フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 先日お食事会でご一緒させて頂いた久美子ですが | トップページ | 認知症女性、冬の夜、7時間半の徘徊の果て »

2016年1月 8日 (金)

あの強制わいせつ、逆転無罪!

裁判長 「主文、原判決を破棄する。被告人は無罪」

Photo うわお! これが全国の高裁で今年初の逆転無罪かもっ。
 じゃなくてぇ、これはね、被告人は外国人バレエ講師で、教え子に対する「強制わいせつ」で、否認で、俺的には一審から追いかけてた事件なのだ。
 なぜ追いかけてたのか。否認ゆえ当然、被害者とされる女性(外国人)を尋問することになるのだが、その女性がどうしても出廷せず、逃げ回ってるようにしか見えなかったからだ!
 そうして逆転無罪の閉廷後、とんでもないことが起こったのだった。
 無罪と無実、有罪と有実。刑事裁判の役割乃至限界。非常に考えさせられる逆転無罪だった。
Photo_2 でも微妙な部分があり、詳細にわたることをネットの公開の場所に書くのは不適当かと思う。メルマガという閉じられた場所に書くとか、そんなことも言わない。

 そんなのを傍聴した帰り、究極の居酒屋、おっさんの楽園「昭和」へ寄り、マニア氏と話した。
 上の画像は、そのマニア氏が送ってくれた、鹿児島地裁知覧(ちらん)支部。そんなの知らん、なんちゃってぇ(笑)。
 下の画像は、知覧のかつての特攻基地へ向かう道路。このやたら白い石灯籠、どんだけあるの? なんと千以上あるんだという。特攻で散った若者の命の数だけ…。なんてこった!

     

 知覧は凄いところらしい。アフィリエイトのサイトで検索したら、関連図書がいっぱいあった。
 それら書籍を俺は1冊も読んでないが、特攻は今風にいえば自爆テロでしょ。そんなのをあこがれの美談として描く者がもしもいたら…。
 因みに俺の母親の兄は満州で、終戦の頃にソ連軍に殺されたと聞く。その墓に、俺は毎年お参りしている。別の親戚は、戦艦大和でアメリカ軍の砲弾の直撃を受け、血も肉も残さず散ったと聞く…。

 ←これを1回クリックいただくと「週間IN」が10ポイント増え、1週間にわたり順位に影響する、そういうシステムらしい。順位は刻々と変わり、1月8日22時30分現在、「週間IN」の合計が350ポイントで5位~!

 ←2015年1月23日追記: 長きにわたり「社会・経済(全般)」のカテゴリーでやってきたが、前夜、「裁判」のカテゴリーを発見。知らなかった、そっちのほうが断然なじむじゃん! つーことでさっそく変更したっ。

« 先日お食事会でご一緒させて頂いた久美子ですが | トップページ | 認知症女性、冬の夜、7時間半の徘徊の果て »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先日お食事会でご一緒させて頂いた久美子ですが | トップページ | 認知症女性、冬の夜、7時間半の徘徊の果て »