フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 11日(木)、昭和は休みかと! | トップページ | 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ »

2018年1月13日 (土)

東京地裁が大変なことに!

 1月10日(水)、その日の当ブログ記事に書いたとおり、私は急遽休んだ。
 休んでよかったのか、目撃できず残念というべきなのか、こんなことが起こっていたそうだ。以下は1月11日(木)付け弁護士ドットコムNEWSの一部。

裁判所エレベーター停止、階段がまるで登山道…地下から18階まで上る人も
 東京地裁・高裁が入る裁判所合同庁舎(地上19階・地下3階)で1月10日、19基ある来庁者用エレベーターのうち18基が停止。利用者が階段での昇降を余儀なくされるなど、不便が生じた。1日の利用者は多い時で1万人を超えるというだけに、大きな問題になっている。
 停止の理由は、基準値を超えるアスベスト飛散の疑いがあること。裁判のスケジュールにも影響が出ている。高裁によると、高裁の刑事7件、民事2件、地裁の刑事1件が10日から別日に期日変更になったという。
 一夜明けた11日は、稼働が5機(3機は9階まで、2機は10階以上)に増え、混雑はある程度緩和された。ただし、昼休み明けなどには依然として長蛇の列ができている。

 11日(木)、そんなことつゆ知らず、朝から裁判所へ行った。
 北側の9基(うち1基は貨物用)と南北の間の貨物用1基、合計10基が閉鎖され、南側の高層階用4基も閉鎖されていた。
 そして、いずれも南側の、
   9階までが3基
   10~18階が2基(うち1基は貨物用)
 の合計5基が稼働していた。
 10時ちょい前と13時頃は混む。エレベータは、長蛇の列の一部を飲み込み、満員で出発。当然、各階に止まる。1人乃至数人ずつ箱から出るのに時間がかかる。なので、行った箱はなかなか戻らず、列は長蛇となるのだった。

 12日(金)も同じ状態だった。15日(月)には戻るのか、12日(金)の時点では見通しは立ってないそうな。

 以下、メルマガ前号の編集後記で速報したことを少し。

 裁判官らは、各部の部屋(基本10階以上)から、奥深くに隠されている専用エレベータで法廷へ行き来する。そのエレベータも同様、一部使えないのだそうだ。
 なるほど、11日(木)の刑事裁判はほとんど南側の法廷に集中していた。北側はごく一部だった。民事も同様だったろう。

 アスベストのこと、裁判所側はいつ把握したのか。
 そういえば9日(火)、喫煙所に、キャスター付きの重そうな装置で室内の空気を計測しているらしい、作業服の人がいた。年に何回か見かける。
 ここの空気はどうなんですかと私は話しかけてみた。
 そしたら、ニコチンやタールではなく、一酸化炭素と浮遊粉塵を測定しているとのことだった。へぇ~、そうなんですか、勉強になりました。その日はそれで終わった。

1801121 でもさ、よく考えてみれば、一酸化炭素と浮遊粉塵なんてものを、喫煙所でだけ計測するってのも妙な話だ。庁舎内の各所で同様の測定を定期的に行っている、との推認は論理則、経験則等に照らして合理的というべきである。

 だから、9日(火)のその計測で、エレベータ内か、なんていうのエレベータのワイヤーとか通っている縦長の空間に、アスベスト粉塵の浮遊が確認された、そういうことかもね。

1801123 でもでもさ、エレベータの箱の内装にアスベストは使われてないはず。そうだとすると、箱内のアスベスト浮遊はきわめて少量のはず。
 来庁者および職員等にあれだけの不便、苦労を強いる必要は、果たして本当にあったのか。

 長年裁判所へ通っていると、なんとなく感じられてくる、すなわち、裁判所には「ネズミ1匹出そうなら、象を100頭手配せよ」という傾向があるようだと。
 いや実際にネズミを完全排除しようというのではなく、裁判所は手を打った、瑕疵はなく、損害賠償請求の訴訟を起こされても平気、ということが大事なのかなと。
 エレベータの閉鎖も、本当はあそこまでやる必要はなく、200%の完々璧を期した、という仮定も立て得るかと。
 そんな妙な深読みをするまでもなく、単に官僚的という言葉でくくられることなのかもしれないが。

 以下は1月12日付け時事通信の一部。

 信越線電車、15時間立ち往生=乗客430人、雪で車内一夜-体調不良搬送も・新潟
 JR信越線の新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が11日夜、大雪のため新潟県三条市の踏切付近で走行不能になり、乗客約430人が車内に閉じ込められた。電車は約15時間半後の12日午前10時25分ごろから移動を開始し、一部区間で運転を再開した。

 ここにも共通するものがあるのかなと、ちらり脳裏をかすめる。

 12日(金)は、裁判所から究極の居酒屋「昭和」へ直行した。
 御頭様がおけがをされ、それで今年は12日(金)スタートになったそうだ。画像はその日喫食した酒肴の一部。焼き鳥の卵とじだっけ、めっちゃ旨かった。きんぴらゴボウも旨かったよ~。いずれも1皿チケット1枚(今年から120円相当)。炙りシメサバとマグロ刺身は、さすがに2枚だった。馬方もとえ旨かった。その後ろの円錐形のグラスは、清酒桃川のダブルの飲みかけ。
 黒ホッピーのセットと合わせ、画像にある分だけでチケットを8枚(960円相当)も使ってしまった。大満足である。

 ←1月13日14時50分現在、週間INが110で2位~。happy01 

« 11日(木)、昭和は休みかと! | トップページ | 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11日(木)、昭和は休みかと! | トップページ | 上野のハプニングバー事件、司法の空虚さよ »