フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 裁判官なんてどうせロボット、いなくていい? | トップページ | 色情犯の侵入手口 »

2015年8月31日 (月)

ムリムリ無罪主張の弁護人はバカに見える?

 神奈川県の「危険ドラッグの恐怖(危険ドラッグ乱用防止啓発映像)」が話題だとか。
 絵がヘタウマ風なところが絶妙にリアルだと思う。危険ドラッグ使用の裁判を傍聴してる立場からも、よくできてると思う。

 でもねぇ、もっと怖いのは反(非)社会性パーソナリティ(人格)障害かも。
 以下、メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の第1524号「他人に冷淡で他罰的で容易に暴力に至る…」の記事の一部に加筆等してアップする。
 危険ドラッグを使用し、アパートの隣室へ侵入、そこにいた女性にナイフで切りつけ、捕まってからも奇声を発する等して大きく報道された事件だ。

 13時30分~15時、東京地裁422号法廷(52席、島田一裁判官)で「住居侵入、傷害」の審理。13時36分頃に入ると、傍聴人は20人くらい、鑑定人尋問が始まるところだった。

 鑑定人は、証言席で裁判官のほうを向いちゃっており顔は見えない。黒のスカートスーツのお姉様、乃至おばさまだ。

 被告人は身柄(拘置所)、長い髪を後ろで縛り、長袖のジージャンにジーンズ、砕けた感じ。容貌はTVニュースと変わらない。

検察官 「被告人の精神障害はどんな?」

鑑定人 「危険ドラッグによる中毒症状、多剤使用による依存症、アルコール依存症、非社会性パーソナリティ障害です」

 犯行時、それら4つの影響により、善悪を判断する能力は若干減弱していた、行動を制御する能力は、著しく減じていたが失われてはいなかった、という鑑定結果らしい。
 裁判的には「刑事責任能力、完全にあり」だ。

 「非社会性パーソナリティ障害」について、検察官から尋ねられ、こう答えた。

鑑定人 「はい、性格の著しい偏奇、偏っている…他人の感情に非常に冷淡…社会規範を平気で破って、一貫して責任を取らない、罪悪感がない。非常に他罰的、他人が悪い…不満に対するフラストレーション耐性が非常に弱く、容易に暴力、破壊に至る…人間関係は容易につくれる、魅力的でさえある、しかし長続きしないんですね。それは診断基準であり、被告人はすべて当てはまるということです」

 すっぎょいね! そんな奴、外へ出すな、一生閉じ込めとけ! と言いたくなる。

 そんな奴がなぜ危険ドラッグを使用したのか。

鑑定人 「(2014年)4月くらいから危険ドラッグを常用…カッとなると暴力に至る…犯罪を犯さなかったのは、アメリカ旅行したい…そのために犯罪しちゃいけない…ドラッグを使って、切迫した緊張感を抑える…」

 被告人なりに夢を持ち、夢を実現するために、「非社会性パーソナリティ」を危険ドラッグで抑えようとした…けっこう偉いじゃん、と俺は感じた。

鑑定人 「今回、(危険ドラッグを)3つ買った。知り合いに電話をかけて、待ち合わせの場所で…1つ使う予定が、1つこぼしてしまい、1つしか使うつもりじゃないのにどんどん使ってしまうという…」

 切迫した緊張感を抑えるために危険ドラッグを使うが、量をコントロールできなくなってしまうんだそうだ。

 鑑定人がパキパキ答える間、被告人は被告人席でもぞもぞと頻繁に姿勢を変えるのだった。

 14時15分から、弁護人が反対尋問。

 俺は本件の争点を確かには知らない。知らない者としての印象を言えば、どうでもいい枝葉末節を広げて食いつこうとするだけの、つまりムリムリの否認にありがちな尋問のように聞こえた。 

 鑑定結果が、あるいは診断名が反(非)社会性パーソナリティ(人格)障害、という事件はけっこうある。そうして、鑑定結果も診断名も裁判上は出てこないが、おそらくそうなんだろう、という人物はいる。
 こっちのほうが、よっぽどやっかいなように、裁判傍聴からは思える。

 さて俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、8月は以下の17号を発行した。

第1552号 法条のみを厳格に守るサイテー裁判官!
 まさにそんな裁判官による、オービス真っ向否認事件の判決。どう争うべきか、改めてくっきり見えてきた気がする。 編集後記は、広島高裁のあの事件をどうするか。

第1551号 レクサス無車検&無保険等、罰金85万円!
 「強姦致傷」、裁判員裁判の有罪をひっくり返すのか? プラス、「傍聴日記」というブログにあった事件の、なんと併合罪の事件を傍聴!

第1550号 ムリムリ無罪主張の弁護人はバカに見える?
 そんなムリムリ否認が通るはずがないだろ! という万引きと無銭飲食の判決を続けて傍聴。弁護人って何なの。そんな無罪主張をしょっちゅう聞く裁判官は…という話。

150115mag2year_pay_0001035825

以下の5号は8月26にお知らせ済み

第1549号 裁判官なんてどうせロボット、いなくていい?
第1548号 文学は死ぬ前にふさわしくないと思ったので
第1547号 小卒で働き続けてきた82歳爺ちゃんの事故
第1546号 オレオレ受け子、全額弁償しても実刑っ!
第1545号 羽田空港とハチ公前の爆破予告は「作品」

 以下の5号は8月19日にお知らせ済み

第1544号 元特捜検事が支援する新宿駆け込み餃子?
第1543号 シャブを絶ち妻子のため働いてきたのに!
第1542号 素敵な書記官のパンティを見てしまった件
第1541号 民事の鑑定人尋問って一体なに? なんと…
第1540号 韓国、北朝鮮に対し一方的な悪感情を持ち

 以下の3号は8月9日にお知らせ済み

第1539号 ほ~、辻川靖夫裁判官、今後注目かもっ!
第1538号 架空債権詐欺の義弟を説得に行き犯人隠避
第1537号 警察情報漏洩がらみのあの事件、求刑超え!

 いま講読登録すると、以上全部がどとっと送信され、8月31日の号がたぶん31日中に送信される。
 濃いのがどどっと送信されるんで、読むのは大変かも。
 9月は、すっごい事件が少なくとも3件ある。全部レポートする。当メルマガを購読しようか迷ってる方は、この9月こそぜひ! 初月は無料ですぞ。
 週4回も発行で、たかが月額108円のメルマガに、んなレポートをどんどん載せるってアホちゃうか! うーん、自分でもアホだと思う。

     

 辻仁成さんの『日付変更線』は、なんとあの442部隊の物語なんだという。『週刊プレイボーイ』の、大田光さんとの対談、良かった。
 「冴えるブラック」は、裁判傍聴における居眠り防止に非常に役立つ、とは分かってたんだが、今回初めて、「カフェイン240mg/1本」と知った。なるほど~。
 ただ、味的には、もう少し小さい、東京高地簡裁合同庁舎の自販機では10円安いやつ、あっちのほうが俺は好きだ。けっこう人気なのか、28日(金)は4本とも売り切れだった…。

 ←これを1回クリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響する、そういうシステムらしい。順位は刻々と変わり、8月30日00時00分現在、「週間IN」の合計が330ポイントで5位~!

« 裁判官なんてどうせロボット、いなくていい? | トップページ | 色情犯の侵入手口 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。