フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 56歳巡査部長に何があったのか | トップページ | 傍聴席という特殊な場所に沈んで »

2017年9月 9日 (土)

高齢女性に限っていえば万引きは激増傾向

 以下は9月5日付けAbemaTIMESの一部。

「万引きの実態、もっと知って」元フジテレビアナ・菊間千乃弁護士が訴え
 比較的“軽い“犯罪だと思われがちな「万引き」。ここ数年、認知件数、検挙件数は共に減少傾向にあるものの、被害額は推定で年間4,615億円にも上り、1日あたりに換算すると実に約12億円にもなる(2010年、万引防止官民合同会議発表推定値)。なんと、オレオレ詐欺など特殊詐欺の10倍という被害額だ。

 事件数で7300件ほど傍聴してきた裁判傍聴師としてコメントするなら、それは男の万引きの話だね。
 刑事裁判の法廷へ出てくる男の「窃盗」は、ひったくり、仮睡盗(たとえば駅等で泥酔して眠る会社員の財布を盗む)、そして上掲記事が問題としている換金目的の万引きが多い。
 換金目的の万引きをやる男は、だいたい無職だ。
 やむを得ない事情がないのに、そもそも働く気がなく、犯罪で得た金品で暮らすか、生活保護費を不正受給して暮らすか、刑務所で暮らすか、そういう層が確実に存在するように思われる。
 ちなみに事件名が「住居侵入、窃盗」だと、空き巣狙いか下着ドロだ。

 女の「窃盗」は、ひったくりも仮睡盗も、俺は記憶にない。忘れるくらい少ないか、まったく傍聴してないか。換金目的の万引きは、あったような気もする。
 刑事裁判の法廷へ出てくる女の「窃盗」は、ほとんど、経済的利得を動機とする万引きと、経済的利得が動機じゃない万引き、病的万引きだ。いわゆるクレプトマニア、俺が言うところの万引き病である。

 そうして、女の万引きの検挙件数には、じつはびっくりな特徴がある。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」でとっくに書き、今年1月22日の当ブログ記事に一部転載したことを、また少しここで書いとこう。

 警察庁の犯罪統計には、万引きについて、女性だけのデータ「女表(めひょう)」がある。2015年と、俺が傍聴マニアになった2003年の、年齢層別の検挙人員をご覧いただきたい。

           2015年  2003年
 14歳~19歳  2693人  1万8049人
 20歳~29歳  2753人    5305人
 30歳~39歳  3115人    3950人
 40歳~49歳  3854人    3351人
 50歳~59歳  3380人    5263人
 60歳~69歳  5033人    2776人
 70歳以上  1万0212人   5209人

 未成年の万引きは激減。20~29歳も半減。少子化の影響、だけでは説明のつかない激減ぶりだ。
 一方、60~69歳は約1.8倍に、70歳以上は約2倍に増えてる! 40~49歳も少し増えてる。
 大きくいえば高齢社会だから?
 いや、そうじゃない。総務省統計局のデータだっけ、2014年と2003年の女性の人口を比べてみると、こうなのである。カッコ内は俺の計算による。危ね~(笑)。

          2014年         2003年
60~64歳  4,574人(約7%増)   4,275人
65~74歳  8.980人(約18%増)  7,354人
75歳以上  9,793人(約32%増)  6,697人

 万引きが約80~100%も増えている、その年齢層の女性人口は、じつは約7~32%しか増えていないのである。これはびっくりだ。

 そうしたデータも引きつつ、俺は万引き病の刑事裁判に注目している。先日、またまた凄いのを傍聴してしまった。万引きがくり返される原因は、うわぁ、そんなところにもあったのか! と。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」の次号と次々号でレポートする予定。次号分をほぼ書き上げて、気分転換にネットのニュースを見たらAbemaTIMESに当たり、この記事をささっと書いた次第。さぁメルマガに戻ろう。じゃねっ。

 万引きが止まらない女性で、「それは病気だ。病院へ行きなさい」と言われた方がおいでかと。普通の精神神経科へ行ってもダメと、刑事裁判の傍聴席から思える。条件反射制御法は、大きな助けになるんじゃないか。

 ←9月9日16時20分現在、週間INが130で2位~。happy01

« 56歳巡査部長に何があったのか | トップページ | 傍聴席という特殊な場所に沈んで »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

刑務所へ落とすだけではダメ、落とすのはときに逆効果、というケースもあることは、俺もしょっちゅう感じるところです。
じゃあどうすればいいのか、いつも考えているところです。
国会議員的には、有権者の多くは「刑務所へブチ込め、死刑にしろ」なので新たな方法など考える必要がなく、官僚的には、現状でそれなりに税金を食えているのだから改革の必要などない、現状を守ろう、おおざっぱにはそういうことなんですかね。

万引きにしても犯罪にしても
迷惑行為にしてもみんな絡むのが好きな絡み屋さんの犯行。
許されないが刑務所に入れて税金で面倒見るのも無駄。
NPOとかで集団生活させて暇つぶしさせるのも手だと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 56歳巡査部長に何があったのか | トップページ | 傍聴席という特殊な場所に沈んで »