フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の11件の記事

2018年3月31日 (土)

ヤクザ、暴力団、稼業、任侠、侠客、テキ屋、博徒

 警察、検察、裁判所が「暴力団」と呼ぶものを、私は基本的に「ヤクザ」と呼ぶ。そのことについて少し。

 「暴力団」なんて彼ら自身が名乗るわけがない。「死ね死ね団」じゃあるまいし(笑)。
 「暴力団」とは、警察庁が言い出した政治的な“レッテル”と私は理解している。レッテルを貼って世論を善導する、官僚らしいやり方だ。虫が好かない。

 じゃあ、正しい名称は何なのか。
 以前、本格的な見事な刺青(和彫り)がある男性に、酒の席で尋ねたことがある、「お仕事は?」と。男性は「かぎょう」ですと答えた。
 カ行? 当時の私はマジで首をかしげた。カキクケコ、公務員? そうは見えない。無邪気な私(笑)はしつこく尋ね、「稼業」なのだと教わった。
 その後、「稼業」という表現をあちこちで聞いた。ほ~。

 しかし、である。警察発表の報道に「暴力団幹部…」とあるのを「稼業幹部…」と翻訳しては落ち着きが悪い。
 ならば、任侠? 侠客? テキ屋と区別して博徒? それもなぁ。
 別の機会に、親分か幹部が「自分たちはヤクザです」という趣旨のことを言っていた記憶があり、とりあえず私は「ヤクザ」と表現している次第。

 さてそんなことも踏まえてメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、3月は以下の14号を発行し終えた。

第2081号 町内会の掲示板で葬儀の告知を見て空き巣
 葬儀の留守宅を荒らし回って逮捕と全国報道された男が「常習特殊窃盗」の被告人として法廷へ出てきた。じつは私はその男の約4年前の前刑の裁判も、約6年前の前々刑の裁判も傍聴しているのだった。最初、人生を投げたような、俺はもうどーでもいいんだ感を漂わせていた男に、その後何があったのか、何が積み重なってあふれたのか。

第2080号 毎度の無理ムリ否認が裁判官を歪ませる?
 パチンコ店の開店前の行列仲間、のリュックから財布を抜いた女性は、どう証拠を突きつけられても頑強に否認。有罪なら実刑確実、ゆえに無罪を主張して頑張るしかなかったのか。否認の大半はそうした無理ムリ否認に見える。裁判官の心はどう歪んでいくか、傍聴席で考えてみた。

第2079号 不倫トラブルの准教授を裁判官はぼろくそに
 某私立大学の准教授か、そのゼミ生だった元女子学生か、どちらかがあからさまなウソを、真実を知る相手の前で、何も知らない裁判官の前で言い続け、互いに一歩も退かない。そんなドキドキする事件のとうとう判決。裁判官は…! 

 以下の2号は3月27日にお知らせした

第2078号 87歳の万引きお婆ちゃんを家族は捨てた?
第2077号 性的虐待10年、私は殺されながら生きてきた

 以下の2号は3月23日にお知らせした

第2076号 摂食障害でクレプトマニア、まさかの判決!
第2075号 傷害致死、平手打ちで脳損傷により死亡?
第2074号 退廷命令? どうぞどうぞ望むところです

 以下の2号は3月15日にお知らせした。

第2073号 大高正二さん、裁判所の廊下から不退去罪!
第2072号 非常に珍しい「鑑定留置理由開示」を傍聴!

 以下の4号は3月9日にお知らせした。

第2071号 オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?
第2070号 24年間無免許の職人、裁判のお約束を知らず
第2069号 山口組系、大麻栽培の予備、黙秘します!
第2068号 外国人の「集団強姦」と「未成年者略取未遂」

 第2081号では、「常習特殊窃盗」とは何かってことについて、また若い女性検察官が読み間違えた(しかしすぐに訂正した)難読漢字について、編集後記で解説した。
180322 そういうことを私はやるし、未決勾留日数(懲役の刑期を超えることもある!)を重視するし、刑事の「被告人」と民事の「被告」を峻別するし、裁判員制度はあれはじつは悪質だと考えている。
 それじゃあ、メジャーには絶対なれない。もう覚悟した。私はメジャーのひとつ外側で、誰にもマネのできないことをやるのだ、やり続けているのだ。己の立ち位置が見えた。
 ただ、この立ち位置は──現在のところ──儲からない。昨年の年収は、この30年くらいで最低だったんじゃないかな。しかし、儲けには関係なく、思い定めたことをやる! 今は芸人さんでいえば下積み時代だ、うむっ。
 そんなことを、たぶん近々オンエアされるテレビ番組で話した。どの部分がどこまでオンエアになるのか、嗚呼、恥ずかしい(笑)。

 おっと、以上14号は、4月になるとバックナンバーの扱いとなり、1カ月分108円となります。いますぐ購読登録すれば無料で14号がどどっと初月無料で送信されるけれども、1号を読むのに5分くらいかかるはず、重いかもしれないです。

※ 画像について。「昭和」で満腹満足した帰り、スーパーでこの2本を買った。いずれも税抜き108円だったか。「本麒麟」は、地下鉄の車内広告で見て、なんか飲みたくなって。「頂(いただき)8」は、8%のほうがお得じゃんと、酔った勢いでいっしょに買った次第。これくらいの贅沢は勢いでやってしまえる、私はまだまだ幸せである。
 ちなみにその2本、それなりに旨かったょ。

 ←3月31日22時10分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年3月27日 (火)

性的虐待10年、私は殺されながら生きてきた

 以下は3月24日付け毎日新聞。

規制無効の道路、誤って4人検挙し謝罪 津島 /愛知
 県警は23日、津島市昭和町の市道交差点で、道路標識が正しく設置されていなかったことが原因で4件の誤った検挙があったと発表した。1~2月、横断歩道の歩行者に対する妨害の疑いで車を運転していた30~60代の4人を検挙したが、交差点の南側にあるべき標識が北側に位置していたため、規制に効力がなかったという。県警は当事者に謝罪し、反則金を還付した。
 県警交通規制課によると、現場は信号機のない交差点。2月27日、別の取り締まりで道路の略図を確認していた津島署員が、標識の場所に気づいた。横断歩道の位置が再塗装時に移動した可能性もあるが、資料が残っておらず、経緯は不明という。【山口朋辰】

 横断歩行者妨害の反則金は、大型車が1万2千円、普通車が9千円、自動二輪が7千円、原付バイクが6千円。反則金の納付は任意だが、当該違反に限らず納付率は毎年100%に近い。
Img_1452 もしも運転者が反則金を納付しなければ、刑事手続きで処理されることになる。警察は証拠書類をまとめて検察庁へ送致する。いわゆる書類送検だ。
 その際、公安委員会が確かにその規制をしたという「決定」の写しが必要となる。それを用意しようとして、規制が無効だったことに気づいたのかな。
 もとが反則金の事件など、検察はさくっと不起訴にするだろうに、警察はいちいち書類を整えねばならない。どうせ徒労の面倒な事務作業をして…。担当警察官の苦労がしのばれる。

Img_1450 というか、横断歩道の歩行者を妨害した事実があっても、公安委員会の決定がなければ取締りは無効。交通の安全と円滑の観点からは無意味と思える取締りでも、書類等に不備がなければ取締りは有効。
 交通取締りって何なんだ、と感じさせるエピソードではあると思う。

※画像は、公安委員会の決定があることを示すシールが裏面に貼付されてない標識。なのでこの30キロ規制は、道交法第4条に基づかないことになる。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、3月は以下の11号を発行した。

第2078号 87歳の万引きお婆ちゃんを家族は捨てた?
 量刑相場的には実刑だが「特に酌量すべき情状」(刑法第25条)を言ってくれれば再度の執行猶予にします、その情状はこれですよと、裁判官が再三振るのに被告人は気づかず、若めの弁護人も知らん顔。第2010号と第2013号で興奮のレポートをしたあの事件の、控訴審を傍聴した!

第2077号 性的虐待10年、私は殺されながら生きてきた
 家庭内絶対暴君は、幼い娘と2人きりのときは「愛してる」とまとわりつく鬼畜性犯罪者だった。しかし強姦については無罪主張。同じ強姦行為でも、幼い娘に対してなら懲役刑は半分で済む不思議。

 以下の2号は3月23日にお知らせした

第2076号 摂食障害でクレプトマニア、まさかの判決!
第2075号 傷害致死、平手打ちで脳損傷により死亡?
第2074号 退廷命令? どうぞどうぞ望むところです

 以下の2号は3月15日にお知らせした。

第2073号 大高正二さん、裁判所の廊下から不退去罪!
第2072号 非常に珍しい「鑑定留置理由開示」を傍聴!

 以下の4号は3月9日にお知らせした。

第2071号 オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?
第2070号 24年間無免許の職人、裁判のお約束を知らず
第2069号 山口組系、大麻栽培の予備、黙秘します!
第2068号 外国人の「集団強姦」と「未成年者略取未遂」

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される。そこまで無料。まぁいっぺん試し読みしてみてください。

 さて今日は、第1回が2016年5月だったあの事件、某私立大学の准教授と女子学生との不倫から始まったあの事件の、いよいよ判決だ。「主文、被告人は無罪」を久々に聞けるかも。電車が遅れて傍聴できませんでしたは通らない。早めに出かけよう!

 ←3月27日9時10分現在、週間INが130で3位~。happy02

2018年3月23日 (金)

退廷命令? どうぞどうぞ望むところです

 このネタ、もしかしてメルマガ以外では書いてないかもしれない。1年ほど前のメルマガの編集後記に以下のようなことを書いた。

 警察庁の『平成6年の犯罪』の、一部のコピーが書類の山から発見された。いろんなものが仕事場には眠っているのだ。
 棚を探すと、「犯罪統計」とタイトルをつけた2穴ファイルがあった。2014年のものがしっかりファイルされていた。
 平成6年(1994年)と2014年の「罪種別 認知の端緒別 認知件数」という表から「職務質問」の項を見てみよう。
 交通事故を除く刑法犯の、職質による認知件数の総数は…。

   1994年 9万9375件
   2014年 3万9319件

 なんとびっくり、恐るべき激減ぶりではないか! いったどうなってるんだ、私は眉を吊り上げた。しかし次に罪種別の数字を見て、あら~、と下がり眉になった(笑)。
 激減しているのは、次の2種類なのだ。

 乗物盗 1994年=2万5227件 → 2014年=8276件
 占有離脱物横領 1994年=6万4726件 → 2014年=2万4016件

 乗物盗の多くは自転車盗のはず。占脱はほぼ全部、放置・遺棄された自転車のチョイ乗りのはず。
 この2種類の減少の合計が、総数の減少の大部分を占めるのだ。

 昔、終電後の自転車に次々職質をかけると、50台に1台だか検挙できると交番の警察官が言っていた。無施錠の自転車を昼間に探し、日が暮れると隠れて見張る警察官もいると、いろんな方から聞いた。
 いつの時期からか、何が理由でか、そういうことを減らすよう、たぶん警察庁が号令をかけたんだろう。
 自転車の待ち伏せ検挙が激減すれば、全体の検挙率にかなり影響するんじゃないか。そのへん大丈夫なんだろうか。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、3月は以下の9号を発行した。

第2076号 摂食障害でクレプトマニア、まさかの判決!
 万引きの被告人は、典型的ともいえる摂食障害(食べ吐き)とクレプトマニア(窃盗症、万引き病)の女性だった。ただし前科は罰金刑のみゆえ、今回は執行猶予で間違いない。ところが、私が常々「変わり者」と見ている吉田勝栄裁判官は…!

第2075号 傷害致死、平手打ちで脳損傷により死亡?
 3年以上争ってようやく控訴審判決。弁護人は有名弁護士2人。栃木力裁判長はニコニコと軽々と、平手打ち数回により脳の「びまん性軸索損傷(diffuse axonal injury)」で死亡したと一審の裁判員裁判の結論を追認したが…。

第2074号 退廷命令? どうぞどうぞ望むところです
 前号からの続き。大高さんは退廷を望み、園原敏彦裁判長は許さず、しかし結局、大高さんは退廷を命じられ。2人はけんか腰とかでは全然なく、楽しく淡々とやり取りしているように私には見えたです。いいね♪

 以下の2号は3月15日にお知らせした。

第2073号 大高正二さん、裁判所の廊下から不退去罪!
第2072号 非常に珍しい「鑑定留置理由開示」を傍聴!

 以下の4号は3月9日にお知らせした。

第2071号 オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?
第2070号 24年間無免許の職人、裁判のお約束を知らず
第2069号 山口組系、大麻栽培の予備、黙秘します!
第2068号 外国人の「集団強姦」と「未成年者略取未遂」

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。
180322 合計14号。以前は17号とかだったのに減った? そう、以前は週4号発行だったが、さすがに無理っ、週3号に減らしたのです。おかげで焦らずのびのびじっくり書ける、早くこうすればよかった、、、人生はそんなことだらけ、たまに改めつつ転げ進むのだ。ふふ、うまいこと言った気がする(笑)。

※画像は22日(木)の「昭和」。豚肉をなんか焼いたの、チケット1枚。ワカメときうりとシラスの酢の物、チケット1枚。奥のは、カメラの関係で小さく見えるがいちばん大きなオム焼きそば、チケット1枚。
 オム焼きそばと左側のビール小(チケット1枚)は、私のじゃない。素敵な傍聴女子が注文したのを撮影のためお借りした。裁判所で「もし君が今日どうしても昭和へ行きたいって言うなら、しょうがない、いっしょに行ってあげる」と申し向けたら、にっこり来てくれたのだ。普段話さない人の話を聞けて非常に参考になった。ありがとう!
 チケットは10枚綴りで1200円。てことは1品いくら相当?

 ←3月24日0時00分現在、週間INが150で3位~。happy02

2018年3月20日 (火)

詐欺グループにとってありがたい逮捕報道とは

 超絶マニアックデータの入力作業に相変わらず時間を食っている。入力した被告人氏名でネット検索したら、広島ホームテレビというのかな、そのキャッシュにこんな記事を見つけた。

「鞄をなくした」 息子を装った男を逮捕 (2/09 18:48)
 「かばんをなくした」と言って高齢女性から金をだまし取ろうとした疑いです。
 ■■■■容疑者(23)は先月、東京・練馬区の75歳の女性に息子を装った電話を掛け、「会社の書類を入れたかばんをなくした」などと言って現金150万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、■■容疑者は女性の家に現金を取りに来た際、近所の住人に「不審な男がいる」と110番通報され、近くのマンションに逃げ込んだところで警察官に逮捕されました。■■容疑者は「何回かやった」などと容疑を認めています。

 裁判傍聴師としては、この種の詐欺の裁判も多く傍聴してきた立場から、以下のようなコメントができる。

1、近所の住人に「不審な男がいる」と110番通報された、そこが珍しい。
 受け子は現金を、被害者宅の玄関先や、その近所の公園とかコンビニ前とかで受け取ることがある。かつ、受け子はだいたい、まぁいわゆるヤンキー系で、スーツを着用してビジネスバッグを持つよう指示される。スーツが似合わない若者が携帯電話を耳に当てて住宅街をうろうろしていたら、受け子の可能性が高い。
 そんな受け子を、私は有酸素散歩のとき探しているのだが、なかなか遭遇しない。
 本件における「近所の住人」が私(チョー変な奴。笑)と同じことを考えていた、とは考えにくい。本件被疑者がよっぽど怪しかったのか。あるいは、この種の詐欺に敏感な、何か事情があったのか。

2、この報道は詐欺グループにとってありがたいはず。
 この種の詐欺は、システマチックに分業化されている。本件被疑者は末端の使い捨ての受け子のはず。しかし刑事司法的には、受け子は犯罪の完遂に不可欠な役割を担ったとされ、共同正犯、150万円全部の(本件では未遂の)責任を取らされる。
1803162 ところが、そうとは知らない者がこの報道を見れば「自分で成りすましの電話したのか、悪いやっちゃな~」となるでしょ普通。そうして、「俺が頼まれたのは荷物の受取りだけだ。なんか詐欺っぽいけど俺はあんなニュースの悪い奴とは違う」となり、つまり刑事司法的に正しい報道が、受け子になりやすくさせているとはいえないか。
 報道が毎度、「詐欺の全体を露知らない末端の受け子でも共同正犯で重い罪になる。詐欺とは知らなかったなんて言い訳は通らない」と報じれば、受け子のなり手はめっきり減るんじゃないか。  ※広島ホームテレビを責めてるわけじゃない。報道は基本的にそうなのだ。

3、世の中でいちばん損なのは受け子。
 本件「容疑者」はとりあえず「詐欺未遂」で起訴されたようで、3月16日(金)に同姓同名のその第1回公判が東京地裁であった。私は傍聴してない。次回期日は「詐欺」の既遂で追起訴となる可能性がある。
 既遂が何件かあれば、てかだいたい1件あれば、前科なしの若年者でも、どんなに心底反省後悔しても、さくっと実刑判決を食らう。刑務所へ行く若い受け子は続々といる。しかし新たな受け子が続々とリクルートされ、いずれ捕まって刑務所へ行く。安全圏の上位者だけがいつまでも儲かる。

 とまぁそんなコメントを裁判傍聴師はソクできる。ただ、私の広く認知されている肩書きは「交通ジャーナリスト」であり、現在のところ交通以外でコメントを求められることはない。メルマガだけで書いている。
 今回このブログに書いたのは、ひとえに! メルマガの宣伝のためだっ。coldsweats01
 ここまで書いたからには、うむ、この事件の次回期日を調べて傍聴しよう。

 画像は3月16日(金)の「昭和」の酒肴、上の皿は、5切れの卵焼きの残り2切れに、添えられた大根おろしを載せ醤油を少しかけたもの。細い明太子が入ってるのが見えるかな。中段の皿は、蓮根に手を加えたものとたぶん牛蒡の何かの盛り合わせ。下の皿は、オクラの煮浸しとでもいうか。唐辛子がじつに良い。こういうちょっと変わった酒肴もあるのが昭和の魅力だ。I love Showa、My love Showa。Do not say kekkou before you see Nikkou. Do not say senbero before you see Showa. 

 ←3月20日0時00分現在、週間INが140で2位~。happy02

2018年3月17日 (土)

あの愛人契約詐欺師、保釈中にまた!

1803161 16日(金)、裁判傍聴を終えて究極の居酒屋「昭和」へ直行。細い明太子が仕込まれた卵焼きとトンカツ(※画像)で黒ホッピーを飲みつつテレビのニュースを観ていたら「ぎょぎょっ!」となった。
 以下は同日付のサンスポの一部。この事件である。  ※いずれも1品チケット1枚。ホッピーセットは2枚。チケットは10枚綴りで1200円。合計480円相当ってことだ。

芸能事務所社長の息子装い、愛人契約持ち掛け 詐欺容疑で逮捕
 別の詐欺事件の判決を前に保釈中に芸能事務所「オスカープロモーション」の社長の息子を装い、女性に愛人契約を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、警視庁渋谷署は16日までに詐欺の疑いで、住所不定、無職■■■容疑者(24)を逮捕した。逮捕は15日。■■容疑者は別の詐欺事件で懲役6年を求刑され、判決を前に保釈されていた。
 渋谷署によると、■■容疑者は「長期の懲役前に遊びたかった」と容疑を認めている。保釈後、少なくとも女性5人から現金数千万円をだまし取ったとみられる。
 同様の手口で、東京や福岡の女性3人から約2000万円をだまし取ったとして、2017年7月に起訴され、同年11月に保釈が認められた。翌12月の判決を前に所在不明になっていた。

 この「容疑者」を被告人とする「詐欺」の審理を昨年8月24日に私は傍聴している。
 被告人の見た目の印象は「偉ぶり悪ヤンキー」。もちろんシチュエーションのせいもあるのだろうが。
 その日は追起訴分の検察官立証だった。被害者の氏名は秘匿、「C」とされた。AとBについては検察立証が終わっているわけだ。被害金額はCの分だけで現金745万円だった。更に追起訴があるってことで続行となった。次回期日は10月11日と指定された。
 メルマガ第1962号「俺はJALの社長の息子、愛人契約月330万」でレポートした。

 10月11日は傍聴できなかった。
 その後、私の超絶マニアックデータその2によると、11月10日に判決の期日があった。被害弁償などできそうに見えないうえ、できたとしても、詐取金額がでかすぎるので実刑は確実だろうと思えた。が、傍聴できなかった。

 今年2月7日、また判決の期日があった。それなりに被害弁償できそうで判決が延びるってことはあるが、約3カ月も? なんか妙だ。傍聴してみた。そしたらっ!
 以下はメルマガ第2066号「哀れな女性の実刑判決を見届けに出かけた件」の、この「詐欺」についての一部だ。

検察官 「現在勾留中の事件…3月上旬頃までに追起訴予定…」
裁判官 「それで終わるんですか?」
検察官 「いえ、それで終わりの予定ではありません」
裁判官 「(弁護人に対し)否認かどうか…」
弁護人 「いえ、僕は(追起訴の事件は)弁護人に付いてないので分かりません…」

 そうして3月16日の上掲ニュースなのである。ぎょぎょっ! でしょ。
 保釈保証金は200万円程度では済まなかったはず。いったい誰が出したのか。保釈中に「所在不明」となり同種犯行を重ねたのでは、保釈保証金は当然にパーだ。被告人はどういうつもりなのか。
 4月の追起訴の公判、 必ずや傍聴し、またレポートしよう。4月は前橋地裁・太田支部へも傍聴に行かなきゃいけないし、嗚呼、忙しいっ。

 ←3月17日18時40分現在、週間INが140で2位~。happy02 

2018年3月15日 (木)

大高正二さん、裁判所の廊下から不退去罪!

 スーパーで100円引きのクーポン券をもらった。うひょ~!
180309 何日かしてそのスーパーへ、酒肴のネタを買いに出かけた。
 一部黒くなりかけた国産豚肉、100g108円で370gくらいのやつに3割引のシールが。うむぅ、まだお高いが、まぁいいや、100円引きだもの。2日に分け、生姜焼きで食べよう。

 それだけカゴに入れてレジへ向かう途中、待てよ? となった。財布からクーポン券を出し、よく見てみた。
 なんと、お買い上げ千円以上でないと100円引きは適用されないのだった。くっそう、騙されたっ! ←誰も騙してませんから~(笑)。

 ふり返ってみれば私はここ数年、スーパーで千円以上の買い物をしたことがないかも。いつも特売品か値引き品だけ買って去る、招かれざる客かも。

 クーポン券、どうしよう、丸めて捨てるか。それももったいない、悔しい。
 店内を見回すと老婦人がいた。カートの買物カゴに商品をだいぶ入れている。私はクーポン券を手に、声をかけた。

今井 「お嬢さん、これどうぞ」
婦人 「(不審そうに)何ですか?」
今井 「買い物が千円以上だと100円引きだそうです。どうぞ」

 老婦人は途端ににっこり微笑み、「ありがとうございます」と言った。あぁ、良いことをした。

 なーんてそんなことも編集後記に書きつつメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、3月は以下の6号を発行した。

第2073号 大高正二さん、裁判所の廊下から不退去罪!
 「裁判所前の男」として名高い大高正二さんが、裁判所庁舎内の廊下にて「建造物不退去」で逮捕された事件の、厳重警備の第1回公判。開廷の前にややこしい展開となり、ようやく裁判長が審理開始を告げた途端、「いやその前に!」と大高さん。言っちゃなんだが漫画チックなことになっていくのだった。

第2072号 非常に珍しい「鑑定留置理由開示」を傍聴!
 「勾留理由開示」はぽつぽつあるが「鑑定留置理由開示」は滅多にない。被疑事実はてんかんによる「危険運転致傷」。裁判傍聴師としてしっかり傍聴し、詳細レポートしました。この若い裁判官、ネットではぼろくそ言われているが、私はちょっと違う見方を…。

 以下の4号は3月9日にお知らせした。

第2071号 オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?
第2070号 24年間無免許の職人、裁判のお約束を知らず
第2069号 山口組系、大麻栽培の予備、黙秘します!
第2068号 外国人の「集団強姦」と「未成年者略取未遂」

 いま購読登録すると、以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。月額なんと108円、そんなバカな。しかも初月無料。

 画像は、ある日の「昭和」の酒肴。ほうれん草の卵とじ的オムレツ風というか、それと野菜の煮物、そして痛風持ちの敵、焼き明太子。旨そうで我慢できなかったんだもーん、小っちゃいから許して~。
 いずれも1品チケット1枚。チケットは10枚綴りで1200円。嗚呼、ここは日本の秘境、パラダイスだ!

 ←3月15日2時30分現在、週間INが110で2位~。happy02 

2018年3月12日 (月)

万引き病と水俣病

 AbemaTIMESって何だか、申し訳ない、私はよく知らない。そのAbemaTIMESが3月11日付けで「「タダで盗れるパラダイスが終わって泣いた」万引き衝動に抗えない“クレプトマニア”、摂食障害と併存するケースも」と報じた、と読者氏から教わった。
 ほほ~! なかなかの記事じゃないかと思った。私から少しコメントさせてもらえば…。
 
 たとえば、ある地方で大変な“奇病”が発生する。前例がなく、原因となるウィルスも発見されない。しかし奇病は人間も猫も確かに襲っている。
 医師らは、ある企業が湾に垂れ流した有機水銀が魚に蓄積し、その魚を食べて人間や猫がもだえ苦しむのだと発見する。
 だが国家は認めない。そのため奇病は、被害は拡がる…。

 万引きも似たパターンかと思える。
 クレプトマニア、窃盗症(以下万引き病)は確かにある。
 だが刑事司法(法務省と最高裁。具体的には検察官、裁判官。以下同)は万引き病を認めない。量刑相場の階段を上らせ、執行猶予中にまたやれば──てか病気ゆえにやるのだが──刑務所へ落とす。

 その際、刑事司法は、ただ認めないだけでなく自己正当化を図る。
 すなわち、病気ではなく結局は本人の意思の問題だと、被告人(病者)に言い聞かせるのである。せっかく病識を持ち始めていた病者からも病識を剥ぎ取るのである。

 病者自身、「そんな薄気味悪い病気があるもんか」「たとえあっても自分は違う」「自分はマトモだ」と思いたがっている。かつ、無邪気にも検察官、裁判官は立派な人と思い込んでいる。ので、その言い聞かせに易々とのる。
 また、刑事司法は刑務所をして「徹底的な矯正教育を行う矯正施設」であると言い張る。病者は、長く刑務所に“入院”したのだからもう大丈夫と思ってしまう。

 かくして、病者は病識を持たず、刑務所で病気は悪化する。万引き被害は──病者による被害は限定的だろうとはいえ──くり返され、病者自身およびその家族は破滅の方向へ向かう。自殺に至った病者も相当数いるのではないか。

 今回、AbemaTIMESが万引き病を取り上げたのは、元マラソン選手である原裕美子さんの万引き逮捕、あの影響がやっぱり大きいのだろうと思う。著名女性の万引きという話題性、である。

 原さんの事件は、万引きで執行猶予判決(懲役1年、執行猶予3年)を受けて半年も経たないうちの万引きゆえ、原則実刑だ。今回は、相場的には懲役8月(はちげつ)かな。
 その際、検察官、裁判官は、「病気のせいにするのか。背景に摂食障害があるとしても、結局は意思の問題だ。意思を強く持ちなさい」と言い聞かせるだろう。実刑判決を正当化するために。
 執行猶予は取り消され、刑務所へ。自己肯定感の低下、さらなるストレス、出所後またやる可能性が高い。そんな女性はいくらでもいるのだ。そして自殺、ニュース番組やワイドショーが連日報じ、ようやく世間もちらっと気づく…。
 いやいや、んなこたどうでもいい、原さん、死ぬな!

 万引きが止まらない方、またそのご家族には、とりあえずこれらの本をお勧めする。今まで独りで苦しんできたこととは違ったものがきっと見えてくると思います。あと、私のメルマガのバックナンバーから、万引き事件のレポートをお読みください。“落ちていく他人”の姿を見ることで、新たな気づきがきっとあるはず。私は万引き病の事件を狙って傍聴し、月に何回かレポートしています。

 ←3月12日1時40分現在、週間INが120で3位~。happy02

2018年3月 9日 (金)

オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?

Img_1844 昨年10月だっけか雑誌『プレジデント』に書かせてもらった記事が、3月6日、「駐車違反で警察に出頭すると大損するワケ」としてネットにアップされた。
 すぐにサイト内で人気トップになったそうで、その影響だろう、当ブログのアクセス数が4倍近くにまで増えた。さらにその影響か、メルマガの部数もちょと増えた。それがいちばんうれしい、ありがとうございます~!

 画像は、記事中に出てくるデータの、2014年のやつ。今それしか見つからなかった。確認表彰とは、駐禁のあの黄色いステッカーのこと。表の右端に「反則告知件数」とあるでしょ。反則告知とは、いわゆる青切符を切ること。駐禁ステッカーを貼られた人のうち、出頭して青切符を切られた人数とその割合が右端に載っているわけ。都道府県によりだいぶばらつきがあって興味深い。

Img_1846 さて月火木金の週4号発行だったメルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、3月から火木土、週3号の発行にした。月額108円は変わらず。それ以下の購読料設定はないらしい(笑)。

 週1号減らしたのは、とうとう渾身の単行本を出せることになり、その執筆に時間をとりたいから。えいやっと決断したのだ。
 減らしてすごく良かった。気持ちに余裕ができた。もともとあの濃さで週4号は無理だったのだ。ふり返れば当初は週6号だった。バカですか!?

 8日(木)、あるテレビ番組のことでディレクター氏らがうちへ来てくれて、2時間ほど話した。話すうち密かに気づいた、結局私は、採算は度外視、「これだ!」と興奮して熱中できることをとことんやる、ずっとそれで生きてきたんだなぁと。
 びっくりするほど稼げた年もあった。今? 今は、芸人さんでいえば下積み時代だ(笑)。

 下積み時代だけども興奮して熱中して、3月は以下の4号を発行した。

第2071号 オービス無謬神話を崩壊させる証人尋問?
 測定値は130キロ。赤いのが光ってメーター(車の速度計)を見たら105キロだった、130キロは絶対に出していない、ウソはついていません! と真っ向否認。判決は…。そして、もしこんな証人尋問をやったら警察、検察、裁判所は困るだろうなぁ、という妄想尋問を。

第2070号 24年間無免許の職人、裁判のお約束を知らず
 報道された事件。こういう裁判のお約束は、まず車を処分すること。さらに検察官は運転専従の従業員をなぜ雇わないのかと責めた。アホかと私は呆れた。何より驚きは、家も仕事もある69歳の職人さんを約2カ月も勾留していること。その理由はたぶん…。

第2069号 山口組系、大麻栽培の予備、黙秘します!
 表題の事件のほかに、以前アルバイトしていた店舗へ侵入し、パソコンに自作のウイルスを感染させたとされる事件。その動機は…。  プラス、「わいせつ誘拐」と、執行猶予中の無免許運転…。

第2068号 外国人の「集団強姦」と「未成年者略取未遂」
 「集団強姦」はどうも無実の臭いのする事件だった。「未成年者略取未遂」は、DV夫(外国人)がシェルターへ逃げる等した妻から1歳の息子を奪おうとした、とされる事件。  編集後記は、黄色いテープによる規制線の内側で間近に火事(全焼、延焼)を目撃してしまった件。

 いま購読登録すると、以上4号がどどっと送信される。そして月末まであと10号が順次送信される。月額108円。初月無料。

 週1回程度の発行で月額648円、864円とかのメルマガ多いのに、私はなぜ週3号で月額108円というバカみたいな設定にしているのか。それはね、1万部を狙って、つまり玄関を広く開けているのだ。
 私の取り分は6割。消費税がどういう扱いかよく知らないが、消費税抜きでも月1万部なら月収60万円だ。5千部でも30万円。そこを狙っているのだ。
 で、いま何部? メルマガでは毎号明かしているが、公には内緒だ。上述のテレビ番組で本番のロケがあったときには、しゃべってしまうかも。観ないでねっ。sweat01

 さぁ、9日(金)は午後に「過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱」がある。それは傍聴予定なのだが、午前11時からの、オレオレ詐欺の受け子が「詐欺の現金を受け取るとは知らなかった」と争っている事件の、被告人質問、そこから傍聴するか、悩み中。ほんとどぅしよう。とりあえず寝よう。

 ←3月9日0時30分現在、週間INが160で久々の1位~。happy02 

2018年3月 5日 (月)

マラソン元日本代表の原さんはなぜまた万引きしてしまったのか

 裁判傍聴師こと裁判傍聴マニアになって、この3月で16年目に突入する。
 私はここ数年、特に女性被告人の「窃盗」「常習累犯窃盗」に注目している。世間の方の99%以上はご存じないだろうけど、てゆっか「そんなふざけた病気があるもんか」と思うだろうけれど、クレプトマニア、窃盗症、万引き病の女性(たまに男性)が確かに存在することがくっきり分かってきた。それを検察官、裁判官、また多くの普通の弁護人がどう扱うか、んもうとんでもないことになっているのだ!

Img_1843_4 そこを見張り、メルマガ「裁判傍聴バカ一代」でしばしば興奮のレポートをしている。おかげさまで万引き病の女性自身、医師、支援組織等の方々にもお読み頂いているようだ。ありがとうございます。

 昨年11月8日、宇都宮地裁・足利支部へ行ってきた。マラソン元代表選手の原裕美子さんが万引きで捕まり公判請求(正式な裁判への起訴)をされたと聞き、期日を調べて。
 いきなり公判請求されるはずがない。前科・前歴を重ね、いわば量刑相場の階段をのぼって法廷へ出てくるのだ。原さんも万引き病の可能性が高い。私が見届けねばどうする、と。

 即日判決。懲役1年、執行猶予3年だった。
 メルマガで3号にわたってレポートし、3号目の第2007号「これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!」の終わりのほうにこう書いた。

裁判官 「摂食障害が背景にあったことがうかがわれる…示談…嘆願書…犯行後自ら積極的に入院治療…このように被告人にも有利な情状が多数あります…以上を総合勘案すると…よって主文の刑に…」

 これを被告人はどう聞いただろう。
 本件に特有の事情のおかげで執行猶予の温情判決をいただいた、心からの反省や誠意は通じるのだ、と思ったら大間違いですぞ!

 分かりやすく言えば、どんな事情や反省や誠意があろうがなかろうが、本件は公判請求されるのが初めてゆえに執行猶予なのである。
 そして、執行猶予中にまたやれば、どんな事情や反省や誠意があろうがなかろうが、原則実刑なのである。
 そこを勘違いして、誠意が通じて温情判決をいただいたとか甘い考えになったら、絶対ダメですぞ!

 それから約5カ月を経て、以下は3月5日付けTBSニュース。

マラソン元日本代表の女、執行猶予中に菓子“万引き”
 マラソン元日本代表の女が群馬県太田市のスーパーで菓子を万引きしたとして、逮捕・起訴されていたことが分かりました。女は去年、栃木県内でも万引きをし、有罪判決を受けていました。
 逮捕されたのはマラソン元日本代表で栃木県足利市に住む原裕美子被告(36)です。原被告は先月9日、太田市のスーパーで菓子およそ380円相当を万引きした疑いが持たれています。
 警察によりますと、原被告は取り調べに対して「商品を戻すつもりだった」と容疑を否認していましたが、前橋地検太田支部は今月2日付けで起訴しました。原被告は去年、栃木県のコンビニで化粧品などを万引きし、懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を受けていました。

 なぜまたやってしまったのか。
 その心理はどうなっているのか、またこの種の病気はなぜ悪化していくのか、特に誰が悪化させているのか! 第2060号「精液かけ、死んだような目に恐怖を感じて」(電車内の常習精液かけ犯)、第2061号「結局は意思の問題、そのセリフが元凶とは!」、第2062号「刑務所へ入れられた病者が中で思うことは」(本格の摂食障害&万引き病の若い女性)で、ありありとまざまざと私はレポートした。

 今回、前橋地検・太田支部が起訴したのだから、前橋地裁・太田支部の法廷へ出てくる。私が見届けなくてどうする。期日を調べて傍聴し、またレポートしよう。

 画像は本文と無関係。お客様である裁判員には茶菓が提供されると聞き、東京地裁に対し開示申出して出てきた、だいぶ以前の文書の一部だ。芋焼酎があればサイコーなのに(笑)。

 ←3月5日20時30分現在、週間INが140で3位~。 

2018年3月 4日 (日)

ネズミ捕りは場所が限られるので

 以下は2月28日付けNHKニュースの一部。

交通違反の切符 場所を誤記載で反則金や減点取り消し 埼玉
 埼玉県の所沢警察署の警察官が速度違反の取締りを行った際、違反場所を誤って記載した交通違反の切符を50人に交付していたことがわかりました。いずれも速度違反はありましたが、警察は記載ミスだったことから反則金や減点を取り消したうえで、すでに納付した人には返還の手続きを行うことにしています。
 埼玉県警によりますと、27日、埼玉県所沢市の市道で速度違反の取締りを行った際、違反場所をおよそ2キロ離れた別の住所を誤って記載した交通違反の切符を50人に交付したということです。
 交通課の警察官が取締りの前に必要な書類を用意していた際に、誤って別の住所を記載してしまったということです。
 50人はいずれも速度違反はありましたが、警察は、記載ミスだったことから反則金や減点を取り消したうえで、すでに反則金を納めた人には返還の手続きを行うことにしています。

 弁論の全趣旨からして(笑)、光電式またはレーダ式の速度測定機を運んできて設置し、複数人の警察官のチームが違反車両を待ち伏せて行う、定置式の速度取締り、いわゆるネズミ捕りと解される。

Img_1839 ネズミ捕りでは、取り締まった車両を停車させて違反切符を切る等するところ、その様子がこれからやってくる車両から丸見えではマズイ。丸見えとならず、かつ、多くの運転者が「ここは制限速度が低すぎる。ちょっとオーバーするくらいが安全で円滑だ」と思えるような場所でなければならない。
 ネズミ捕りを効率的に行うためには、場所が限られるのである。
 そのような場所が管内にたとえば3カ所あれば、住所のハンコを3つつくっておく。取締りの際には、違反切符の違反場所の欄に、住所をいちいち手書きせず、ハンコを押す。
 そのハンコを、間違えて現場へ持って行ってしまったのだろう、たぶん。

 にしても1回で50人とは、こう言っちゃ何だがおいしい猟場(漁場)が所沢市にはあるらしい。おいしい場所で効率的に稼ぎ、浮いた時間、人員を犯罪捜査等に振り向ける、という考え方もあるだろうと思う。

 ネズミ捕りは場所が限られるので、三脚に載せて神出鬼没に使える新型オービスを導入しよう、というのが警察庁の方針だ。
 そのような新型オービスの先にどんな社会が待ち受けるか、警察庁の本当は狙いは何かについては、もうさんざん書いてきた。今回は省略。

※ 鶏のもも肉を適宜切り、フライパンで焼く、味付けは塩胡椒とにんにく、最後に醤油をちらっと。いつものその料理をつくる際、ネギのぶつ切りもいっしょに焼いてみた。ネギは鶏皮油で軽く揚がったようになり、もう絶品、たまらんです。
 画像は、その鶏もも肉ネギ焼きを、たっぷりのかいわれ大根の上に載せ、ブロッコリを添えたもの。小鉢はほうれん草のすり胡麻かけ。グラスは、ゆず果汁をたっぷり絞り入れた焼酎甲類25%。次はネギをもっとたくさん入れてやろうと思う。楽しみだ。

 ←3月4日10時00分現在、週間INが120で3位~。 

2018年3月 1日 (木)

時速235キロでオービスに

 今日は強い心で裁判所行きを休んだ。
 メルマガの2月の最終号を昼頃に送信。東京は風も止み急に暖かい青空となったので、運動がてら自転車で広範囲へ買い物等に出かけた。
 途中、静かな住宅街に煙が見えた。火事だった! 警察官だけがいて消防車はまだだった。
 やがて消防車はきたものの、木造2階建ての家1軒が燃え落ち、隣家へ延焼するのを間近で見届けてしまった。
 住人は留守だったようだ。帰ってきたときのショックは如何ほどだろう。
 火事は怖ろしい。なんかものすごく疲れてしまった。火の用心、しようと思った。

 あとで遠回りして現場へ行ってみた。鎮火していた。規制線のところに立っていた警察官が私をじろじろ見た。成果をチェックに戻ってきた放火魔を見るような目だった。あの目から察するに、放火だったのか?

 帰宅すると、マニア氏からメールが届いていた。びっくりな報道を見たかと。
 以下は3月1日付けテレ朝ニュース。

中指立ててオービス通過 時速235キロで中央道を…
 東京・国立市の中央自動車道で法定速度を135キロ、オーバーした時速235キロで車を運転したとして41歳の男が逮捕されました。
 ■■■■容疑者はおととし1月、国立市の中央自動車道で、時速100キロの法定速度を135キロ超える時速235キロで車を運転した疑いが持たれています。警視庁によりますと、現場の自動速度取締機、通称「オービス」に前方のナンバープレートを外したスポーツカーが映っていて、所有者の■■容疑者が浮上しました。■■容疑者はおととし、都内の別のオービスに向かって中指を立てながら速度違反をする姿が映っていて、これまでに同じ車で5回以上の速度違反を繰り返していたということです。■■容疑者は「自分かどうか分からないので、認めません」と容疑を否認しています。

 あそこにあるオービスは何だっけ。三菱はすでに交通取締り機器から撤退していることもあり、東京航空計器のオービスⅢ、Lk型かLx型かなと思う。
 拙著によれば、Lk型は240キロまで測定できる。そのことは東京航空計器の証言専門社員氏の法廷証言で聞いたと記憶する。

 本件被疑者はどうなるのか。
 これはもう略式による罰金では済まない。警視庁が逮捕したというのだから、東京地裁の法廷へ出てくるはず。
 速度違反の最高刑は懲役6月。東京地裁における首都高速、高速道路の鉄板相場は、超過80キロ台が懲役3月、90キロ台が懲役4月だから、本件の求刑は懲役6月だろう。
 初犯なら普通必ず執行猶予が付く。超過80キロ台だと執行猶予は2年か3年。本件は4年か5年かも。
 ほかの5件がどうなるか、分からない。5件の超過速度にもよるけれども、合計6件の起訴となれば、実刑の可能性はあるかな。
 期日を調べて必ず傍聴しよう。

 そんなことより大変なのは、バカげてるとしか言いようのないぶっ飛んだ冤罪、北陵クリニック事件だ。 ←リンク先のサイト、見た目は古くさく大量の文字があるけど、読みやすく分かりやすく、なんと有名なお医者さんがつくったサイトなのだ。
 2月28日、仙台高裁は先輩裁判官らのメンツを守った。世の中でいちばん悪質な犯罪者は裁判官たちだと思う。守大助さん、そのご両親の気持ちを思うと涙が出そうになる。

 ←3月1日19時40分現在、週間INが120で3位~。 

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »