フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 無罪確実で当たり散らす検察官 | トップページ | X線手荷物検査機とゲート式、ハンド式金属探知機と »

2017年6月16日 (金)

裁判所内の男子トイレで火をつけたと弁護士逮捕

 以下は6月12日付けNHKニュースの一部。

裁判所トイレで火つけ 業務妨害した疑い 弁護士を逮捕
 横浜市の34歳の弁護士が、ことし1月、東京・霞が関の裁判所が入る建物のトイレで、トイレットペーパーに火をつけ、裁判所の業務を妨害したとして、威力業務妨害などの疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。

 今年1月の、24日のことだ。その日、俺は裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)にいて、メルマガ第1840号「子どもが知れば虐待に、負の連鎖になる」の編集後記にこう書いた。

  それからは俺は、エレベータで1階へ。
 1階で降りると、上行きのエレベータを待ってるマニア氏がいた。
 マニア氏いわく、6階で大変なことが起こってるという。

 えーっ、何すか! つーことでいっしょにエレベータで6階へ。
 6階で扉が開いたのが、だから14時40分ちょい過ぎかな。
 目の前を、ごつく重そうな耐火服を着てヘルメットをかぶった消防隊員が3人、右側へ歩き去るところだった。

 左側、すなわち中央廊下の北側を見て「うわっ」となった。
 制服の警察官たち──と言っても拳銃とか吊した地域課ではなく主に鑑識係──が見える限りで20人くらいいたのだ!
 ほか、「捜一」(そういち)の腕章を付けた私服警察官たち、裁判所の職員たち、そしてお掃除のおじさんとおばさんが各1人。

 鑑識係の警察官たちは皆、両足に透明ビニールのあれを付け、男子トイレへ出入りしてる。
 お掃除のおじさんとおばさんもそれを付け、男子トイレの外の壁際に「今井君、廊下に立ってなさい!」みたいな感じで(笑)、立ってる。

 いったい何があったんだ?
 物々しさからして、男子トイレ内で殺人か?
 そうじゃないだろ、さっき消防隊員が去ったもの。
 やがて「放火」らしいと分かってきた。

 マニア氏によれば、その時刻に付近で開廷してるのは民事の608号法廷(20席)だけだという。
 俺はマニア氏と、608号法廷へ行ってみた。
 貸金請求だっけ、本人か証人の尋問をやってた。外の事件とは全く関係なさそうだった。

 夕方帰宅すると、なんと14時46分付けでNHKがこう報じてた。

東京地裁など入る建物でトイレットペーパー焼ける
 24日午後、東京・霞が関の裁判所が入る建物の男性用トイレで、トイレットペーパーが燃えているのが見つかり、警視庁は何者かが火をつけた疑いがあると見て捜査しています。
 24日午後1時40分ごろ、東京・霞が関にある東京地方裁判所や東京高等裁判所などが入っている建物の6階にある男性用トイレで、トイレットペーパーが燃えているのを清掃作業をしていた女性が見つけ、裁判所の職員が110番通報しました。
警視庁によりますと、女性は濡れたぞうきんですぐに火を消し止め、けが人などはいないということです。
 法廷が並ぶ裁判所の6階の廊下には、多くの警察官や消防隊員が集まり一時騒然としました。
 警視庁は、何者かが火をつけた疑いがあると見て、周辺の防犯カメラを調べ、不審な人物がトイレに出入りしていなかったか捜査しています。

 トレペーが過失で燃えるはずがない。故意に火をつけたんだろう。いったい誰が?
 裁判所に恨みを持つ者は、いくらでもいるはず。特に民事は、原告と被告、一方が勝てば一方が負ける。

1706145 何にしても、東京高地簡裁合同庁舎には監視カメラがたくさんある。1階の狭い喫煙所にさえ2つもある。本件男子トイレのすぐそばの天井にもある。
 あのカメラの録画映像を大高正二さんの刑事裁判で俺は見たが、かなり鮮明だった。
 庁舎中のカメラ、また駅等の監視カメラで犯人を追える。すぐに捕まる可能性はあると思う。

 そういえば何年か前、裁判所の女子トイレで覚せい剤を注射した女性がいた。
 男子トイレ内を小便で汚損して懲戒処分を受けた裁判所職員もいた。
 詐欺(詐話による金品要求)の電話を裁判所内からかけまくり、と思われる男もいた。
 地下のコンビニで万引きした男もいると聞く。

 裁判所はワンダーランド、いろんなことがある。

 第1840号の本文では、若い美人クレプトマニアの事件をレポートした。
 万引きの前科3犯。
  2011年9月、東京簡裁で罰金30万円(略式)。
  2014年7月、東京簡裁で懲役1年、執行猶予3年。
  2015年6月、東京簡裁で懲役6月、執行猶予3年、付(ふ)保護観察。
 そして今回の万引きは2015年11月。求刑は懲役1年6月。
 もう懲役の実刑以外あり得ない。
 今年3月3日の判決をメルマガ第1862号でレポートした。タイトルは「本格クレプトマニア、まさかの罰金刑っ!」。そう、まさかまさかの罰金刑だったのだ。
 罰金判決をやってのけた平手健太郎裁判官は、間もなく札幌地裁の刑事第1部へ移動になった。東京地裁には1年間しかいなかった。
 どうです俺のメルマガ、すっごいのを次々レポートしてるっしょ。さて急ぎ次号を書かねば。週4号発行だから大変なのですょ。sweat01

 画像は、裁判所から究極の居酒屋「昭和」へ向かう途中の歩道で。マニア氏にこれを見せたところ、ドイツ戦車兵のコスチュームだと即答をいただいた。拳銃は何だろね。

追記: 以下は6月16日付け毎日新聞の一部。

<仙台地裁>法廷内で警官2人刺傷 殺人未遂容疑で被告逮捕
 16日午前10時15分ごろ、仙台市青葉区の仙台地裁で宮城県迷惑防止条例違反事件の判決公判中、男性2人が被告の男に刺されたと110番があった。刺された2人は傍聴席にいた警察官で、病院に搬送され命に別条はないという。宮城県警は、山形市のコンビニエンスストア店員で被告の淀川聖司容疑者(30)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 仙台地裁のマニア氏のレポートが待たれる!

 ←6月16日13時00分現在、週間INが200で1位~。happy01 

« 無罪確実で当たり散らす検察官 | トップページ | X線手荷物検査機とゲート式、ハンド式金属探知機と »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無罪確実で当たり散らす検察官 | トップページ | X線手荷物検査機とゲート式、ハンド式金属探知機と »