フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! | トップページ | 56歳巡査部長に何があったのか »

2017年9月 6日 (水)

執行猶予とは

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、基本的なことをいちいち説明していると大変なので、用語解説のページをばんばん設けていこうと。
 今回は執行猶予について。
 執行猶予付きの判決は、たとえば以下のように言い渡される。

裁判官 「主文、被告人を懲役1年6月(いちねんろくげつ)に処する。この裁判が確定した日から3年間その刑の執行を猶予する」

1706271 執行猶予とは何か、知らない被告人がたまにいる。一般の方のなかには、たまにどころじゃなく、もっとおいでのようだ。普段の仕事や生活にまったく関係ないことなんだから、知らなくて当たり前かと思う。
 裁判官は、執行猶予の意味を、言渡しの最後に必ず説明する。以下は、かなり分かりやすいバージョンだ。

裁判官 「あなたが今回やった罪の重さは、1年半、刑務所へ入ってもらうほど重いということです。しかし今回に限り、直ちに刑務所へ入る必要はありません。3年間、社会内で暮らしてもらって、様子をみます。この3年間の間に、新たに罪を犯すことがなければ、今回の懲役1年6月という判決は効力を失います。今回の懲役1年6月で刑務所へ行くことはもうなくなります。
 ただし、3年間の間に、新たに罪を犯して刑罰を受けると、今回の執行猶予が取り消されることになります。今回の懲役1年6月と、新たに犯した罪の分と、両方で刑務所へ行くことになります。相当長いことになります。ですから、そういうことがないよう、この3年間は特に注意してください」

1706272 執行猶予は、3年以下の禁錮刑か懲役刑、または50万円以下の罰金刑のとき、1年から5年の範囲で付けることができる。
 禁錮刑か懲役刑が3年を超え、たとえば懲役3年6月だと、法律上、執行猶予は付けようにも付けられない。

 執行猶予1年より5年のほうが、いわば「おとなしくしてなきゃいけない期間」が長いわけで、だから執行猶予1年より5年のほうが重い判決ってことになる。
 罰金刑に執行猶予が付くことは、無罪よりなんぼか珍しい。俺は2回、傍聴したことがあるけど。  

 前に禁錮刑か懲役刑の実刑(直ちに刑務所行き)に処されたことがある人は、その刑期が終了してから5年間は、今回の刑に執行猶予が付かない。
 前に禁錮刑か懲役刑の執行猶予を受けたことがある人は、その猶予期間が満了してから5年間は、やはり執行猶予が付かない。

 前に禁錮刑か懲役刑の執行猶予を受けたことがある人が、新たに受ける禁錮刑か懲役刑が1年以下で、かつ「情状に特に酌量すべきものがあるとき」は、新たに受けるその1年以下の刑に執行猶予が付く。前の執行猶予が保護観察付きのときはダメだが。
 以下は刑法。

(刑の全部の執行猶予)
第二十五条
   次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その刑の全部の執行を猶予することができる。
一   前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二   前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
   前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその刑の全部の執行を猶予された者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。

 とりあえずおおざっぱにそんなことで。

※ 検面、員面、巡面とは
※ 超絶マニアックデータとは
※ 裁判傍聴依存症とは

 さてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、9月は以下の2号を発行した。

第1968号 がん患者から主治医への謝礼金を騙し取り
 俺はぜんぜん存じ上げないがネットでは2億円トレーダーとかいろいろ言われてる女性の「名誉毀損」。  プラス、がん専門の病院を舞台とする、一見セレブ熟女の「詐欺」。これは報道されてないようだ。真っ向否認で…。

第1967号 弁護士の資格ねーじゃねぇか、バカ野郎っ!
 行政とのトラブルで新聞記事になったこともあるお年寄りの、「道路交通法違反」の控訴審。違反は無免許運転。いつものようにさっさと控訴棄却…だがこのお年寄りは怒りを爆発させた! 法廷を揺るがすどでかい声で怒鳴り続け、俺はメモをとり続けた。同様の思いを胸に黙って去った被告人が、いったいどれだけいたことか。

 いま購読登録をすると、以上2号がどっと送信される。そして月末まであと15号が順次送信される。そこまで無料。翌月から課金されるわけだが、なんと月額108円。無料と実質あんまり変わらないかも(笑)。

 今年もあとわずか。12月、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は創刊9年目に突入する。よく続いたもんだ。読み支えてくださる読者諸氏に感謝!

 ←9月6日16時40分現在、週間INが80で3位~。weep

« 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! | トップページ | 56歳巡査部長に何があったのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 控訴審の進行に怒りを爆発させた被告人! | トップページ | 56歳巡査部長に何があったのか »