フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 大物音楽プロデューサーのシャブ | トップページ | 取締り件数の多寡で実績を評価する »

2017年8月25日 (金)

誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと

 まさに俺の専門ジャンル、ど真ん中だ。以下は8月24日付け読売新聞。

飲酒運転職員に町長ら嘆願書…検察は「違和感」 
 道路交通法違反(酒気帯び運転)で起訴された香川県三木町の男性職員(38)の公判で、町長や副町長、教育長を含め職員の4分の1にあたる約120人が、高松地裁に寛大な判決を求める嘆願書を提出する異例の展開になっている。
 23日の論告で、検察側はこうした動きについて「驚きと強い違和感を感じる」と述べた。
 職員は町上下水道課係長。起訴状などによると、職員は今年2月4日深夜、同僚を乗せて乗用車を運転中、信号待ちの車に追突。同僚らと飲食店をはしごした後で、呼気から基準値の3倍以上のアルコールが検出され現行犯逮捕された。
 けが人はなかったが、高松地検は悪質として6月に在宅起訴。論告で、検察側は懲役8月を求刑し、弁護側は罰金50万円が相当と主張した。
 地方公務員法では、執行猶予を含め禁錮刑以上が確定すると公務員は失職する。このため、同僚らが、失職を免れられる罰金刑を求めて嘆願書を作成し、署名を集めて地裁に提出した。署名した筒井敏行町長は取材に「罪を憎んで人を憎まず。町民も理解してくれるはずだ」と話した。

 飲酒運転、無免許運転、スピード違反、罰金じゃ済まず、公判請求され懲役刑を求刑されることがある。同種執行猶予中だとかでない限り、普通は必ず執行猶予が付く。

 俺なんかからすれば、執行猶予付きの懲役刑は、何も刑罰を受けないのと同じだ。罰金刑のほうがよっぽどダメージを食らう。
 ところが、その逆、執行猶予付きでも懲役刑を受けると、公務員や医師や不動産業者などは、職や資格を失う。暮らしは一変、家族が路頭に迷うことにもなりかねない。

 しかしっ、刑罰を受ける側のそんな事情は考慮しません、というのが日本の刑事裁判の基本的な考え方だ。誰もが一律に考慮されない、すなわち公平です、という考え方なのである。

被告人 「執行猶予付きでも懲役刑を受けると職を失う。どうか罰金刑に!」

 という裁判はぽつぽつあり、俺はかなり傍聴してきた。100万円の贖罪寄付をした医師もいた。
1708241 でも、原則みぃんな執行猶予付き懲役刑に処されていく。ごくまれに罰金刑とされることがあり、そういうのも傍聴してきた。逆のケース、つまり罰金刑のほうが過酷すぎるというケースも傍聴した。

 交通事件以外もあわせ(以外のほうがずっと多い)7300事件ほど傍聴してきて言えるのは、起訴(公判請求)されてから何を主張、立証してもダメ、相場どおりの刑を言い渡されて終わるってことだ。
 もしも、どうしても罰金刑にしてほしく、そのために嘆願書を出すんなら、公判請求される前、検察捜査の段階で出さねばならない。
 もちろん、嘆願書を捜査段階で出せば必ず罰金刑(略式起訴)になるってわけじゃないが、とにかく、裁判ですることになる情状立証は、捜査段階でやるべし、なのである。
 この件、詳しくは『ドライバー』の次号に書こうかと。いやまだ分かんないけど。

 俺のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、8月は以下の13号を発行した。

第1961号 典型的オレオレ詐欺、架け子も使い捨てか
 奈良、大阪、兵庫の80歳前後の女性5人を被害者とするオレオレ詐欺の、架け子グループ4人の判決。被害総額と、4人が受け取った報酬から、大金のほとんどは氏名不詳の上位者へ渡ったとみられる。しかし架け子の刑罰は重い。恨みを残さず下獄できるよう、裁判官は1人ひとりに暖かい言葉をかけるのだった。
 
第1960号 大物音楽プロデューサーの覚せい剤事件!
 52席の傍聴席は、主に夏休みの児童、生徒、母子連れでぎっしり満席。そんな法廷で始まったのは、X JAPAN、シャ乱Q、女子十二楽坊、田中美奈子、氷室京介、モーニング娘、LINDBERGなどをプロデュースしてきたらしい大物プロデューサーの覚せい剤使用だった! 当時のマンションはシャブ常用者が自由に出入りしてたとか? 今後の展開が注目だ。

第1959号 誰にも知られたくない恥ずかしい性的なこと
 店長はアルバイト女性に好意を持ち、更衣室にカメラを仕掛けて着替えを盗撮。荷物から鍵を抜き出して合い鍵をつくり、留守中の女性方へ度々侵入、ボイスレコーダーやカメラを仕掛け、回収し…。女性が引っ越して別のアルバイトを始めるや店長は、盗撮等で知り得た私生活の秘密を書いた手紙を何度も送り…。

 以下の3号は8月19日にお知らせした

第1958号 地位と財を築かねばSEX不可、男の宿命!
第1957号 本邦初のタブレット開廷表、触ってきたよ!
第1956号 バカが調子こいてるから! ナメやがって!

 以下の2号は8月13日にお知らせした

第1955号 万引き病のセレブお婆ちゃん、裁判中に眠り
第1954号 金沢地裁、ここでもクレプトマニア裁判が

 以下の2号は8月10日にお知らせした

第1953号 原因に気づかずひたすら反省、またやるぞ?
第1952号 夫は元パイロット、海軍で鍛えた精神でね!

 以下の3号は8月4日にお知らせした

第1951号 そういうこと一切、殺されてもしませんっ!
第1950号 民主党(当時)の長妻昭議員の、秘書の事件
第1949号 違法なラーメン屋台が普通に存在する理由

1708242 いま購読登録すると、以上13号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。そこまで無料(初月無料)。

 次号は、JALの社長の息子と称してデリヘル嬢から745万円を騙し取った「詐欺」をレポートしようかと。逆立ちしてもJALの社長の息子には、少なくとも俺に見えず、デリヘル嬢はなぜ745万円も持っていたのか、その理由が…。

※画像は、法務省前にいっぱい掲示されてるポスターのひとつ。近寄って見たら「内閣総理大臣安倍晋三」と。「再犯防止」そのものがなんか急にウソっぽく感じて。

 ←8月25日14時00分現在、週間INが120で2位~。confident 

« 大物音楽プロデューサーのシャブ | トップページ | 取締り件数の多寡で実績を評価する »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大物音楽プロデューサーのシャブ | トップページ | 取締り件数の多寡で実績を評価する »