フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「ネットタレント」氏の無免許運転、俺のほうからちょっと | トップページ | HIV感染でヤケになり20代女性5人を強姦 »

2015年3月17日 (火)

謎の団体、裁判員ネットとは?

 裁判員裁判の全国第1号事件は、2009年8月3日、東京地裁で始まった。もう大変な騒ぎだった。
 その頃、東京地裁の前の路上でチラシを配ってた団体のひとつに「裁判員ネット」というのがあった。以降、俺的にはずっと“謎の団体”だった。

 さっき、別件でメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」のバックナンバーを調べてて偶然、「裁判員ネット」についての言及を発見した。第1288号(2014年5月19日発行号)である。
 「裁判員ネット」ってなんだ? と思ってる方は、ま、少しはおいでだろう。以下、メルマガから転載する。

 ところでっ、17日(土)、「一般社団法人裁判員ネット」(以下、裁判員ネット)の「第10回 裁判員制度フォーラム 市民から見た裁判員制度の5年」つーのへ行ってきたょ。

 俺はここ何年もずっとチョー忙しくて、冤罪関係の大事なイベントとかほっとんど不義理を重ねてたのに、なぜか今回、ためらうことなく出かけた。

 からっと天気がよかったこともあるが、“翌週の開廷表、隠蔽処分”により、俺の心の中で裁判所が遠くなって余裕が生まれたのか。

 で、行ってみたらば、受付とか司会とかやってるのは、黒のタイトスカートのスーツの、若い可愛い娘(かわいこ)ちゃんばっか! 透き通るように若いのである。

 おっさん、どこに目を付けとんじゃーぃ(笑)、と言わないで、まぁ聞いてちょうだぃな。

 裁判員ネットは、裁判員裁判市民モニターというのをやってる。

 裁判員裁判を傍聴し、自分たちで模擬評議をし、判決のあとで意見交換会をやるんだそうだ。

 それはいいと思う。ただ、裁判員裁判はだいたい朝10時~17時で何日も続く。

 モニターをやるには、いろんなことを犠牲にしなきゃいけないんでは? あるいは毎日ヒマとか。

 配布資料に、ある事件のモニターの性別、年齢、職業が載ってた。

 「男」「40代」「社会人」の1人を除き、あとはみんな「大学生」、20代の男が3人、10代の男が2人、20代の女が2人、10代の女が5人、合計13人。

 会場参加者(俺が数えた限りで60人くらいかな)との質疑応答で、こんなのがあった。

 裁判員ネットの提言に対し、司法当局の反応は?

代表者 「(3年で見直すという3年目の)2012年にも提言しています…(裁判所側は)イエスともノーとも言わないですね」

 あれ~? 俺は東京地裁に対し、いろいろ申し入れ等してきたが、裁判所側は無反応。尋ねると回答は「お答えしない」だ。

 おんなじ扱いじゃーん。

 てか、そもそも国にとって裁判員制度の目的は何であるか、とかぜんぜん考えてなさそう。

 裁判員制度は良い制度、との前提のもと、その周辺で、何か前向きっぽいことをやってますよ、つーものを俺は感じた。

 この感覚、宗教?

 裁判員ネットが、何かカルト宗教へ誘うためのきれい事、であれば非常に納得できる。

 だが、具体的なカルト宗教とのつながりはぜんぜん見えない。

 国から金をもらってるのか? 司会の可愛い娘ちゃんが、最後に言った。

可愛い娘ちゃん 「(当会は)ボランティアとカンパで運営…ご協力いただける方はスタッフへぜひ…」

 いったい何なんだろう、ますます謎は深まる、というのが今回の率直な印象、感想だ。

 今井の野郎、にやにやボランティアになったな? だぁからぁ、俺はチョー忙しいんだってば。雑誌の連載は現在2誌だけど、そのほかコメントとかいろいろあって、何より俺がすべてを賭けてるメルマガ(月額108円)が週4回発行なのでっ。

 ←これをクリックいただくと、以後1週間、「週間IN」が10ポイント増え、順位に影響するらしい。3月16日22時50分現在、「週間IN」が200ポイントで11位~!

« 「ネットタレント」氏の無免許運転、俺のほうからちょっと | トップページ | HIV感染でヤケになり20代女性5人を強姦 »

裁判員制度」カテゴリの記事