フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で | トップページ | 書記官のパンティ、夏の幻 »

2016年5月18日 (水)

清原和博さん、求刑懲役2年6月!?

Img_0698 17日(火)、元プロ野球の清原和博さんを被告人とする「覚せい剤取締法違反」の傍聴券抽選へ行ってきた。

 使う法廷は、傍聴席が52席でも98席でもなく、42席の425号。抽選に付された傍聴席は20席。そこに集まったのは3769人
 画像は、当選番号(リストバンド型の傍聴整理券に付された番号)の発表だ。3769人が並んで当たりはたったこれっぽちなのだ。

 ほぼすべての人が外れて残念無念? んなこたない。3769人のほとんどは、傍聴したくて集まったんじゃないから。
 つー話を当日の夜に書いた.「立入禁止のリアルなニュースサイト R-ZONE」の原稿として。今日中にアップされるかと思う。

追記: アップされました。これです。→ http://r-zone.me/2016/05/post-1517.html

 清原さんに対する求刑は懲役2年6月だそうだ。
 自己使用と少量の所持なら求刑の相場は懲役1年6月なのに、どえらく重い。清原さんは前科があったの? 同種執行猶予中? だが、俺が見た限りでは、そこに言及する報道はまだない。

 東京地裁には、覚せい剤で保釈中の身で、更正のために他人の覚せい剤の裁判を、けっこう長きにわたり次々傍聴してる人がいる。それはとても良いことと俺は思う。
 その人の裁判を担当したのは、清原さんの裁判と同じ、吉戒純一裁判官だ。俺がワイドショーとかの制作側なら、ぜぇったいその人に取材する、コメントを求めるね。他の番組とはひと味違う、深い内容になると思う。
 でも同時に、テレビは絶対そっちへは動かないんだろうな、とも思う。それぞれの役割ってものがあるから。

 俺は俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の次号に、清原さんの判決のマニアック予想を書こう。プラス、“抽選会場”である日比谷公園にまだ大勢いた11時30分、東京地裁の小さな法廷でひっそり言い渡された「覚せい剤取締法違反」の判決を。その被告人は視覚障害者で…。

     

 マーシーといえば、また覚せい剤といえば、これであるっ!

 ←5月18日13時00分現在、週間INが240で2位~。

« 盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で | トップページ | 書記官のパンティ、夏の幻 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

清原は実刑の方が本人の為にもいいと思う。下手に執行猶予なんか付けられるより、実刑の方が更生への近道。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で | トップページ | 書記官のパンティ、夏の幻 »