フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« クレプトマニア、こんな感動の展開、見たことないよっ! | トップページ | 検察事務官の実刑判決、傍聴してきたょ »

2016年7月12日 (火)

大麻は希望、もしかして生きれるのかもしれない!

 今日の東京地裁は、刑事の傍聴券抽選が3件もあった。
 震災復興がらみの「独占禁止法違反」と、靖国神社のトイレを爆破した「建造物侵入、火薬類取締法、関税法違反」と、診療報酬で不正をやりホストクラブへ通ったとされる女医の「詐欺」だ。

 しかし俺はそんなの目もくれず、「大麻取締法違反」の審理へ! メルマガでレポートしたこの事件、今日は被告人質問なのだっ。

第1711号 大麻で救われた末期がん、検察は許さない
 被告人はとびきりお洒落なおじさん。しかし末期がん。医師から見放され大麻に救われた。それを検察は「大麻取締法違反」で起訴。仮病の被告人等は、法廷を出ると急にしゃっきり元気になるのだが、このおじさんは…!

第1723号 医療大麻、世界では当たり前の処方って!
 末期がんで余命宣告され、医療用大麻を自ら栽培して使用、疼痛緩和ばかりでなくがんのマーカー数値が驚異的に下がった! ところが日本では大麻は一律禁止だと逮捕された事件。この日は医師を証人尋問。その内容が驚き。大麻の一律禁止に合理的理由など一切なく、諸外国では医療用大麻は当たり前なんだという。こういう尋問における検察官のみすぼらしさよ!

 ネットのニュースサイトでは、「裁判傍聴の鬼神・今井亮一が行く! 小林麻央の乳がん治癒にも役立つか!? 末期がん患者「医療大麻」裁判の行方」という記事になってる。

 んまぁ~凄かった。すべての治療が効果なく、半年の余命と医師から言われたときのことを、被告人とされた山本正光さんはこう述べるのだった。

被告人 「ま、世界が全く変わりました。それまで、もしかしたら治るという期待があった。がんになる前、早期だったら治ると…やがて転移、最後に肺にも転移、もう打つ手がないとなったとき、すべての色が変わるし、人に会って話してもぜんぜん…絶望感…」

 その後、代替療法はないかいろいろ探した。アメリカのサイトで大麻が効くと知り、ちょうどその頃、ひょんなことから大麻の種か株か、手に入った。育て、吸った。お茶にして飲んだ。

被告人 「がんマーカー、それが下がってアルブミンが上がってる。抗がん剤、やめてるし、治療してない…僕にとっては(大麻は)希望…あ、もしかしたら生きれるのかもしれない」

 5時間睡眠の俺は居眠りを怖れたんだが、眠気など一切感じなかった。目ん玉おっぴろげてメモしまくった。メルマガでこの被告人質問を全部再現しようか、どうしよう。

 あそうそう、この裁判のことは本日の「報道ステーション」が取り上げる可能性あり。
 テレビ・新聞が大きく取り上げたら、日本中の多くのがん患者、またその家族にとって思いがけない福音となり、検察・裁判所の威信は大いに失墜するだろうけど…。

    

 また『ラジオライフ』から。左のは、電球のソケットに差し込む監視カメラなんだそうだ。いろんなのがあるね~。真ん中のASUSは、今や高評価なんだという。

 ←7月12日20時20分現在、週間INが240で2位~。

« クレプトマニア、こんな感動の展開、見たことないよっ! | トップページ | 検察事務官の実刑判決、傍聴してきたょ »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

大麻を吸う事によって末期がん患者は、まず食欲を取り戻し、死への恐怖が緩和され残り少ない時間を有意義に過ごすことができる。至れり尽くせりで、これ以上の妙薬はない。

大麻を吸う事によって末期がん患者は、まず食欲を取り戻し、死への恐怖が緩和され残り少ない時間を有意義に過ごすことができる。至れり尽くせりで、これ以上の妙薬はない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレプトマニア、こんな感動の展開、見たことないよっ! | トップページ | 検察事務官の実刑判決、傍聴してきたょ »