フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 東京地裁に棲む詐欺師! | トップページ | 母娘が嬰児の死体を遺棄、元彼の職業は… »

2014年10月12日 (日)

ロリータ、我が愛、我が命の炎(ほむら)

 当ブログの1つ前の記事東京地裁に棲む詐欺師!」の、ツイートのところに「16」という数字が。俺を除き15人の方が、ツイッターで取り上げてくれたんだと思う。当ブログ的には驚異的な数字だ。
 いったい誰が? その詐欺師の好き放題ぶりにイラッときてる方か、裁判所職員の方もいたりして、分かんないけどありがとうございます。
 その詐欺関連の最新情報をメルマガ最新号(第1371号)に書いた。

 ところで、昔に比べると、東京簡裁の女性被告人の「窃盗」が最近やたら多い。明らかに断然増えてる。
 社会の深いところでの変化もあるのかしれないが、やっぱ、窃盗に罰金刑の選択肢が設けられたこと、加えて、万引きを簡易書式で処理できるようになったこと、それらの影響がまず第一に考えられる。
 具体的根拠やデータをまじえてメルマガの編集後記で書こうと思ってるんだが、なかなか時間がなくて…。

 先週、久しぶりに酔った勢いで、ウラジミル・ナボコフ原作、スタンリー・キューブリック監督の名画『ロリータ』のDVDを借りたが、時間がなくて細切れに見てるうち1週間がたち、途中で返却してしまった。
 俺は昔、原作を読んだ。ロリータ、我が愛、我が命の炎(ほむら)…だっけ。ま~、めんどくさい文学作品だった記憶。

 http://www.youtube.com/watch?v=-M9mC67l5oQ

 You Tube のこれはカラーの映画(予告編)だ。俺が借りたDVDはモノクロ。
 なんにしても、日本でいう「ロリコン」の「ロリ」は、ナボコフ氏の『ロリータ』とは全く金輪際、別ものじゃないのかと…俺が力説してどーすんだ、とほほ。
 さてメルマガ次号、上記万引きの話にするか、女性被告人2人の「死体遺棄」のレポートにするか、今夜は寝よう。

人気ブログランキングへ ←クリック先の画面の右下に当ブログの順位表示あり。10月12日00時00分現在、ぎょっ、おかげさまで18位~。happy02

  

« 東京地裁に棲む詐欺師! | トップページ | 母娘が嬰児の死体を遺棄、元彼の職業は… »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京地裁に棲む詐欺師! | トップページ | 母娘が嬰児の死体を遺棄、元彼の職業は… »