フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の12件の記事

2016年12月31日 (土)

俳優、苅羽悠さんの重過失致死

 以下は12月31日付けサンケイスポーツ。

「ラストコップ」出演俳優の苅羽悠、自転車で死亡事故
 日本テレビ系「THE LAST COP/ラストコップ」などに出演していた俳優、苅羽悠(かりわ・ゆう、32)が30日午前5時10分ごろ、東京都港区六本木の陸橋上の歩道をマウンテンバイクで走行中、反対方向から歩いていた男性(41)と衝突して死亡させたことが分かった。
 警視庁麻布署は、重過失致死容疑を視野に苅羽から事情を聴いている。同署によると、男性は衝突した際、後頭部を強打し、搬送先の病院で死亡が確認された。苅羽は「歩道に気を取られていて目を上げたら歩行者がいた」と話している。

 「重過失致死」「重過失傷害」の裁判を俺は30数件、狙って傍聴してきた。
 犬の咬み付きとか、パレット式駐車場の操作ミスとか、路側に駐車した車の運転席ドアを開けたら自転車が…等々も一部あるが、ほとんどは自転車による交通事故だ。
Photo 2009年だっけ、警察庁が自転車の交通違反の取締りをがんがんやらせるようになった頃、東京地検が警察庁と協議したんだろう、急に、自転車事故をときどき起訴(公判請求)するようになったのだ。それ以前はほぼ皆無と言ってよかった。

 その自転車事故のすべてに共通するのは、前をよくみてなかった、ということ。
 前をよく見てない、これは車の事故でも基本中の基本だ。無免許や飲酒運転、窃盗や詐欺や殺人も、突き詰めれば「前をよく見てない」に行き当たるのかも。

 自転車の死亡事故または重傷事故はすべて、被害者が倒れて路面で頭を強打したことで起こっている。
 だから、ごくごく一般的な事故がまた起こり、たまたまその加害者が俳優だった、俯瞰すればそういう位置づけになる。同じことがいつまでも起こり続ける、残念無念だ。

 罰金刑(略式)で済まなければ東京地裁の法廷へ出てくる。狙って傍聴しよう。被告人(または同居の親族)が個人責任賠償保険に加入してたかどうか、そこが、さらなる天国と地獄の境目になる…。

 画像はマニア氏の撮影による。松江地裁だっけ?

 さてメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の17号を発行し終えた。 

第1829号 特殊詐欺の末端は、捕まるまでの使い捨て
 被告人は背が高く手足の長い黒人男性。仲間(氏名不詳者ら)と共謀してクレカ詐欺をやり、捕まって刑務所へ。出てまた仲間に誘われ、また被告人だけが捕まり…。在留資格は完全になくなる。傍聴席で、かっちりしたキャリアウーマン風の日本人女性(たぶん妻)が暗く見守り…。

第1828号 誰も主張しなかった観点から原判決破棄!
 覚せい剤の常習累犯者。原判決破棄。なぜ? 最高裁の主席調査官もやったエリート裁判長が述べるには、原判決は要するに、行為責任主義を外れて一般情状を重くみすぎたんだという。再犯を生む行為責任主義がこんな形で現れるのを俺は初めて傍聴したよっ。

第1827号 クレプトマニアの娘さんに再度の執行猶予!
 万引きで執行猶予中にまた万引きをやった若い女性。病気なのだと両親もはっきり認識し、入院させ、治療は効果を上げてるそうだが、んなこと関係ない、実刑に決まってる。と傍聴してみたらなんと再度の執行猶予! その理由は…。

 以下の2号は12月27日にお知らせした

第1826号 結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ
第1825号 母娘が共謀して「省庁」の職員にストーカー

 以下の3号は12月25日にお知らせした

第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!
第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が
第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?

 以下の3号は12月20日にお知らせした

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 12月中に講読登録をすると、以上17号がどどっと送信されることになるはず。初月無料なので、17号全部無料だ。
 1月のスタートは5日(木)から。いつもだいたい1~2日遅れての発行になるんだが、さすがに5日(木)は当日中に発行できると思う。6日(金)は、あのとんでもない事件の被告人質問を傍聴し、そのあと警視庁へ寄ってから銀座へ飲みに行こうかなと。
 あそうそう、警視庁の方へ業務連絡。アレの開示請求で12月中にうかがうと言ってたんですが、なんと痛風発作に襲われまして。明日は行けるかな、午後には出かけられるかなと思いつつ、結局…。なので6日(金)にうかがおうと思います。2017年もよろしくね~。今井は来んなっ? うっそ、仲良くしてよぅ。crying

    

 ついに出ました、決定版が!
 マスコミ的には「筋弛緩剤点滴殺人事件」とか呼ばれる、「北陵クリニック事件」。入院患者の死亡等は病変であり、筋弛緩剤のせいではあり得ないと医学的にも明らかなのに、特殊な病院だったせいもあるのか、警察とマスコミが殺人事件に仕立てて裁判所がのった、その意味でまさに事件!
 当時のマスコミ報道をご記憶の方は「いっくらなんでもそりゃないだろ、冤罪病だろ」と笑うかも。しかし中身を知れば、びっくり仰天、腰を抜かすはず。
 無期懲役が確定した守大助さんは、いまも無実の牢獄から無罪を叫んでる…。 

 ←12月31日12時00分現在、週間INが170で1位~。happy01

2016年12月27日 (火)

賭け麻雀は図書券で?

 以下は12月23日付け西日本新聞の一部。太字は俺。

賭けマージャンの飯塚市長が議会で陳謝 辞任否定、市民「恥ずかしい」
 平日昼間に賭けマージャンをしていた福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長と田中秀哲(ひであき)副市長は、22日にあった市議会定例会最終本会議で「市政に対する信頼を大きく損なわせた」と謝罪を繰り返した。一方で、記者会見では辞任を否定。斉藤市長が「金を賭けずにマージャンをする人がどれくらいいるのか」と報道陣に問い返す場面もあった。
 市議会本会議は冒頭、予定を変更して2人の釈明が行われた。斉藤市長は「軽率な行動で市議会や市民の皆さまにご迷惑とご心配をおかけした」と陳謝。田中副市長は「メンバーは6、7人でゲーム感覚だった。1年通してみれば収支はトントンだった」などと説明した。

 金を賭けずに麻雀をする者がどれくらいいるのか。それはその通りだと思う。パチンコ・パチスロがギャンブル(賭博)じゃないと思う者がどれくらいいるのか、と同様に(笑)。
 念のため以下は刑法。

(賭博)
第百八十五条
   賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条
   常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
   賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

080918_12100002 「一時の娯楽に供する物」は物(ブツ)だから、厳密には1円賭けてもダメってことになる。でも1円じゃあ、そんなもの警察は検挙しないだろう。
 ただし、国家が嫌がるたとえば反戦団体とかだったら、1円でも逮捕し、目一杯勾留し、家宅捜索に入って名簿等々をごっそり押収するかも。もちろんそんなの検察は不起訴とする。けれど反戦団体にダメージを与えることはできる。治安のための法律利用として、『月刊治安と秩序』(立花書房)2017年1月号に載ってた。 ←そんなタイトルの雑誌はありませからぁ~、残念っ(笑)。

 思い出されるのは2000年のあの事件だ。新潟で9年以上監禁されていた少女が発見されたとき、同県警本部長と関東管区警察局長らが温泉ホテルで麻雀をやってた件では、図書券を賭けたんだという。発表的には、500円の図書券を20枚、本部長が私費で購入し、満貫(まんがん)以上で上がった者が図書券をゲットする形だったとか。飯塚市長が警察庁に相談すれば、図書券ならOKと言ってくれたろうに。
 ちなみに俺はもうパチンコ・パチスロは30年ほど、麻雀も20年くらいやってない。そんな暇ないのだっ。

※ たまには究極の居酒屋「昭和」以外の画像をと。これは厚生労働省の食堂の定食、480円。ご飯は五穀米だ。旨かったな~。
 なんとこれ2008年の画像。当時は、さて今日の昼食は農林水産省、厚生労働省、総務省、どこへ行こうかと楽しみだった。ところがやがてどこも一般国民を閉め出した。安くて旨い定食の官僚独占! ほぼ時期を同じくして、昔ながらの個性ある食堂や売店の多くを撤退させ、全国展開の均質な店をどんどん入れた。つまらんことをするもんだ。

 んなわけでメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の14号を発行した。 

第1826号 結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ
 アメリカの塗装工ら4人が短期滞在で来日し、渋谷のセンター街あたりでスプレー缶で落書きしまくった事件。  プラス、指にタトゥーのある21歳が、自分のセルシオを無免許の19歳に運転させ、危険ドラッグによるカタレプシーで126キロを超える速度で対向車線へ。結婚間近の25歳消防士を死亡させ…。

第1825号 母娘が共謀して「省庁」の職員にストーカー
 「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」の被告人は同姓の女性2人。非常に珍しい。法廷は20席。傍聴するための俺の苦労談(笑)。関係者と思しき女性は、ぎっしり満席の傍聴席を前に立ち尽くし…。

 以下の3号は12月25日にお知らせした

第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!
第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が
第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?

 以下の3号は12月20日にお知らせした

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま講読登録すると、以上14号がどどっと送信される。そして29日(木)まであと3号が順次送信される。そこまで無料。
 来年は1月5日(木)スタートとなる。バレエ講師の指を切断した事件のようやく被告人質問とか、また出てきた散弾銃の実包管理の否認事件とか、一部の傍聴マニア氏しか知らない前代未聞の想像を絶する鬼畜強姦魔の事件とか、俺の手帳はかなり埋まってる。来年も大変だっ。sad

    

 大災害のとき、準備してなくて悔やむのは、やっぱりトイレ関係だろう。俺もとうとう、えいやっと、上掲左のと真ん中のを買ったょ。なぜか送料無料だった。ミヤリサンU錠の4個セットを買ったときも送料無料だった。何か変わったのか?
 次に買うべきは、右のやつかな。防災マニア氏によるとこれ、かなりお勧めなんだという。1年ほど前に分けてもらった1袋は、賞味期限が2021年12月。それまでには、来るか首都圏大震災。オリンピックに重ることもあり得る。東京ともんじゅと、どっちかで大地震が起こるとすればどっちがいい? という究極の選択。嗚呼そんなこと言ってる暇はないのだっ。

 ←12月27日16時30分現在、週間INが190で1位~。happy01

2016年12月25日 (日)

糸魚川大火、ラーメン店主の刑事処分は

 以下は12月23日付け毎日新聞の一部。

<糸魚川火災>「コンロに鍋かけたまま自宅に」と火元男性
 新潟県糸魚川市の大規模火災で、県警は23日、同市大町1のラーメン店が火元と断定したと発表した。男性店主(72)が鍋を空だきしたことが原因とみられる。
 県警糸魚川署によると、店主は任意の事情聴取に「開店前、火をつけたコンロに鍋をかけたまま失念して近くの自宅に帰った。戻ってきたら炎が換気扇の高さまで上がっていた。大変なことをして申し訳ない」と憔悴(しょうすい)しきった様子で話したという。店主は水をかけて消そうとしたが、炎の勢いは止まらず、隣の精肉店に通報を求めた

 そうだとすると、ラーメン店主は刑法第117条の2で処罰される可能性がある。

(失火)
第百十六条   失火により、第百八条に規定する物又は他人の所有に係る第百九条に規定する物を焼損した者は、五十万円以下の罰金に処する。
   失火により、第百九条に規定する物であって自己の所有に係るもの又は第百十条に規定する物を焼損し、よって公共の危険を生じさせた者も、前項と同様とする。 。

(業務上失火等)
第百十七条の二
   第百十六条又は前条第一項の行為が業務上必要な注意を怠ったことによるとき、又は重大な過失によるときは、三年以下の禁錮又は百五十万円以下の罰金に処する。

Kc3n0045 超絶マニアックデータ(事件数で現在約6960件)を見ると、事件名に「失火」とある事件を俺は5件傍聴してる。
 2件は「業務上失火」、3件は「重過失失火」。「重過失失火」のうち2件は「重過失致死」を伴ってる。

 「業務上失火」の1件は、民家兼倉庫でアーク溶接中、ウレタンを巻いた柱に火花が移り8棟全半焼というもの。判決は罰金50万円だった。
 もう1件は、民事責任について今年7月に「首都高タンクローリー火災で32億円の賠償命令」と報じられた事件の、運転者の刑事裁判だ。判決を俺は傍聴してない。

 俺が裁判傍聴マニアになって14年。「失火」はたった5件。略式による罰金処理が相当数あるのか。
 2015年の検察統計年報によれば、全国の既済の人員はこうだ。

        公判請求 略式 不起訴
業務上失火   1人    5人  13人
重過失失火   9人    5人   8人

 「火をつけたコンロに鍋をかけたまま失念」という、日常に潜む、あっちゃいけないけれどありそうなミスで、あれだけの大火に。なんと言っていいのかもう。
 ブレーキとアクセルの踏み間違い事故と、似てるところがあるかも。踏み間違い事故については、現在発売中の『ドライバー』に驚きのデータを載せた。テレビでやったら視聴者は震撼するかも。

 画像は本文と関係ないです。 

 さてメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の12号を発行した。 

第1824号 それは裁判官の人には分からないですよ!
 両親を知らず四国の施設で育ち、中学を卒業して6年ほど工場勤務。それから北陸で結婚したがうまくいかず、盗みをくり返して離婚。あてもなく上京。ホームレスとなって万引きをくり返した40代女性の「常習累犯窃盗」。負けず嫌いな性格がちらちら見えて…。

第1823号 あなたを心から本当に大切にしてくれる人が
 出会い系アプリ経由で女性を自宅へ招き、マニュアルに固執して「強姦」。前科なしで懲役3年6月、未決50日算入。自閉症スペクトラムを思わせる被告人は、親から虐げられ学校へ行けず、職場ではイジメられていたんだという。室橋雅仁裁判長の説諭が!

第1822号 完全でっち上げがバレたのに推定無罪?
 被告人に恨みを持つ者が原付バイクのメットインに大麻を仕込み、警察官が令状請求の疎明資料(参考人調書)をでっち上げた事件。なぜバレたのか。大麻を仕込んだ男が良心の痛みに耐えかね自首したのだった。しかし検察官は公訴を取り下げず、判決…。

 以下の3号は12月20日にお知らせした

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま講読登録すると、以上12号がどどっと送信される。そして29日(木)まであと5号が順次送信される。そこまで無料。年末年始の気分転換にお勧めです~。heart02
 年末の東京地裁は、26日(月)と27日(火)はかなり開廷があるみたい。28日(木)はがくんと少ないかも。俺は27日(火)が傍聴納めかな。

    

 『ぷち本当にあった愉快な話 タクシー告発! 交通警察のやり口』は、かなり面白いらしい。ピルカッター、そんなものがあるとは。しかもいろんな種類がある。どうなってんだ。パナソニックの「ほっとクリーンフード」は優れものらしい。でも高いっす。

 ←12月25日12時30分現在、週間INが210で1位~。happy01

2016年12月22日 (木)

クレプトマニアの万引き、再度の執行猶予!

 メルマガ発行であっぷあっぷのところに、雑誌の連載原稿は年内にと言われ、眠くてもう大変。なんだけど、この判決は行かざるを得ないっ!
 被告人は若い女性で、摂食障害のクレプトマニア(万引き病)、執行猶予中の万引きだ。弁護人は、このタイプの事件を熱心に真剣によくやってる弁護士。いったいどうなるのか。

 万引きの原因が分かって治療を開始し効果が出てきたケースでも、量刑相場の階段を上らせて刑務所に突き落とし、治療を台無しにする、病気を悪化させる、それが日本の司法の当たり前の、てか普通の日常だ。
 このこと知ってるのは、しょぼい「窃盗」をよく傍聴してるマニア諸氏だけでしょ。テレビも新聞もネットメディアもそんなこと──俺が知る限り──言わないもの。俺はメルマガでレポートし続けてきた。

 だから今日、またも無惨に刑務所へ突き落とすところを見届けてやる、というつもりで行ったわけ、東京簡裁、9時45分からの「窃盗」の判決を傍聴に。
 そしたら、がーん、再度の執行猶予だった! 良かったねぇ!

161209 それで帰ればいいのに、“傍聴病”の俺は結局、15時スタートの「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」まで傍聴しちゃった。被告人が同姓の女性2人、非常に珍しいので。 ←バカですかっ。

 ただ、言い訳させてもらうなら、そのストーカーが終わってたまたま偶然、別の法廷で、男性被告人の執行猶予中の「窃盗」が再度の執行猶予になるのをちらっと目撃した。
 再度の執行猶予を1日に2度も、こんなこと滅多にあるもんじゃない。

 あそうそう、21日(水)の傍聴マニアのプチ忘年会。参加8人、濃ゅい話で盛り上がりました~。
 新年会は銀座の晩杯屋にしようかと。それまでに単行本を1冊仕上げてしまおう、という野望もあり…。

 画像は、或日の「昭和」(究極の居酒屋)。黒ホッピーの中、外、料理3品、合計550円だ。俺のメルマガは週4号発行で月額108円。550円だと5カ月読めてお釣りがくる。なんかものすごい話やね(笑)。

    

 「へそきゅう」、なんか知らないけど良いネーミングだと思う。

 ←12月22日22時10分現在、週間INが200で1位~。happy01

2016年12月20日 (火)

ASKAさんもあの「「パウチ容器」を?

 ASKAさんが不起訴とされ釈放されたという。
 警察官らに背を向けての任意採尿、その際、採尿容器にお茶を煎れた、もとえ入れた、とASKAさんは言ってるそうな。

 片手に採尿容器、もう一方の手にはお茶のペットボトル、またはお茶を入れた湯飲み茶碗を持って?
 そんな任意採尿を警察官がさせるはずがない。
 ペットボトルとか持ってないはずなのに、なぜ「お茶を入れた」と言えたのか。

 ここで思い出されるのが、あの事件、すなわち、元オリンピック体操選手でタレントとしても活躍した女性の「覚せい剤取締法違反」だ。
 彼女と、同居の男性は、尿検査に備えて、尿と同じ色の液体を入れたパウチ容器、を貼りつけたストッキングを着用していたんだという。シャブを使用してないことの証明になるので、自作して着用してたんだそうだ。
 同居の男性のほうが長々説明するのを俺は傍聴した。なんだそれ。意味分かんねーよっ。当時の俺はそう思ったもんだが…。

 いやASKAさんの場合がどうだったのか知らないが、あのパウチ容器にはそれなりの意味があったのか。

 とか言いつつメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、12月は以下の9号をすでに発行した。

第1821号 LSM-300の導入を前に検察が方針を変更!
 第1820号の続き。バレエスタジオの経営者を証人尋問。報道されない事件の経緯、被害の深さ。弁護人は被告人をどんな人物として描こうとしているのか、見えた気がした。  編集後記は、レーザー式の新型オービスLSM-300の全盛に備え、オービス否認はすべて地検が扱うことにしたらしいという話。

第1820号 バレエ教室で指切断事件、被害者尋問!
 第1799号「たがねと金づちでバレエ講師の指を切断」事件の第2回公判。ビデオリンクで被害女性を証人尋問。バレエとある楽器演奏に人生をかけ、幼い頃から努力を重ねてコンクールで賞もとったに…。1人でレッスンの準備をしていたスタジオへ被告人が突然侵入、内側からドアのカギを。そのへんで俺は吐き気の予感が…。

第1819号 夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり
 今日は横浜地裁。不可解な罰則の「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律違反」を横目に、民事の「慰謝料請求事件」の本人尋問をちらり傍聴。原告は妻、被告は夫の不倫相手。妻と夫の職業は、もしや…。  編集後記は佐川急便の身代わり出頭事件について。

 以下の2号は12月12日にお知らせした

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上の9号がどどっと送信される。そして月末(今月は早め)まで週4号のペースで送信される。そこまで無料。購読解除しなければ、翌月分から月額108円が課金される。無料とあんまり違わない? 確かに…。

    

 ベストセラー商品だというのを貼り付けてみました。ああっ、もう発車の時刻です、傍聴超特急。今日は休む予定だったのに、絶対どうしてもなクレプトマニア(万引き病)の期日があると分かったのだ~!

 ←12月20日8時10分現在、週間INが210で1位~。happy01

2016年12月17日 (土)

佐川が可哀想な気もするのだ

 この事件、メルマガ第1819号「夫のゴルフの鞄からコンドームがぽろり」の編集後記で書いたとおり、俺は佐川の人たちが可哀想な気もするのだ。
 以下は12月13日付け東京新聞の一部。

佐川急便社員ら6人再逮捕 身代わり出頭事件
 佐川急便東京営業所(江東区)の社員らによる駐車違反の身代わり出頭事件で、警視庁交通捜査課は13日、犯人隠避と同教唆容疑で、東京営業所係長の■■■■容疑者(35)=■■区=や同●●●●容疑者(41)=●●市●●区=ら計6人を再逮捕した。
 交通捜査課によると、身代わり出頭事件で13日までに、犯人隠避や同教唆容疑で逮捕や書類送検された佐川急便社員らは計34人となった。14日も別の運転手ら6人を書類送検する。

161217_1 2006年6月1日、駐禁取締りの民間委託とあわせて放置違反金制度がスタートした。黄色い駐禁ステッカーを貼られたうち、だいたい8割くらいが放置違反金で決着している。
 放置違反金は、車の持ち主へ納付書が送付される。誰が払ってもいい。違反者が誰であろうが関係ない。

 放置違反金は、罰金反則金のように国庫へ行かず、取締りを行った都道府県の収入になる。ダイレクトに稼げる。行財政改革により大幅な補助金カットの代わりに地方に与えられた収益事業なのである。財政難のおり、天恵だ! と報じられたこともある。
 したがって当然、都道府県は予算を立てて取り締まる。2015年度の東京都の放置違反金予算額は58億8978万3000円だ。

 だから、べつに危険も迷惑もない短時間の駐車でも取り締まる(=金を稼ぐ)んである。配達の車両とか、少し多めにみないと社会がまわらなくなる駐車も、見境なく取り締まる(金稼ぎの対象にする)んである。
 駐車監視員を恨んでも仕方ない。こういう制度なのである。駐車監視員からこんな話を聞いたことがある。

駐車監視員 「彼ら(宅配)は仕事でやってるわけだし、べつに迷惑になってない駐車なら、我々だって無闇に取りたくないわけですよ。しかし見逃しはできない。我々は恨まれてますからね、見逃せば『あいつら業者から金もらってんじゃねえか』とか警察に電話が入りかねない。たまに警察が私服で我々を尾行してますし」

 それでだ、あるトラックが何度も何度も放置違反金の納付命令を受けることになると、そのトラックが20日間とか30日間とか「使用禁止命令」を食らう。その命令を受けたことは前歴となり、次からの基準が厳しくなる。
 これは会社側としては困る。

 使用制限命令を心配しないためには、放置違反金で終わらせるんじゃなく、佐川男子(又は女子。以下同)が警察へあえて出頭すればいい。
 そうすると、佐川男子は違反切符を切られ、反則金の納付書を交付される。これも、誰が払ってもいい。とにかく反則金が納付されれば、駐車違反の処理は終了する。

161217 ここで大事な注意をしとかねば。「とくに迷惑のない短時間駐車でなぜ取り締まるんだ!」とか争って不起訴になっちゃダメですょ。
 なぜなら、違反者が不起訴になると、トラックの持ち主である会社へ放置違反金の納付命令がいくから。
 そんなバカな? 俺がバカなんじゃない。こういう制度なのだ。不起訴でも放置違反金の徴収はOKという判例もとっくにある。

 駐車の迷惑性とか正義とか、その方面はタテマエまたは幻想。とにかく「カネ取ったるどぉ~!」という制度なんであるこれは。

 違反切符を切られると、違反者(佐川男子)に違反点数が登録される。不起訴でも登録される。点数が累積すると、運転免許が停止になってしまう。
 これは佐川男子側としては、いや会社側としても困る。

 使用制限命令も受けず、佐川男子が点数登録されることもないためには?
 そう、ペーパードライバーとかを身代わり出頭させればいいんである。
 会社は困らない。佐川男子も困らない。ペーパードライバーは、少し謝礼をもらえばラッキー。

 取締りそのものを逃れるため“2人乗車”とかすれば経費がかさみ、宅配料が値上げになるかも。その意味では消費者も恩恵を受ける(※)
 都道府県は放置違反金の収入がそのぶん減るけれど、減収続きの反則金収入が増えるんで、ま、大きくはプラマイゼロだ。
 てゆっか、違反点数が登録されることで、詳細は省略するがいろいろ潤う者が国家の側にいる。

 近江商人は売り手よし・買い手よし・世間よしという「三方よし」の精神だという。今回の佐川がやったことは、その意味では、三方どころか四方も五方もヨシなのである。
 ところが! 法律的には犯人隠避、犯人隠避教唆の罪になる。
 なんとバカバカしい事件、と俺はとらえてる。この裁判、絶対傍聴しようっ。

 駐禁取締り対策で集配の効率が悪くなった業者、との関係で佐川はズルイ、という見方もあると思う。そこを検察官は突くか、突くことを予想して弁護人が何か準備しているか、そこがこの裁判の見所の1つかな。

 画像は新型パーメ! 某氏のスクープ撮だ。俺もあとで撮りに行こう。happy01

    

 今年も俺は左の手帳を買った、新宿の紀伊國屋書店で。ネットじゃロープライス758円だと? ちっきしょ~。
 『反差別と暴力の正体』は、ヘイトスピーチがどうとか方面の本で、取材が深くて衝撃の内容らしい。読もうかな。

 ←12月17日18時30分現在、週間INが240で1位~。happy01

2016年12月15日 (木)

東京地検がオービス否認事件について方針変更!

 14日(水)、メルマガ第1799号「たがねと金づちでバレエ講師の指を切断」の第2回公判を東京地裁で傍聴。被害女性とバレエスタジオの経営者を尋問。犯行の恐ろしさに、吐きそうになるかと思った。
 裁判員裁判が扱う事件はこんなもんじゃない(場合がある)わけで、俺みたいに気が弱い方は裁判員選任手続きの呼出しが来ても知らん顔するほうがいいかもとつくづく感じた。ちなみに知らん顔して罰則が適用されたケースはまだないようだ。

Img_0993_2 それが16時16分に終わり、記者氏と少し話し、俺は東京地裁の別の法廷へ。15時30分から「道路交通法違反」の審理が始まってるのだ。
 東京地裁で道交法の審理は珍しい。先日傍聴したのは、なんとオービスによる69キロ超過の否認だった!
 東京23区内でのオービス事件については、超過80キロ以上の体刑事案は東京地裁(本庁)、超過80キロ未満の罰金事案は東京簡裁と、長年にわたりはっきり棲み分けができてた。だからチョー珍しい事件であり、俺は大興奮で、メルマガ第1791号「探し求めて何千里、幻の秘宝事件を発見!」でレポートした。
 さて今回の審理は何だろう。まさかまた罰金事案のオービス否認ってこたぁないよね(笑)。

 ドアを開けた途端、俺は「しぇーっ!」となった。証言台のところに東京航空計器のカギヤマ証人の後ろ姿が!
 テープスイッチがどうとか言ってる。定期点検の話だね。てぇことは否認なのだ!
 問題は超過速度である。マニア氏から聞いたところによれば、超過47キロ57キロ)らしい。ええ~っ、またかょっ!

 どうやら東京地検は、長年続けた棲み分けを廃止したらしい。たった2件でそんなことが言えるのか? 言えますともさ、Days of dance with Orbis を重ねてきた俺には。大きな地殻変動が、そうか、こんなところをも揺らしたのかと。詳しいことはメルマガ次号か次々号で書こう。

 画像は今年11月27日付け北日本新聞の一部。直ちに情報が入り、某マニア氏が新聞の現物をくれたのだ。ありがたい。マニア網恢々(かいかい)疎にして漏らさずってやつだね。
 画像の記事中にある写真、オービスは、東京航空計器のLSMシリーズ、俺がメルマガで速報し、当ブログや『ラジオライフ』や『ドライバー』や、あそうそう「【スクープ】こんなもので通学路の小学生は守れない! 未来型"どこでもオービス"の警察庁による売り込み文書開示!」などで報じてきたLSM-300だ。
 早ければ今年中に、LSM-300の契約書&仕様書をゲットできる。俺はもう、うれしくてたまんない、いひひっ。happy02  

 ←12月15日12時00分現在、週間INが220で1位~。happy01

2016年12月13日 (火)

NONSTYLE、井上さんの「当て逃げ」

 以下は12月13日付けサンケイスポーツの一部。

ノンスタ井上、当て逃げでタクシー運転手全治2週間「誠意をもって対応」
 お笑いコンビ、NON STYLEの井上裕介(36)が11日午後11時45分ごろ、東京・世田谷区内で乗用車を運転中にタクシーと衝突し、運転手に全治2週間のけがを負わせたまま逃走していたことが12日、分かった。警視庁世田谷署によると、井上は「世間に知られたら大変なことになると思った」と事故後の逃走を認めた。同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)や道路交通法違反(救護義務違反)の疑いで調べている。
 警視庁世田谷署によると、井上は11日午後11時45分ごろ、東京・世田谷区若林の世田谷通りの丁字路交差点で左隣を走っていたタクシーを追い越そうとして車線を変更。その際、タクシーの右前部と井上の車の左後部が衝突。井上は通報せず、そのまま車で逃走した。
 40代のタクシー運転手は頸椎捻挫と腰椎捻挫の全治2週間のけがを負った。運転手がナンバーを覚えていたことから、同署が車両を特定。12日午前2時、世田谷区内の自宅にいた井上に任意同行を求めた。警察の調べに「前に入ろうとしてぶつかった。事故を起こしたことが世間に知られたら大変なことになると思った」と事故後に逃走したと認めたという。
   (中略)
 所属事務所によると、井上は事故当時、現場から直線距離で約4キロ離れた世田谷区内のスタジオで行われたテレビ番組の収録を終え、1人で帰宅途中だった。事務所には「タクシーに追い越しをかけようとしてぶつかったかもしれないが、信号待ちをしているときにタクシーから誰も降りてこなかったので、事故という認識がなく帰宅した」と説明したという。
   (後略)

 なんか不思議な報道だ。
 「ぶつかったかもしれない」? 12日付けの産経新聞では、衝突ではなく「接触」となってる。仮に軽い接触だったとして、「全治2週間のけが」を負うだろうか。

P1040331 事件数で7千件近くの裁判を傍聴してきたところから言えるのは…。
 タクシー運転手には衝突または接触の認識があり、110番通報したんだろう。“加害車両”が逃げたってことになれば「念のため病院へ」となる。救急車で搬送されたのかな。
 医師は、患者が言うことを疑わず、ねんざは骨折や創傷と違って客観的なものがないので、患者が痛いといえば、全治か加療期間か1週間程度の診断書は書くんだそうだ。ある事件で医師がそう証言してた。2週間の診断書も書くのか、そこは忘れた。傍聴ノートに当たらないと分からない。

 じっさいどの程度の衝突または接触(以下単に衝突という)だったのか、双方の車両の衝突痕、またタクシーのドライブレコーダーの記録から明らかになるだろう。

 で、井上さんはどうなるのか。
 衝突の責任が井上さんにあり、「全治2週間のけが」が本当だとして、それだけなら不起訴だったろう。メルマガ第1814号の編集後記で詳述したように、交通事故の起訴率は1割程度。負傷が2週間以内で治療費等は保険で出て、被害者に処罰感情がなければ、普通は不起訴なのだ。

 しかし…。以下は道路交通法第72条第1項。太字は俺。

(交通事故の場合の措置)
第七十二条  交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

 前段(措置義務違反)の罰則は、事故が井上さんの運転に起因するものである場合、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金(同法第117条第2項)。
 井上さんの運転に起因するものでない場合は、5年以下、50万円以下。
 後段(報告義務違反)の罰則は、3月以下、5万円以下。

 こっちはどうなるのか。現時点での報道をチラ見する限り、悪くて罰金だろう。罰金は普通は略式で処理する。井上さんは法廷へ出てこない。

 ところで、「事故を起こしたことが世間に知られたら大変なことになると思った」という部分。これ、井上さんが本当に言ったかどうか分からない。

警察官 「なんで逃げたんだ、あん?」
被疑者 「いや、逃げたって意識はなくて…」
警察官 「あんたも有名芸能人だ。事故が世間に知られたら大変なことになったりするんじゃないか?」
被疑者 「ま、そりゃそうかもしんないですけど、でも…」

 そうして警察官は、「私が直ちに停車して救護することをせずに現場を立ち去った理由は、事故を起こしたことが世間に知られたら大変なことになると思ったからです」とか調書に書き、署名押印させた…普通にあり得ることかと思う。
 事件数で7千件ほど裁判を傍聴してると、検察官が起訴しやすいよう、裁判官が有罪にしやすいよう、警察官たちは上手な調書をつくるんだなぁ、としみじみ感じる。
 本件がどうだったかは分からないが、事件事故の報道を見るとき、そういうことも頭の片隅におかねばと。

 しかし裁判官は調書を疑わない。無垢な子どもがお母さんを疑わないように疑わない。そのことも、多くの裁判を傍聴してれば否応なく分かる。
 だ、か、ら──だけじゃないけど──北陵クリニック事件(マスコミ的には仙台・筋弛緩剤殺人事件)の守大助さんが、無期懲役の牢獄に閉じ込められてたりするのだ。以下は守大助さんからの最新の直筆メッセージ!
 http://daisuke-support.la.coocan.jp/message_201612.htm

画像は本文とは関係ありません。

     

 昨夜、左の腕時計をあわてて買った際、ヤバイな、焦って飛びつくとろくなことがない、また何かミスっちゃったか? と不安だった。
 今朝、焦って買わなくても「ジュエリー&腕時計セール 最大70%OFF」ってのをやってたんだと気づいた。今もやってる。焦る必要はなかったのだ。
 もひとつ、俺が自分のアフィリエイトから買っても、俺にも誰にも紹介手数料(数%)が入らないことを思い出した。高橋ユキさんのブログとかで買えばよかった。しまったなぁ。

 どうせなら、真ん中のとかもっと高級なのを買えばいいのに? いや、俺はごついのは好きじゃないのだ。腕時計は軽くて薄いのに限る。だから頭髪も薄いのか? えーん、先生に言いつけてやるぅ~。crying

※追記: カシオの時計、もう届いた! 20時間経ってない…。

 ←12月13日9時50分現在、週間INが190で1位~。happy01

2016年12月12日 (月)

不倫と無罪と懲役30年

 当ブログをなかなか更新できず申し訳ない。
 ネタは一杯あるのだが、時間がなくてなくてっ。sweat01
 今日は、メルマガ前号を書き上げて発行し、仕事のメール複数本に対応し、午後から横浜地裁へ。

 あそこの法廷、えらく人が集まってるな! と見たら「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律違反」の審理だった。なんだそれ?
 傍聴券のない者は入れないという。ははぁ、傍聴させない目的の傍聴券抽選をやったんだな? 東京地裁ではよくある運用だが、横浜地裁でもやるのか、へぇ。
 某宗教団体の事件だと、ご当地のマニア氏からあとでちらっと聞いた。

 今日の目的の事件まで、まだ時間がある。民事の本人尋問をちらっと傍聴してみた。
 奥さんが夫の不倫相手を訴えた事件だった。夫のゴルフバッグから思いがけずコンドームが出てきて…うわぁ。

 目的の事件というのは「大麻取締法違反」。メルマガ第1793号「無罪確実、負けゲームに投げやりな検察官」、第1813号「検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!」でレポートした、完全でっち上げが完全にバレちゃった事件だ。

裁判官 「主文、被告人は無罪。主文は以上です」

 これほど感慨のない無罪も珍しい。すでに「大麻所持で無罪判決=警察官が調書偽造―横浜地裁」などと報じられてる。
 俺的には、この判決言渡しにはすごい違和感を覚えたス。でも、なるほど司法ってそういうことなんだ~、とも。

 それが終わって約50分後、「住居侵入、強姦致傷、強姦未遂、強姦」(裁判員裁判)の判決があった。裁判長はあの片山隆夫さん! もう帰るつもりだったんだが、うむぅ…。

裁判官 「主文、被告人を懲役30年に処する。未決勾留日数中330日をその刑に算入する」

 求刑は懲役30年とマニア氏から聞いた。ほんとは40年、50年でもいいのだが、有期懲役の上限は30年だから、ということかと思えた。
 被害女性8人のうち6人は無施錠の玄関ドアから侵入されたのだった。若い女性たちはなぜそんなにも無施錠なのか、以前から不思議だったところ、やっとはっきり、ひとつの理由が分かった…。

 メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の次号と次々号で、以上のうち2件をレポートできればと思う。
 12月はすでに以下の6号を発行した。

第1818号 女学生、時速126キロ以上で渋滞車列へ!
 第1814号とはまた別の、運転未熟な19歳女子による交通死亡事故。片側2車線、制限60キロのトンネル(アンダーパス)へ126キロ以上の速度で突っ込み! 同乗者が「危ない、ブレーキ!」と何度も言ったのに無反応だったそうな。死亡被害者の若い妻の意見陳述が…!

第1817号 犯罪史に残る事件、いずれ映画になるかも
 不正なカードを使って全国のコンビニATMから一斉に総額18億円以上を引き出したというあの事件。次々コンビニを回る際の運転、出し子の監視、現金を上位者へ渡す役割を分担した男の判決。なるほど、そんなふうにシステマチックにやったのか~。

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上6号がどどっと送信される。そして月末(12月の最終号は27日くらいだっけ)まで、週4号のペースで順次送信される。そこまで無料。
 ちなみに、俺はよくは分からないんだけど、今日登録して明日解除しても、1カ月分がぜんぶ無料で送信されるらしい。そんなバカな! ってシステム的にはたぶんそうなんだろうと思う。

    

 Amazonがなんちゃらフライデーで割り引きセールをやってるんだそうだ。今日までだっけ? だから早くブログを更新してそのことお伝えしたかったんだが、時間がなくてなくてっ。
 この際、高額商品を買おうかと見てたら、安い時計があった。ちょうど、以前千円くらいで買ったLarox(なんだそれ。笑)の電池が切れかかったようで、新しいのを買わねばと思ってたのだ。カシオの右側のそれ、見てみたら、ほんとはもっと高いのがだいぶ割引なんだという。送料なしだという。しぇーっ、ソク買った!

 ←12月12日21時20分現在、週間INが200で1位~。

2016年12月 8日 (木)

反則切符受領拒否罪なんてありませんからっ!

 以下は11月6日付け産経新聞、の一部。

交通取り締まりの警察対応「はなはだ不誠実」 大阪高裁が裁判打ち切る
 信号無視でパトカーに摘発されたのに、反則切符の受け取りを拒んだとして、道交法違反罪に問われた不動産業の男性(60)=大阪府枚方市=の控訴審判決公判が6日、大阪高裁で開かれた。福崎伸一郎裁判長は「男性が切符を受け取らなかったのは警察官の不誠実な対応が一因。そのことを棚に上げ、刑事処分としたのは男性に対して酷であり、信義に反し無効だ」として、罰金9千円とした1審枚方簡裁の略式命令を破棄、裁判を打ち切る公訴棄却を言い渡した。

Img_0984 この記事、非常に興味深いことがちりばめられてる、満天の星のごとく(笑)。
 まず、記事の他の部分に「反則切符の受け取りを拒否したため逮捕」ともあり、反則切符(いわゆる青切符)の受領拒否が罪になる=逮捕理由になる、としか読めない。
 いいえ、そんな罪はありまっしぇん!
 このことにより、重大な事実が広く全国に暴露されてしまった、すなわち、産経新聞の少なくとも校閲担当は拙著『なんでこれが交通違反なの!?』を読んでないのだ。 ←それが重大な事実か~ぃ(笑)。

 反則切符を受け取るかどうかは、運転者の勝手。
 ただし、受け取らない場合は、反則金(軽い行政罰。普通車の赤信号無視は9千円)を払って一件落着させるチャンスがなくなる。なくなって、本来の刑事手続きで処理される。

Img_0986 別の言い方をすると、運転者が受取りを拒否してないのに刑事手続きの扱いとした場合、起訴は無効(公訴棄却)とされる。
 反則切符の対象となる違反には──受領拒否とかの場合を除いて──反則金で済ますチャンスを必ず与えなければならないのである。そのように道路交通法第130条「反則者に係る刑事事件」で定められている。

 そのことも含め、メルマガ 「裁判傍聴バカ一代」の第1815号「交通違反、信義に反するからと公訴棄却!」で9つのキーワードに分けて解説、コメントした。
 上掲の産経記事は、反則切符の受領について明らかな誤りはあるし、例によって謎な部分もあるものの、非常に興味深い内容なのだ。産経さん、ありがとう。

 同メルマガは、12月は以下の4号をすでに発行した。

第1816号 孤独な69歳、親友は幸せそうに孫の話を…
 元女優さんですか! というくらい美人な69歳女性は、痩せてやつれて被告人席に。生活保護を受給し始めた頃から万引きが止まらなくなったのだった。明らかに病的と思えるのに、検察官も裁判官もそこは触れず、「今度こそ懲りた、二度としません」と涙ながらに固く誓う被告人…。嗚呼、きっとまたやる!  編集後記は、オービスに関する危ないネット情報。

第1815号 交通違反、信義に反するからと公訴棄却!
 赤信号無視、罰金9千円を大阪高裁が逆転公訴棄却に。その判決理由に全国の検察官、裁判官は腰を抜かしたろう。最高裁、警察庁は許せないだろう。交通違反マニア歴34年、裁判傍聴マニア歴14年の俺が詳細解説! ちなみに“反則切符受領拒否罪”なんてありまっしぇんから。

 以下の2号は12月4日にお知らせした

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まで(今月は26日か27日が最終)、週4号のペースで送信される。そこまで無料。これほど内容が濃くてかつ激安なメルマガは他に絶対ないと思う。普通ムリでしょ、うんうん。

※ 画像は本文と関係ない。先日新宿の地下道で見た壁面と、案内の看板。単なるイラストかと思いきや、画像上の真ん中付近の一軍が、なんか動くんだょね。珍しいからテレビが取り上げ、何億円かの広告効果を生む、そういうことかな?

    

 真ん中の本は分かりやすくて濃い。ただ、現時点で「ロープライス¥3,357」となってる。どゆこった? Amazonはときどきこういう不思議な値段がつく。
 著者の木村昇一さんは、かつて東京区検のベテラン副検事だった。その公判立会を俺はずいぶん傍聴した。現在の勤務地は不知。
 右の本に俺は、警察官が被告人となったいくつもの裁判について書いてますんで。

 ←12月8日10時50分現在、週間INが200で1位~。

2016年12月 4日 (日)

傍聴マニアのプチ忘年会

P1020381 高齢もとえ恒例、裁判傍聴マニアの大忘年会。
 今年も、俺が忙しすぎて呼びかける余裕がない。加えて俺は究極の居酒屋、北区滝野川の「昭和」に入り浸っちゃって(といっても週1程度なんだが)、なんかもう普通の居酒屋へ行くのが馬鹿らしくなっちゃった。

 そこで来年1月、新年会を、「昭和」とはまた違って激安で、なんといっても裁判所から徒歩10分ちょいの、「晩杯屋」銀座店の2階で17時から2時間程度、にしようかと考えてる。
 17時スタートなら、まだそんなには混んでなく、かつ個人個人の伝票で飲食できるんじゃないかと。俺は1回だけ、マニア氏と2人で行ったことがあり、そのときは個人伝票だった。

P1020398 あと、こないだ「昭和」へ行ったとき、12月21日(水)はわりと空くはず、とお店の素敵なお姉様から聞いた。
 なので、その日17時から2時間程度、「昭和」でプチ忘年会を呼びかけたい。
 べつに無理しなくていいです。毎週だいたい1回は俺は「昭和」へ行っており、その週は21日(水)に行くことにした、という程度ですんで(笑)。

 「昭和」は埼京線の板橋駅からも、都営三田線の西巣鴨駅からも、迷わずすたすた歩けば徒歩約7分かな。
 各自まず10枚つづり1100円のチケット(3カ月有効)を買い、飲食物1品とチケット1枚を交換する形式だ。飲食量が普通の人は、次の10枚を買うには至らないだろう。

161201 右の画像は、ある日の昭和の酒肴。さまざま根菜等の煮物、こはだ入りもずく酢、鶏もも肉焼き。煮物は毎度味がいい。もずく酢にこはだを入れるなんて、ここは天国か(笑)。肉料理には必ず野菜が複数種類つく、憎い心遣いである。これら全品チケット1枚。もう普通の居酒屋へ行けなくなるっしょ? 外国人がSNSとかで取り上げたらもう大変なことになる! 今んとこ大丈夫だが…。

※ パト車内の画像2点は、今回の本文とは無関係。

 今年の開廷は、12月26日(月)はもう、ほぼないだろう。いや少しあるかな。今年もあとわずか、原稿をばりばり書かねば。じゃねっ。

 ところで、俺のメルマガ 「裁判傍聴バカ一代」、創刊は2009年12月。だから8年目に突入したわけだ。読み支えてくれた諸兄(諸姉)に大感謝です。
 このメルマガは単なる傍聴レポートじゃない。ならば何なのか、いっぺん試し読みしていただければ。簡単な紹介文付きのバックナンバーリストもあるょ。

 12月は以下の2号を発行した。

第1814号 違反・事故が検察と裁判所を支えてる?
 「過失運転致死」の被告人は事故時19歳の女子短大生。おそろしく初心者だったらしい。青信号の横断歩道を横断中の被害者(76歳)に気づかず衝突し…という典型パターンの事故。責める女性検察官も初心者で…。  編集後記は、事件数と起訴率について10年前と比較。すごいことになってるょ。

第1813号 検察官の論告が「然るべく」って、ひぃ~!
 被告人に恨みを持つ者がでっち上げ、警察官が文書を偽造して令状逮捕、検察官がまんま乗っかり、そして全部バレた、おそるべき事件。なぜバレたのか、へぇ~! なのだった。この希有な論告のシーン、俺がレポートしなければ埋もれ消えてしまうだろうことに、なんか震撼する。

Mag2year2015_0001035825_300x100

 いま購読登録すると、以上2号がソク送信される。そして12月まであと13号か14号が順次送信される。そこまで無料だ。よろしくね~。heart01

    

 左のやつ、ハンドルとシフトレバーとアクセル、ブレーキ、クラッチのペダルらしきやつ、それってレーシングゲームのコントローラー的なもんらしい。本品がどうか知らないが、車の状況によってハンドルの重さが変わり、路面の細かい振動も再現されるやつもあるらしい。なんだそれ! エロゲームもそっち方面へ行ったら大変…ってもう行ってるのかっ?
 中央のは、TVCMを見て買う、ということを俺が初めてやった商品。まだ使ってない。使ったらご報告しよう。
 右の本は、著者が筒井重行医師! 俺は筒井さんの針治療を受けてたことがあるのだ! 語ると長くなるので省くが、西洋医学にも認められる針治療なのだった。口をぱくぱく、試してみる価値はありそうな。女房殿に頼まれてすでに買った。俺は読んでない。が、開廷を待つ間の傍聴席でぱくぱくやってたら、書記官がびっくりするかな、ぅふふ。

 ←12月4日21時20分現在、ぎょっ、週間INが120で2位に転落~。でも2位ならべつにいいっていうか。そこも語ると長くなるんで省くけど、Jazzyさんのブログ(現在3位)へ行き、そこの人気ブログランキングのバナーをクリックしてきたょ。いや勘違いしないでほしい。Jazzyさんは酒を飲まないんで、俺とは生きる道が遠く違うのだ。 ←あんたの生きる道ってなんやねん(笑)。

2016年12月 1日 (木)

検察の論告が「然るべく」って!

 今年の流行語大賞、俺的には「LSM」、東京航空計器のレーザー式、三脚式の未来型オービスだね。
 LSM-300-HKから始まり、LSM-100LSM-200LSM-300、追っかけさせてもらいました。「【スクープ】こんなもので通学路の小学生は守れない! 未来型"どこでもオービス"の警察庁による売り込み文書開示!」などお読みいただければ。

 あとノミネートされるべきは「然るべく」かな。
 刑事裁判で弁護人が証人調べを請求し、検察官の意見は「然るべく」、それじゃないのだ。
 なんとなんと! 11月30日、論告が「然るべく」というのを傍聴したんである! 求刑はナシ。
 事件数で7千件近く傍聴してきて、無罪の論告は再審裁判で何度も見た。けど「然るべく」は初めてだよ~!
 その公判の様子を詳細レポートできるのは俺しかいないはず。俺がレポートしなければ、あの超珍しいやり取りは埋もれてしまうのだ。メルマガ次号(12月の初号)をお楽しみに。
 いや次号は、報道はないけどネットに「被害者の会」なるものがある「強姦」方面の事件になるかも。
 週4号の発行は非常な負担であるうえ、レポートしたい事件が多すぎて。sweat01

 そんなメルマガ 「裁判傍聴バカ一代 」は、11月は以下の17号を発行し終えた。

第1812号 前科11犯のコンビニ強盗、なぜ恐喝に?
 現金約4万円と保護カードを持って新潟刑務所を、出たのは休日。役所は休みで保護施設へ入れず。飲酒し、公園で野宿。1週間後、所持金が約千円になりコンビニへ強盗に。ところが起訴罪名は「建造物侵入、恐喝未遂」。その国選が東京地高裁の名物弁護人というべき中堅で…。

第1811号 7年前、自慰行為用に撮ったわいせつ動画
 リベンジポルノ的「強要未遂」。被告人いわくそのわいせつ動画は、AVとかでオナニーするよりも、と交際相手が撮らせてくれたんだという。なるほど~。別れて7年、その動画を大切にしていた被告人は、ある夜、酒を飲み過ぎ…。  編集後記は、美濃加茂市長、逆転有罪の裁判長が村山浩昭さんであることについて。

第1810号 酒で凶獣に変身したというべき楽天社員
 大酒が前頭葉の何かを壊すのか、突然狂犬に変身し、という事件はよくある。本件は凶獣に変身したというべか。41歳男性の顔部に重傷を負わせて逃げ、約2カ月後、今度は21歳女性の顔部に重要を負わせ。いずれも全く些細なことをきっかけに。その判決は…!

 以下の4号は11月27日にお知らせした

第1809号 国選弁護人が告訴取下げを強要した事件!
第1808号 女児への強制わいせつ否認、勾留理由開示 
第1807号 77歳女性、詐欺被害の次は財布をすられ
第1806号 鉄板で執行猶予の速度違反に弁護人が2人

 以下の3号は11月20日にお知らせした

第1805号 9歳女児、痛かったと言って示した部分は
第1804号 光電式30キロ超過が無罪! その理由は
第1803号 渋谷でチンコを出したホームレスの矜持!

 以下の2号は11月13日にお知らせした

第1802号 過失運転致傷アルコール影響等発覚免脱
第1801号 お年寄り弁護人のびっくり弁護に遭遇の件

 以下の3号は11月10日にお知らせした

第1800号 自動車部品工場の頭部粉砕骨折、逆転有罪
第1799号 たがねと金づちでバレエ講師の指を切断
第1798号 勃起が継続せず強姦は断念、そのかわり…

 以下の2号は11月4日にお知らせした

第1797号 ATM18億円事件、高収入のバイトと聞いて
第1796号 陰茎を露出して手淫、射精して精液をかけ

Mag2year2015_0001035825_300x100

 これらはもうバックナンバーの扱いになり、読むには108円かかる。ごめんね~。
 1号108円か? 違います、17号全部で108円です。しょんなバカなっ。

 年末のスーパーは、すごく活気があって大安売りしてるように見えるけど、じつは普段より高めなことが多いんだよね。
 紅白歌合戦が始まる頃、自転車で複数のスーパーを回り、見切り品を買いあさる、それが今井の年末恒例行事だろ、とのご指摘についてはノーコメントとさせていただきます(笑)。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »