フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« きゃりぱみゅファンの可愛い子に淫行させ | トップページ | 準強姦の既済人員 »

2017年6月10日 (土)

米軍基地や原発があるところでやればいい話で

 以下は6月10日付け朝日新聞の、「全文を読む」をクリックしなくても読める部分。
 これは面白い記事だ。しかも秀逸だと思う。

ミサイル想定、植え込みや防火水槽へ…山形で訓練
 弾道ミサイル発射を想定した山形県内初の住民避難訓練が9日、酒田市内であった。西荒瀬地区の小学生や住民ら約550人が参加した。狙い通り、「どこへどう逃げるか、理解を深める」ことはできたか。
 訓練の会場は、酒田北港から東に1キロ余りの市立西荒瀬小学校と周辺。休み時間で運動場に飛び出した児童の動きが止まったのは午前10時33分だった。
 近くの防災行政無線の屋外スピーカーからチャイムの音が鳴り「これから訓練放送を行います」。すぐにサイレンが鳴り響き「ミサイルが発射された模様です」とアナウンス。さらに「すぐ学校の中に避難して下さい」と校内放送が流れ、校庭にしゃがみ込んでいた20人ほどの児童は一斉に体育館へ駆け込んだ。
 300メートルほど離れた農協支店では、住民たちが店内に駆け込んだ。事前の説明会で「頑丈な建物」への避難を求められていた。
 1分ほど後、「直ちに避難。直ちに避難」のアナウンス。車庫近くの植え込みでうつぶせになって頭を抱える住民や、防火水槽の陰に隠れる住民もいた。
 午前10時38分。再びサイレンが鳴り響き「先ほどのミサイルは破壊されました」の連絡で訓練終了。住民たちは少しほっとした表情で立ち上がった。
 小学生らを除く参加者は135人。草むらに隠れた高橋京子さんは「実際だったらパニックになると思う。けれど、訓練の説明を聞くだけでもためになった」。東北公益文科大学で防災を学んでいるという佐藤真梨さん(20)は、大きなサイレン音に驚いた。「屋外にいて、どこへ行けば自分の身を守れるのか探すのが大変だった」
 一方、「米軍基地や原発があるところでやればいい話で、酒田でやる意味がわからない」(70代の男性)という意見もあった。
 西荒瀬コミュニティ振興会の鈴…

 俺も直ちに思ったけど、俺よりもっと年配の方々も直ちに思ったろう。先の戦争(1945年8月15日に日本の敗戦を国民が知った大きな戦争)の、竹やり訓練かよっ、と。
 秀逸だというのは、長い記事をどこで切って「全文を読む」のクリックへ導くか、みんな工夫するところ、これを最後に読ませたところだ。

 一方、「米軍基地や原発があるところでやればいい話で、酒田でやる意味がわからない」(70代の男性)という意見もあった。

 
 それ言っちゃオシマイでしょっ。爆笑じゃん。朝日新聞が固い感じで「…という意見もあった」と報じる、そこがウケるです俺的には。
 あと、これはべつに朝日新聞の工夫ってことじゃないと思うけど、

再びサイレンが鳴り響き「先ほどのミサイルは破壊されました」

 ここもいいよね~。意味の分からない訓練に付き合わされた人たちは、その放送を聞いて、日本国乃至安倍政権への信頼、依存が、意識下に刻まれたんではないか。軍事費の増額、軍国化(=反戦世論の弾圧)へと進みやすくなったはず。

 面白くて、俺はソク、「全文を読む」をクリック、ちょとめんどくさいことをして、全文を読んだ。
 これは「国と共催」の訓練であり、訓練後には「伊藤敬・内閣参事官」が記者会見したんだそうだ。
 こういう訓練、中央官僚や自民党の大臣が思いつくかな。専門の広告会社による企画立案だったりして。

 ウ~ウ~、先ほどのミサイルは進路をそれ、新潟県柏崎市の刈羽原発に落下しました、避難警報は解除します、なんちゃって。

 ←6月10日23時10分現在、週間INが130で2位~。happy01 

« きゃりぱみゅファンの可愛い子に淫行させ | トップページ | 準強姦の既済人員 »