フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の13件の記事

2016年3月28日 (月)

詐欺手口、アイデア募集、賞金6億円

 以下、「裁判所」と称するサイトより。たぶん最高裁だろうと思う。

不適切な郵便切手管理に関する全国調査の結果及び今後の対応の御説明
 平成27年7月の東京地簡裁における不適切な郵便切手管理の判明を受けて行った全国的な調査の結果,一部の地家裁ないし簡裁において,不適切な郵便切手の管理が行われていたことが確認されました。
 調査結果の概要と今後の対応は,下記のとおりです。
 一部の庁において不適切な郵便切手の管理が行われ,関係者に多大な御迷惑をお掛けしたことは誠に遺憾であり,深くお詫びいたします。
 裁判所としては,保管されていた郵便切手の返還に代えて,予納した当事者の方に対して相当額の金銭をお支払いさせていただく所存です。返還を希望される方は,下記を御覧いただき,返還手続を行っていただきますようお願い申し上げます。

 「東京地簡裁」とは東京地裁と東京簡裁のことだ。どなたがどんな懲戒処分を受けたのか受けなかったのか、あとで開示請求(正しくは開示申出)をしてみよう。

 俺も国賠(国家賠償請求訴訟)とかやったことがある。俺の場合、予納郵券(現在は基本的には6千円)がどれだけ戻るか、重大な関心事だ。ゆえに、「俺んとこへは特別送達(1通千円ちょい)は不要です。ちらっと電話いただければすぐ取りに行きますからっ」と書記官にお願いする。裁判が終われば直ちに余った切手を受け取りに行く。
 けど、それほどじゃない方はたくさんいるんだろうね~。 ←お前が必死すぎるんだよっ(笑)。

 そのサイトにこんな部分がある。

裁判所の名を騙る詐欺に御注意ください。

 本件に関連して,裁判所が次の行為をすることは絶対ありません。
  ・ 裁判所を利用したことがない方に連絡をすること
  ・ 現金の支払や振込を求めること
  ・ クレジットカードの番号や通帳の暗証番号等をお尋ねすること
  ・ 電子メールを用いて連絡すること

 裁判所の名を騙る、または詐話に裁判所を登場させる詐欺が、如何に多いかってことなんだろう。
 いろんな「詐欺」の裁判を傍聴してると、失礼ながらお年寄りをだまくらかすのはマジ簡単らしいと痛感する。今日傍聴した、老人ホームの入居権にからむ特殊詐欺は、会社形式でシステマチックにやり、その「幹部」の判決は懲役11年、未決240日算入だった…。

 特殊詐欺が日本の基幹産業になる日は近いかも。
 大喜利のお題として、奇想天外な詐欺手口を…ありだと思う。いっそ国が「詐欺手口、アイデア募集、1等賞金6億円」とかやることで、みんなが詐欺について真剣に考えるようになり…いやそんなこと国はやらないか(笑)。

    

 自著のアフィリエイトを貼り付けるのをすっかり忘れてたス。だめじゃーん。sweat01

 ←3月28日23時00分現在、週間INが240で1位~。

2016年3月26日 (土)

女生徒が満員電車内で男の股間を触った?

 粘土もとえ年度には、会計年度(3月末)と統計年度(12月末)があるんだそうだ。1~12月の統計は暦年の統計というんだそうだ。

160325 現在、会計年度の終わりの時期だ。
 会計年度は人事年度でもある。3月25日(金)、東京高地簡裁合同庁舎の1階フロアのど真ん中、巨大なシャンデリアが点灯してるのを目撃した! 裁判官が退官するのだ。誰だろ。

 画像は25日(金)、裁判所の帰りに寄った究極の居酒屋「昭和」の、豚肉のソテーと野菜の煮物。いずれも1皿チケット1枚(=110円)。あり得ない! 来日外国人に知られることを俺は怖れる!

 とにかく年度末は判決がやたら多い。新年度は引き継ぎがあって開廷が経るんで、あんまり間を開けては身柄の被告人が退屈、との配慮からか(笑)、年度末は審理の期日も多い。
 なわけで裁判傍聴マニアは大忙し。注目事件の期日が同時刻に3件、4件入り、ひぃ~っ! なのである。

 そんな中でメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、3月は、俺の足し算が間違ってなければ以下の14号を発行した。
 いま購読登録すると、以下の14号がどどっと送信され、3月はあと5号が順次送信される。そこまで無料。

 まぁね、1号を読むのが3~5分としても、14号もどどっと送信されてきたらうんざり、かもしれない。その意味で、現時点での購読登録はお勧めしない。
 ただ、以下の14号のうちどれかを是非読みたいという場合、4月になると3月分はバックナンバーの扱いとなり、合計19号を108円で別途購入することになる、申し訳ない。細かい話や~(笑)。

第1669号 女生徒が満員電車内で男の股間を触った?
 判決4件。「住居侵入、強姦」は懲役12年が破棄され懲役11年10月へ。なぜ2月減らした?  「道路交通法違反、道路運送車両法違反、自動車損害賠償保障法違反」は、なんと「危険運転致傷」で執行猶予中の無免許、無車検、無保険運行、しかも…。  「死体遺棄」は、お洒落で上品で可愛い、たぶん箱入り娘の…。  「強制わいせつ」は女生徒の右手をつかんで自分の陰茎に押し当て勃起したという事件。その否認主張が…。

第1668号 無理な言い分を書き連ねるのが刑事弁護?
 中国人向け観光バスの過酷な業務、これはその果ての死亡事故か。  プラス仮眠中の女性への「強制わいせつ」。被告人は約20年前に女生徒へのわいせつ行為で懲戒免職になった元教諭?  編集後記はあるTV番組の生放送に出演しちゃった話。

第1667号 てんかん医師のベンツ暴走、5人死傷事件
 繁華街の歩道暴走事件、当初は「居眠りが原因か」と報じられた。だが、その車が地下駐車場から出るときの係員は…。出てから間近で目撃した人は…。生々しい供述!  編集後記は「罪種別 被疑者の精神障害等の有無別 検挙人員」について。

 以下の7号は3月21日にお知らせした

第1666号 殺人の被害者、「面識なし」はたった11%
第1665号 殺人犯、ウソで揺さぶられ自白に転じた?
第1664号 警察官らは誰1人として説明できず無罪!
第1663号 5歳の息子がいない、13階の窓は全開で…
第1662号 鬼畜結婚詐欺師、もっと取って逃げちゃおう
第1660号 コーヒー浣腸事件、報道と話が違うじゃん!
第1659号 ヤクザの恐喝、逆転有罪。一審はなぜ無罪に

 以下の4号は3月7日にお知らせした

第1658号 気持ちのいい若い被告人とベテラン弁護人
第1657号 芸能系2大事件の傍聴券抽選に俺も参戦っ
第1655号 血みどろ殺人未遂、また裁判員が倒れたっ?
第1655号 介護福祉士が担当の高齢者宅で現金を窃取

Mag2year2015_0001035825_300x100

 ネットで何を検索してたんだっけ、しゅごいものを発見した。以下の左側と真ん中だ。

    

 男用の、セーラー服タイプのパジャマ乃至部屋着なんだそうだ、ひぇ~っ。その購入者のプレビューがまた面白い、読ませる。メーカーさん、よぅくこんなのを考えついたもんだ、俺も頑張らねば、うん。

 ←3月26日14時40分現在、週間INが250で1位~。

2016年3月23日 (水)

裁判傍聴の深い森の奥

裁判傍聴に俺がのめり込み始めたのは2003年の3月だ。だから今年が15年目になるのか。
 ようやく、自分が何をやってるんだかちらっと見えた気がした。

2 ひとつの事件を1本の木に喩えるなら…。
 学生諸君や、何かの研修の団体さんとかは、1本か2本か3本か、木を見て帰る。カップルは木のそばで愛を語らってるってとこか(笑)。
 俺は、帰らない。どんどん奥へ入って行く。「うわ、珍しい木だぞ!」「この木はシロアリに食われてるかも」「キノコを発見!」とか言いながら奥へ入っていく。
 だんだんと薄暗くなる。世間的な常識や好奇心、勧善懲悪、そんなものは遠ざかる。
 そうして、薄暗い木々の間に怪しい生物が蠢き、見え隠れしてることに気づく。あれは何だ? 追いかけて俺はさらに奥へ入って行く。
 それは裁判の本質、人間社会の、人間の本質かも。見極めたくて、さらに奥へ。
 気づけば、俺は深い森の奥にいる。冤罪についても、森の外または入口付近にいる方とは全く違うものを俺は見てる気がする。もう戻れない。戻るつもりもない。このままどこまでも突っ込んでいこう。

 あんまりうまく言えてないと思うが、要するに俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」を、いっぺん試しにお読み頂ければ。そこに尽きる。

※ 画像上は、広島地裁呉支部。下は熊本地裁人吉支部。あるマニア氏からいただいた。地方の支部、しびれるねっ。happy02

 ところで、以下は3月22日付けのJ-CASTニュース、の一部。

「75年も生きて何を学んできたのだ」 「注意に逆ギレ6歳の首絞め」老人に批判殺到
 たばこのポイ捨てを注意されたことに腹を立て、男児(6)の首を絞めたとして、兵庫県加古川市に住む無職の男(75)が逮捕された。
 ネット上では「最低な大人だな」「大人の行動とは思えぬ」と男への批判が相次いでいるが、本件に限らず「キレる老人」の姿は今やメディアで頻繁に取り上げられ、社会問題となっている。

Photo 深い森の中からコメントするなら、いちばん疑うべきは加齢等に伴う脳の萎縮ではないかと。
 前頭葉の側頭部だっけ、そのへんが萎縮して、行動制御能力が減退し、万引きをくり返したというおばさんがいた。
 「逆ギレ老人」の問題は、一般的な規範意識の鈍麻として批判、非難しても有害無益かも。まずはその老人たちの脳を撮影してみなければ、と俺は思う。
 しかし同時に、社会はそんな方向へは絶対に考えないのだろうな、とも思う。深い森の中から。

 さて、んなこと言ってないでメルマガ次号を書かねば。週4回発行だから大変なのです~。sweat01

 ちなみに今日傍聴した事件の一部について、いわば木の表面だけ触れるなら…。

 「過失運転致死」。被告人は、おそらくは中国人観光客相手の小規模な観光バス会社を経営し、NHKのインタビューを受けたこともあるおじさん。

 「麻薬及び向精神薬取締法違反、大麻取締法違反」。被告人は若め女性。釈放されたらまたコカイン、大麻を使うと宣言し…。

 「道路交通法違反、犯人隠避教唆」。オービス79キロ超過で社員を身代わり出頭させ…。発覚の理由があまりにも…。

 「偽造有印公文書行使、有印私文書偽造・同行使」。「私書箱開設未遂、容疑の62歳女を逮捕 「報酬3万円」詐欺目的か」と報じられた事件。

 「強制わいせつ」。20年前に教員だったとき同種事件で懲戒免職になった人物かも。

 「詐欺、詐欺未遂」。単なるオレオレの受け子じゃなかった。詐欺被害者の名簿をもとにさらに騙す手口の、グループの首謀者。

 「昏睡強盗」。「女性の酒に睡眠薬入れ、現金奪う 昏睡強盗容疑で38歳無職男逮捕」と報じられた事件。生活保護費と母親からの仕送りと友人からの借金をキャバクラで費消し…。

    

 スマイリーキクチさんのこの本、古書店の3冊200円の1冊として買い、けっこう分厚いのに、あっという間に読んじゃった。ネットの匿名の“正義気取り君”たちの特徴、本質が見事に描かれてるように思う。スマイリーさんは伏せてるけど、これは間違いなくあれだな! という部分もあり。

 ←3月23日21時00分現在、週間INが310で1位~。

2016年3月21日 (月)

殺人の被害者、「面識なし」はたった11%

 どうにもこうにも忙しくて、メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の告知をしばらく怠ってしまった。
 3月はすでに以下の12号を発行した。
 いま購読登録すると、これらが全部どどっと送信される。
 だいたいどの号も内容が非常にディープで、俺のほうでは1号を書くのに5時間くらいかかってる。けど、読むのは1号につき3~5分程度だろうと思う。書籍だって、たとえば数カ月かけて執筆したものを4~5時間で読む、そんなもんだ。

 で、  「裁判傍聴バカ一代」は3月末までにあと7号が、これから順次送信される。月末までに購読解除すれば、19号全部無料。いっぺん試しに読んでみてください~。

第1666号 殺人の被害者、「面識なし」はたった11%
 「強盗殺人」の無罪は、まさか一事不再理を利用した完全犯罪? プラス裁判的には狙ってくれといわんばかりの「強制わいせつ」。 プラス殺人事件を被疑者と被害者の関係で見たデータ。

第1665号 殺人犯、ウソで揺さぶられ自白に転じた?
 第1663号の続き。取調可視化の録音録画記録媒体を法廷で再生。確たる証拠はおそらくないのに、あると言われ自白に転じちゃった瞬間。裁判長がエリートか非エリートかで異なることは…。

第1664号 警察官らは誰1人として説明できず無罪!
 立川支部でシャブ無罪。単なる無罪を超え、でっちあげが疑われると裁判官。警察も悪いけど、こんなの起訴して有罪主張を維持し続けた検察に呆れかえるです。

第1663号 5歳の息子がいない、13階の窓は全開で…
 「殺人未遂、殺人」の裁判員裁判。寝ていた息子を抱き上げ母親が窓から落として殺した事件。元夫(息子の父親)の証人尋問。「私の小指をぎゅっと握りしめました。まだ生きていると思いました」、そう言って父親は泣いた。

第1662号 鬼畜結婚詐欺師、もっと取って逃げちゃおう
 第1661号の続き。2人の被害女性から搾り取った大金を、詐欺師たちはある“ブラックホール”へ吸い込ませ続け…。  編集後記は、市街地の交差点死亡事故、信号機ありとなしとどっちが多いか。驚きのデータ。

第1661号 婚活利用の結婚詐欺、とことん搾り尽くして
 結婚詐欺の第2回公判。追起訴。きりり誠実そうなイケメンが、暖かい家庭とニューヨークでの事業の夢を語り、女性をとことん食い尽くしていくリアルな過程…。

第1660号 コーヒー浣腸事件、報道と話が違うじゃん!
 とんでもないインチキ健康食品を売りつけてた婆さんらが逮捕された! 大報道から受けるそんな印象とはぜんぜん違い、不起訴でもいいような形式犯なのだった。

第1659号 ヤクザの恐喝、逆転有罪。一審はなぜ無罪に
 原審の無罪を破棄して懲役3年6月。原審はナマの被告人及び被害者を見てナマの話を聞き、無罪にしたろうに、控訴審は裁判的レトリックで有罪に…。

 以下の4号は3月7日にお知らせした

第1658号 気持ちのいい若い被告人とベテラン弁護人
第1657号 芸能系2大事件の傍聴券抽選に俺も参戦っ
第1655号 血みどろ殺人未遂、また裁判員が倒れたっ?
第1655号 介護福祉士が担当の高齢者宅で現金を窃取

Mag2year2015_0001035825_300x100

 ところで超絶マニアックデータ(エクセルの巨大な表)の不具合は、第1663号の編集後記でお知らせしたとおり、突然治った! 約3万2500行の中にたった1行、おかしな行が偶然発見され、その行を削除したらいきなり治った。どもお騒がせしました~。

     

 酒に酔うと、大脳皮質の自己抑制機能が後退するのか、やけに映画DVDを借りたくなる。『LUCY』を借りて観た。なんちゅう設定、なんちゅう結末、リュック・ベッソン監督の個性と腕力がばりばりっていうか、2度も観ちゃった。おかげで特定傍聴事務等あれこれ押せ押せになり…。sweat01

 ←3月21日14時40分現在、週間INが300で1位~。

2016年3月18日 (金)

今度は強制わいせつ、また無罪っ!

裁判官 「主文、被告人は無罪」

 うわぉ! 3日連続で無罪を傍聴しちゃった。 ※うち1件は控訴審の破棄無罪。

 今日の事件名は「強制わいせつ」。要するに、客観的には強制わいせつの構成要件に該当するけれども、女性側の同意を誤信していたと認めるに足る事情がある、という無罪だった。

 3日連続無罪に遭遇。たまたまラッキーが続いたのか、司法が決定的に良からぬことになる前兆なのか。そのディープな意味の解説はまた今度。

160318 16時30分をまわってから警察庁へ寄り、2件開示請求。何年も待ちかねたデータがやっと出たと分かり、大興奮で一部lコピー。
 それから俺は急ぎ、究極の居酒屋、昭和の最後の楽園、板橋の「昭和」へ行ったわけ。
 まずは黒ホッピーセット(チケット2枚)を注文し、何だっけ分厚い肉を焼いたやつ(チケット1枚)を食った。 ※チケットは10枚つづりで1100円。
 「昭和」はいいな~!

 さて、来週月曜はなんか休日で、裁判所は休みだ。土日月、連続で休める。溜まってるあれこれ片付けねば。じゃねっ。

    

 豚肉は旨いよね~。その旨さを引き立たせるのがにんにくだと思う。んなこと言ってないでもう寝よう(笑)。

 ←3月17日19時30分現在、週間INが340で1位~。

2016年3月17日 (木)

てんかん危険運転、逆転無罪、3D撮影装置、キヨハラ保釈祭り

 以下は今日付け東京新聞の一部。

池袋暴走事故、危険運転を否定 54歳医師、初公判で
 昨年8月、東京・池袋で車を運転中にてんかんの発作で事故を起こし、歩行者5人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた医師■■■■■被告(54)の初公判が17日、東京地裁であった。金子被告は「いつどのような発作が起きたか記憶がない。主治医の指示通り服薬しており、意識障害が起きる兆候はなかった」と危険運転の罪を否定した。

 この期日を前々から調べ、絶対傍聴しようと思ってた。
 ところが、傍聴券抽選の扱いになってしまった。勘弁してよっ。そんなことしたら、べつに興味のない人たちも「なんか有名なの?」とか思って集まっちゃうじゃん。俺が抽選に外れたらどうすんだ!

 倍率は2倍以上だったが、俺はラッキーにも当たり、傍聴してきた。傍聴前に廊下で年配のご婦人にふと声をかけたら、うわ~! というエピソードもあった。

 それが終わってすぐ、同じフロアの東京高裁の法廷で、危険運転じゃないが交通事故の控訴審判決を傍聴した。被告人は若くきちんとした感じの女性。なんと原判決破棄、無罪!

 裁判所を出て、警視庁へ。以下は1月22日付け毎日新聞の一部。

警視庁 容疑者の顔、3Dで撮影 個人特定容易に
 警視庁は来年度から、全署に専用の装置を配備し、逮捕された容疑者の顔写真を三次元(3D)で撮影する。従来から証拠資料として顔写真を撮影してきたが、3Dにすることで個人特定の精度が上がる。関与が疑われる別の事件が発覚した場合も防犯カメラの画像との照合がより細かくできるようになるという。同庁によると、3Dの撮影装置を管内全署に導入するのは全国初という。

Img_0619 この報道を見てソク開示請求してたの。んで今日、その開示を受けに行ったの、警視庁へ。
 そしたらっ! 警視庁前の道路(桜田通り)の路側は、マスコミの車両、中継車やハイヤーでぎっしり。警視庁の副玄関脇にある地下駐車場の出入口、の外の歩道には、TVカメラがぎっしり!
 覚せい剤で逮捕されたプロ野球の元有名選手が、警視庁内の留置場(裁判所的には刑事代用施設というのかな)に勾留されており、そろそろ保釈されるってんで待ち受けてるのだ。あんな高い脚立、見たことないよっ。
 まさに“キヨハラ保釈祭り”というべき状況。その前を通って俺は副玄関から入り、開示を受けてきたわけ。

Img_0614 副玄関から出てふと気づいた。マスコミとは思えない人たちもだいぶいる。
 俺は年配のご婦人に声をかけてみた。したら、観光の途中にこの騒ぎに遭遇、せっかくだからといっしょに待ち受けてるんだそうだ。
 そんじゃ俺も! と10分ほどいたが、いやいやこんなことしてられない、立川支部の無罪のレポート、早く帰って仕上げねば! と17時ちょい前に退散した。 ←まだ書いてねーのかよ、こらっ!pout

 帰宅して、どうなったんだろ、とネットを見てみた。保釈されたとのニュースは発見できず、「保釈は18日の可能性が高い」との記事があった。ひ~、とっとと退散してよかった~。

 画像下は、副玄関前から桜田通りを渡った、裁判所の駐車場出口付近だ。そっちもカメラが鈴なり。
 このお祭りぶりを見ると、この裁判の傍聴券抽選は日比谷公園で行われるかもね。当たり券は10万円でも売れるんじゃないかな。

    

 レジン液? まさか…と思って見てみた。いわゆる危険ドラッグじゃないようだった。じゃあ何なのか、よく分かんない。早くメルマガを書かねばっ。

 ←3月17日19時30分現在、週間INが300で1位~。

2016年3月16日 (水)

でっちあげの可能性を示唆する無罪判決!

 今日も早起きして、しかし今日は東京地裁のいつもの本庁ではなく立川支部へ行ってきた。
 以下は今日付けの毎日新聞、の一部。この無罪を傍聴するために。

被告に無罪判決 「証拠の尿すり替えた疑い」 地裁立川支部
 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた東京都町田市の男性(47)の判決で、東京地裁立川支部は16日、無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。深野英一裁判官は「警察が採取した尿を誤って廃棄し、これを取り繕うために尿をすり替えた疑いがある」と証拠捏造(ねつぞう)の可能性に言及し「捜査は極めてずさんだ」と警視庁の対応を批判した。

 前回の期日で、尿の鑑定書(被告人の尿とされるものから覚せい剤の成分が検出されたという鑑定書)を証拠採用しないことになったと寺澤有さんから聞いた。そしたらもう判決は無罪と思われる、普通は。
 無罪だとして、深野裁判官はどんな無罪を書くのか。有罪とする証拠がないから無罪だと、必要十分なことだけ淡々と書くのか。

Img_0558 そしたらなんと、報道にあるとおり、警察が尿をすり替えた可能性もあると、凄いことを言ってのけたんである! 「デタラメ」という批判も出てきたょ。
 聞いてて痛烈に感じたのは、こんなムチャクチャな事件で検察官はなぜ有罪主張を維持したのかってことだ。
 やっぱ検察は、有罪でも無罪でも、有実でも無実でも、公判請求した以上は何でもかんでも有罪にする組織なんだねと痛感した。
 どぉしてそんなクソバカになったかといえば、どんなにムチャクチャな事件でも、検察が七転八倒、頑張れば、裁判官は有罪にしてくれるかもと、思うからでしょやっぱ。頑張りの成功例は、「北陵クリニック事件」等々、枚挙に暇(いとま)がないってやつだし。

 ところが同日、「大阪・東住吉区の女児焼死 2人無罪へ 再審で検察、有罪主張せぬ方針」と毎日新聞。
 「大阪高検は…」としてるけども、あの組織がそんな方針を決定できるはずがない。内部に誰かとんでもない人物がいたものと思われる。いったい誰が抵抗を押し切って押し通したのか!

 とにかく立川支部の無罪については今日中にメルマガで詳細をレポートしたい。
 じつは今日、午後は本庁へ行く予定だったのを急遽ヤメ、帰宅して1時間ほど仮眠したのだ。俺も頑張るです。じゃねっ。

    

 スマイリーさんの本を古書店で、3冊200円の1冊として買った。トイレで少しずつ読んでる。面白い! 事実無根の誹謗中傷がなぜ再燃したのか。「元警視庁刑事」と称する人物の著書がどうやら原因だったらしい。その「元警視庁刑事」ってもしや、2008年に傍聴した名誉毀損による損害賠償請求事件の、あの被告?

※ 民事は「被告」、刑事は「被告人」。
※ 画像は、前々回の期日、被告人質問を傍聴に行ったときの立川支部。

 ←3月16日18時40分現在、週間INが270で1位~。

2016年3月15日 (火)

取調べの可視化、国家は抜け目がないねっ

今日は朝4時半頃に起き、メルマガ第1663号「5歳の息子がいない、13階の窓は全開で…」を書き上げて送信。

P1010384 送信してパソコンをシャットダウンしてソク出かけ(すでに着替えていたのだ)、10時から東京地裁で「不正作出支払用カード電磁的記録供用、詐欺、覚せい剤」を傍聴。
 これ、一審判決(懲役5年、未決算入不明)の後、自白調書は警察官の利益誘導によるものであることが録音データからバレ、東京高裁で差戻しになった事件で、なんと今日は、その取調べを行った警察官の尋問なんである!
 こう言っちゃ申し訳ないが、面白かったよ~。

 午後は2人の警察官の尋問。当然、傍聴する気でいた。
 ところがマニア氏から、メルマガ第1663号の事件、今日は取調べ時の録画を証拠調べ(つまり法廷でデータを再生)するかもと聞き、ええ~っ、それは見逃せない!

P1010388 そんで午後はそっち(「殺人未遂、殺人」)を傍聴。
 マニア氏の情報どおり、再生させた! 映像は大型モニターに出さず、音声だけだったんだが、取調べ時のナマのやりとりを法廷で聞くのは、俺は初めてじゃないかな。
 事件自体はとんでもないものであり、こんな言い方は申し訳ないんだが、最高だった。いわゆる可視化をあれだけ嫌がってた警察・検察が可視化をやれば、なるほどやっぱこうなるのか、ありゃりゃ~ん(笑)。
 しかし、無垢なお客様である裁判員たちに与える印象は…。やっぱ国家は抜け目がないなぁ。俺は抜け毛がない…えーん。だからぁ、泣くんなら言うなっての(笑)。

P1010402_2 その再生がそろそろ終わる頃に俺はそっと出て、別の法廷で「詐欺」の新件を傍聴。
 「「上京型詐欺」で受け子逮捕 計9千万円以上被害か」「逃走防止に身分証保管か=「受け子」逮捕の詐欺グループ」などと報じられた受け子の事件だ。
 これはだいぶ変わり種だった。既遂で被害弁償なし、普通ならすこーんと実刑だが、いやいやこの若者は執行猶予でいいんじゃないの? と思えるほど異例な事件だった。裁判官はどうするんだか。

 明日も朝早くから出かけなきゃいけない。以上のどれかをメルマガ次号でレポートし、風呂に入って、少なくとも6時間眠ることはできるのかっ?

※ 画像3つは、そっち方面(どっち方面?)のマニアからいただいたもの。3つめの画像は、左側が古い階級章。外国人が被告人の裁判の傍聴席に、警察官とも刑務官とも違う階級章の、だいたい若い男(ときに女)が座ってることがあるでしょ。執行猶予判決が出たら直ちに拘束して強制送還する、イミグレの官なのだ。
 ちなみに俺は、右側のよりもっと縦幅が小さい、横長の階級章を、奈良地裁か前橋地裁か大阪地裁か、どこかで数カ月前に見たっけ…。

     

 歯をブラッシングしながらテレビをチラ見してたら、もずくは尿酸値を下げるとか言ってた。裁判所の帰り、スーパーへ寄ってもずくを買おうと思い、ころっと忘れた。警視庁へ行く約束もころっと忘れた。ごめんね~。crying

 ←3月15日20時00分現在、週間INが240で1位~。

2016年3月13日 (日)

レジの男が手をくねらせるんです!

 レジの男が手をくねらせる。

Photo 調書に取りやすいように述べるなら、ポイントカードを受け取るとき、それを返すとき、代金を受け取るとき、釣り銭を渡すとき等において、5本の手指をびったりそろえ、手首をほぼ90度内側へ折り曲げる動作(以下、内くねり)と、ほぼ90度外側へ反り返らせる動作(以下、外くねり)を、いずれも頻繁に行い、かつ、それぞれの前動作として、内くねりをする前には外くねりを、外くねりをする前には内くねりを、くねっとやるのである。

 そういう男が、スーパーやドラグストアのレジに、ときどきいない?
 そういう男に当たると俺は、自分の内部がくねってねじれるような、非常に気色悪い感慨を覚える。「ずくだんずんぶんぐんゲーム」の新しいバージョンなのか。

 俺が見てきた限り、おじさんのレジ係はその動作をしない。女性もしない。
 若い男のレジ係は、いったいどうしてあんな動作をするのか。
 以前は、「あぁ、またくねくね野郎だ」と思うだけだったが、最近、あの動作を見せつけられるのが強迫的に嫌になり…。
 これって俺だけ?

※ 画像は、本文とは関係なく、2008年3月8日に起こったあの日比谷線脱線衝突事故の慰霊碑。あるマニア氏の撮影による。

    

 手根管症候群は両手とも完全に定着して、指先がいつも軽くしびれてる。財布の小銭入れ部分からの小銭の取り出しが、しびれる前よりは明らかに、うまくできない。小銭をよく落っことす。
 そこで、レジのあの現金トレイへ、小銭入れ部分から小銭をじゃららっと全部出すことを最近するようになった。「好きなだけ取っちゃって、ひひ」とかそのうち言いそうで怖い。shock

 ←3月13日14時50分現在、週間INが300で1位~。

2016年3月12日 (土)

オレオレ詐欺被害を騙って脱税、あるかもしんない!

 メルマガ第1631号「万引き否認の女性は昭和のあの有名人?」の編集後記にも書いたとおり、俺はすごい犯罪手口を考えついた!

 相続税を払いたくない資産家が、
「息子を騙(かた)るオレオレ詐欺の被害に遭って1億円を騙しとられたぁ~(泣)」
 と虚偽の被害申告をし、じつは1億円は息子に生前贈与、ちゅうのはどうだ。

 俺はよく知らないんだけど、ネットをチラ見すると、1億円の生前贈与の税率は55%で、控除額は640万円だとか。もしそうなら、5千万円くらい儲かることになる!

Photo「オレオレ詐欺が猛威をふるってることが、あれだけ報じられてるのに、詐欺と気づかないはずがない。おかしい」
 と疑われる?
 いやいや、その疑いはオレオレの受け子にのみ過大に向けられ、被害者側は完全スルーなのだ。オレオレ詐欺の裁判をたくさん見てればよぅく分かる。
 税理士が報酬目当てで持ちかけるとか、あるかもしんない。その裁判、絶対傍聴したいっ。

 だがしかし、よく考えてみれば…。
 息子の部下と称する受け子に、1億円を交付した時点では、贈与の故意が成立するわけで、そしたら税務署は贈与税をきりきり取り立てるかも。たとえ本当の詐欺被害であっても。

Photo_2 というふうに考えてみるとだ…。
 たとえば1千万円をオレオレで詐取されたお年寄りは、税金や国民健康保険等々、国家・行政への支払いはどうなるんだろう。
 やっぱ、んなこと考慮せず、何事もなかったかのように取り立て続け、すっからかんになったら生活保護を申請しなさい、となるのか、うーん。

 今夜はこれくらいにして、メルマガ執筆へ戻ろう。てかそろそろ歯磨き(少なくとも30分間のブラッシング)タイムに入り、寝なければ。
 じつは最近、よし、これからは24時前に寝よう、できれば22時頃に寝ようと決意したのだ。そんな決意、何百回目だょ(笑)、と言われては困るんだが。sweat01

※ 画像は、本文とは関係なしに、あるマニア氏からいただいたもの。1954年3月1日、ビキニ環礁でアメリカが水爆実験をやったのだ。そのマニア氏は言う、3月10日は東京大空襲の日、10万人が一夜にして亡くなった(焼夷弾で焼き殺された)のに、3月10日のテレビは一切触れない、と。

    

 こんなのup見つけた。「プレミアミムパヒューム・ストーリア」、モテる男の香、ナンバーワンなんだそうだ! 俺も買うか? これ以上モテてどうするって話もあるが。えーん。 ←だから泣くんなら言うなっての(笑)。
 さらに検索してたら「フェロモン香水」、んなのがあるなら、「裁判官の鼻腔をくすぐり再度の執行猶予を取りやすい香水」があっておかしくないね、うん。

 ←3月12日22時00分現在、週間INが260で1位~。

2016年3月 8日 (火)

極悪結婚詐欺師の被告人質問、凄かった!

Img_0546 大きく報道された結婚詐欺の第2回公判を傍聴した。
 婚活パーティで知り合った女性を騙して金を…というものだが、貯金をぜんぶまきあげて終わりじゃないのだった。貯金のあとは、複数の消費者金融から借金させ、親や友人から借金させ、クレジットカードでiPad多数台や高級腕時計を買わせ…。その金を続々と何に注ぎ込んだか、もう呆れるほかない。

 第1回公判の様子はメルマガ第1637号「婚活利用の極悪結婚詐欺、殺してやりたい」でレポートした。
 今日は、もう1人の被害女性についての追起訴と、被告人質問。いやもう凄かった! メルマガ次々号でレポートしよう。

 その前に、ちょと遅れてる次号を発行しなければ。雑誌の締切原稿を1本書かねば。書斎内紛失してるらしい重要なブツを探さねば。
 なので明日は裁判所に欠勤届を出します、強い心で。

※ 画像は、ある夜の酒肴。レトルトの八宝菜に白菜とネギを大量にぶっこみ、味が薄くなるのを怖れて唐辛子を3本ほど刻んで入れたやつ。黒ごまかけ。最高に旨いんだわ。左側は、ほうれん草のおひたし、酢醤油とすりごまかけ。

    

 この商品は面白かろう、と俺が貼り付けたアフィリエイト、見事にだれも買ってくれない(笑)。でも、そのアフィリエイト画像をクリックした先で何か買ってくれると、それが何であっても、俺に紹介料が入る。2月は合計6483円だった。あ~んcrying、マジ助かるっす~!  ※どなたが何を買ったか俺には分からない仕組みですのでご心配なく。

 ←3月8日19時40分現在、週間INが230でまた1位に戻りました~。

2016年3月 7日 (月)

血みどろ殺人未遂、また裁判員が倒れたっ?

 無罪判決を書けば、極めて希な例外的ケースを除き、検察官が必ず控訴する。
 控訴審は、一審がかけた無罪への石橋を、念入りに叩いて、有罪判決を書ける可能性がなかったか、チェックする。叩きに叩き、叩き割ることもある。
 実際、統計上、一審の有罪に対し被告人、弁護人が無罪を求めて控訴しても、ほぼすべて棄却されるが、一審の無罪に対し検察官が有罪を求めて控訴すれば、その逆転有罪率は高い。
 控訴審で簡単に叩き割られる無罪を書くことは、一審の裁判官にとって恥ずかしいことだという。勤務評価にも響くんだろう。
 そこで一審の裁判官は、「こりゃあ無罪だ!」と思っても、弁護人が主張立証した無罪の石橋を念入りに叩く。そういうことって確かにあると、裁判見ててそう思う、しのぶしのばず無縁坂…。

 さてメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、3月は以下の4号をすでに発行した。
 いま購読登録すると、以下の4号がどどっと送信され、月末までにあと15号が順次送信される。初月は無料。そういうシステムになってます。

第1658号 気持ちのいい若い被告人とベテラン弁護人
 泥酔して暴れ警察官をどついたという、いちばんありがたちな、そして俺が大嫌いなパターンの「公務執行妨害」を、珍しく最後まで傍聴。弁護人は元裁判官のあの人で…。  編集後記は無罪になりそうなあの事件。

第1657号 芸能系2大事件の傍聴券抽選に俺も参戦っ
 傍聴券抽選、“キンコメ高橋”被告人の「建造物侵入、窃盗」は13時締切。百田尚樹氏が証人出廷する民事裁判は13時10分締切。両方に参戦してみたら…。  編集後記は、世間が知らない、裁判員裁判で補充裁判員が倒れた事件の続報!

第1655号 血みどろ殺人未遂、また裁判員が倒れたっ?
 久しぶりに裁判員裁判の第1回をちらっと傍聴。家事も育児もしない妻の言動や姿に長年不満と疑問を感じ続け「もう限界!」と叫んでナイフで…。あとでその法廷(休廷中)の前を通りかかると、救急隊員らが入って行くのだった。どしたっ?

第1655号 介護福祉士が担当の高齢者宅で現金を窃取
 お婆ちゃんの現金が度々なくなるので、家族が監視カメラを設置。録画を再生してみると、すらり美人な介護福祉士が…。高齢者が被害者になったり被告人になったり、シルバー事件がどんどん法廷へ出てくる。

 今週も注目裁判がいっぱいある。困った。コーヒー浣腸の事件は、ま、べつにいいか。なに言ってんだ、そういう事件こそ傍聴しろ? うーん。

 エクセルの超絶マニアックデータが突然、動きが鈍くなった。
 なんちゅうの画面右側のあれをスクロールすると「行」は6445まで。そこはいいんだが、画面下のあれをスクロールすると「列」がA~XFDって! 使うはずのない空列が膨大にある。エクセルってこれが普通なの?

    

 レスキュータオルは『ラジオライフ』4月号の特集「最新&最強 防災マニュアル」で紹介されてたやつ。
 特殊ホイッスルというのも探してたら、背を伸ばす中敷きを発見。変わったものを続々発見できる、楽しい、そこはネットの良いとこだょね。

 ←3月7日20時20分現在、うわ! 週間INが180で2位に落っこちました~。coldsweats01

2016年3月 3日 (木)

秘密のNが法廷へ出てきた理由

 2009年12月に創刊のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、始まって以来のお詫びをしなければ。

 2月の最終号である2月29日(月)の発行号を、ぎりぎり間に合うよう送信してホッとしてたんだが、どうやら送信ボタンを押し忘れた可能性がある。とにかく届いてないと認められる。
 気づいて直ちに送信したが、3月の発行となってしまった。
 つまり、2月の発行号は本来より1号少なくなってしまったのだ。申し訳ないっ。

 2月末で購読登録を解除した方には、俺のほうから最終号をメール送信したい。
 しかし俺のほうでは購読者のメルアドが分からない。2月の事実上の最終号を俺宛てお送りいただければ、そのメルアドへ本来の最終号をお送りします。ほんと申し訳ないです。

 ところで、Nシステムである。以下は3月1日付けNHKニュースの冒頭部分。

7歳女児殺害、検察側証人尋問で「Nシステム」が争点に
 11年前、栃木県の旧・今市市で当時7歳の吉田有希ちゃんが殺害された事件の裁判員裁判は、2日目を迎えました。検察側の証人尋問で争点となったのは、車のナンバーを追跡する通称「Nシステム」でした。

 そのニュース中にこんな部分がある。

 このことから検察側は、「勝又被告が自宅方面と遺棄現場方面を往復した」と主張したのです。警察が全貌を明らかにしていない車のナンバーを追跡する、通称「Nシステム」。法廷で詳細が明かされたのは、極めて異例のことだといいます。

 「Nシステムの存在を公にはしてこなかったが、今回は法廷に出すことを了承した。初めてのことではないか」(警察庁幹部)

 極めて異例というか、昔のNシステム訴訟で警察側が出してきた「自動車ナンバー自動読取照合業務実施要領の改正について」という通達に、こんなことが書かれているのだ。

 業務により判明した事項を、公判に証拠として提出してはならないものとする。

 この通達のもと、Nシステムのヒット情報は裁判に証拠として出てくることがなかった。出すようになれば、被告人の側が「Nシステムの記録を見れば自分の無実が分かる。記録を出せ」と言いだし、警察・検察はピンチに陥る、そういう配慮もあったんだろう。

 最新のNシステム訴訟(俺は名ばかり原告。代理人弁護士は櫻井光政さん)で、警察側はこう主張した。

 …これを公にすることにより,犯罪を企図する者等がNシステムの設置場所を回避して犯行に及び,又は逃走するなど,犯罪者を利することになり,犯罪捜査に重大な支障が生じることになるおそれや,犯罪を企図する者等によって,Nシステムの破壊活動,Nシステムの正常な作動の妨害活動等が行われるおそれがある。

  だから設置場所も、市区町村別の設置台数も秘密だというんである。あんな構造物を道路上に設置して、無知・無関心な者以外は皆「あっ、Nシステムだ」とすぐ分かるのに。破壊活動とかヤリ放題の状況がとっくにあるのに。

 ところが今回、出した。なぜ?
 直ちに推認できるのは、栃木のあの事件、よっぽど証拠がないんだな、かなり無罪っぽいんだな、つーことか。
 ただ、今回出た記録を直ちに信用することはできない。過去の冤罪事件を見ると、大報道された事件を威信にかけて有罪にするため、有罪側の証拠を警察はでっちあげることがあるから。もしも、付近の防犯カメラ(と称する監視カメラ)の映像等による裏付けが皆無なら、マジでっちあげかも。
 俺が傍聴してれば、そのへん目を光らせるんだが。

    

 『ラジオライフ』4月号の特集は「最新&最強 防災マニュアル」。さすがというか、すっげぇ防災グッズ等が紹介されてる。
 軽犯罪法違反だとか因縁を付けられないよう、ブレードレス! 考えたね~。避難所などでプライバシーを守る軽量テント、ありだと思う。

 ←3月3日18時50分現在、週間INが260で1位。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »