フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 失われなくていい命が無残に失われていくのは仕方のないことなのか | トップページ | 究極の居酒屋「昭和」とは »

2017年12月28日 (木)

70歳主婦、万引きで夫の愛を取り戻した?

 居酒屋「昭和」での待ち合わせにすでに遅れているのに、あっ、電車の降車駅を乗り過ごしてしまった。本(新書)に夢中になってしまって。
 その新書とは、高橋ユキさんの最新刊、『暴走老人・犯罪劇場』だ。

 推理小説ファンの諸兄(諸姉)に隠れてこそっと私見を言わせてもらえば、推理小説よりよっぽど、えっと、その…。
 数々のリアル事例を経ての、春日武彦医師へのインタビューが、非常に考えさせられる。あとで私の過去のブログ記事「被害妄想は甘美か」を読み返してしまった。

 それを12月27日、裁判所からの帰りの電車で読了し、同日夜、風呂の湯船で伊東ゆうさんの『万引き老人』を読み始めた。

 これまたすごいっ。私が日々傍聴している万引き病の──というか検察、裁判所のほうが病的とも思える──女性たち、とは全く異なるタイプの万引きがリアルに書かれている。犯罪処理システムとは何なのかってことも含め、深く考えさせられる。裁判官も読んだらいいと思いますよ。
 てか裁判官は、平井愼二医師のこれをまず読まなきゃでしょ。

 読んだら、今までと同じ安穏な裁判はできなくなるかも。ヤバイです。

 そんな本も読みつつ、26日(火)と27日(水)、朝から夕方まで裁判所に居続けてしまった。是非にもお伝えしたい事件をいっぱい傍聴してしまった。
 その中でメルマガ次号は、家庭内DV独裁暴君、娘が幼稚園の頃から性的虐待を続け、中学生になって、という事件をご報告しようかそれとも…。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、12月は以下の14号を発行した。

第2032号 店員もカメラも見てない万引き、なぜ発覚?
 女性の万引き裁判はしょっちゅうあるが、これは非常に珍しい。店員や保安員の調書がなく、監視カメラの画像解析報告書もなく、なんと帰宅途中に職務質問を受けてすらすら万引きを自白、そこから被害店舗が判明したんだという。  編集後記は、街頭の監視カメラの録画を警察はどう入手するのかという話。

第2031号 芸能系薬物事件、美人妻は泣いて食い下がり
 超人気アイドルグループをブレイクさせた立役者の1人、とされる芸能事務所社長の薬物事件。裁判的にお約束な考え方を、被告人もそのセレブ風な母親もどうしても言わず、一審は実刑だった。社長は大ショックだったようだ。その控訴審を傍聴…。判決は来年。逆転執行猶予かも。

第2030号 70歳主婦、万引きで夫の愛を取り戻した?
 夫が自分に無関心でケンカばかり、そのストレスと「捕まれば心配してくれるかも」という気持ちから万引きしたという老婦人。その後、「2人で罪を償って穏やかに仲良く暮らしていこうね」と言ってくれるまでになったんだという! だがそれは老婦人が頭で考えたストーリー、果たして…。

第2029号 天下りの鑑定のみで有罪は完全に明らか?
 勤務態度に腹を立て上司が部下を殴り殺したとされる事件。弁護人は3人。主任はあの高野隆弁護士。裁判長の訴訟指揮に憤った。被告人のゴネに乗っかって無理ムリな主張を弁護人はしているのか。それともこれは冤罪なのか!

第2028号 目撃者と警察とでつくった痴漢事件、無罪!
 夜の池袋駅、埼京線を待つホーム上で、白いファーコートの女性の後ろを通り過ぎざまお尻を触ったとされる事件。ファーコートの女性は気づいておらず、同種痴漢に腹を立てていた女性の目撃証言により…。警察、検察は、どうせ泣き寝入り、罰金を払って終わると思ったのか。

 以下の5号は12月16日にお知らせした。 

第2027号 こういう世界から足を洗えってなんだよ(笑)
第2026号 反省が通じての執行猶予じゃないんですよ!
第2025号 膣内射精、これという理由があるわけじゃなく
第2024号 泣きたくても何に泣いていいのか分からない
第2023号 誰もが「重すぎ!」と思う実刑判決をなぜ?

 以下の4号は12月9日にお知らせした

第2022号 元声優アイドル、判決が終わり廊下で…!
第2021号 店員が外で待ち構えていたので万引き無罪
第2020号 覚せい剤も速度違反も戦争もなし崩しで 
第2019号 国民に知らせたくない国民の義務とは

1712261 いま購読登録すると、以上14号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される。そこまで無料。年末年始のお供に是非どうぞ。heart02

 画像は電車を乗り過ごし遅刻した日の、北区滝野川の究極の居酒屋「昭和」の、私のじゃなく先に入店して食べ始めていたマニア氏の酒肴。
 奥から、豚ロース焼き、オム焼きそば、ポテサラ付き生野菜、手前にちらっと見えるのがビーフシチュー。いずれも1品チケット1枚。チケットは1綴り10枚で1100円。あり得ない値段だ。来年からさすがに1200円になるそうだ。

 ←12月28日12時10分現在、週間INが90で2位~。happy01 でもちょっと前まで3位だったようだ。

« 失われなくていい命が無残に失われていくのは仕方のないことなのか | トップページ | 究極の居酒屋「昭和」とは »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失われなくていい命が無残に失われていくのは仕方のないことなのか | トップページ | 究極の居酒屋「昭和」とは »