フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 湾岸署の取締件数にびっくり! | トップページ | 男の人と寝て稼いでました »

2017年3月10日 (金)

いろんな裁判官、検察官が通り過ぎ

 携帯電話に、氏名不詳者からメールあり。親しげで必死な調子で、趣旨はこうだ。

メール 「私の息子は交通事故で殺された。最近のあの事件が報道される度に息子を思い出し、たまらない。どうか私の話を聞いてほしい。会ってほしい。交通費は出します…」

 メールの文章は途中で切れ、それきり。うぅむ。
 話す(聞いてもらう)ことによる癒しが必要な年配女性…がイメージされる。
 どうお返事しよう。交通費がハードルとなるような遠方へ、そもそも俺は行くヒマがない…という言い訳もなぁ。

Img_1181 いや、ちょと待て! これって新しい手口の、ぼったくり出会い系サイトへの誘引メールじゃねっ?
 孤立して悩みを抱えた女性、交通費を出す、宿泊費も出す、お小遣いも、セックスも…と臭わせる誘引メール、あるかもっ。そう考えたら眠れなくなった。

 ……って、あれっ? 夢だったのか~。coldsweats02

 夢といえば、数日前に、目元が涼しげな女性裁判官が、東京簡裁の534号か728号法廷(つまり庁舎南東端の法廷)の法壇にいる夢を見た。おぉっ、こりゃ珍し~っ!
 ……と昂奮して目が覚めた。sad

 東京簡裁の刑事公判担当の裁判官6人は、新年度、何人が誰に入れ替わるんだろ。もしも女性裁判官が来たら、俺は予知夢の能力があるってことになる、すごいぞ!

 以上のようなことを、俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」の第1260号「お年寄りが続々と刑務所へ、司法の無能!」の編集後記に書いた。2014年3月31日の発行号である。
 結論として、予知能力はなかった。

Img_1184 俺が裁判傍聴マニアになって今年で15年目。東京簡裁の刑事公判担当の裁判官は、ずっと全員男性だ。たまに女性裁判官を法壇に見たこともあるが、それは研さん裁判官。すぐにどこかよそへ行った。
 東京簡裁の公判立会(りっかい)検察官は、女性がお2人いたっけ。最初は田口照子さん。お洒落な方で、俺は好きだったなぁ。今頃どこでどうしてるんだろ。メルマガ、読んでくれてるかな。

 今年度もあとわずか。俺の予知能力は3年先を見透したことに果たしてなるのか。
 いろんな裁判官、検察官が通り過ぎ、俺だけが傍聴席に居残り続ける、嗚呼。  ※居残りは俺だけじゃないけどね。

 画像は本文と関係ない。大阪の傍聴マニア氏と「昭和」で飲んだ帰り、埼京線の板橋駅で撮影。線路のレールを運ぶ車両らしい。珍しいっしょ。

 ←3月10日8時20分現在、週間INが160で1位~。happy01

« 湾岸署の取締件数にびっくり! | トップページ | 男の人と寝て稼いでました »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。