フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと | トップページ | 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! »

2017年8月29日 (火)

取締り件数の多寡で実績を評価する

 俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、8月は以下の15号を発行した。
 いま購読登録すると、この15号がどどっと送信され、月末まであと3号が順次送信される。そこまで無料だ。

第1963号 芸能事務所若社長のシャブ、じつは前科が!
 またも芸能系の覚せい剤事件。被告人も情状証人の母親も、「被告人は依存症ではない。間違いなくきっぱりヤメる」と自信を持っている。依存症の場合、その自信がいちばん危ない。裁判官はたっぷり時間をとって説教し、予定時間を30分以上オーバー。じつは本件は同種薬物前科がある。果たして執行猶予はつくのか。

第1962号 俺はJALの社長の息子、愛人契約月330万
 俺は寂しいんだ。愛人になってくれたら月330万円やる。しかし俺は金しか信じない。俺がつくる口座に全財産を預けて管理しろ。そんな詐話で、シングルマザーのデリヘル嬢から7百数十万円を騙し取り、カジノとホテル代と飲食費にぜんぶ費消してしまったという事件。被告人の容貌、髪型、表情に俺は「うわぁ…」となり。

第1961号 典型的オレオレ詐欺、架け子も使い捨てか 
第1960号 大物音楽プロデューサーの覚せい剤事件!
第1959号 誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと
第1958号 地位と財を築かねばSEX不可、男の宿命!
第1957号 本邦初のタブレット開廷表、触ってきたよ!
第1956号 バカが調子こいてるから! ナメやがって!
第1955号 万引き病のセレブお婆ちゃん、裁判中に眠り
第1954号 金沢地裁、ここでもクレプトマニア裁判が
第1953号 原因に気づかずひたすら反省、またやるぞ?
第1952号 夫は元パイロット、海軍で鍛えた精神でね!
第1951号 そういうこと一切、殺されてもしませんっ!
第1950号 民主党(当時)の長妻昭議員の、秘書の事件
第1949号 違法なラーメン屋台が普通に存在する理由

 第1960号を寺澤有さんに見せたら、「いくらなんでも長すぎる、バカじゃないの?」という趣旨の感想をもらった。
 本文(裁判のレポート)は、被告人、弁護人、検察官、裁判官などのセリフも交えるので、長くなるのは──もちろん改善していくとはいえ──ある程度仕方ないかと思う。
 ただ、編集後記は確かに長すぎた。ちょっとした記事1本分のことを編集後記に書いちゃうのは、さすがにもうヤメようと思う。
 第1960号の編集後記の一部はこうだったのだ。

 俺の愛読誌『月刊交通』(東京法令)、7月号は交通機動隊の特集だ。 ※俺は定期購読しており、各号その月の末に送付される。

 戦後のモータリゼーションで死亡事故がぐんぐん増えた。1970年には、日本の交通事故死者のピーク、1万6765人に達した。
 そこで1972年9月18日に「交通機動隊設置運用基準要綱」が制定され、全国的な運用が始まったんだそうだ。

 警察庁交通局交通指導課取締指導補佐の安藤英樹さんの「交通機動隊の現状と方向性」という記事に、「現在の体制」が載ってる。
 2017年4月1日現在、隊員数は3418人。うち女性が192人
 白バイの台数は2850台
 平均年齢は、白バイ乗務員が33.6歳、パトカー乗務員が36.1歳

 そんなこと知らなかったでしょぉ。俺も知らなかったよぉ。酒の席で話の種に、なりっこないっすね(笑)。

 「適正な実績評価」というところに、こんな言及が。

 …実績評価に当たっては、取締り件数の多寡だけではなく、警戒走行や駐留監視活動などの、数値にすることが難しい、いわゆる潜在実績に対しても、適切な評価を与え、そのような活動が更に積極的に推進されるよう、工夫を重ねていく必要がある。

 取締り件数の多寡で実績を評価している、それは警察庁も認める事実なわけだ。
 ゆえに、実績を上げたくて、とにかく取締り件数を増やそうとする。
 結果、取締りが、交通の安全と円滑を図り事故を防止するところから、離れてしまうことになりやすい。
 実績稼ぎの取締りを受けた運転者たちに、反警察感情を植え付ける…。

 じゃあどうするか。
 いっそ、取締り件数を一切問わず、事故件数の減少、渋滞の減少、数字はそこだけにしたらどうですかね。
 加えて、交通利用者、地域住民への全国一斉アンケート調査で“顧客満足度”を見る、どうですかね。

 ただ、取締りからは──近年だいぶ減ってるとはいえそれでも──毎年莫大な金が生まれ、警察のいわば縄張りへ流れ込んでいる。
 その金を激減させるわけには、ちょっといかないでしょ。
 難しいなぁ、と思う。

 こんなことまで編集後記に書いてるから、本文とあわせての執筆に軽く5時間以上かかり、俺は疲弊していくのだ。ほんと、タイトルどおりバカとしか言いようがない。
 よし、次号からもっと軽快にいこう。うむっ。

 ←8月29日12時50分現在、週間INが100で2位~。confident 

« 誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと | トップページ | 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと | トップページ | 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! »