映画の盗撮に関する著作権法の特例)
第四条
 映画の盗撮については、著作権法第三十条第一項 の規定は、適用せず、映画の盗撮を行った者に対する同法第百十九条第一項 の規定の適用については、同項 中「第三十条第一項 (第百二条第一項において準用する場合を含む。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、第百十三条第三項」とあるのは、「第百十三条第三項」とする。
2  前項の規定は、最初に日本国内の映画館等において観衆から料金を受けて上映が行われた日から起算して八月を経過した映画に係る映画の盗撮については、適用しない。

 著作権法の第119条第1項、「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」、これが適用されるっちゅうわけやね。

 「盗撮」って、エロ雑誌、エロサイトの専門用語かと思いきや、法律のタイトルにしっかり「盗撮」の2文字が。
 「盗聴」は“国家用語”として定着してるから、ま、いいのか。法制局の人たちは、「盗撮」のほかに適当な言葉がないか、さんざん探したのかもね。

 どんな裁判例があるんだろ、最高裁の検索ページを開き「映画 and 盗撮」で検索してみたが、ヒットがない。「盗撮」だけだと17件のヒットがあるのに。
 映画の盗撮は、略式による罰金(上限100万円)だけで終わってるんかな。それともネットにアップされてないだけなのか。

 「映画の盗撮の防止に関する法律違反(被告事件)」は、東京簡裁、地裁、高裁へは出てきてないように思う。
 出てきたら傍聴したい。けど、今年4月下旬に始まった“開廷表隠蔽措置”というか“傍聴人遠離け策動”というか、アレのせいで、狙って傍聴するのは困難となった。うーん。

  

« 珍標識、発見! | トップページ | 男が男にストーカー、その強烈内容は書けませんっ »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珍標識、発見! | トップページ | 男が男にストーカー、その強烈内容は書けませんっ »