フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 無罪とか通り越した完璧無実の虚構事件 | トップページ | 監禁致死・死体遺棄の前の事件を俺は傍聴してた! »

2016年2月25日 (木)

クレプトマニアの凄まじい地獄

 諸君、俺はとうとうすっごい事件に遭遇したよっ。

Photo かねてより、クレプトマニア、窃盗癖者、万引き病の裁判に俺は注目していた。
 明らかに病気と思えるのだが、検察は病気とは絶対に認めず、何より警察が、検察、裁判官が有罪にしやすいよう上手な自白調書を巻くもんだから、可哀想な病者は量刑相場の階段をのぼらされ、刑務所へ落とされる。検察、裁判官が「矯正施設」と称する刑務所へ。
 しかし本当は病気だから、その「矯正」など行われないから、出所すればまた万引きをくり返す。店側からすれば万引き被害が起こり続ける。
 このシステムから国家は抜け出せない。抜けるつもりがないように見える。どうすればいいのか…。

Photo_2 ところが、今回の事件にはびっくりたまげた。摂食障害(過食嘔吐、食べ吐き)&クレプトマニアの、凄まじい地獄とでもいうか。
 こんなことがなぜこれまで法廷に出てこなかったのか、もちろん俺が今までたまたま遭遇しなかっただけかもしれない、ということを捨象すれば、弁護人の能力、人間性か。

 その傍聴レポート、メルマガの1号分ではとても書き切れない。2月は後少ししかない。3月になるか、4月になるか、必ずレポートしよう。少し興奮を冷ましたほうがいいかもしんない。

※画像は、本文とは関係なく、八甲田山雪中行軍遭難資料館と、兵士墓石群。読者氏よりお送りいただいたもの。

        

 クレプトマニアについては、『彼女たちは…』がやっぱり基本かと思う。でも、今回の裁判のような話は、俺は初めて聞いたょ!

 ←2月25日0時20分現在、週間INが、うわぉ、180まで下がって、けどまだ1位…。

« 無罪とか通り越した完璧無実の虚構事件 | トップページ | 監禁致死・死体遺棄の前の事件を俺は傍聴してた! »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

読みたーーい!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無罪とか通り越した完璧無実の虚構事件 | トップページ | 監禁致死・死体遺棄の前の事件を俺は傍聴してた! »