フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新型速度取締装置! | トップページ | 清原和博さん、求刑懲役2年6月!? »

2016年5月15日 (日)

盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で

 昨日だっけ、久々にいわゆるゴールデンタイムのテレビを視聴した。池上彰さんが、逮捕から裁判までの刑事手続きについて解説してた。
 俺は「うわぁ!」となった。留置場と拘置所が違うとか、メルマガ 「裁判傍聴バカ一代 」で当然の前提としてるあれこれが、世間からすればそんなにびっくりなことだったの? と。

Img_0659 しかし、それでも同メルマガは3桁もの講読をいただいてる。やっぱ、同メルマガの読者諸氏は、ゴールデンタイムのテレビ番組の対象視聴者(あくまで番組が想定した対象視聴者)とは違う、そういうことなんだろう。
 でも、4桁、5桁を望むなら、もっともっと解説を加えなきゃいけないんじゃないか。いやいや、上記「対象視聴者」に合わせてたら、深いところへ突っ込めなくなる、俺のメルマガの価値、意義が失われてしまう。
 ま、いろいろ気づかされ考えさせられる番組ではあった。教訓:久々に変わったことをすると発見がある。

 ゆっとくけど俺だって無知なところはものすごく無知だからね。たとえば、なぜ経済は成長しなければならないのか、なぜ人口が減っちゃいけないのか、どうしても分からない。1ドル100円が105円に上がると「円安」っていうくらいはもうだいぶ前から知ってるょ、ふふ。

※画像はJR埼京線電車内の「防犯カメラ」と呼ばれる監視カメラ。メルマガ第1698号の関係。

 つーことで 「裁判傍聴バカ一代 」、5月は以下の7号をすでに発行した。
 いま購読登録すると、以下の7号がどどっと送信される。そして月末まで合計11号が順次送信される。そこまで無料。試し読みしてアドバイスなどいただければ。 

第1697号 不倫を続けるなら被害届けを出さないと…
 ちょと気になって傍聴してみた「傷害」は、単なるDVかと思いきや、ややこしい展開の事件なのだった。不倫相手と妻の間で揺れ動いた男は…。  編集後記は、パトカーの屋根に搭載する新型速度取締装置の契約書、仕様書、操作説明書!

第1696号 逆転無罪の殺人、一審有罪は裁判員ゆえ?
 歌舞伎町のホストがタクシー相手に当たり屋行為をくり返したという事件。報道された以上に悪質で…。  その裁判と同時刻にあった「殺人」、なんと逆転無罪だったと後で知った。一審は裁判員の負担を軽くするため談合で有罪にした?

第1695号 読売新聞、月額240円でOKという詐欺
 安くするからと新聞購読料を詐取、それを2千件やったと報じられた事件。都営団地の住人ばかり狙った理由は?  プラス、第1629号「モデルを夢見る女子がまた事務所の毒牙に」でレポートした「強姦」の控訴審第1回。これは原判決破棄となるかも。

第1694号 盗撮カメラに映っていたのは職場の上司で
 ある検事と同姓同名の「住居侵入」。まさか! と傍聴してみた。別人だったが、奇妙な一致部分のある、盗撮目的の女性宅侵入だった。その被告人の正しい情報も、なんと被害女性の情報も、ネット検索でヒットし…。

第1693号 「特段の事情がない限り」という便利な論法
 陸自医官のも含め、薬物の否認事件の判決2件。「違法と知らなかった」とか、「男性同性愛者の店で勧められた缶酎ハイに薬物が入ってたんだろう、自己使用の認識がない」とか、その種の主張を退けるテンプレート。
 
第1692号 手を出したら負けと我慢した側が逮捕され?
 「傷害」の勾留理由開示を傍聴。ある男(キャバクラの客?)からボコボコに殴られ蹴られ、しかし我慢して無抵抗でいたら、10カ月後、自分が男を暴行したと逮捕され、すぐ釈放されると思って我慢していたら勾留が続き…。悔しいと被疑者は泣くのだった。

第1691号 どっかんどっかん2万発の花火の真下で
 事件名は「船舶安全法違反」。東京湾で潜水艦が何かとぶつかったのか? と傍聴してみたら…! その「船舶」に同乗していた「交際相手」には、一生の思い出になったろうね~。  編集後記は、5月2日から始まった裁判員裁判の期日の公開について。怪しい事件を発見!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 5月17日(火)の東京地裁は、こう言っちゃなんだが“キヨハラ祭り”だ。祭りの様子を撮影しに行ってみようかな。

     

 「歴史上〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出され たテレビの世界で大スターになるという大胆不敵な小説が2012年にドイツで発売。絶賛 と非難の爆風をくぐり抜け、国内で200万部を売り上げた」んだそうだ。それが映画化されたんだそうだ。なんちゅう発想、面白そうっ!
 東京マルイのAA-12は、BB弾3発を同時発射の電動エアガン。ドラムマガジンを付ければフルオートで最大3千連射が可能なんだという。凄すぎ!

 以下に『帰ってきたヒトラー』の予告編を埋め込んでみる。うまくいくかな。

 ←5月15日20時10分現在、週間INが220で2位~。

« 新型速度取締装置! | トップページ | 清原和博さん、求刑懲役2年6月!? »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型速度取締装置! | トップページ | 清原和博さん、求刑懲役2年6月!? »