フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 新型オービス、北海道の検証現場! | トップページ | アメリカの交通事故死者5万人って »

2017年12月22日 (金)

万引き病、動物脳と人間脳!

 次にやったら間違いなく刑務所行き、もう絶対やっちゃダメと十二分に承知し、もう絶対やりたくない、絶対やらないと固く固く誓っているのに、また万引きをやってしまう。窃盗症、病的窃盗、クレプトマニア、私は万引き病と呼んでいる。
 ばりばりそのパターンの、いずれも女性被告人の「窃盗」を12月20日は3件傍聴した。

 60歳、清掃員。万引きで執行猶予中の万引き。
 49歳、主婦。少なくとも2回服役。前刑出所後約1年での万引き。
 51歳(?)、無職。万引きで執行猶予中の万引きで実刑判決を受け、控訴審で逆転執行猶予に。その執行猶予判決から間もなくまた万引き。

 大げさにいえば天からの神々しい光に浮かび上がったというか、強烈に認識できた。
 メルマガ第1906号「「DSM-5は間違っています」ときっぱり!」、第1907号「天敵の多いジャングルに育った小動物の脳」でレポートした、 独立行政法人国立病院機構下総精神医療センターの薬物依存治療部長で条件反射制御法学会の会長、平井愼二医師の証言、まさにあれなのだと、強烈に認識できた。

 私の理解で簡単に言えば…。
 人間には2つの脳がある。犬や猿も持つ「動物脳」と、考える「人間脳」。万引き病の女性たちは、動物脳が万引きをさせる。もう絶対やっちゃダメ、絶対やらないと人間脳がいくら考えても、動物脳には勝てない。だから万引きをしてしまうのだ。
 ところが検察官、裁判官は──ほとんどの弁護人も──人間は人間脳だけで動くと思っている。人間脳が万引きをくり返すのだとして人間脳を責める。動物脳の存在をまったくこれっぽっちも考えない。
 被告人もその考え方にのせられ、人間脳のどこが悪かったのか、言葉を探す。

 バカじゃん! と私は強烈に感じた。
 地動説を唱えたコペルニクスが、天動説の国家により断罪される、そんなシーンを見ているような気がした。「熱湯に手を突っ込んで火傷しなければ無罪」とかいう昔の裁判を、ぜんぜん笑えない気がした。

 万引きが止まらない方、またそのご家族等に、上述の第1906号、第1907号をぜひお読みいただきたい。その証言の中で、平井医師は治療法についても言及している。
 第1906号、第1907号はバックナンバーの扱いになり、無料じゃない。1カ月分まとめて108円になる。その2号がある2017年5月分には、抱腹絶倒でかつディープな労役場体験記も含まれる。かなりお得な月だと思う。
 それからこの本を読むことをお勧めする。

 この本、東京地裁の地下の書店、至誠堂にあるはず。至誠堂にはネットで買うよりお得な点がある。それは何か、公開の場所では言わない。ネットで広く知られると、バカな奴が食いついてダメにしてしまう、ということがあるので。
 ちみなにこの本を私は、当方の意外な手違いでというか2冊買ってしまった。必要としているどなたかに1冊差し上げようかと。

 ところで! 裁判所前の男こと大高正二さんがまた逮捕され、21日、東京地裁で勾留理由開示の裁判があった。朝、マニア氏から連絡があったが、第2029号の編集後記に書いた事情により行かなかった。
 でも裁判員.inに傍聴記がある。けっこう知的な書きぶり。ありがたいです~。
 あと高畑麗子さんのTwitterにいろいろ載っている。
  https://twitter.com/7ropongi

 ←12月22日1時40分現在、週間INが90で2位~。happy01

« 新型オービス、北海道の検証現場! | トップページ | アメリカの交通事故死者5万人って »

刑事/窃盗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型オービス、北海道の検証現場! | トップページ | アメリカの交通事故死者5万人って »