フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 狩野英孝さん、青少年条例違反の裁判 | トップページ | 裁判所ビルの男子トイレで放火? »

2017年1月22日 (日)

高齢女性の万引きが激増!

 以下は1月22日付け河北新報。

<刑法犯>15年連続減 1万6467件
 2016年に県警が認知した刑法犯は、前年より1275件減の1万6467件(暫定値)だったことが分かった。過去最悪を記録した01年を最後に15年連続で減少した。
 全体の7割を占める窃盗犯は1万1945件で前年比で769件減少した。万引や自転車盗が大幅に減った。詐欺などの知能犯は81件減の908件、暴行などの粗暴犯は18件減の904件だった。
 刑法犯の摘発率は前年比1.0ポイント増の34.0%。3年連続で前年を上回った。
 一方で、重要犯罪は殺人17件(1件増)、強盗31件(8件増)、放火19件(3件増)と軒並み増加している。県警刑事総務課の担当者は「殺人などの凶悪犯罪が増えたため、県民の体感治安は改善されていない。安心して暮らせるように引き続き努力したい」と述べた。
 刑法犯の認知件数は01年の4万9887件を境に減少に転じた。12年に2万件を下回り、16年はピーク時の約3割となった。

 2015年と、俺が傍聴マニアになった2003年、の警察庁の犯罪統計を見ても、全体に3割から3割ちょい減ってる。
 ところがっ! このこと、昨年10月のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」に書いたきり、このブログのほうには書いてなかったような。この際、一部抜き出し、少しコメントしとこう。

 万引きについては、女表(めひょう。女性だけのデータ)がある。その年齢層別の検挙人員を見てびっくり、俺は腰を抜かしたね。

           2015年  2003年
 14歳~19歳  2693人  1万8049人
 20歳~29歳  2753人    5305人
 30歳~39歳  3115人    3950人
 40歳~49歳  3854人    3351人
 50歳~59歳  3380人    5263人
 60歳~69歳  5033人    2776人
 70歳以上  1万0212人   5209人

 未成年の万引きが激減してる。20~29歳も半減。少子化の影響、だけでは説明のつかない激減ぶりだ。

 一方、60~69歳は1.8倍に、70歳以上は2倍にも増えてる! 40~49歳も、犯罪全体の減少傾向に逆らって少し増えてる。
 大きくいえば高齢社会だから?
 いや、そうじゃない。総務省統計局のデータだっけ、2014年と2003年の女性の人口を比べてみると、こうなのである。カッコ内は俺の計算による。危ね~(笑)。

          2014年         2003年
60~64歳  4,574人(約7%増)   4,275人
65~74歳  8.980人(約18%増)  7,354人
75歳以上  9,793人(約32%増)  6,697人

 女性人口は約7~32%増え、女性の万引きは約80~100%増え…。万引きの増えっぷりは、やっぱ異様というほかない。
 これをどう読むか。
 検挙人員は、1人が年に2回やれば2人として計上される。クレプトマニア(俺が言うところの万引き病)、また前頭側頭型認知症(いわゆるピック病)の女性、による万引きが増えてることが、ひとつ確かに影響してるんじゃないかと思える。

 金は十分にある。何ら不自由してない。次にやったら刑務所行きと分かってる。万引きなどやりたくない。もう絶対やらないと固く固く固~く誓ってる。しかしっ、万引きできるシチュエーションになると、すべてが吹っ飛び、真っ直ぐに万引きしてしまうんである。完全に病気だと思う。

 これに対し、警察はどうするか。微罪処分で終わらせることもあるけども、有能な警察官は「金は十分にあるが将来が不安で、なるべく持ち金を減らしたくなかった」などと病気の臭いを消した調書をとる、裁判官が有罪にしやすいように。
 検察はどうするか。検察は基本、最初は不起訴(起訴猶予)、不起訴が1回乃至数回あれば罰金刑とし、罰金刑が数回乃至1回あれば公判請求する、つまり正式な裁判の法廷に被告人として立たせる。

 裁判官はどうするか。裁判官は、1回目は執行猶予とする。病的な女性はたいてい執行猶予中にまたやる。そうすると、ごくまれに再度の執行猶予とすることもあるが、基本は実刑だ。量刑相場の階段をのぼらせ、刑務所へ落とすのである。
 病気だと分かり、保釈中に専門病院へ入院し、治療の最中であっても、かまわず刑務所へ落とす。「治療はともかく、やったことの責任はとってもらいます」と。

 せっかく治療が功を奏し始めてるらしいのに、その治療を絶たれ、服役中に病気は悪化するだろうなぁ、この女性の人生はもうオシマイかも…そういう裁判を俺はさんざん見てきた。
 刑法犯が減ったという報道を見て、俺は暗澹たる気持ちになる、そゆ話。

 殺人については拙稿「【データで見えてくる犯罪】「殺人」の被害者はほとんど「犯人の身近な人物」をどうぞ。

    

 いま、某女性から電話あり。昼間話したアメリカ人が要旨こんなことを言ってたんだそうだ。
 アメリカは州によって教員の給料が違う。給料の安いダメ教員が多い。アメリカ人はバカばっかり。大統領選挙のとき、トランプの話を聞いて初めて、大統領候補が言ってることが分かったという、そういう奴らがトランプを大統領にしたのだ…。へぇ。

 ←1月22日18時10分現在、週間INが220で1位~。happy01

« 狩野英孝さん、青少年条例違反の裁判 | トップページ | 裁判所ビルの男子トイレで放火? »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狩野英孝さん、青少年条例違反の裁判 | トップページ | 裁判所ビルの男子トイレで放火? »