フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の15件の記事

2017年10月29日 (日)

過疎地の医師、スピード違反で医業停止か

 私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、2009年12月創刊。そろそろ創刊9年目に突入する。その前に、第2000号に到達する。読み支えてくれた読者諸兄には、ほんと感謝感激だ。
 いま唐突に思いついた。10月31日(火)17時10分、北区滝野川の究極の居酒屋「昭和」を中心地として、全国一斉乾杯を執り行おうじゃないの。
 全国一斉乾杯とは、居場所は問わず、日時を定め、まぁおおむね同じ気持ちの者が一斉に乾杯することだ。2時間や3時間ずれてもぜんぜん問題ない。心は時空を超える、うむっ。
 早い話、飲酒の理由をまた見つけただろ? 図星かもっ(笑)。 ※「昭和」が急に休みの場合は、JR埼京線の板橋駅の東側、サイゼリアかガストか、あそこにしよう。

 さて同メルマガ、10月は以下の15号を発行した。

第1998号 84キロオーバーの医師、なんと罰金刑に!
 前号の事件の判決。医師がどんなに困ろうが自業自得、医療過疎地のお年寄りがどんな困ろうが裁判所の知ったこっちゃない。そうした裁判をさんざん傍聴してきた私は今回、びっくりたまげた。なんと懲役求刑を退けまさかの罰金刑! 他の事件との違いはどこか、それまたびっくりで…。

第1997号 過疎地の医師、スピード違反で医業停止か
 スピード違反は金で済む、と思ったら大間違い。超過速度が大きいと(首都高速なら原則超過80キロ以上は)正式裁判の法廷に被告人として立たされ懲役刑を食らう。もちろん執行猶予が付くが、それでも懲役刑は懲役刑。いろんな国家資格等がヤバくなる。今回の被告人は医師で…!

第1996号 可愛い子を触りたい、分からないじゃないが
 電車内痴漢。くり返してしまう理由をとうとう述べた。混雑した電車内で好みの女性、おとなしそうで触っても抵抗しない女性がいるとつい…。カウンセリングへ行くと約束して執行猶予付き判決で終わったが3年前。同姓同名の痴漢事件がまた東京地裁へ出てきた! タイトルは裁判官の言葉。

第1995号 前科8犯の元組員、オバケが怖い理由とは
 いわゆる隣人トラブルの事件はぽつぽつある。今回のは、上の部屋の高齢女性が深夜にどーん、ばーんと床(被告人の天井)を踏んだことがきっかけ。被告人は元組員で前科8犯なのに、聖書の勉強をしており「オバケ」が怖いんだという。その理由が…!

第1994号 今日から生まれ変わるんだぞ、なぁ、と泣き
 被告人は摂食障害(食べ吐き)の若い女性。万引きをくり返し、罰金刑を受けて間もなくまた万引き、その件で起訴状の送達を受けて間もなくまた万引き。2件の万引きの裁判なのである。衰弱がひどいそうで車椅子だった。裁判官はどう裁き、被告人とその父親はどう受け止めたか、嗚呼…!

 以下の4号は10月21日にお知らせした

第1993号 14歳女子に痴漢、13歳女子に性交類似行為
第1992号 あの震撼事件、原判決破棄で無期懲役か!?
第1991号 前を見て、横を確認して、次の瞬間死んでいた 
第1990号 飲酒運転でパトに追われ時速160キロで!

 以下の2号は10月14日にお知らせした

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

1710272 じつは私自身もこのメルマガの読者だ。自分で書いたものが読者諸氏にどんな形で届くのか、見ておかねばならぬと購読登録したの。どうせ月額108円だし(笑)。

 購読登録するに当たり、1日(ついたち)に登録しなければ損する、と思った。が、月半ばの登録でもその月の号は全部送信されると分かり、安心して登録した。ケチくせぇ話や~。weep

1710273 なことより、医師、公務員、不動産業者などは「たかがスピード違反」で職を失いかねない。そんなこと誰も知らない。受任した弁護士さんは苦慮するらしい。私は過去に相談を受けたこともある。
 第1997号、第1998号は、あれは滅多にあるケースじゃないけども、弁護人と裁判官の目の付け所の違いという点では若干の参考になるかも。

 さて10月は残り3号だ。逮捕、勾留されて実名報道され、頑張って手に入れた念願の仕事を失ったが、しかしっ、かえって幸せをつかんだんじゃないかという感動の事件(普通想像もつかないはず)とか、未レポートの事件がいっぱい溜まっている。週4号もの発行なのに、到底全部はレポートできない。とりあえず次号を何にするか、悩む。

1710274 27日(金)、4時間睡眠で朝から裁判傍聴。濃い事件が多くてあまり居眠りできなかった(こらっ。笑)。なのに17時過ぎ、「今週はよく頑張りましたね」ということで、究極の居酒屋「昭和」へ。ミヤフローラEXをかみ砕いて服用し、黒ホッピー、ナカ4杯、つまみ4皿、きっかりチケット10枚(1100円)を飲食し、1時間ちょいで切り上げて帰宅。もう堪らず20時頃にベッドへ。
 ところが22時頃、すっきり気持ちよく目が覚めた。吐く息に酒臭さは全く感じられない。風呂に入り、新たにまた焼酎を飲み始めた、1合ちょい、ね。
 前夜に飲んだ酒が朝まで残り、自家用車やバスやパトカーを運転し、という報道がよくあるが──私個人の実感でいえば──ミヤフローラEXを飲んでおけば楽々セーフだったのに、「知らない者は損をする」はこういう場面でも真実なのだな、と思う。

※画像はそのつまみ4皿。うずらの卵のカツとハムカツ、根菜の煮物(チョー旨い!)、豚肉を焼いたの、サラダ。これら4皿を、ホッピーのナカを4回おかわりしながら食べ、1100円ぽっきり。何年か前に初めて来たとき「そんな馬鹿な! あり得ない!」と何度叫んだか(笑)。

 ←10月28日0時20分現在、週間INが170で1位~。happy01

2017年10月26日 (木)

陰茎を肛門に挿入して傷害を負わせた

 10月25日(水)は東京高裁、東京地裁で7件を傍聴した。
 アルベルト・モラヴィア氏の『眠くて死にそうな勇敢な消防士』ならぬ眠くて死にそうな熟練の裁判傍聴師(傍聴席で居眠りかよっ!)として印象深かった事件を挙げるなら…。

1、「強盗殺人、強盗強姦未遂」の控訴審第1回
 すでにFNNが「被告の男「無期懲役だと開き直る」」と報じている。開き直りのほかにも被告人はとんでもないことを言っていた。ただし知的能力は高そう。そこが嗚呼なるほどで…。

2、「過失運転致死」の控訴審判決。
 小4男児が死角となる電柱の影から飛び出した可能性があると、原審は無罪だった事件。原判決破棄、差戻し! 交通事故の実況見分は必ず0.1メートルまで特定する。そのウソっぽさを私は常々感じていたが、裁判官は興味深いことを言うのだった…。

3、「傷害」の審理(地裁)
 遺産狙いで父親の殺害を依頼したとされる事件。否認。今日は論告弁論。求刑は懲役2年。その殺し屋の裁判も私は傍聴しており…。

4、「詐欺」の審理(地裁)
 裏口入学を持ちかけ総額1億3千万円以上を騙し取ったとされる事件。被告人は50代の女性。被告人質問で弁護人から「生い立ち」を尋ねられ…。

5、「住居侵入、強姦致傷」の控訴審判決。
 被告人は20代で韓国籍。通訳付き。強姦し、口淫させ、肛門に陰茎を挿入。「致傷」は肛門についてだった。弁護人の控訴趣意を聞き、私は思った。なんだそれ、なんでも食いつきゃいいってもんじゃないだろと。原判決破棄、その理由は…。

Img_1628 メルマガ次号は、オービスによる超過84キロで懲役3月を求刑された医師が、なんとなんと極めて異例な罰金10万円に! の事件と決めている。同種事件を扱う弁護士さんは必読と思うです。
 次々号では、以上5件のうちどれをレポートすべきか、悩む。ま、とりあえず寝よう。もう眠くて死にそうなので。

※ 画像は、北区滝野川の究極の居酒屋「昭和」。左は、大根とにんじんとタルタルソース的なものと、とんかつと魚のカツ。右は茄子とピーマンと豚バラ肉の、なんだっけ味噌炒めみたいなの。いずれも1皿チケット1枚(110円相当)。旨かった~。ホッピーセットはチケット2枚(220円相当)。ナカは1枚(110円相当)。そんな馬鹿な! あり得ない! という居酒屋なのである。外国人観光客に知られたら大変なことになる。でもいずれ知られるだろう。高い金を払って英語学校へ通うより「昭和」で飲め、ということになったりして。心配は尽きない(笑)。

 ←10月26日0時00分現在、週間INが220で1位~。happy01

2017年10月25日 (水)

反則金が6百億円台を割った!

 スピード違反は、反則金か罰金(上限10万円)か、とにかく金で済むと、『ドライバー』や『ラジオライフ』の以前からの読者氏、また拙著やメルマガの読者氏以外は思い込んでいるようだ。
 でもそりゃ大間違い!

Img_1624 超過速度がめちゃめちゃ高いと、原則、地裁へ公判請求(正式な裁判への起訴)をされて懲役刑を求刑される。
 普通は必ず執行猶予が付く。つまり直ちに刑務所行きとなることはない。
 ところが、公務員や医師や不動産業者などは、執行猶予付きでも懲役刑を食らうと、失職、医業停止、免許消除がヤバくなる。

 首都高速の場合、懲役求刑かどうかの境目は超過80キロだ。
 超過速度が80キロ台は懲役3月、超過90キロ台は懲役4月、上限は懲役6月。
 地方の、片側1車線で制限40キロの道路なんかだと、超過60キロ台で懲役求刑だったりするようだ。

Img_1625 正式な裁判の法廷に被告人として立たされて初めて、スピード違反でも懲役刑があるのだと知り、「どうか罰金刑に!」と必死にお願いする、しかし裁判官は量刑相場を崩さず、無惨に執行猶予付き懲役刑とする、そういう裁判を私はさんざん傍聴してきた。

 10月24日(火)、まさにそういう裁判の判決があった。被告人は医師、超過84キロ、求刑は懲役3月。
 なんと判決は罰金10万円だった! 非常に珍しい!
 なぜ裁判官は罰金刑を選択したのか、他の事件と違う点がひとつあった。同種事件をさんざん傍聴してきた私にとって、非常に、なんというか…。メルマガ次号でレポートしよう。

 画像は、先日警察庁でたっぷりコピーしてきた「交通事故統計年報」の一部、罰則を伴う交通違反のデータだ。
 2016年、取締り件数がついに600万件台に突入した。反則金納付額はついに500億円台にまで落ち込んだ。これは何を意味するのか、メルマガ第1994号の編集後記に書いた。
 ちなみに、「1件当たりの金額」つまり単価がどんどん減っているのは、2006年6月以降、駐車違反の多くが反則金から放置違反金へ移ったこと、スピード違反取締りの減少幅が大きいせいと思われる。
 駐車違反とスピード違反は、他の違反に比べて取締り件数が多いうえ反則金が高いのだ。

 さて今日は、逆転有罪かもしれない交通事故の判決と、父親殺害を殺し屋に依頼したとされる事件の論告弁論を傍聴に行かねば。私は殺し屋のほうの裁判も傍聴しているので、こっちも見逃せないのだ。じゃねっ。

 次はこれを読もうと。

 ←10月25日8時50分現在、週間INが220で1位~。happy01

2017年10月23日 (月)

日本はスプレー落書きOKと思った?

 「新宿ゴールデン街“落書き”カメラに男の姿」と10月17日付け日テレニュース。
 裁判傍聴ジャーナリストとしては、だいたいどんなニュースを見ても「そういえば似たようなのを傍聴したっけ。あの事件は…」と何件か思い出してしまう。

 落書きの事件もたまに法廷へ出てくる。外国人のは昨年12月に傍聴し、メルマガ第1826号「結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ」でレポートした。以下はその一部。若干加筆等する。

 12月20日(火)、片仮名氏名の被告人が4人、という「器物損壊、建造物損壊」の新件があった。酔っ払って街で暴れたとか、そんな事件かな。

 開廷表の被告人氏名は、3人が普通にアメリカ方面風で、残る1人は「なんだそれ!」だった。
 5つの部分から成るその氏名のうち2カ所を俺の氏名に置き換えれば、「リョウイチ・ザ・フォース・イマイ・スウィートランド」だ。
 外国じゃそんな氏名もありなのか。日本にもキラキラネームはあるけどさ。

 ちょっと時間が空いたので、14時10分頃に行ってみた。
 13時30分~17時、東京地裁813号法廷(52席、家令和典裁判官)で「器物損壊、建造物損壊」の新件。

 傍聴人は、入国管理局の若者が3人(制服と階級章で分かる)と、白人女性が1人と、関係者か日本人風の女性が1人と、マニア氏が1人、なんか若い男性が1人、俺が入って8人ぽっちだった。
 こういうのは不人気だね~。

 始まりが遅れたのか、人定質問で手間取ったのか、ようやく起訴状朗読の通訳をやってるところだった。4人は渋谷のビルとかで何かしでかしたらしい。
 ぎょっ、1人はスキンヘッドの頭も顔も刺青だらけ、すっげぇな! 他の3人は普通に白人の若者風だった。

 続いて裁判官が、起訴状の内容にどこか間違ってるところはあるか尋ねた。通訳人が通訳。4人の認否は…。
 被告人Gは「Yes」、Mは「Guilty yes」、Lは「Ah guilty」、上記変わった氏名の被告人は「Yes guilty」。
 外国じゃそんなふうに言うんだ~。

 若く美人系の検察官が冒頭陳述を始めた。まず身上から。
 Gは大学中退で現在はレストランの店員、Mは高卒で塗装工、Lは高卒で内装工、変わった氏名の被告人は高卒で自動車会社の塗装工。
 4人ともアメリカ生まれ、本国では両親と弟などを暮らしてるんだそうだ。日本での前科は不見当。

 今年9月9日、短期滞在で日本に入国。日本ではスプレー缶で落書きを行うことを考えており、日本の画材屋でスプレー缶などを買い込み、渋谷のセンター街で順次犯行に及んだのだという。
 あとでネット検索したらヒットがあった。以下は9月21日付け時事通信の一部だ。

「渋谷は落書きOKと思った」=ビルにスプレー、米国人逮捕-警視庁
 東京都渋谷区のセンター街でビルのシャッターにスプレーで落書きしたとして、警視庁渋谷署は21日までに、建造物損壊などの容疑で、住居不詳、自称飲食店経営■■■■■・ジョン・ゴーガン容疑者(42)ら米国籍の男4人を逮捕した。同署によると、ゴーガン容疑者は9日に現行犯逮捕された際、「渋谷は落書きしていいと思っていた」と話したという。

 スプレー缶による落書き事件を俺は何件か傍聴してる。
 たとえば仲間と2人でやりまくった「建造物損壊、器物損壊」は懲役1年8月、執行猶予3年、未決50日算入だった。
 カナダ国籍の男が日本テレビの壁に落書きした「器物損壊」は懲役1年、執行猶予3年だった。

 14時20分頃、俺はそっと出て…。

Img_1594 そっと出て、14時30分から「結婚間近の25歳消防士が突如命を奪われ」の事件を傍聴したのだ。大変な事件だった!

 メルマガ次号は「建造物損壊」をレポート予定。それは落書きじゃない。アパート自室の破壊だ。被告人は59歳、過去に「暴力団組員として稼働」。
 被告人質問でこんな部分があった。

弁護人 「オバケは怖いですか」
被告人 「オバケが怖くて電気つけて寝てます」

 元「暴力団組員」がオバケが怖い? なんだそれ。ところが理由を聞いて私は、うわぁとなったのだった…。

※画像は、「ビートたけしのTVタックル」の控え室にて。大きな鏡があり、あそうだ、さっきメイクしてもらったんだ、この機会にプロフィール写真を撮っとこう、うふふ、と鏡に向かってシャッターを切った。カメラは鏡面に焦点を合わせるからボケるかもと、撮ってから気づいた。しかも控え室の鍵の赤いひもが…。とはいえ写真的には、赤が良いアクセントになり、ボケててちょうどいいってもんだ(笑)。

 ←10月23日0時50分現在、週間INが170で2位~。happy01

2017年10月22日 (日)

高速道路にスペアタイヤを落としたら

 以下は10月21日付けNHKニュース、の一部。

中国道親子死亡事故 スペアタイヤ無いトラック見つかる
 今月18日、岡山県の中国自動車道で、落ちていたタイヤにトレーラーが乗り上げ、路肩に避難していた親子2人が巻き込まれて死亡した事故で、警察が事故の前に現場を通過した車を調べたところ、スペアタイヤが無くなっているトラックが見つかったことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は運転手から話を聴くなどして事故との関連を調べています。

 高速道路でスペアタイヤを落とすと、道路交通法上どうなるのか、ということだけ以下簡単に。
 まず、道路交通法第75条の10がこう規定している。

(自動車の運転者の遵守事項)
第七十五条の十
 自動車の運転者は、高速自動車国道等において自動車を運転しようとするときは、あらかじめ、燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量又は貨物の積載の状態を点検し、必要がある場合においては、高速自動車国道等において燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量の不足のため当該自動車を運転することができなくなること又は積載している物を転落させ、若しくは飛散させることを防止するための措置を講じなければならない。

 高速自動車国道等とは「高速自動車国道又は自動車専用道路」をいう(第75条の3)。
 第75条の10、の罰則は第119条第1項第12号の3と、同第2項。その部分だけ以下に抜粋する。

第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。   
 十二の三 第七十五条の十(自動車の運転者の遵守事項)の規定に違反し、本線車道等において当該自動車を運転することができなくなつた者又は当該自動車に積載している物を当該高速自動車国道等に転落させ、若しくは飛散させた者
 過失により前項第一号の二、第二号(第四十三条後段に係る部分を除く。)、第五号、第九号又は第十二号の三の罪を犯した者は、十万円以下の罰金に処する。

 本線車道等とは「本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線」をいう(同第75条の11)。
 この罰則について『執務資料道路交通法解説 16-2訂版』はこう解説している。

 燃料不足等で運転できなくなった場合であっても、路肩又は路側帯に自動車を乗り入れて停止すれば処罰されないことになるが、積載物の転落、飛散については、路肩や路側帯のみ転落、飛散させた場合であっても処罰されることになる。

 第2項、過失犯の処罰規定についてはこう解説している。

 積載物について点検はしたが、十分な点検をせず、そのため、運転していて積載物を転落させた場合がこれに当たる。

 第75条の10の違反は「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」。反則金は大型車が1万2千円、普通車が9千円、二輪車が7千円。反則金とは要するに、取締りに不服のない人のための便宜的なペナルティだ。

Img_1218 私は昔、北陸自動車道を自家用車で運転走行中、燃料計ではガソリンはまだ十分あるはずなのに、なぜかぷすぷすっと動かなくなったことがある。あとでガソリン切れと判明した。燃料計はかなり当てにならない場合があると、そのとき初めて知った。
 路側帯に停まった私は、三角の反射板を出し、目測50メートルほど後方に置いた。発煙筒はどうしたか忘れた。
 ぼーっと運転しているトラックとか路側帯へ突っ込んでくることもある。私はガードレールの外へ出た。そこはぼうぼうの草むらで、夏だったもんだから虫がいっぱいいて…。

 ←10月22日6時20分現在、週間INが190で1位~。happy01

2017年10月21日 (土)

バカなことをしでかす者は、その行為以前に本人がバカなので

 ブログ更新を怠ってしまった。あおり運転、交通トラブルのことで、新聞、週刊誌、テレビの方から電話とメールを続々といただき、大変だったのだ。
 画像は、あるスタジオ収録の控え室にあったお弁当。ちらっと見てみたら旨そうで、私は糖質制限食だしこれだけ食べたら血糖値が上がって急激に眠くなりそう、なのだが、ちらっと箸をつけたら止まらず、一気に全部食べちゃった。旨かった~。
 大満足して廊下へ出たら杉村太蔵さんがいて、少しお話しした。テレビで見るより何倍も格好良かった、という話は第1993号の編集後記に書いた。

 さて、「「ぶっ殺すぞ」と脅迫か あおり運転し注意され逆上」と10月20日付けテレ朝ニュース。同種の事件が続々と報道される。
 もしや模倣犯なのか。そうじゃないと思う。

Img_1598 私は15年近く、事件数で7400件以上の裁判を傍聴をしてきた。交通トラブルが発端の「傷害」「暴行」「器物損壊」は普通にぽつぽつ法廷へ出てくる。死亡に至る事件もあった。交通トラブルがらみの無罪もあった。トラブルの発端は、主に追い越し(追い抜き)とクラクションだ。
 今回は、東名高速でのあのご夫婦死亡の事件があまりにショッキングで、今までいちいち報道されなかった似たような事件が出てきているんだろう、私はそう推測する。

 一般論として、バカなことをしでかす者は、その行為以前に本人がバカなのである。バカに常識、良識、正義、法律は通用しない。たとえば常識を説けば逆上するだけ…。数々の事件の傍聴席からはそう思える。
 私だけでなく裁判官、検察官も当然に分かっている可能性がある。彼ら彼女らは、法廷へ出てきた事件を相場通り有罪にするのが本来の仕事とはいえ、多くの事件から教訓じみたものを得ることはあるはず。それを社会へ向け発表すれば、どれだけ有益か!
 しかしそんなことには絶対ならない。大きな社会的損失かと思う。

 その損失を少しはカバーする役割も負う、メルマガ「裁判傍聴バカ一代 」は、10月は以下の10号を発行した。
 追記: 第1989号「東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任」が、22日オンエアの『ビートたけしのTVタックル』で話した東北道での同種事件のレポートだ。弁当はそのときのもの。

第1993号 14歳女子に痴漢、13歳女子に性交類似行為
 地道に働いているらしい中年男性なのに、ローティーン狙いで罰金前科3犯。性嗜好障害の治療を行うと約束していたが…。  プラス、万引きで執行猶予中にまた万引きをやって実刑判決を受け、高裁へ控訴して、その控訴審が始まる前にまた万引きをやった事件と、79歳の男性クレプトマニアの事件…。

第1992号 あの震撼事件、原判決破棄で無期懲役か!?
 「保護責任者遺棄致傷、強制わいせつ、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、強制わいせつ(変更後の訴因 わいせつ誘拐、強制わいせつ)、殺人、強制わいせつ致傷」の控訴審第1回。どんなやり取りがあったか…。

第1991号 前を見て、横を確認して、次の瞬間死んでいた
 前号の続き、被告人のBMWを追跡するパトカー、160キロで激突されたタクシー等々の、6つのドライブレコーダーの録画映像が法廷で再生された。恐ろしいほどリアル! ただ、誰1人言わないんだけれども、これは警察が招いた事件だったのでは? というものを私は感じて…。
 
第1990号 飲酒運転でパトに追われ時速160キロで!

 前年3月に全ニュースがくり返し大々的に報じたとんでもない交通事件が、とうとう裁判員裁判の法廷へ出てきた。弁護人は危険運転について、解説書的にも判例的にもとおるはずのない無罪主張を、芝居がかって本気っぽくやるのだった。どういうつもりなのか。弁護人って何なのか。 

 以下の2号は10月14日にお知らせした

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

 いま購読登録すると、以上10号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から課金されるわけだが、その額は月108円。無料とあまり変わらない、今井はバカ? だから「裁判傍聴バカ一代」なのだ、ふふ。

 急に寒くなり、もうシャワーはダメ、風呂をわかした。3冊200円の1冊として買ったこの本を湯船で読んだ。人物が多数出てくるともう誰が誰だか分からなくなり、読み進める意欲が失せてしまう私だが、この本は、各人物に対する著者の思いが強いのか、リアルにぐいぐい読み進められた。体が温かいうちに寝よう。

 ←10月21日0時50分現在、週間INが190で1位~。happy01

2017年10月17日 (火)

車間距離オービス、車間距離不保持の取締り件数

 以下は10月16日付けTBSニュースの一部。

“あおり運転”など車間距離不保持、去年の摘発7625件
 前方の車に接近してあおるなど、道交法の「車間距離不保持」に該当する違反で摘発されたケースが、去年は全国で7625件にのぼっていたことが警察庁への取材でわかりました。
 今年6月、神奈川県の東名高速で追い越し車線にとめさせられた夫婦が死亡した事故で、過失運転致死傷などの疑いで逮捕された石橋和歩容疑者(25)は、事故の直前に夫婦の車に極端に接近するなど、“あおり運転”をしていた疑いが持たれています。
 警察庁によりますと、こうした“あおり運転”を含む道交法の「車間距離不保持」に該当する違反で摘発されたケースは、去年、全国で7625件あり、このうち高速道路での違反は9割近く(6690件)を占めていたということです。また、「車間距離不保持」が原因で起きた事故は去年は1229件で、このうち高速道路での事故は75件だったということです。

 主な交通違反の、違反別の取締り件数は、警察庁が毎年ネットで公開している分厚い文書の中にある。それは、全取締りと、高速道路のみの取締りとに分かれている。
 高速道路についてのみ、車間距離不保持の件数がある。その件数を少しあげてみる。「/」の右側は、高速道路における超過40キロ未満の取締り件数だ。

 2016年   6690件/36万3980件
 2015年   7571件/37万2886件
 2014年   9033件/36万8605件
 2013年 1万1973件/39万4143件
 2012年 1万4822件/38万7183件
 2011年 1万5753件/36万0190件
 2010年 1万5941件/37万8411件

 こうしてみると、速度取締りはあんまり変わらず、車間距離不保持は多いときの半分以下になってるんだね。

 車間距離不保持の取締り方法を私はよく知らないが、目視で現認し、「前者との車間約22メートルで約5秒間運転走行した」とかいった形で書類をつくるのかな。

 目視ではなく機械装置でやる方法もある。
 「車間距離不保持違反取締装置、商品名ホークアイ」。2003年に警視庁(つまり東京都警察)が初めて導入してから全国に拡がり、最後は2007年5月、沖縄県警が配備したそうだ。2007年5月24日付けの沖縄タイムスがこう報じている。

 同装置はレーザー距離計のほかにカメラや衛星利用測位システム(GPS)を内蔵しており、画像や正確な場所も記録される仕組み。パトカーで並走しながらレーザー距離計で車間距離を測る。

 そのホークアイの「取扱説明書」を開示請求してゲットしたことがある。
 レーザー測定機やプリンターなどを内蔵したお弁当箱を立て、上辺にCCDカメラを取りつけたような外観だ。助手席から測定する。
 画像は、「表示画面と表示項目」というページ。ホークアイのトリガーを引く(測定スイッチを押す)と、ピピッと電子音が鳴り、そこにあるような静止画像が保存されるんだという。 ※私のパソコンは画像の向きを変えられないのだ、ごめん。

Img_1580 測定距離が「車間25.3m」と表示されている。これは「測定器から先行車までの測定距離」。ホークアイは、トラックの前の乗用車と、パトカーの助手席との距離を測る。そして画像から、「トラックと乗用車の車間が25.3mより短いことは画像から明らか。間違いなく違反だ」とトラックを取り締まるわけだね。

 「参考遵守車間」が「<30m」となっている。
 これは、「測定時速度(m)×1.2÷3600(少数切り捨て)」という計算式によるんだそうだ。時速100キロなら「100,000×1.2÷3600」で33m。
 測定距離が参考遵守車間に満たない場合、測定距離が赤色で反転表示される。日時や道路名はもちろん、GPS機能によりキロポスト値まで表示され、高性能な「車間距離オービス」といえる。
 あおり運転者が「そんなに車間をつめてない。証拠はあんのか」とかゴネても、写真があるから一目瞭然。その意味でも優れた装置といえるかもしれない。

 ともあれこの文書から分かるのは、高速道路で時速100キロでの車間距離不保持は、だいたい30m以内まで前車に接近すれば取締りの対象になるらしい、ということだ。
 参考になった! という方は是非、私のメルマガのサンプル号のページをクリックしてください。 ←関係ねーだろっ(笑)。

 ←10月17日10時10分現在、週間INが190で1位~。happy01

2017年10月16日 (月)

元女子マラソン選手の万引きと中村海山裁判官

 メルマガ第1973号の編集後記に書いたこと、これも裁判傍聴ジャーナリストとしてここにコメントしとこう。
 以下は9月6日付け産経新聞の一部。伏せ字は私。

「ストレスがあった」 万引のマラソン元日本代表、原裕美子容疑者を起訴 化粧品など約2600円相当窃盗の罪
 陸上の世界選手権女子マラソンの元代表で契約社員、原■■子容疑者(35)=栃木県■■市=がコンビニエンスストアで化粧品など計約2600円相当の商品を万引したとされる事件で、宇都宮地検足利支部は6日、原容疑者を窃盗の罪で起訴した。被害額は少ないが悪質と判断したとみられる。

 マスコミがいう「起訴」はイコール公判請求、つまり正式な裁判への起訴のことだ。したがって原さんは、正式な裁判の法廷に被告人として立たされることになったのだ。

 「被害額は少ないが悪質と判断」って、どんだけ悪質な犯行だったんだ?
 いいえ、犯行自体の悪質性は関係ありません。
 公判請求するかどうかは、前科による。犯行自体の悪質性とかぜんぜんなくても、同種罰金前科が2犯程度あったりすれば、量刑相場の階段を普通にのぼらせて公判請求、そういうことになっているのだ、万引き処理システムは。
 てか罰金前科なしでいきなり公判請求するはずがない!

 公判請求されるのが初めてなら、判決は鉄板で執行猶予付き懲役刑だ。
 もしも原さんが万引き病なら、執行猶予中にまたやる。やって量刑相場の階段をさらにのぼらされ、刑務所へ落とされる。そういう女性はほんとによくいる。続々と法廷へ出てくる。

 こういう有名人の万引きが出てきたとき、各局のワイドショーが、あるいは新聞各紙が、万引き病およびそれに対する検察、裁判所の愚かさを、がつんと、そしてしつこく報じてくれれば、救われる人がたくさんいるだろうに、と強く思う。
 NHKのいわゆる朝ドラが万引き病を扱えば、オレオレ等特殊詐欺を扱えば、社会はどかんと変わるだろうに、と私はいつも夢想している。

 ところで、足利支部の裁判官は誰だ? 裁判所のサイトで調べてみた。中村海山裁判官、私は聞いたことないよっ。
 e法規の裁判官検索を見てみた。中村海山裁判官は、第58期、大阪地裁スタートで、小倉支部を経て名古屋地裁へ。それから検事になってる。訟務検事(国家賠償請求訴訟における国側の代理人)をやったのかどうか、とにかく“国家の側の者”として認めてもらったんだろう、と私は想像する。

 ところがその後、名古屋の、地裁ではなく家裁へ行ってる!
 いや私は裁判官の人事の妙については、漏れ聞く程度のことしか知らないが、なんで家裁へ? とは一般的には言えるんじゃないか。
 検事のときに、国家に逆らうことをしちゃったのかなぁ、って完全に当方の妄想ですけど。

 さぁ、そうなると、原さんを被告人とするその「窃盗」の裁判を、中村裁判官はどう裁く(捌く)のか、傍聴したいっ!
 ただ、足利支部は遠いし、行って傍聴券抽選で外れたらがっくり、立ち上がれない。どぉしよう…。
 と言いつつ、第1回公判の期日を調べてしまった。11月かぁ、マジどぉしよう。と言いつつ、東京からだと東北自動車道のあのインターで降りるのがいいかなと調べ、紛失していたETCカードを再発行してもらい…。

 これ、売春女性ばかり注目されるなか、買春おじさんに注目した本なのだという。ほ~。
 週プレの書評ページで、鈴木涼美さんがこう言っている。
「おじさんたちに共通するのは、コミュニケーション能力が高くないという点ですね。この本にも登場した、つい名言を連発してしまうおじさんや、付き合ってもいないのに『お互いのために別れよう』とロマンチックに別れを切り出してくるおじさんもその典型ですが、おじさんたちのなかには『カッコいい自分』が主人公の壮大なストーリーが出来上がっているんだと思います。でもそのストーリーは…」
 読みたいっ。
 ちなみに私は、申し訳ないけど──ってなんでそこで謝るねん(笑)──買春をしたことがない。しそうになったことはある。その日は客入りが悪かったのか、金沢市内の2人きりのスナックで、「5千円でいいから、ねぇ、サービスするから」と熱く言われ…。そういえば雪がしんしんと降り積もる弘前駅の近くでも…。真っ白な雪の中に黒いショールをまとってぽつんと立ち「安くしとくから」と言ったあの売春婦は、メーテルのように見えなくも、なくもなかったような…。

 ←10月16日00時10分現在、週間INが170で2位~。happy01

2017年10月15日 (日)

芸能人の薬物事件、裁判傍聴ジャーナリストがコメントすれば

 「清水アキラさん三男、覚醒剤使用で逮捕」と、たとえば日テレニュース。
 裁判傍聴ジャーナリストとしてコメントさせてもらえば…。

171013 違法薬物の裁判とか多数傍聴してて思うのは、違法カジノ店のこととか、悪い奴らが周辺にいて、親しくしてたのかなぁっこと。
 有名芸能人と親しくしているところを見せて見栄を張り、かつ金を引っ張りたい者が、ニコニコちやほやと近寄ってくるはず。
 「三男」氏が、違法カジノ店と知らず賭博をやらなかったとしても、誘った者はいずれ大金を落とさせようと企んだんじゃないか。

 清水アキラさんは「育て方が厳しすぎたか」旨を述べたという。絶対に逆らえない形で厳しく育てるのは良くない可能性があるように思う。
 少年院や刑務所へ出たり入ったりしている者は、犯行の動機等については口が重いのに、裁判官が満足して結審しやすくなる反省の言葉、再犯しないことの誓いの言葉だけはすらすら上手に出てくる、そういう傾向がある。

 法務省の統計から、「覚せい剤取締法違反」の2016年の既済人員を一部拾えば…。

 公判請求 1万3479人
 略式命令請求 0人
 不起訴 3394人
   内数 起訴猶予 1118人
   内数 嫌疑不十分 1981人

 略式命令請求が0人なのは、覚せい剤の使用、所持には罰金刑の選択肢がないから。
 統計上、「三男」氏は公判請求され、東京地裁の法廷へ出てくる可能性が高い。時期的には、通常の進行だと12月中だろう。傍聴券抽選で、主に“並び屋さん”が数百人並ぶことになるのか。
 現在報道されている限りでは、1回結審、なんとか年内に判決、相場どおり「イチロクサンネン」(メルマガ第1986号)ってことになるはず。

 そうした裁判には情状証人が付きもの。奥さんが証人出廷し、「何度も面会に行った。本人の反省は著しい。離婚せず、見守り監督していく。万が一怪しいことがあったら警察に相談、通報する」と誓う、そんなシーンが展開される可能性は高いかと思う。

171013_2 清水アキラさんは情状証人として出廷するか。
 どうなんだろ、どうせイチロクサンネンの裁判に証人が2人も出廷する必要はない。奥さんだって出廷せず誓約書とか提出するだけでも、イチロクサンネンは変わらないはず。
 とはいえしかし、奥さんをマスコミの好奇の目にさらさず、清水アキラさん1人が証人出廷するのもありかと。

 息子の薬物事件で証人出廷した芸能人としては、音楽家の竹内享さんがいる。法廷の居住まい、証言も、そのあとのマスコミ対応も、すごかった。私は感動した。メルマガ第1609号「息子の大麻事件、証人は元チェッカーズの!」でレポートした。

 ほか芸能関係の薬物事件といえば、爆笑問題さんの元マネージャー氏の「覚せい剤取締法違反」も傍聴した。
 あのとき、事務所の社長、太田光代さんは、所属タレントと社員全員に病院で薬物検査を受けさせる、まず自分から、とツイッターに書いた。そんなことをする芸能事務所がかつてあった?

 元マネージャー氏はじつは「自動車運転過失傷害」で執行猶予中だった。その「自動車運転過失傷害」も私は傍聴した。その裁判で、太田光代さんが被害者に対し普通考えられない手厚いことをした、という話が出てきた。
 薬物検査の話といい、すっごい女や! と私は胸が熱くなった。

 薬物検査といえば、「週1回、市販のキットで検査します」と家族等が証言するのを、私はまだ聞いたことがない。そんなキットは市販されてないのか? と検索してみたらあった!

 へ~、知らなかった!
 ま、こういうので定期的に検査すると証言してもしなくても、裁判的にはイチロクサンネンはイチロクサンネンなのだが。

 どうですかね、日々の事件についてこんなコメントをする裁判傍聴ジャーナリスト、ありかなと思うんですけど。

 画像は本文とは関係ない。マニア氏の撮影による、四国のどこかの鉄道車両。四国の普通列車には車内トイレがあまりなく、駅のトイレは汲み取り式で紙なしだったりするんだそうだ。
 汲み取り式といえば、私が昔、オートバイ旅行で泊まったユースホステルは汲み取り式で、臭気が目にしみて目を開けられなかった。あそこに数分間いたら死ぬんじゃないかと。遠い夏の思い出だ(笑)。

 ←10月15日18時00分現在、週間INが180で3位~。happy01

2017年10月14日 (土)

東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任

171013 「世田谷暴走事故 危険運転は否定」と10月11日付けNHKニュース。 ←私の禿げ頭を探さないでね。sweat01
 この「道路交通法違反、危険運転致死傷、詐欺」を傍聴するため3日連続朝から裁判所へ通ってたうえ、東名高速でのあの重大事件のことで複数のテレビ、新聞から電話やメールをもらったりしてたもんだから、どうにもこうにもブログ更新の時間を取れなかった。朝から夕方まで裁判所にいると、帰宅後のデータ整理にもだいぶ時間を食うのだ。

 「危険運転は否定」について。
171013_2 「赤信号をことさらに無視」は、信号灯火を意に介さず突っ込んだものも含むと、解説書、国会答弁、判例等から明らかなのに、本件弁護人は、赤色灯火を認識して無視するもののみがことさら無視であり、よって被告人は無罪だと熱弁した。
 どうしてああいう熱弁をするのか、かなり興味深い。あとでメルマガで。ちなみに被告人の兄弟と思しき人物の「窃盗、恐喝」の判決が9月下旬に言い渡されており…。

 12日(木)は14時から、東京高裁のほうで「殺人ベビーシッター控訴審でも嘘泣き?小児性愛の話が出ると星柄ハンカチで…」(10月13日付け東京スポーツ)も傍聴した。検察官、弁護人の双方控訴。一審判決は懲役26年で、検察官は無期懲役を求めている。
 同日16時10分、同じ東京高裁第6刑事部(大熊一之裁判長)は、オイルマッサージ店の「準強制わいせつ」で、一審の無罪をガツンと破棄して懲役3年を言い渡し…。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、10月は以下の6号を発行した。

第1989号 東名夫婦死亡、無理やり止めた男の賠償責任
 いま大報道されている事件とよく似た裁判を私は傍聴していた。大型バスの車線変更に「抗議」するため、前方に回り込んで徐々に減速、バスを行車線上に停止させ、バス運転手に対し降りてくるよう執拗に求め、そこへトラックが突っ込み…! その裁判で「納得いかねぇ!」という話が出てきた。今回の大報道の事件もそうなるのか。

第1988号 万引き女子、入籍記念日は懲役判決記念日
 前号からの続き。今回の万引き女子(セクシー美人)には5年前に罰金20万円の前科があるのみ。検察官は懲役刑を求刑。弁護人は段階的処罰の観点から罰金30万円が適当と主張した。そのせいで、あらら…という展開に。こういうシーンをレポートするのが当メルマガの社会的役割かと。

 以下の4号は10月8日にお知らせした

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子! 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪

 いま購読登録すると、以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと12号が順次送信される。そこまで無料。
 じつは12日(木)と13日(金)の号をまだ発行してないのです。申し訳ない、急がねば!

※画像はいずれもマニア氏より。愛媛県松山市のかな、路面電車(streetcar)。画像上のお年寄り、どこを歩いてんのっ。画像下はダイヤモンドクロスというんだそうだ。

 ←10月14日4時050分現在、週間INが180で2位~。happy01

2017年10月 9日 (月)

訴訟費用は被告人の負担とする、とは

裁判官 「主文、被告人を禁錮1年2月に処する。この裁判官が確定した日から3年間その刑の執行を猶予する。訴訟費用は被告人の負担とする」

 たとえばそんなふうに刑事裁判の判決は言い渡される。
 訴訟費用とは何か。

P1020354b 刑事裁判を受けること自体は1円もかからない。
 かかるのは、圧倒的多くのシンプルな裁判では、国選弁護人が付いた場合のその費用、証人尋問があった場合のその費用だ。

 国選弁護人は、被告人が「国選で」と裁判所に申し出た場合に、裁判所が法テラス(法務省の下部機関)に派遣を要請するというか、そういう形だ。
 その費用は、簡裁の簡単な事件で7万円くらい、地裁で8万円台、おおむねそんな感じだっけ。長く争うと、国選だってけっこう高くなる。裁判員裁判はぐんと高いんだそうだ。

 ちなみに、昔は国選弁護人といえばお年寄りが多かった。昔は弁護士の仕事が多く、しかし国選は安く、多くの弁護士が敬遠したのだ。
 ところが、司法改革だとかいって国家が弁護士の数をどかんと増やしたのち、仕事がなくてあぶれる弁護士が増え、国選は取り合いになったとか聞く。実際、近年の国選弁護人は若い人が多い。そんな面もあるという、余談でした。sweat01

 証人は、ほとんどの刑事裁判において、被告人の父母、妻、子ども、仕事の上司のうち誰か1人だ。「今後、見放すことなくしっかり監督していく。具体的には…」などと証言する。そういうのを情状証人という。

P1010717 証人は、証言の前に「証人カード」に住所氏名等を記入する。カードには、旅費日当を請求するかしないか、丸印を付ける欄がある。
 請求して証言すると、あとで書記官または事務官から、旅費日当を交付される。父母などは請求しないのが普通だ。
 旅費は実費相当。日当は通常、4千円か4千5百円くらいだっけ、そんなもんだ。
 画像は、複数の証人から見せてもらったもの。

 国選弁護人の費用と、証人の旅費日当は、まず国が支払い、判決で「訴訟費用は被告人の負担とする」となった場合に、被告人に請求がいく。
 以下は刑事訴訟法第181条の第1項のみ。

第百八十一条 刑の言渡をしたときは、被告人に訴訟費用の全部又は一部を負担させなければならない。但し、被告人が貧困のため訴訟費用を納付することのできないことが明らかであるときは、この限りでない。

 判決の確定から20日以内に免除の申請ができる。以下は同法第500条。「○2」は第2項を意味する。

第五百条 訴訟費用の負担を命ぜられた者は、貧困のためこれを完納することができないときは、裁判所の規則の定めるところにより、訴訟費用の全部又は一部について、その裁判の執行の免除の申立をすることができる。
○2 前項の申立は、訴訟費用の負担を命ずる裁判が確定した後二十日以内にこれをしなければならない。

 私は昔、この免除の申立をして認められたことがある。うれしかったね~(笑)。

 判決で「訴訟費用は被告人に負担させない」とされることもある。
 判決で、訴訟費用に一切言及しないこともある。
 弁護人が私選で、証人が旅費日当を請求してない場合、そもそも訴訟費用は発生しない。
 弁護人が国選で、訴訟費用に言及しないこともある。その場合は不負担だ。
 負担と不負担とどっちが普通か、一概には言えない。ケースによる。貧困が絶対条件とは言えないようだ。

 以上、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」をスムーズにお読みいただくための用語解説でした。
 訴訟費用、訴費のことはマスコミ報道はノータッチだが、負担か不負担かで「お~、そうきましたか!」ということもあり、私はけっこう重視している。

 ←10月9日17時40分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年10月 8日 (日)

万引き病の裁判に異変が?

 たまたま最近遭遇してないだけ、かもしれないが、そういえば最近、「クレプトマニア」という語をぱたりと聞かなくなった、ような気がする。

「重度のクレプトマニアであり、再犯防止のためには、刑罰よりも、保釈後に開始して効果を上げている治療を継続させることが必要です」

 と主張すれば、検察官は必ず、もう喜々としてアメリカの診断基準、DSM-5の、5つの項目のうち1つ、これを持ち出す。

「個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される」 ※榎本クリニックのサイトより。

070420350 この中の「個人的に用いるのでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく」に厳密に該当するクレプトマニア、万引き病の裁判を私は見たことがない。
 摂食障害(食べ吐き)の患者は普通、食べ物(もっぱらジャンクなフード)を万引きするし、衣類だって化粧品だって乾電池だって…。
 専門医師はみな、あの基準は間違っていると証言する。※御用医師は除く。
 たぶんアメリカでも問題になってるんじゃないのかな。

 そもそも刑事裁判の裁判官は、普通に有罪にするための理由を探しているということができる。検察官がDSM-5を持ち出せば、喜々として乗っかり、弁護人の主張を退ける。
 そこを分かっているので、犯行時の所持金がたっぷりあり、資産もあるご婦人が数百円のものを万引きすれば、有能な警察官、検察官は必ず、「老後が不安で少しでも節約したかった」という調書を取っておく。

 「クレプトマニア」と言えば直ちにDSM-5で退けられる、それがパターン化してきたので、弁護人たちは「クレプトマニア」という語を使わなくなった…。
 この仮説が当たりなら、今どき「クレプトマニア」と発する弁護人は、間違いなく、私のメルマガを読んでないね(笑)。

 さてそんなわけで弁護士さんたちにもけっこうお読みいただいてる私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、10月は以下の4号を発行した。

第1987号 低級動物霊が憑依したかの如き万引き女子!
 20代の車椅子の女子は、明らかな万引き病。大量の食べ物を部屋にため込み、腐って虫がわき、カビが生え。家族が捨てるとゴミ箱から拾ってきて、食べ吐きをやるのだという。表情が乏しく、今にも「ケーン!」とか叫び啼いて天井へ飛び上がるんじゃないかと、そんな妄想さえ…。
 
第1986号 プロデューサーも写真家もイチロクサンネン
 数々の超有名アーティストを世に送り出してきた大物大楽プロデューサーも、中南米へ麻薬組織を取材に行ったとき初めて薬物を使ったという有名、有能そうな写真家も、みなイチロクサンネン、すなわち覚せい剤の初犯の決まりの判決に。

第1985号 食べると体が汚れた気持ちになり吐く、吐く
 江川紹子さんがレポートしている重度の万引き病者(30代女性)の、ややこしい経過をたどった万引き事件の判決。万引き病も凄まじいが、それを認めない鑑定医、裁判官の論法もまた凄まじいというか。江川さんのレポート時より症状は悪くなっているようで、この女性、服役中に死ぬかも…。

第1984号 鼻毛が鼻の穴をとおるより簡単な再審無罪
 東京簡裁の法廷へ「道路交通法違反再審被告事件」が出てきた。オービスによる57キロ超過で罰金8万円を払った若者が、じつは身代わりだったと判明、無罪にするための裁判だ。身代わりを頼んだキャバクラ店長の氏名が分かってびっくり。そっちの「犯人隠避教唆」の裁判を私は傍聴していた!

 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まであと14号が順次送信される。そこまで無料。
 今月は合計18号、きついっす。sweat01

※ 画像は2007年4月20日撮影。農林水産省、懐かしの第5食堂の牛めし、半食(はんしょく、ご飯半分)、350円。酢の物の酢がきつくて良かった。あの狭さも良かった。しかし撤退を余儀なくされたのだ。

 ←10月8日18時50分現在、週間INが240で1位~。happy01

2017年10月 7日 (土)

吉澤ひとみさんが不起訴となる理由

 以下は10月5日付け時事通信、の一部。

吉澤ひとみさんが交通事故=相手男性けが-警視庁
 アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーでタレントの吉澤ひとみさん(32)が東京都板橋区で普通乗用車を運転中、貨物自動車と衝突事故を起こしていたことが5日、警視庁板橋署への取材で分かった。貨物自動車を運転していた自営業の20代男性が2週間のけがをした。吉澤さんにけがはなかった。

 刑事処分は不起訴だろう。不起訴になったことを芸能マスコミが報じれば、吉澤ひとみさんが前年に一日警察署長をやったことをネット上で探しだし、「だから不起訴とは狡い、汚い」とかネット上で騒ぐ匿名者が現れるはずだ。

 有名芸能人であってもなくても、やったのが一日警察署長でも一日ホームレスでも、けがの程度が軽い事故(過失運転致傷)は不起訴なんだということ、法務省の統計からも分かる。
 以下、2016年の『検察統計年報』刑事編の第9表、「最高検,高検及び地検管内別 自動車による過失致死傷等被疑事件の受理,既済及び未済の人員」から、「過失運転致傷」のデータを一部抜き出す。

公判請求 3065人
略式命令請求 4万4766人
不起訴 41万8799人

 公判請求とは、正式な裁判への起訴。メディアはこれのみを起訴という。
Grp_0010 主に東京地裁で15年近く裁判傍聴マニアをやってきたところから言わせてもらうと、正式な裁判の法廷へ出てくる交通事故はほとんど、信号交差点で右左折時に横断歩道の歩行者、自転車を見落として衝突、最低でも手足骨折の傷害を負わせたケースだ。頭蓋骨骨折、高次脳機能障害で全治不詳というケースもよくある。
 公判請求した場合、普通は禁錮刑を求刑する。判決は普通、執行猶予が付く。

 略式命令請求とは、略式の裁判手続きへの起訴。
 これは法廷を開かない。運転者が裁判官に会うことはない。書面の不備がないかチェックし、罰金の支払命令(略式命令)を出す。「過失運転致傷」の罰金額は100万円以下だ。運転者の貧困・富裕は考慮しない。

 公判請求で処理するか、略式命令請求で処理するか、そこは検察官(検察庁)が選択する。
 公務員など、執行猶予付きでも禁錮刑、懲役刑を受けると失職等する人が、相場的に公判請求されそうな場合は、ってそれはまた別の話になるので今回はパス。
 
 不起訴とは、公訴権を持った検察官が公訴を提起しないこと。正式も略式も裁判はなく、したがって罰金も禁錮も懲役もなく終わる。

 以上3つの人数から計算すると、不起訴率は約90%。
 昔の不起訴率はもっと低かったのだが、昭和の時代に、交通事故が多くて検察、裁判所がパンクしかけたんだっけ、けがが2週間程度で、保険等によりちゃんと賠償でき、被害者が特に処罰を望んでないケースはどんどん不起訴にするよう、大きく舵をきったのだ。
 不起訴に決まってるような事件も、現場警察官は、刑事手続きにのせる事件として扱い、書類を作成しなきゃいけないわけで、そこは可愛そうだと私も思う。

 吉澤ひとみさんの違反は、せいぜい「安全運転義務違反」(要するに不注意)かと思われる。被害者は「2週間のけが」だそうだ。不起訴で終わらないはずがない。そゆこと。もちろん報道されてない何か特別が悪質さがあればまたべつだが。
※ 画像は本件とは関係ないです。

 ←10月7日16時50分現在、週間INが210で1位~。happy01

2017年10月 6日 (金)

自分の人生を犠牲にしても娘2人を!

 高橋ユキさんのツイートで、デイリー新潮の「ホリエモン「放火犯に前歯のインプラントを折られ…」 井川意高と語った獄窓対談」という記事を知った。読んだ。以下一部抜粋。

堀江 オウム真理教に入信した奥さんを殺した元経営者もいました。娘も入信させて家庭崩壊したのはお前のせいだという理由で。

 嗚呼、そういえば俺はその事件の控訴審を傍聴したっけ、と思い出し、当時のメルマガ、第556号「自分の人生を犠牲にしても娘2人を!」を読み返してみた。

Img_1245 2011年9月15日、東京高裁・刑事第10部(村瀬均裁判長)、「殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反」。同月7日が第1回だったが、弁護人がすっぽかし、15日が実質第1回だ。
 被告人はその時点で71歳。風呂上がりで上気してるように顔が赤かった。きれいな白髪のせいでそう見えるのか? いや、体がどこか悪いんじゃないかと思えた。
 14分間の被告人質問から、以下に一部抜粋しよう。

被告人 「ただ、自分の短い人生を犠牲にしても…この25年間、娘を助け…4歳のとき三女の◇◇にもそれは約束してました」

 三女が4歳のとき、妻は長女と次女を連れてオウム真理教の施設へ行ってしまい、被告人は三女に、お姉ちゃんたちを助け出すと約束した、そういうことらしかった。

被告人 「どうにもなりませんでした! 政府にも訴え、国会議員にも…宗教上の法律の不備…弁護士にも、警察にも…どんな道があったんでしょうか! 殺めていいってことには全くならない…子どもたち、娘たちは廃人になるばかりです、このまま放置しておくと!」

被告人 「私は、殺めたというより、25年間棲み着いたオウム教を絶った! 妻の命を絶ったということよりも、25年間棲み着いておるオウム教を…! しかし実際に妻が亡くなれば、やはり元の妻に戻ってるでしょうから、それは草加署の留置のときから考えていました…葬儀はどうしたんだろう…」

 途中から被告人は、明らかに震え、明らかに泣いた!

被告人 「(事件後、三女は)私はお父さんの味方だ、お父さんの子どもになって良かった! まったくこの20何年! どうにもならないっ!」

被告人 「私の命より、娘たちの命のほうが大事なんです。でも法律のおかげで、どうにもならんと! 妻がサリン事件後に反省して娘たち2人を返しておけば…こんなことはなかったと思います。私だってこの歳で刑務所暮らしなんて、耐え難いことです。ましてや(満期なら)84歳で出所なんて…! 大腸ガン…生きて出られるとは思えません、死刑といっしょじゃないですか。これもやはり、罪を犯した以上はしょうがない。あきらめざるを得ないです。でも、弁護士の方も、警察のサリン事件の…村山首相も…おそらく今まで100以上の手紙出してるでしょう」

 一審はさいたま地裁、懲役13年、未決算入は不明。東京高裁の判決は公訴控訴棄却、当審未決80日算入。あれから約6年、現在77歳くらいか…。
 デイリー新潮の記事では、長野刑務所でのその被告人(現在は受刑者)の様子について、堀江貴文氏はこう続けている。

 娘も入信させて家庭崩壊したのはお前のせいだという理由で。僕に「俺は悪くない。手記を書きたいんで田原総一朗さんを紹介して」と頼んできたりして、相当にウザかった。とにかく、トラブルメーカーで、みんなに苛められて、最終的には別の工場に移っていった。

 さぁ、メルマガ次号の執筆に戻ろう。 ※画像は東京高地簡裁合同庁舎。

 電車内での読書、『万引き女子』を読み終え、今度は古書店で3冊200円で買った1冊、『(株)貧困大国アメリカ』を読み始めた。ちょと古いが、面白い!
 ってしまった、次は『条件反射制御法入門』を読む予定だったんだ。ダメじゃ~ん。

 ←10月6日8時50分現在、週間INが200で1位~。happy01

2017年10月 4日 (水)

万引き病の女性が続々と法廷へ出てくる理由

 以下は9月20日付けの江川紹子さんのさんの記事、の一部だ。

【塀の中の摂食障害】刑罰か治療かの二項対立を越えて~塀の外での支援で新たな人生を歩み始める
 8月某日。東京地裁の法廷に、車いすの女性被告人がいた。見るからに異常なやせ方だ。黒のパンツスーツからのぞく足首は、明らかに私の手首より細い。頬は窪み、頬骨が突き出している。顔に生気がなく、唇にも色がない。口角は下がり、前屈みの姿勢もあいまって、30代初めという実年齢よりはるかに老けて見える。
 万引きで罪に問われるのは4度目だ。最初は書面による略式裁判で罰金刑。初めて正式裁判を受けた時は、懲役に執行猶予がついたが、次には実刑に。その一審判決を不服として控訴し、保釈で自由の身でいる間に、コンビニでおにぎりなど409円相当を万引きし、また捕まった。
 拘置所収監中にどんどんやせて、とうとう命に関わる状態に。救急車で病院に運ばれて、入院。刑務官に車いすを押されて裁判に出廷できる程度には回復したが、摂食障害の症状は依然として重い。

Img_1530 その「窃盗」を俺も追いかけていた。おにぎり2個、ジュース1本、販売価格合計409円を控訴中に万引したほうの、控訴審判決が10月3日にあった。傍聴した。
 被告人は車椅子。もとは美人系かとも想像されるのだが、骸骨のように痩せ、右の鼻腔にチューブを入れていた。チューブは車椅子の後ろの物入れ部につながり、物入れ部は重そうに垂れ下がっていた。

 同じ法廷で続けて、メルマガ第1960号「大物音楽プロデューサーの覚せい剤事件!」でレポートした「覚せい剤取締法違反」の審理(第2回公判)が始まった。弁護人の立証が終わり、結審、直ちに判決となった。

 急ぎ東京簡裁の法廷へ移動し、「窃盗」の新件を傍聴。被告人は25歳の細い女性で、こっちも車椅子で、ばりばり摂食障害の万引き病、いわゆるクレプトマニアだった。
 病的な万引きの女性たちが続々と法廷へ出てくる。どうなっているのか。
 病気じゃない、単に考えが甘くて手癖が悪いだけの人たちは、微罪処分、不起訴、略式による罰金刑、そのあたりでもうヤメるのだろう。
 病気の人たちはヤメられず、公判請求されて執行猶予付き懲役刑、次は実刑、また実刑…。そうして我が日本国は、基本的に万引き病を認めない。治療よりは刑務所へ落とすことを優先したがる。だから、万引き病の女性たちが続々と法廷へ出てくる、かつ万引き被害が起こり続けるってことになるんじゃないかな。

1710031 男性の万引き病もあるが少ない。「窃盗」で続々と法廷へくる男性は、働かずにホームレスとなってその日の食べ物や酒を万引きし、あるいは漫画喫茶の宿泊代金を得るため換金目的で書籍等を万引きするパターンが多いかな。

 午後は、マニア氏から教わり、有名写真家の「覚せい剤取締法違反」の新件を傍聴した。初めて薬物を使ったのは、中南米へ麻薬組織の取材に行ったときなんだそうだ。直ちに判決。

 それが終わって、被告人氏名が女性の「窃盗」へ途中から行ってみた。セクシー美人というか、万引き常習。摂食障害とかいう話は出ず、被告人の供述や表情等から『万引き女子』と似たものが感じられた。
 見所があった。誠実に弁護すればそういう主張になるんだろうけど、どうせ通るはずのない主張、それを弁護人がやったもんだから…。俺のメルマガはそんなシーンを見逃さずレポートするので、弁護士さんたちにけっこう読まれている、のかもしれない。

 この本、裁判所の地下の至誠堂書店で買い、裁判所への往復の電車内で読み進めてるんだが、凄すぎる。内容もさることながら、その知的で、ある意味ハードボイルドな書きぶりに俺は「うわぁ!」なものを感じ取る。

 画像上は、究極の居酒屋「昭和」へ行くため法務省の前を歩いていたときに見つけたポスター。画像下は、「昭和」で最初に食べた酒肴2品。にしんのマリネと野菜の煮物。各チケット1枚=110円相当。うまかった~。

 その帰り、電車内で『万引き女子』を読むうち一瞬居眠りしてしまい、大変なことになった! おかげで意外なことが分かったというか、メルマガ次号の編集後記で。

 ←10月4日10時40分現在、週間INが、ぎょっ、210で1位~。happy01

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »