フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 浜島望さん死去 | トップページ | 警察が認めた情報漏洩を被告人が否定! »

2015年6月 5日 (金)

国会の参考人質疑、随行記!

 あってはならないことが起こった! 以下は6月4日付け読売新聞の一部。

自公推薦の憲法学者、安保法案は「憲法違反」
 衆院憲法審査会は4日、立憲主義などをテーマに、各党が推薦した3人の憲法学者を招いて参考人質疑を行った。
 自民、公明両党などが推薦した長谷部恭男・早大教授は、集団的自衛権の限定行使を可能にする安全保障関連法案について、「憲法違反。従来の政府見解の基本的論理で説明がつかないし、法的安定性を大きく揺るがす」と指摘した。民主党の中川正春氏が見解を聞いたのに対して答えた。
 与党推薦の参考人が安保関連法案を「憲法違反」と指摘したことについて、自民党内では波紋が広がった。佐藤勉国会対策委員長は審査会終了後、同党の船田元・審査会筆頭幹事に会い、「参考人の人選には十分配慮してほしい」と語った。自民党幹部は4日夜、「国会で今、何を議論しているのか、審査会の自民党議員は全く分かっていない」と激怒した。審査会メンバーは「中川氏の質問は予想を超えていた」と釈明した。

 憲政の歴史に残る空前の珍事じゃないかな。
 この重要な法案審議で政権が参考人に選ぶ以上、長谷部教授は、御用学者中の御用学者であると、常識的には推認できる。
 ところが教授は、学識の深さゆえに、今回の安保法案は日本国に、いや世界に仇(あだ)をなすものと気づいており、研究費とかゼミ生の就職とかみんな捨て、いわば“神風の精神”で違憲の意見を述べたんじゃないか、と妄想家は直ちに妄想(笑)。
 東京大学法学部の大学院を退職するときのコメントは、だいぶんに個性的なように思われる。機会があれば居酒屋「昭和」でごいっしょしたい。「昭和」はムリだろ? んな決めつけは良くないと思いま~す。

1506052_2 ところで、俺は以前、参考人の「随行員」として国会へ行ったことがあるんだょ。すごいでしょ、いひひ。
 その体験を、車雑誌『ドライバー』の2000年11月20日発売号に書いた。約15年も前の記事なので、こっぱずかしいが、原稿の原文を転載しよう。
 普通はマスコミ報道でしか知ることのない、国会の参考人質疑、じつはどんなもんなんだか、普段とは異なる角度から見ていただけば。 ※適宜空行や改行を挟む。

 いやあ、世の中ナニが起こるかわからんなあと、しみじみ思った。

 寺澤有さん(フリーのジャーナリスト。現在33歳)に私が初めて会ったのは、もう10年ほど前になるか。当時、彼はあるクルマ雑誌に「発狂警察」という、どえらいタイトルの連載記事を書いていた。緻密な取材と文章に私はほとんど驚嘆させられた。間もなく、交通警察についてのある集会で会うことになり、それ以来のつきあいになる。
 いまや彼は、警察の不正を追及することにかけてNo.1のジャーナリストといえる。

 記憶に新しいところでは、警察OBが経営する調査会社が、警視庁から犯歴情報などを入手して商売、多数の有名タレントの個人情報も漏洩されていた、という事件(警察の組織犯罪)があったが、あれは彼のスクープだ。
 内部告発を受けて彼が『週刊プレイボーイ』で発表したのが始まりだったのだ。彼のおかげで刑事訴追され、また退職に追い込まれた警察官は何人になるのか。

 だから当然、警察からは嫌われまくっている。
 彼の最初の著書のタイトルは『警察庁出入り禁止』(風雅書房。94年12月)だが、実際は出入り禁止どころじゃない。97年11月、彼が編集責任者となって『警察の警察による警察のための交通取り締まり』(オルタブックス。私も共著者の1人)を出版したが、そのとき私が警察庁に取材の電話をかけたところ、どんな本の取材か問われ(警察はいつもそんなことを問うのだ)、「寺澤」の名前を出した途端、門前払いを食らった。「寺澤の名前はスゴイ威力だなあ」と笑ってしまった。
 そんな彼に、警察内部から続々とタレコミが寄せられ、スクープを連発しているわけだ。

 その寺澤有さんが、警察法の改正を審議している衆議院の地方行政委員会へ、なんと、参考人として呼ばれることになった。

 法律とはそもそも行政庁の権限を定めるものなのだが、ほとんどの法案は行政庁(警察法改正案なら警察庁)自身がつくる。まず委員会で、形ばかりの審議を経て採択され、続いて本会議で採択。これを衆参両院で行い、行政庁は自らが望む権限を手に入れるのだ。野党の一部議員が頑張ってもどうにもならない。
 それが、綿々と続いてきた日本の立法の基本的なあり方なのである。参考人質疑も、専門家の意見も聞いた形にするためのセレモニーにすぎない。

 穏やかに形だけ整えればいいはずの参考人質疑に、なぜ寺澤さんが呼ばれることになったのか。
 衆議院によると、委員会の理事(議員)らが人選を持ち寄って決めるのだという。どうも、政府案に賛成の立場として学者が2人、反対の立場として弁護士とジャーナリストを、となり、後者について最初に声をかけた人がダメで、まわりまわって寺澤さんのところへ来たということのようだ。

 こんな面白そうなものを見逃す手はない。
 だが、傍聴は議員の紹介が必要で、持ち込み品も厳しく制限される。メンドウだ。そこで、寺澤さんの「随行員」にしてもらい、ついていくことにした。

 午前8時43分。地下鉄の国会議事堂前で落ち合い、8時50分には参考人の待機用の部屋へ。持ち物のチェックもなく、じつにスムーズ。
 部屋にはすでに、他の3人の参考人がいて、豪華なソファにゆったり座っていた。学習院大学法学部の高木光教授(行政法)と、東京女子大学の林道義教授(日本ユング研究会会長)と、日本弁護士連合会・刑事法制委員会委員長の岩村智文弁護士の3人だ。

 9時、案内されて委員会室へ。天井の高い、広い部屋だ。壁には歴代の委員長の肖像画がずらりと並んでいる。セレモニーの会場は、やはり威厳が大事だ。
 4人の参考人は委員長席に向かって左側に、横一列に座った。その正面に、委員(議員)たちの席がある。委員長を除いて29人の委員のうち、22人ほどがいた。

 私の席は参考人の背後、ここは、たとえば道路交通法の審議なら警察庁のキャリア(政府委員)たちが座る位置だ。
 たまたま傍聴に来ていた『FLASH』の記者・山崎喜宏さんは後で「今井さんに激似の政府委員がいるなと思ったら、やっぱそうだったんすかあ」と爆笑。

 9時10分。委員長が開会を宣言し、参考人が1人15分ずつ「意見陳述」をした。以下、私のメモから要約して報告しよう。

 まず、高木教授。
行政法は憲法を具現化する法だ。日本には1700本の法律が生きており、うち少なくとも1000本は行政の権限を規定するもの。警察法も行政法。しかし警察の分野にとくに関心を持つ学者は10名程度……。法律論からは政府案に賛成……
 他の部分は、申し訳ないけど難しすぎて、私にはよくわからなかった。

 続いて、同じく政府案に賛成の立場から林教授。
内部倫理や使命感を高めるか、外部から監視するか、どちらを選ぶかは、現在の警察がどこまで悪くなっているかによる。全体が悪いなら後者、腐ってるのは一部であって多くはマジメなら前者が適当だ
 なるほど。ところが、林教授は言うのだった。
私はどちらか分かる知識もないが、常識で考えて、全体が腐っているようには到底思えない

 ええっ!? 腐敗がどの程度か検証抜きに、そりゃナイだろォ!! 私は目を丸くした。林教授は続けた。
警察の一部だけが腐っていると考えれば、警察官1人1人のやる気があるかないかで決まる。やる気を引き出せるよう、職業意識や使命感を高めねば。外部監察は、内部の士気や倫理を高める作用をしないばかりか、優秀な人の足を引っ張ることにもなり、かえってよくない場合がある。そもそも外部の素人が監視すること自体にムリがある。外部監察はかえって混乱をもたらし、実効性は少ないと思う
 うう~ん……。

 次は岩村弁護士。この人は民主党が出していた対案に賛成の立場だ。
巡査、巡査部長の声が聞こえて来ないのがそもそも問題だ。警察の腐敗は一部のたまたまのものではなく構造的なものだ。警察活動は犯罪の捜査・検挙に限るべき。そのための強権を与えられた権力機関なのだから、なんにでも顔を出すのはよくない。運転免許などは運輸省へでも移すべきだ。公安委員会の『管理』は法律的に重い意味を持つ。本来の管理機能を強化して(現在の中央集権的国家警察ではなく)自治体警察の方向へいくべきだ
 3人の中ではこの人がいちばん妥当な意見のように私には思えた。

 最後は寺澤さん。他の3人は朗読用の原稿を用意していたが、彼にはそんなものはない。どうするのだろう。彼はまず、こう切り出した。
先ほど林参考人から、警察が全体的・組織的に腐敗しているのであれば外部監察もやむ得ないというお話があったが、私もこのご意見にはまったく賛成であり……
 あれ~、そう引用するか。私は後ろの席で苦笑した。

 彼の意見陳述の要点はこうだ。
警察の問題はたくさんあるが、きょうは1点に絞って話す。もはや警察を取り締まる警察が必要である。外部監察などという手ぬるいものではなく、強制捜査権を持った機関をつくるしかない。私は11年間警察を取材し、警察の実態を見てきた。今年4月には『週刊宝石』で、千葉県警の留置場レイプ事件を取り上げた。しかしこれは5年前の事件。警察が5年間、隠蔽していたのだ。留置場での強姦はあちこちで起きている。いつも警察は隠す

 そして、千葉県警の隠蔽の事実を詳細に説明したうえで、こんなショッキングなことを述べるのだった。
千葉県警だけで隠蔽の決断はできず、警察庁にお伺いをたてた。警察庁が開いた会議に参加した人物から、私はようやく話を聞くことができた。会議では、当時の警察庁長官ほかトップ3者が隠蔽を認めた。ごく一部、それはおかしいじゃないかという声もあったがトップには逆らえず、5年間隠蔽された。これに関わった千葉県警のキャリアたちは何の処分も受けてない。『週刊宝石』の記事により先日、強姦した警察官が実刑を受けたが、キャリアたちは安泰。神奈川県警で覚せい剤事件を握りつぶした(犯人隠避という刑事犯罪を犯した)本部長も、なんら処分を受けてない。それどころか。千葉県警のキャリアの1人はその後、警察大学の校長になり、推定6000万円の退職金を得た。神奈川県警のあの本部長も警察大学の校長で終わった。つまり、組織的な隠蔽工作を指揮してきた人間が、全国の警察官を教育する責任者となるのだ。どんな警察官ができるか、これはもう明らかだ。だから私は、警察を取り締まる警察が必要だと言うのだ

 これらを寺澤さんは、敬称略の実名でガンガン言うのだ。傍聴していた山崎さんによると、高木教授はアッケに取られた顔で寺澤さんを見上げていたという。

 午前10時10分で参考人の意見陳述は終了。すぐに、自民、民主、公明、自由、共産、社民各党の委員から質問を受け、答えることになった。委員1人の持ち時間は20分だ。

 面白かったのは公明党。『週刊宝石』を手に、始まったばかりの「オッパイ見せてください」とかいうグラビア企画を開き、「こうして性的欲望を高め、一方で強姦を叩くのはどうなんだ」と言うのである。
 「お前はそのオッパイに刺激されて強姦するんかい」と思わずツッコミたくなった。

 寺澤さんは漫才はせず、こう答えた。
新しい編集長がそんなことを始めた。部数が激減している。編集長は更迭されるかも。おかしなことをやればつぶれるから、必然的に自浄作用が働く。ところが警察には、そんな危機感はない。懲戒免職になっても天下りする。だから警察を取り締まる警察が必要なのだ

 すべて終わったのが正午。私は午前3時起きだったが少しも眠くならず、わくわく楽しめた。
 その後、参考人はさっきの部屋に戻り、議会が用意した懐石弁当を食べながら1時間ほど歓談。林教授もなかなか魅力的な、善良な人だった。警察高官と私的に懇意で、誤った情報を植え付けられていた、ということなのだろうか。

 今回の警察法改正案は、要するに公安委員会を強化し、「警察署評議会」を設けるという内容だ。公安委員会が、「私どもはちゃんと管理されてますよ」と警察に言い張らせるめの装置だからこそ、警察はここまで腐敗したといえる。それを警察が強化すると言い出すのだから、結果は見えている。まあ、国民の妄信をだいぶ回復する効果はあるか。「評議会」のほうは、OBの新たな受け入れ先になるのだろう。
 寺澤さんはこうも言っていた。
警察犯罪のネタは30件ほどある。これを順次報道していけば、警察は組織的に腐っているとの世論に必ずなる。再度の改正が必要になる
 21世紀が楽しみ?

 今回の「安保法案」における長谷部教授の意見など、自民党はシラッと無視、やりたいようにやろうとするだろう。もともと参考人質疑などセレモニーにすぎず、彼らはやりたいことをごりごりと粛々とやり進めるのだ。そしてそれを支えるのは、いつも「善良な国民」なのだ。

 ふとブラックなことを思いついた。オレオレ詐欺とか特殊詐欺に騙されて被害を受ける方々の、支持政党を調べてみたらどうか…。shock

 画像は今夜の糖質制限食の酒肴。半額の身欠きニシンを焼いて酒と醤油とみりんで煮たもの。畑の完熟野菜5種類に米酢とマヨネーズと黒ごまかけ。牛蒡と大根と椎茸とインゲンと細筍とガンモと国産鶏もも肉の煮物(薄味)。グラスは、薬草を溶かした焼酎の無添加ワイン割。最高に旨いっ。

    

 ←これをクリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響するらしい。6月5日22時15分現在、「週間IN」の合計が310ポイントで6位に落っこちました~!sweat01

« 浜島望さん死去 | トップページ | 警察が認めた情報漏洩を被告人が否定! »

日記」カテゴリの記事

コメント

 おぅ、山岸君、君からもらった薬草、焼酎甲類25度に溶け込ませるとサイコーだよっ! 小っちゃな割烹とかでこれを出したらウケるんじゃないかと。

はい!久しぶりにワクワク楽しい記事でニヤニヤしましたよ。これは一杯やりながら聞いたほうが良いでしょね 100倍楽しめそうですから!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜島望さん死去 | トップページ | 警察が認めた情報漏洩を被告人が否定! »