フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の12件の記事

2016年10月30日 (日)

女性下着への強い執着、下着モンスター

 28日(金)、裁判所=東京高地簡裁合同庁舎で、法廷ではなくちょうど廊下にいるとき、あるテレビ番組から携帯電話に着信あり。
 正午すぎ、裁判所前にロケ車が来て、俺はスタッフ諸氏とともに現場へ行くことに。
 前夜4時間半睡眠で裁判所へ飛び出してきた俺は、ロケ車の中で約1時間か、ぐっすり眠ってしまった。

 ええっと、その話は別の機会に譲るとしてだ、アウトロー系のニュースサイトに記事を書いた。ネットでは初めて出す、まさにスクープだと思う。

【スクープ】オービスがついに一般道に配置され"赤切符の制約"から解き放たれる証拠公開! そしてその裏にある真の意味

 この記事、現時点では人気記事ランキングの1位になってる。お~!

 ただ、衝撃スクープであることを分かってもらうには、前提となることを解説しておかねばならず、5分割の記事になってる。申し訳ない。
 前提部分は承知、衝撃部分だけを見たいという方は、5分割の4番目の記事を。ってそんなことバラしちゃニュースサイトの方に怒られるか、まいっか(笑)。

 近日中に同サイトに、新型オービスについてさらなるスクープを発表予定。
 ヒントは「LSM-300」。ネット検索しても、俺が当ブログでチラ書きしたこと以上の情報はヒットしないはず、現時点では。
 ネットには何でもあるように思えて、じつはそうじゃないってこと、俺は改めて痛感する。

 そんだけ期待を引っ張いといてしょーもない「スクープ」だったら怒るぞ? だよね~(笑)。大丈夫、任せてちょうだい。発表したらまた当ブログでお知らせしますので。

 さてそんな俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、10月は以下の15号をすでに発行した。

第1793号 無罪確実、負けゲームに投げやりな検察官
 警察官が録取した調書が虚偽だと分かり、検察官が求刑を放棄すると報じられた大麻事件! 放棄に至る前に、裁判官が念入りに被告人質問、そして証人尋問。事件の概要がおぼろげに見えてきて…! 編集後記は、欅坂46がナチスに仮装した件…。

第1792号 女性下着への強い執着、下着モンスター
 好みの女性を尾行して住居を突き止め、あとで下着を盗みに入るのが常習の男。屋上からベランダへ侵入しようと隣のマンションへ飛び移ったり。今回は、履いてる下着を見たくて女性のズボンを下げようと背後から…。

第1791号 探し求めて何千里、幻の秘宝事件を発見!
 東京地裁(本庁)と東京簡裁は完全に棲み分けができてる。超過速度が80キロ未満(罰金求刑)は簡裁、80キロ以上(懲役求刑)は地裁。そうして簡裁で否認はよくあるが、地裁では否認は完全に皆無だった。ところがっ!

第1790号 電車内痴漢、周りは助けてくれそうもなく
 朝の満員電車内で痴漢被害に遭った女子高生。助けてほしくて周りを見たが…。そこで勇気を出して自分で痴漢犯の手首をつかみ…。しかし被告人は否認!  編集後記は「どこでもドア」ならぬどこでもオービスの件。

第1789号 警察のヤリ放題を司法は屁論法で追認か
 シャブで執行猶予中にシャブをやり実刑判決を受けた男性が、保釈され、依存症治療に通院するとともに、更正のため裁判傍聴を続けている。今やシャブ事件について誰より詳しいはず。その男性の控訴審判決に、司法の本質が見えたような気がして。

 以下の2号は10月22日にお知らせした

第1788号 「執行猶予の取消請求」ってどんな裁判?
第1787号 出会い系、不倫、20万円、性交写真、脅迫

 以下の3号は10月16日にお知らせした

第1786号 控訴の趣意は量刑不当、なのに逆転無罪!
第1785号 頭顔部礫過で脳破裂、最高裁から差戻し!
第1784号 ヒップホップ、大麻を飲み込み任意で排便

 以下の2号は10月10日にお知らせした

第1783号 まさか実刑判決になるとは思わなかった?
第1782号 横断歩道へ飛び出して重傷事故、悪いのは

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為
第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!
第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き  

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上15号がどどっと送信される。1号を読むのに3~5分かかるかと。大変かも。
 そして10月末まであと2号が順次送信される。
 全17号は、全部無料(初月無料)。濃くて面白くて講読解錠できなければ、11月分は月額108円が課金される。1号108円じゃなく1カ月分が108円だ。そんなバカな!
 購読解除率は毎月だいたい5%未満。最近は2%くらいだっけ。
 大いにまたはそこそこご満足いただいてるか、安いんでまぁいいかと購読解除せずにいてくれるのか、前者の方ばかりだよね、えーん。 ←なんでそこで泣くかね(笑)。

    

 「下着モンスター」の話が出たので、下着のアフィリエイトを貼ってみました。
 右側のは“象さんパンツ”の一種か。懐かしい。
 俺はね、もう15年以上前、新宿2丁目へ飲みに行ったことが何度もある。“ホモのコンビニ”とでもいうべきめくるめく店があって、初めて象さんパンツなるものを見て腰を抜かしたもんだ。あのときいっしょに飲みに行った方は、その後亡くなった。合掌。

 ←10月30日0時30分現在、週間INが180で1位~。happy02

2016年10月26日 (水)

医療大麻と高木沙耶さん逮捕

 こないだの参院選に医療大麻の解禁を訴えて立候補した高木沙耶さんが、大麻所持で逮捕された。

 医療大麻! 俺は今年、医療大麻の刑事裁判を東京地裁で傍聴し、大興奮した。無知だった己を恥じた。
 ネット上では、6月14日付けの「小林麻央の乳がん治癒にも役立つか!? 末期がん患者「医療大麻」裁判の行方」という記事で簡潔にレポートした。ぜひお読みいただきたい。

 メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」では、第1711号「大麻で救われた末期がん、検察は許さない」、第1723号「医療大麻、世界では当たり前の処方って!」、第1732号「医療大麻、生きる方法はそれしかなかった!」、第1733号「医療大麻、末期ガン患者のまさに死闘!」で、そしてその無残な結末を第1744号「難聴の被告人、余罪立証を拒む弁護人」の冒頭部分でレポートした。

 以下、第1723号に適宜加筆等して転載する。びっくりな話だよっ。

 遅くなって申し訳ないっ、しゅごいのをご報告しよう! 少し長くなるがお許しを。

 2016年6月27日(月)13時30分~16時、東京地裁819号(20席、吉戒純一裁判官)で「大麻取締法違反」の審理!

 前回の経験から、今日は12時30分頃に行った。すでに行列ができており、俺は6番目だった。行列はどんどん延び、13時頃には20人を超えた。

 13時12分頃、被告人である山本正光さんが来た。前回と同様、素晴らしくお洒落だが、今日は車椅子だった。

 13時25分頃だっけかドアが開くと20席の傍聴席はたちまち埋まり、外で7人ほどが待つ、という状態で審理が始まった。

 今日は証人尋問だ。
 証人は「フクダカズノリ」と名乗った。熊本大学の医学部を卒業し、久留米大学の医学部へ。肝臓がんを研究テーマにいくつか留学し、国立がんセンター研究所で漢方薬を用いたがん治療の研究をし、岐阜大学医学部で東洋医学を研究し、ツムラで漢方薬の研究をし、現在は銀座東京クリニックの院長をやってるんだという。福田一典医師で間違いないと思う。

 弁護人からの主尋問は14時47分まで続いた。

 山本正光被告人は20歳の頃に交通事故で大量輸血をし、そのときC型肝炎になり、何十年もたって肝硬変から肝臓がんへ進んだんだという。
 できる限りの治療はすべて行われたが、動脈浸潤があって肺へも転移し、余命宣告をされてるんだという。

 そこで山本被告人は、医療用大麻を使ってくれと、ある医大にお願いした。が、日本では一律禁止、違法だからと断られた。
 外国では大麻はがんに有用だと分かっており、大麻の主要な成分を合成した製剤もつくられている。が、それすら輸入禁止なんだという。

 ちなみに、2つの主要な大麻成分の製剤があるけれども、精油成分などさまざまな成分が総合した形が、最も効果があり副作用がない、つまり液化させたものであれ気化させたものであれ大麻全体を投与するのが最も効果的なんだという。

証人   「症状の緩和、あるいは延命…(がん患者は通常)食欲をなくし、体重が減っていく…不安、絶望、耐えがたい痛み…(ところが大麻を服用すると)睡眠…食欲を高める…体重の減少を防ぎ…モルヒネと併用すると効果を増し、副作用を減らす…」

 ほ~、要するに元気になるわけだね。そればかりか…!

証人   「大麻の成分自体が、がん細胞を抑えたり、抗がん効果があることが最近分かっています」

 マジ? 山本被告人の主治医が書いた診療録(カルテ)を弁護人は証人に見せた。

証人   「主治医もびっくりしていますね、抗がん剤を使わず、リンパ節の腫大(俺のメモミスかも)が縮小…あり得ない、そこにわざわざハテナのマークとか、びっくりマークとか付けている…こんなカルテは…主治医自体が、効いていることに驚いて…」

 大麻ががん患者に有用であり、しかも他の薬等と違って副作用がないことは、世界で最も権威のある医学雑誌『ニューイングランドメディシン』(←と俺はメモった)や、2番目に権威がある医学雑誌『ランセット』でも今や当たり前なんだという。

弁護人 「つい最近、発表がありましたね。それは…」

証人   「6月6日、アメリカの臨床腫瘍学会(?)…子どもの末期がんに大麻を使うことに90何%が賛成…子どもの初期のがんに大麻を使うことに30何%が賛成…世界のがん治療の基準…医療大麻を使うべき…日本のこの状況が世界に知られたら、世界中の医者が笑うでしょう」

 「ゲートウエイ効果」についても弁護人が尋ねた。大麻の裁判で裁判官がよく「大麻は覚せい剤などハードな薬物の入口になる。だから禁止されてるんです」とか言う、あれのことだ。

証人   「これもアメリカの精神医学会が完全に否定している…大麻はハードドラッグと連動しない…ゲートウエイ効果を言いだしたのは麻薬取締局の長官…根拠はなかった」

 アメリカで1920年頃から始まった、「アル・カポネ」や「アンタッチャブル」や45口径ドラムマガジンのサブマシンガンなどでおなじみの「禁酒法」、あれが1933年に廃止された。
 するとアメリカ政府は、大麻は人を凶暴にするからと禁止し、取締りの対象とした。取締官の仕事をなくさないためという説もあるようだが、何かを敵視してわーっと盛り上げると統治しやすい、そういう事情もあったのかも。

 しかし、「大麻で凶暴性」などウソだと明らかになるや、麻薬取締局の長官が、やはり何の根拠もなく言いだした、それが「ゲートウエイ効果」なんだそうだ。
 マジっすか! 今までなんとなく信じ込んできたことを、こんなにも激しくひっくり返す証言、俺は初めてだよっ!

証人   「患者は最新の医学知識にもとづき…××(←メモしきれず)を緩和される権利がある。患者が医療大麻を要望…医者は助けないといけない…それをさせないのが大麻取締法です! 医者は患者を助けるためスピード違反しても(免責される場合がある)…しかし(大麻については)それができない!」

 ものすご~く悔しそうだった。肝臓がんなどを長年研究し、苦しみのうちに亡くなっていく人を多く診てきたんだろうか。

 抗がん剤など既存の治療法は副作用が大きいらしい。「がんで死ぬか、抗がん剤の副作用で衰弱して死ぬかだ」なんて言われたりもする。
 一方、大麻は、とにかく元気になり、がんが縮小する場合もあり、副作用がない…。医療用大麻が許可されれば、乳がんだという小林麻央さんも、今がんで苦しんでる多くの方々も、大いに救われるかも。俺もいつがんになるか分かんないわけで、そのとき大麻に救われたいと思う。

 でもその救いは、日本人には与えられない。なぜなら日本国が、口ではグローバルとか言いながら、世界の医師たちの常識に反して、大麻を一律に禁止しているからだ。
 その禁止は正しいのだと言い張るべく、検察は末期がん患者の山本さんを起訴したのだ。

 約10分間の休憩をとり、15時03分から検察官が反対尋問。検察官はどっちかと言えばAKB48の卒業生か女子アナ系。
 反対尋問の要点はこうだった。がんに対する大麻の有用性について、証人自身が実験、研究をしたわけではないってこと。証言の内容は伝聞に過ぎないってわけだ。

 また、医療用大麻が万人に完全な薬効があるとの完璧なデータはないでしょってこと。
 どんな薬も万人に完全に効くことはなく、患者の体質等もさまざまだから、医療に「断定」はないと証人はくり返し述べるのだが、検察官は、完全に断定できないならダメと言わんばかりに、くり返し突っ込むのだった。

 検察官の職務は、起訴されて法廷へ出てきたものを有罪にすること。職務のため精一杯頑張ってるのは分かるが、しかしとても哀れに見えた。その哀れさは、検察官自身がいちばん分かってるんじゃないか、そう思えた。

 15時37分から裁判官が尋問。こんなことを尋ねた。

裁判官 「薬理効果、副作用は、(大麻の)品種によって違うのですか?」

証人   「違ってきます。いろんな品種をつくり…成分が微妙に違ったり、それは今、研究段階です。漢方と似ています」

裁判官 「そうすると、副作用も強くなることがあると?」

証人   「薬効を求めると副作用もあります。医療は薬を如何に使うかの技術です」

裁判官 「具体的にどういう疾患について患者さんがどう服用するのか、その流れっていうものは…」

証人   「たとえばアメリカは、26州とワシントンDCとプエルトリコとグアム…全部の州では、がん…エイズの患者さん、その次が痛み、疼痛…そのほかの炎症性の腸疾患、難病、そういったものに効くと…」

裁判官 「こういう病気を持った患者さんにはこういうふうにと、例があれば」

証人   「いちばん多いのは進行がんの患者さん、エイズも末期の…症状の緩和…次に痛み…難治性の痛み…あとパーキンソン病、てんかん、けいれん、神経症、自己免疫性疾患もあります」

 そうではなくて裁判官は、個々の医療の場で具体的にどう使われているのか知りたいようだった。

証人   「その患者さんに有用と考えられたら大麻を処方する、患者さんは処方箋をもって(大麻を)買いに行き、使う」

裁判官 「基本的には普通の薬と同じように、ということですか」

証人   「そうです!」

裁判官 「被告人が調書で、(日本の)ある製薬会社が大麻製剤をつくっていると…」

証人   「イギリスでやってるサキヘックス(と俺はメモったが定かじゃない)…大塚製薬がアメリカで販売権を持っています。日本も禁止がなくなれば、大塚製薬が販売すると思いますよ」

裁判官 「被告人は、ある医大で、大麻を使った臨床実験をと持ちかけたが、断られたと…」

証人   「法律がある限り、日本ではできません」

 日本の医師は優秀だから、日本で医療用大麻が解禁されれば研究は飛躍的に進むだろう、という趣旨のことも証人は述べていた。
 被告人に大麻を与えた医師がいないことについて…。

証人   「やったら医者が捕まる! 末期の人が、余命宣告されているのに、(有用な大麻を使えば)捕まる! 早く変えないと世界中から笑いものになります!」

 普通、こういう医師の尋問をやったら、検察官は「大麻は害がある。禁止には合理的理由がある」と強弁する御用医師を探して証人出廷させるもんだと思うが、そんな証人請求はないのだった。

 次回は被告人質問、7月12日(火)13時30分から。なんと52席の813号法廷を使うと裁判官! 裁判的には大英断だと俺は思う。

 弁護人は、山本被告人の状態が良くないことから、7月12日に論告・弁論も終えたいと希望した。検察官の応訴態度からして、被告人質問の中身によって最終意見が変わることもないだろうと。

 しかし検察官は、被告人質問の調書(つまり反訳)ができてからでなければ論告はムリと。

 そりゃそうだ、有罪のために万全を尽くすのが検察官の職務、被告人の都合ごときで万全さを欠くことがあってはならない。特にこういう重要な事件では。

 論告・弁論は8月2日(火)15時30分からと決め、15時58分閉廷。

 検察が「有罪にすべし」と決めて起訴した以上、公判立会検察官は逆らえない。裁判所は検察の方針(刑事司法行政)に従わざるを得ない。だからこの事件の判決は有罪、執行猶予付きの懲役刑しかあり得ないと俺は見る。

 けどそれは、いっくらなんでもみっともない。裁判所にとっても検察にとっても──こんなことを口にするのは心苦しいが──判決までに、てかどっちが勝っても控訴、上告するんだろうから、判決確定までに、被告人が死亡するのが、とりあえず理想的…クソ野郎どもめと、独自の予想に基づいて罵っちゃダメですか。

 いやいや、緊急避難を適用して無罪ってのはあり得るか…。どうなるんだろ。俺はこの事件を最優先で追っかけるよ!

 7月12日の被告人質問は、第1732号「医療大麻、生きる方法はそれしかなかった!」、第1733号「医療大麻、末期ガン患者のまさに死闘!」でレポートした。

「末期ガンを宣告された後、大麻の医療効果で持ち直し、生きる希望を見出した。が、逮捕されて大麻を取り上げられた。裁判で無罪を勝ち取って早く大麻を使いたい、生きたい」

 要約すればそんなことを山本正光さんは淡々と述べた。だいぶ体調が悪そうだった。

 そして8月2日(火)、論告・弁論と最終陳述を終えて結審、その予定だった。
 ところが7月25日(月)、山本さんは死亡した! 以下は第1744号の冒頭部分だ。

 だから8月2日(火)は東京地裁へ行かなくていい…のだが、弔いというか、哀悼の意を尽くすというか、俺は行った。最終陳述をしに、山本さんの霊が庁舎内を彷徨ってるかもしれないじゃないか。

 この事件は裁判的にはどういう決着になるのか、係属部に尋ねてみた。一般的には被告人死亡で公訴棄却の「決定」を出すことになるが、本件はまだその決定が出てないとのこと。 ※公訴棄却とは起訴自体を退けること。裁判には判決、決定、命令などがある。

 裁判が続いたとして、俺みたいな傍聴マニアからすれば、検察官が無罪を求刑するはずがない。判決が無罪のはずがない。無残な絶望が見えてる。

 しかし山本さんは、無罪を信じ、少なくとも願い、生きる希望を持っていたはず。ガンや難病で苦しむ多くの人たち、またその家族らに、この裁判が福音になると信じていたはず。
 希望のうちに亡くなった山本さんは、幸せだったのかも。自分が死んでも裁判は続き、判決は無罪になると思ってたかも。ちっきしょう! 俺は涙が出てくる。

 そうして今回、高木沙耶さんが逮捕されたのである。
 医療大麻を国が禁止するはずがない。連中は結局、享楽で大麻を使いたいだけなんだろ、ゲラゲラ、という方もおいでだろう。
 以下は大麻取締法だ。太字は俺。

第四条    何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一   大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。
二   大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三   大麻から製造された医薬品の施用を受けること。
四   医事若しくは薬事又は自然科学に関する記事を掲載する医薬関係者等(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ。)向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、大麻に関する広告を行うこと。
2   前項第一号の規定による大麻の輸入又は輸出の許可を受けようとする大麻研究者は、厚生労働省令で定めるところにより、その研究に従事する施設の所在地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に申請書を提出しなければならない。

 大麻が禁止なので自動的に医療大麻も使いにくい、のではなく! 日本は明確に明文で医療大麻を、てか大麻製剤すら禁じてるんである。
 何のために? これは謎だね。立法時の内閣法制局の人とかに聞いてみたい。

 そんな中で、医療大麻の解禁を訴えて参院選に立候補した高木沙耶さんは、大麻所持で逮捕されたのである。

    

 ←10月26日1時20分現在、週間INが170で1位~。happy02

2016年10月23日 (日)

これはあなたの唐揚げで間違いないですね? もう必要ないですね?

 被告人を証言台のところに立たせ、検察官がブツを掲げた。小さなチャック付きビニール袋に入った、細かな氷砂糖のようなものだ。

検察官 「これはあなたのもので間違いないですか? もう必要ないですね?」

1610192 決まり文句である。どんだけ聞いてきたことか。
 袋の中身は覚せい剤。被告人は必ず「はい」と答える。まさか「いえ必要です」とは言えない。
 だから俺ら裁判傍聴マニアは、飲み会のとき、こう言って他人の皿に手を出す。

「これはあなたの唐揚げで間違いないですね? もう必要ないですね?」

 ほかにこんな言い方もある。

1610191「法廷の除外事由がないのに、フェニルメチルアミノプロパン及びその塩類を含まない黒霧島若干量を飲酒し、もって焼酎乙類を使用したものである」

「ビールを飲酒中におけるシメサバの注文は、論理則、経験則等に照らして不自然、不合理と言うほかなく是認できない」

「飲食費用は刑事訴訟法181条1項但し書きを適用してわたしに負担させないこととします」

 どんな飲み会やねん(笑)。sad

 さぁバカなこと言ってないで仕事に戻ろう。来週はどうも毎日裁判所へ行かねばならないようで、大変なのだっ。sweat01

※ 画像は2点とも、究極の居酒屋、北区滝野川の「昭和」にて。画像上はもずく酢とカツ煮、その左側に見えるのは相席人(お世話になってるマニア氏))が注文して既に半分ほど食べたトンカツ。
 画像下はカブと高野豆腐と巾着を煮たの。巾着の中身はしらたき。皿の右手にあるのは芋焼酎、薩摩五代。「昭和」は煮ものが絶品だと思う。なんたってこれら全部、1皿110円だもん、究極を通り越してるよね。heart02

     

 俺はね、日本が世界に誇れる食べ物は、シメサバ(しめ鯖、〆鯖)とカツ煮だと思う。ウニやトロよりシメサバが断然旨い。カツ煮なんて、カツ丼の“上”だけ食べるんだから、なんちゅう贅沢。
 シメサバ刑事(でか)とカツ煮刑事(でか)が互いに張り合いながら難事件を解決する、というドラマも昔あった。カツ煮刑事が唐沢寿明さん、シメサバ刑事は館ひろしさんだった。 ←そんなドラマねーよっ。angry

 ←10月23日11時20分現在、週間INが150で3位~。happy02

2016年10月22日 (土)

東京地裁の暑さと冤罪の関係

 いま、東京地裁がめちゃめちゃ暑い! 熱く燃えてるってんじゃなく、暑いんである。

 確かに東京地裁は昔から、この時期、バカみたいに暑いことがよくあった。
 東京地裁の空調は、法廷内の温度にあわせて適宜調整する、というタイプじゃない。たぶん庁舎の地下深くに『千と千尋の神隠し 』の釜爺(かまじい)みたいのがいて、冷気または暖気をつくり、あるいは何もつくらず、巨大な数本の風路をつうじて百数十の法廷へゴーゴーと送り出す、そういうタイプらしい。季節に応じて冷房する、暖房する、何もしない、どうも三択らしい。

 でもって、庁舎北端と南端の法廷(各階に合計4つのみ)を除いて、窓がない。智恵子は東京に空が無いと言ったそうだが、東京地裁には窓が無い。かつ審理中はドアを閉める。密閉空間だ。
 「強制わいせつ」や「強姦」の法廷は、押すな押すなのぎっしり満席。熱気むんむん。それでも、季節的に冷房を切る時期なら切るんである。酸欠にならないよう、いちおう空気は釜爺が送ってるんで、ゴーゴーと空調の音がうるさく、しかしめっちゃ暑いのである。暖房が入ってるようにしか思えない。
 それが普通なのが、東京地裁なのである。
 もちろん、逆に凍えるほど寒いこともある。東京地裁で傍聴を続けるには、携帯防寒着とうちわや扇子が必須だ。

 これに文句を言ってはいけない。
 被告人がたとえ真っ白無実でも、有罪とする証拠(主に巧みな自白調書)を警察・検察がつくっていれば、また無実の証拠を警察・検察が隠せば(隠すのは合法)、裁判官は粛々と有罪にする。
 異常気象でどんなに暑くても、季節が冬なら暖房を入れる、それは裁判的には正しいのだ、うん。俺はそう理解している。

 しかし、それにしても、最近の法廷の暑さは異常だ!
 なんと、水曜にちらっと入った「強盗致傷、死体遺棄、電磁的公正記録原本不実記録、同供用、詐欺」(裁判員裁判)の法廷には、法壇の左右に見たこともない長身の扇風機が置かれていた。パワーが最高になってるんだろう、ブーンブーンと音をたてて首を振ってた。
 裁判員裁判じゃない小さな法廷でも、壁際の長机の上で、家庭用みたいな白い扇風機が首を振ってた。

 おかしい。あの扇風機、たぶん新たに購入したんだろう。そうまでして冷房を入れないってのはおかしい…。
 そしたら、分かりました。10月1日から空調設備の改修工事をやっており、冷房が効かないんだそうだ。なーんだ(笑)。

 改修工事が終わったら、各法廷の状況により書記官がエアコンの設定温度を適宜調節できるとか、そんなことになるんだろうか。
 そのとき、無罪は適宜無罪になるんだろうか…。

 さて、俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代 」はときどき少し遅れながら、まぁまぁ順調に発行を続けてる。
 10月は以下の10号をすでに発行した。

第1788号 「執行猶予の取消請求」ってどんな裁判?
 無欲な修行僧のようにも見えるが、覚せい剤で保護観察付き執行猶予中にまた覚せい剤で捕まり、今度は一部執行猶予(=大部分実刑)に。上訴すれば前刑の猶予期間が満了する。そこで保護観察所長は…。角田由佳(奥田由佳)裁判官は目が大きくアイドルのようで…。

第1787号 出会い系、不倫、20万円、性交写真、脅迫
 リベンジポルノ的な事件。正直、なんだそれ…と呆れた。無理に教訓をひねるなら、外見の良い男は出会い系等々でヤリ放題、その相手となるのは騙されやすい女? そういう男女の事件が続々と法廷へ出てくる。

 以下の3号は10月16日にお知らせした

第1786号 控訴の趣意は量刑不当、なのに逆転無罪!
第1785号 頭顔部礫過で脳破裂、最高裁から差戻し!
第1784号 ヒップホップ、大麻を飲み込み任意で排便

 以下の2号は10月10日にお知らせした

第1783号 まさか実刑判決になるとは思わなかった?
第1782号 横断歩道へ飛び出して重傷事故、悪いのは

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為
第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!
第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き  

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上10号がどどっと送信される。そして10月末までにあと7号が順次送信される。そこまでは全部無料だ。サンプル号はこちら。俺はこのメルマガに賭けてる、本気だ。よろしくねっ。

    

 裁判所の帰りにスーパーへ寄ったら、チリワインのサンタカロリーナというのが税抜き499円だった。俺は普段は、酸化防止剤入りのワインは買わないんだが、疲れて自己抑制力が失われていたのか、買った。
 旨かった。重くて渋い赤じゃなく、軽やかで渋い赤、こういうのもいいね。
 サンタカロリーナの赤にもいろいろあるらしい。ぜんぶ買って利き酒してみる? 勘弁してょ。俺はそんな暇はないのですょ。
 勘弁してょといえば、R-ZONEの「再生5千万回のモンスター動画・ピコ太郎「PPAP」を真似てアップするエロ巨乳お姉さん大増殖の裏事情を検証!【動画あり】」の、その動画である。
 たとえばこれ、俺はこんな見てる暇ないの、マジ勘弁してほしい。 ←なら見るなっつーの(笑)。

 ←10月22日00時00分現在、週間INが160で1位~。happy02

2016年10月18日 (火)

横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合

 以下は10月17日付けNHKニュース。

信号機ない横断歩道 9割の車が歩行者いても一時停止せず
 信号機のない横断歩道で、歩行者が渡ろうとしているのに一時停止せずにそのまま通過している車が9割に上ることが民間の調査でわかりました。
 これはJAF=日本自動車連盟が、ことし8月から先月にかけて、全国94か所の信号機のない横断歩道で1万台余りの車を調査したものです。
 それによりますと、信号機のない横断歩道で、歩行者が渡ろうとしている状況で一時停止をした車は全体の7.6%に当たるおよそ750台にとどまり、9割を超える車が一時停止をせず、そのまま通過していました。さらに、調査を行った横断歩道のうち半数を超える48か所では、一時停止した車は5%未満にとどまっていました。
 横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合は、ドライバーは手前で一時停止をしないと、道路交通法に違反する疑いがあります。
 JAFでは「法律に違反する可能性があるという認識がないドライバーも多い。横断歩道での一時停止の啓発活動に力を入れたい」と話しています。

 「法律に違反する可能性がある」というのがよく分からない。以下、道路交通法第38条から第1項のみ抜粋。赤字は俺。赤字のとこだけ拾い読みすればほぼ分かるかと。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条
   車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない

 「横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合」に一時停止しなければ、ずばり38条1項の違反なのである。「疑い」も「可能性」も入る余地がない。
 反則金は大型車が1万2千円、普通車が9千円、自二が7千円、原付が6千円。違反点数は車種を問わず2点。

Photo 俺の有酸素散歩圏、半径約3キロでは8カ所、信号機のない横断歩道が思い浮かぶ。いや9カ所か。
 うち1カ所は、交差点の形状のせいもあるのか、多くの車が一時停止する。うち1カ所は直線道路で、一時停止する車は希(まれ)だ。交番の真ん前なのに。

 ちなみに俺自身が車を運転して通過するときは、こんな仕事をしてることもあり、必ず止まる。止まらない車が横断歩行者等をハネそうになったらホーンを鳴らすなり叫ぶなりしなければと緊張する。

 地方の田舎道を走った記憶では、止まる車は希だ。直線道路では、ほぼ誰も止まらない、そういう印象がある。JAFの発表はうなづける。
 しかし、なんでそんな調査&発表をJAFはしたのか、不思議な感じがする。
 だってさ、信号交差点での右左折車による横断歩行者妨害は狙って待ち伏せて取り締まるのに、信号機のない横断歩道では──俺が見聞きしてきた限りではあるが──まったく黙認じゃないの。
 待ち伏せて取り締まれば入れ食いだろうに、なぜやらないのか。

Photo_2 もちろん、道路交通法は治安法の側面もある。普段みんながしている違反があることは、イコール、特定の者をいつでも逮捕できるってことでもあるのだ。
 しかし、それにしても、うぅむ…。

 このネタをワイドショーが扱ったら、コメンテーターはきっと言うだろう。
「信号機のない横断歩道って、だいたいが狭い道路にあるんですよね。そんなとこで違反車両を停止させて、免許証を見せてくださいとか言って違反キップを切ってたら、かえって交通の危険を生じさせかねないんじゃないの?」
 多くの視聴者は「確かにそうだな」と思うでしょ。

 そこで! いちいち停止させず、ナンバーから判明した車両の所有者に行政制裁金を課す。そっちへ警察庁はゴゴゴと動き始めてるんで、今回JAFにそういう調査&発表をさせたとか?
 深読みが過ぎるかなぁ。いやいやそれは新型オービスの動きとも付合するぞ…。
 なに言ってっか分かんない? だよねぇ、ごめん。説明は長くなるので今回はパス。警察庁交通局の方は「おぅ今井君、そこまで読むかね」と笑ってくれてるかも。

 画像は新型の違反キップ切り端末。頂き物だ。あわてて撮ったのかブレてる。この端末、単に違反キップを簡易迅速に作成できるだけじゃなく、かなりの優れものなんだょ。そのこと、『ドライバー』か『ラジオライフ』に書いたっけ。ネットにもそのうち書こうかと。ただ、忙しくてっ。sweat01

※ 追記: 「法律に違反する可能性がある」は、こう解釈すれば理解できるんじゃないかと思い至った。
 すなわち、「無事故・無違反」の無違反は、違反がないって意味では全然ない。違反するしないじゃなく、取締りを受けた(違反点数を登録された)ことがないって意味だ。警察と多くの善良な一般運転者たちには、そういうことで定着しちゃってる。ゴールド免許は違反点数の登録で決まる。それがおかしいと感じるのは俺みたいな変人だけだ。
 したがって、「法律に違反する可能性がある」=取締りを受ける可能性がある、そう解釈すれば理解できる、うむ。

    

 こないだ古書店で3冊200円で買ったうちの1冊は『ネットのバカ』だった。なんちゅうタイトル(笑)。著者の中川淳一郎さんは『ウェブはバカと暇人のもの』の著者でもあるのだった。そっちもなんちゅうタイトル。数ページ読み始めた感じでは面白そう。裁判所への往復の電車で読もうかと。

 ←10月18日3時30分現在、週間INが160で1位~。happy02

2016年10月16日 (日)

希望も恋愛もそぎ落として漂流する

 『週刊プレイボーイ』で『漂流の島:江戸時代の鳥島漂流民たちを追う』(草思社)というのが紹介されてた。
 著者は、スケート選手ではなく探検家の高橋大輔さん。かのロビンソン・クルーソーのモデルであるスコットランドの航海長、アレクサンダー・セルカークの住居跡をチリ沖の島で発見した、すごい人なんだそうだ。
 そんな高橋さんの、こんなコメントが週プレに載ってた。

 無人島にたどり着いた漂流者は、生きるためにあらゆるものをどんどんそぎ落としていきます。最後に残るのは人間として最低限必要な「衣食住」だけ。人間として極限の状況を生き抜くためには、煩悩のような欲求を捨てなければいけない。
 今の若い世代も基本的に同じだと思います。生存のために無駄なものをそぎ落としているから…(中略)…無気力、草食系に見えるのも、今の環境に適応しているからです…(中略)…新しい形の日本に、です。若い世代は順応性が高いですからいち早く環境に適応したのです…(中略)…クルーソー・スタイルの若者世代がこれから日本で何をし始めるか楽しみです。

 人並みの収入を得る希望も、恋愛も結婚もそぎ落とさねばならぬ極限状況、それが新しい形の日本なのか!

 ジョージ・オーウェル氏の衝撃作『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』では、最底辺でかつ大多数のプロレ階級を支配するために「ビッグ・ブラザー」は、語彙(ごい)を減らし、敵国に対する憎悪をヘイトウィークで植え付け、党が機械でつくった陳腐な恋愛小説ともの悲しい流行歌を与えるんだっけ。

 現代日本では「ヘイトスピーチ」ってのがあるそうだが、あれは支配のために有用なのかも。若者の本離れや、AKB48なんかもビッグ・ブラザーの陰謀?

 …なんてことをメルマガ第1784号の編集後記に書いた。
 そんなメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、10月は以下の8号を発行した。

第1786号 控訴の趣意は量刑不当、なのに逆転無罪!
 上品セレブな老婦人の、万引きで執行猶予中の万引き。原因は脳疾患、前頭側頭葉変性症、いわゆるピック病。それでも相場どおり刑務所へ送るのが当たり前なのだが…。  編集後記は表題の件。すんごいことをやってのけたね~!

第1785号 頭顔部礫過で脳破裂、最高裁から差戻し!
 無罪→逆転有罪→最高裁が差戻し、の控訴審。なんと検察官は、一審二審の認定をひっくり返す予備的訴因を追加。いったん起訴したら後戻りできない検察の哀れさよ。控訴審では珍しく、付近店舗の監視カメラ映像を法廷で再生、だが…。

第1784号 ヒップホップ、大麻を飲み込み任意で排便
 プロモーションビデオの撮影にメンバーらとアメリカへ渡航。スタジオ代のためにと、初めて会った黒人男性から渡された大麻18袋を飲み込み…。ブツは昔の杏ジャムのような…。  プラス、裁判員裁判の判決がどうやら重すぎたらしい「強盗致傷等」、原判決を破棄して…。

 以下の2号は10月10日にお知らせした

第1783号 まさか実刑判決になるとは思わなかった?
第1782号 横断歩道へ飛び出して重傷事故、悪いのは

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為
第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!
第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き  

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信され、10月末まであと9号が順次送信される。そこまで無料。サンプル号はこちら。過去にどんなのを発行してきたか、バックナンバーもちらっとご覧いただければ。これが1カ月分108円かと驚くでしょ、ねぇねぇ。

    

 『1984年』の味わいを残し、しかしコミカルに軽快に、『漂流の島』の高橋大輔さんの考え方も取り入れ、中東で自衛隊員が戦死し日本列島ではテロで原発がいくつか爆発する、そんな近未来の日本の、どこか昔のフランス映画に出てくるようなレジスタンス活動、に巻き込まれたお年寄り、を主人公に村上春樹さんが絶妙な小説を書いたら、今度こそノーベル賞じゃないかと俺は勝手に夢想する。

 ←10月16日23時10分現在、週間INが210で1位~。happy02

2016年10月15日 (土)

量刑不当の主張なのに逆転無罪って!

 全国コンビニATMから18億円超を一斉に不正引出した事件が、あちこちの裁判所へ出てきてる。
 以下は9月5日付け千葉日報。

ATM不正事件で男2人懲役2年 名古屋地裁
 全国のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、愛知県内で380万円を引き出したとして、窃盗などの罪に問われた中園竜男被告(28)と佐橋克哉被告(28)に名古屋地裁(西山志帆裁判官)は5日、懲役2年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
 検察側は論告で「報酬欲しさから犯行に及んでおり、動機に酌量の余地はない」と主張。弁護側はいずれも「反省している」と執行猶予付きの判決を求めた。
 起訴状によると、2人は5月15日朝、同県内のコンビニ7店のATMで不正なカードを使い、380万円を引き出したとしている。

 世間はこのニュースをどう見るのか。俺ら、つか俺みたいな裁判傍聴マニアはこう見る。
 2人の役割分担は不明だが、ま、とにかく2人共同正犯なのかな。量刑からして、報酬を受け取っていてもいなくても、現金は回収役に手渡し済み、被害弁償できず、かつ2人とも前科がないんだな。
 出し子とか受け子とか、前科なしでもさくっと実刑、刑務所へ墜ち、首謀者は大金を手にする。このシステムを支えている大きなひとつは「無知」だと思う。
 すなわち、「ちょと頼まれただけ。詐欺(窃盗)とは知らなかった」は裁判的には原則通用しない。通用させない理屈を組み立てるのが裁判所の役割なのだ。
 甘い言い訳は通用せず、前科なしでもさくっと刑務所行き、出し子や受け子はあまりにバカバカしいという、裁判傍聴マニアなら誰でも(ま、完全にエロ専門の人以外は)知ってることを、出し子や受け子にスカウトされる者たちは知らないってことだ。

1610141 10月14日(金)、裁判傍聴を終えて北区滝野川の究極の居酒屋「昭和」へ行き、neet1978さんほかマニア氏からすごい話を聞いた。
 同日午前、特殊詐欺の逆転無罪が東京高裁であったという。なな、なんと、弁護人の控訴趣意は量刑不当のみ、なのに裁判官が職権で無罪と判断したんだそうだ。ひゃ~、である。
 その時刻、俺は1フロア上の、東京高裁の別の法廷にいたんだよね。悔し~! と言ってちゃきりがないんだが、でも悔しぃ~! メルマガ次々号で詳しく。

 画像はそのときの「昭和」。さんまの塩焼き、野菜の天ぷら、酸っぱいもずく酢、各110円。小っちゃなグラスは芋焼酎さつま五代、110円。特にさんまがメッチャ旨かった。やんちゃうよね~。

      

 こういうバナーも貼れることが分かった。これらバナーから入って何かお買い物してくれると、それがなんであれ、俺に数%の手数料が入る仕掛けだ。
 手数料収入の合計は毎月だいたい5千円を超えており、裁判所へ通う交通費の大きな助けになってる。ほんとありがとうございますっ!

 ←10月15日18時40分現在、週間INが210で1位~。happy02

2016年10月13日 (木)

世界から戦争がなくならない理由

 有酸素散歩の途中で古書店に立ち寄り、3冊200円の何かを買った。
 2冊は『ゴルゴ13』の文庫版で、1冊はインターネットはバカの巣窟だ的な新書だっけ。もう忘れた。帰宅してどこに置いたかも忘れた(笑)。

 その3冊を買ったとき、レジ゙に珍しく先客がいて、待つ間、棚を見た。そしたら池上彰さんの『なぜ、世界から戦争がなくならないのか? (SB新書)』があった。なんと求心力あるタイトル。定価800円+税が400円ぽっきり。つい買ってしまった。

160930 池上彰さんてものすごく深い博識に見えるでしょ。博識に加えていろんなことを読み解く力を持ってるんだろうとは思う。が、なんでもかんでも深く知ってるわけじゃないはず。
 テレビの場合、何かテーマを決めたらスタッフが資料や専門家に当たる等してディープに調査し、その膨大な集積の中から、いちばん大事なことをいちばん分かりやすい形で、かつ非常にうまい語り口で伝える、それが池上彰さんの真骨頂なのかなと思う。
 じつは俺も、専門家としてスタッフといっしょに、なんつーの会議的なことをやったことがある、たっぷりのマニアック資料を持参して。
 俺はテレビのお仕事をけっこうやらせてもらったが、このときのスタッフの真摯さ、真剣さにはちょとびっくりした。テレビってここまで真剣にやるのか、と。

 そんな池上彰さんの『なぜ、世界から戦争がなくならないのか? (SB新書)』、自宅での朝食、昼食の際、テーブルに広げて読んだ。あっという間に面白く読めてしまった。
 フジテレビでやった番組の内容をまとめたものだそうで、大した内容じゃないんだろう、武器商人とか、広告代理店が戦争をあおるとか、そういうことは触れないんだろう、との予想は裏切られた。
 この時代、池上彰さんは非常に希有な存在かと思う。

 13日(木)は、久しぶりに朝8時半前から17時過ぎまで裁判所にいた。たくさん傍聴すれば、傍聴ノートの整理、超絶マニアックデータ(エクセルの巨大な表)への打ち込みが増える。これを残尿もとえ残業というのか。疲れた、もうダメだもう寝るっ。sleepy

※画像はある日の「昭和」。これ全品各110円。黒ホッピーのセットは220円、ナカ110円。

    

 俺が古書店で買った3冊のうち1冊は、上杉隆さんのこの本じゃない。この本のことは知らなかった。上杉さんの本を俺は何冊か読んできたが、切れ味が良い。この本はそそられる。

 ←10月13日23時40分現在、週間INが200で1位~。happy02

2016年10月10日 (月)

韓国で汚職ハンター大流行?

 『週刊プレイボーイ』の最新号を読んだ。二階堂ふみ、という若い女性の「ぶち抜き36ページ」のグラビアがあり、びっくりした。

 なんて話じゃなくてぇ、最後のほうのページに興味深いことが載ってた。韓国で今、隠し撮り用のカメラがバカ売れし、値段が高騰してるんだという。なぜ?

 「汚職や不正を防止するため、公務員やメディア関係者、私学学校教員らや、その配偶者への接待や金品提供を規制する法律」が9月28日に施行され、「3万ウォン(約2800円)以上の食事接待」等々が禁止されたんだそうだ。罰則は「3年以下の懲役または3000万ウォン(約270万円)以下の罰金刑」…。
 それがなぜ隠し撮り用カメラに結びつくのか。「韓国紙特派員」の話として、こんなことが!

違反を政府に報告すると、最大2億ウォン(約1800万円)の懸賞金が出るんです。そのため、懸賞金目当ての人が…」

 韓国、素晴らしい!
 俺は前々から言ってたでしょ。地方自治法に住民監査請求&住民訴訟の制度がある。公金の不正支出とかを正す制度だ。これによりたとえば1億円が不正支出と判断されたら、その半分とか全額を、住民監査請求&住民訴訟をやった人にあげる、としたら、みんな目の色を変えて不正支出を探し…と。
 国についても“国民監査請求、国民訴訟”の制度を創設して同じことをやったら、日本が日本でなくなってしまう…と。

 他人の不正を暴くことで、真っ当に働いても絶対に得られない大金、宝くじでも得られない大金が入る、みんな目の色を変える、という社会は健全じゃない、とはもちろん思うさ。
 でも、しばらく続ければ、怖くて不正はできなくなるはず。行政(税金の支出)はクリーンになる。懸賞金稼ぎの人は、徳川の埋蔵金ハンターのような位置づけとなるはず。
 韓国のその制度、今後いったいどうなるのか、何を生み出すのか、大注目だと思う。

 以上はメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」第1783号の編集後記の一部だ。
 芸能人の結婚、離婚、不倫より、韓国のその制度のほうがよっぽど面白いよね、とマイナーなことを言いたがる(笑)俺の同メルマガは、10月は以下の5号を発行した。

第1783号 まさか実刑判決になるとは思わなかった?
 判決は実刑の可能性が高いと分かってただろうに、その直前に大規模農地を借りて人を雇い、判決の1カ月後に子どもが産まれ…。明るく前向きに突き進む若者、ともいえるけれども裁判的には…。  編集後記は、韓国の素晴らしい法律の話。

第1782号 横断歩道へ飛び出して重傷事故、悪いのは
 夜間、片側1車線、左側は下りの土手、右側は上りの土手、前方に横断歩道、その横断歩道へ走って人が飛び出してきた! 制限速度は40キロ。被告人運転の普通乗用車の速度は60~70キロ。回避措置が間に合わずハネて重傷を負わせたら、さてどっちがどんな理由で悪いと思う?  編集後記はあの事件の女性のツイッター。

 以下の3号は10月8日にお知らせした

第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為
第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!
第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き  

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると以上5号がどどっと送信され、月末まであと12号が順次送信される。そこまで無料。面白いよっ。fuji

  

 左のが週プレ最新号。いつも巻頭はトップ女優、アイドルのカラーグラビアなわけだが、この号はめくってもめくっても延々、二階堂ふみさんのカラーグラビア、大胆なことをしたね~!
 肉と玉ねぎとピーマンを胡椒少々で炒め、そのフライパンに茹でたスパゲティをざっと入れ、横浜舶来亭カレーフレーク辛口とオリーブオイルを適宜振りかけてかき回し、隠し味にちょとケチャップを。このカレースパは最高だ。ってヱスビーのは試してないけど。 

 ←10月10日23時00分現在、週間INが210で1位~。happy02

2016年10月 9日 (日)

裁判傍聴で婚活!

 メルマガ第1707号「執行猶予中、アルコールが出たら刑務所だ」の編集後記で唐突に書いたことなんだが…。

P1050597 裁判傍聴婚活、あってもいーんじゃないか!
 もちろん、傍聴人といってもいろいろだ。ニュースに出てた“犯罪者”を見てみたい人、事件を研究してる人、人間の哀愁を感じたい人、そもそも憲法で裁判が公開とされてるのは司法を国民に監視させるためだとかややこしいことを言いだす困った人…そりゃ俺か(笑)。
 犯罪を、また裁判(=国家の権力作用)のどこをどう見てるかで、ケンカになっちゃうかも。

 でも、それにしても、裁判傍聴を話の取っかかりにして勾留もとえ交流するってのは、イケるんじゃない?
 男子100人、女子100人が12時45分に東京地裁の1階フロアに集合。主催者が午前にメモってコピーした開廷表を全員に配布。各自傍聴したい法廷へ散る。その時点でいくつかのグループができたりもする。1グループ5人を超えるべからずと主催者から注意がある。
 そして16時30分、再び1階フロアに集合、徒歩で虎ノ門の居酒屋へ。

 おっと、200人も入れる居酒屋、虎ノ門辺りにあるかな。そう考えると、東京地裁はすごいね。学生、生徒、傍聴女子(ぼうじょ)等々のグループにカップル、あと男一匹、女一匹傍聴人諸氏が普通にたーくさんいるところへ230人規模の団体がどかっと来たりするんだから。

 ただ、裁判傍聴婚活は、事件の当事者、その家族、関係者からすれば、ふざけんな! だと思う。だからこれダメです。pout
 てか現在すでに、自分の裁判の法廷へわらわら集まる男女を見て「なんですか、あの人たち」と被告人やその家族が弁護人に言う、そんなシーンはときどき見かける…。

 ところで画像上は池袋駅付近の街角風景。路面のペイントからして交差点内の駐車かなと思える。交差点内駐車で警察官は違反キップを作成してるのか。あるいは…。
 この軽トラは「場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店」(道路交通法第77条第1項第3号)に当たるだろうから、警察官は警告をし、もうしないという趣旨の誓約書を取っているのか。
 警告を3回くらいやると、次は逮捕だ。警察官が複数来て、犯行現場の写真を撮ったり、目印となる構造物からの距離を測ったりする。
 画像下は、新宿で漫画雑誌等の屋台に対してそれをやってるとこ。

P1000625 逮捕され最初の刑罰は罰金3万円、2回目から5万円だっけ。2回ほど罰金刑を受けると、次は懲役刑の執行猶予、その次は執行猶予なしの懲役刑。そうやって、警告から順番に刑務所への階段をのぼっていく。
 漫画雑誌等の屋台はどうだったか忘れたが、ラーメンの屋台なんかは、1日1万何千円かで貸す者がいるんだそうだ。借りて頑張って働き、細々稼ぐ者は、必ず上記階段をのぼることになる。
 のぼりつめて、またはのぼり詰める前に、辞める者が出る。そうすると屋台の貸し主は、東京へ仕事を探しに来てしかし見つからず途方にくれてるようなオッサンを上手にスカウトし、また階段をのぼらせるのだ。
 軽トラに産地直送と称するフルーツとか積み繁華街で売る仕事も、同様なのかどうか、俺は知らない。

    

 以上3点は「大型家電」のジャンルでベストセラー商品なんだそうだ。

 ←10月9日15時50分現在、週間INが200で1位~。happy02

2016年10月 8日 (土)

豊洲盛り土問題のシニフィエ

 豊洲市場の盛り土問題、シンプルな話だと俺は思う。以下、意見にわたる部分は私見である。 ←そこ警察の論文をマネてみました~。bleah

Photo 巨額の税金を使える話に、自民党は飛びつく。巨額の税金を主に土建業界へ与え、献金と集票を得て当選し続ける、与党であり続ける、それが自民党の目的であり存在そのものなのだ。官僚は逆らわない。自民党に好きにやらせておけば政(まつりごと)は官僚の自由であり続けるから。税金が流れる業界に天下りポストも確保し続けられるし。素晴らしいウインウイン(win win)の関係だ。

 何十年か前に環境アセスメントとかいう考え方が出てきた。
 これを自民党と官僚は、「環境面でセーフなら事業を進める。セーフでないなら断念する。そのためのチェック」ではなく、「環境面でセーフと国民に言い張るための装置」に仕立てた。
 つまり、築地市場の移転を名目に豊洲で巨大土木事業をやる(=巨額の税金を注ぎ込む)、そこが本論であって、専門家会議の意見なんてのは「専門家がセーフと結論しました」という形をつくるだけでいいんである。それ以外の意味を、誰も専門家会議に求めてないんである。くり返すが豊洲移転はもう決まりなんであって、「安全じゃないからダメ」なんて言いだす野郎は会議に呼ばれないんである。
 「盛り土がない」なんて、どうでもいい、ちっぽけなこと。だから、不思議な形で盛り土がなくなったりもする、シンプルな構造だと思う。

Photo_2 ソシュール氏の記号論を、シニフィアンは外見、タテマエであり、シニフィエは本質、本音であると、勝手に飛躍的解釈をすれば…。
 豊洲移転における専門家会議のシニフィアンは「事業の安全性のチェック」で、シニフィエは「安全として事業を進めるための装置」だ。うむ。 ←なんちゅう記号論やねん。coldsweats02

 刑事裁判の、各犯罪の、また被告人とされた“人間”の、シニフィエを垣間見ようとするのが、俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代 」である。うまく宣伝、できたかなぁ、不安…。
 とにかく10月は以下の3号を発行した。

第1781号 触ったり臭いを嗅いだりして自慰行為
 強姦未遂等の服役前科もある常習下着泥棒。その被害女性の“選び方”と、忍者のようなスパイダーマンのようなおどろくべき手口。  編集後記は、60歳以上の女性の年齢層別人口の推移と、万引き検挙人員の推移との関係について。

第1780号 不正送金ウイルス、少年のフルネームが!
 札幌の15歳少年から頼まれ、不正送金ウイルスの動作確認をした音大非常勤職員26歳。報道では少年は当然匿名だったが…。  プラス唖然、呆然の悪らつ結婚詐欺師、求刑は懲役7年。その判決は…。
 
第1779号 万引きでダブルの執行猶予中にまた万引き
 万引きで執行猶予中に万引きをした女性。普通はさくっと実刑だが、万引きは病気だからと保護観察付き執行猶予に。その猶予中にまた万引き。  万引きも他の刑法犯も昔と比べて3割ちょい減っている。ところが女性の万引きの年齢別検挙人員を見ると顕著な偏りが!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると以上3号がどどっと送信される。そして10月末までにあと14号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から108円が課金される。サンプル号はこちらです~。

※ 画像は、1999年10月26日発生、桶川ストーカー事件の現場。読者氏の撮影による。合掌。

    

 ←10月8日21時20分現在、週間INが190で1位~。happy02

2016年10月 4日 (火)

刑務所へ入る覚悟で来たんだろうけど

 ブログのほう、ご無沙汰してしまった。重要と思える単行本(共著)の俺の担当部分、その締切りが9月末と言われてて。
 なんとか10月4日の夕方にほぼ完成原稿を送信できた。俺って偉いでしょ、ふふ。 ←こらっ。

 メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、9月は以下の18号を発行し終えた。

第1778号 刑務所へ入る覚悟で来たんだろうけど
 万引きで執行猶予中の万引き。初めてクレプトマニアと診断され万全の治療態勢を整えても「やったことの責任は取ってもらう」と実刑にするのが当たり前なのに、そんな事情は一切ない本件が、なんと再度の執行猶予! いったいなぜ!

第1777号 赤信号で突っ込み、右折車に衝突したら
 右折四輪と直進二輪、双方とも赤信号無視。直進二輪は重傷。これどっちの過失が大きいと思う? 判決は交通社会の常識的ルールに反して…。  プラス、服役してもしても出所すればまた同じ手口の詐欺をくり返す男…。  編集後記は「殺人」被害者の年齢別・性別認知件数。どんなシチュエーションの殺人が多いのか見えてくる。

 以下の2号は9月29日にお知らせした

第1776号 未成年者誘拐、破滅へと向かう少女の恋
第1775号 猶予期間の満了狙いを阻み、直ちに判決

 以下の4号は9月25日にお知らせした

第1774号 だまされたふり作戦、未遂と既遂と共謀と
第1773号 極悪結婚詐欺師、女性に喜んでもらいたく
第1772号 痴漢モンスターは広汎性発達障害だった…
第1771号 “リアル湾岸ミッドナイト”の判決2件

 以下の2号は9月18日にお知らせした

第1770号 陰惨な猫殺し、ルールを報せないゲーム
第1769号 覚せい剤裁判を誰より知る伝説の男とは

 以下の3号は9月16日にお知らせした

第1768号 忍者の如き下着ドロ、マンション10階から…
第1767号 妄想者の集うサイトが4人殺害を生んだ?
第1766号 強姦未遂等、600万円支払って示談したが

 以下の5号は9月10日にお知らせした

第1765号 わいせつ目的を自白させようと必死に攻め
第1764号 かっ飛ばしても事故らない、根拠なき過信
第1763号 みかじめ料、俺のケジメで300万にしてやる
第1762号 罰金は不服と正式裁判を請求して禁錮刑!
第1761号 いじめ自殺、自分の中ではじゃれあいでした

Mag2year2015_0001035825_300x100

 以上18号はすでにバックナンバーとなり、購読料108円が必要となる。1号108円じゃない。1カ月分、18号全部で108円だ。この内容でこの価格のメルマガは他に絶対ないはず。「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」の何かに抵触してパクられるかも。公正取引委員会とかに密告するのはヤメてね~(笑)。

160929 第1778号に関連して、クレプトマニア、万引き病者が控訴審で逆転執行猶予となったケースを、数えたら俺は5件傍聴してた。それをレポートしたメルマガの号は、1件目は第1133号、第1134号。2件目は第1157号、第1165号。3件目は第1296号(これは一審弁護人の無能ゆえに助かったというレアなケース)。4件目は第1377号。5件目は第1542号、第1690号、だったと思う。
 あと、万引きで執行猶予5年の判決を受け、その猶予中にまた万引きしたからもう実刑かと思いきや、なんと保護観察付き執行猶予5年。その猶予中にまた万引きというレアな事件は第…あれっ、まだレポートしてないみたい! 次号はそれにします~。

 画像は久しぶりに“仕事しながら独り酒盛り”の酒肴。厚揚げ焼きと、大きく重い茄子2本を焼いたのと、おろし生姜と刻み大葉、とスーパーで半額だった鯖を焼いたの。酒は“サルノコシカケ焼酎”1合半弱をレモン炭酸割りで。俺はこの酒盛りが楽しみでねぇ。beer

※ 追記: 俺が傍聴したクレプトマニアの逆転執行猶予は、5件じゃなく6件だった。第1180号「病気の女性は許す、刑事司法が方針変更?」もそうだった。超絶マニアックデータ(4.24MB)の備考欄にミスがあり発見できなかったのだ。先ほど偶然発見した。申し訳ない。

    

 以上3点はシューズ&バッグ部門でベストセラーだそうだ。
 諸君、革靴はお手入れが大切だよ。手入れがよければ何年でも履ける。そのためには靴底を、とくにかかと部分を片減りさせないことも大事。俺なんかいつも真っ直ぐに平らに、靴底が減らないように歩いてる。おっ、ここの舗装は靴底が減りそう、こっちを歩こう、とか。んなことやってるから180cmほど上のほうの毛が減るんだ? ほっとけ! ←いま身長についてウソついちゃいました。しぇ~。sad

 ←10月4日19時50分現在、週間INが160で2位~。happy02

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »