フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« カジノ利権への警察庁の宣言が読み取れる件 | トップページ | 耳にイヤホンの18歳女子、背後から犯人が »

2017年7月 7日 (金)

超絶マニアックデータとは

 俺が裁判傍聴マニアになったのは2003年の春頃から。
 それ以前からも長く裁判傍聴はしていたが、マニアといえる形になったのが2003年春頃。

 その頃から、1件を傍聴すると、傍聴ノートから複数の事項をExcel の表に入力するようになった。
 入力事項は、事件番号、被告人氏名、年齢、職業、住居地、犯行場所、事件名、交通違反・事故については車種か車名、速度違反については測定値、制限速度、超過速度、主張、前科、係属部、裁判官氏名、検察官、法廷、犯行年月日、第1回公判の年月日、判決の年月日、公判の回数、弁護人、証人、求刑、判決、執行猶予、未決算入、訴費負担、備考1(雑誌等掲載)、備考2(メルマガ掲載号)、備考3(事件の概要、見所)、その他特記事項。
 第1回から傍聴しておらず年齢や職業、住居地等は空欄の事件もある。
 現在、約7250事件。それを「超絶マニアックデータその1」という。かなり重い表だ。

 それとはまた別に、傍聴しなかった事件も含め、被告人氏名、事件名、事件番号、裁判所の別と、分かっているすべての期日を入力したのを「超絶マニアックデータその2」という。現在、約3万7200事件になる。これもかなり重い。

 「その1」と「その2」をあわせて単に「超絶マニアックデータ」ということがある。

 裁判所で開廷表を見て、被告人氏名でネット検索すると、報道やSNSや、人捜し掲示板がヒットすることがある。何もヒットがないこともある。
 何もヒットがなくても、「超絶マニアックデータその2」でヒットすることは、それなりにある。逮捕報道の被疑者氏名が「超絶マニアックデータその2」でヒットすることもたまにある。

 メルマガで「超絶マニアックデータその2」に言及することがあり、いちいち説明するのがめんどくさいので、用語解説のページをつくってメルマガにはそのリンクを載せようと、で、この記事を書いた次第。
 さてメルマガ執筆に戻るです。でも腹へった~。今日は根生姜と大葉たっぷりの素麺にしようかな。じゃねっ。

 ←7月7日11時20現在、週間INが210で1位~。happy01 

« カジノ利権への警察庁の宣言が読み取れる件 | トップページ | 耳にイヤホンの18歳女子、背後から犯人が »

裁判傍聴のための用語解説」カテゴリの記事