フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の11件の記事

2018年4月30日 (月)

夜、夫が娘の陰部をなめていた

 TOKIOの山口達也さんの事件について、世間とは全く異なるだろうことを、裁判傍聴師である私は思う。

1804279 大脳の、いわゆる理性をつかさどる新皮質の活動を、アルコールは低下させるのだという。
 体質(脳質?)や体調などにも関係するのだろうけど、かなり酒を飲んで、理性が低下どころかぶっ飛んでしまい、それやったらアウト! ということをやってしまい、「強制わいせつ」を含むいろんな犯罪で起訴され被告人として法廷へ出てくる人はよくいる。
 被害者にとってよりも、本人自身にとって取り返しのつかないことになることが多いかな。
 そうなりかねないことは本人も承知で、酒を控えていたのに、ほんの少しと思って飲んだら止まらなくなり…という被告人もいたっけ。

1804278 その種の被告人はみな、法廷ではおとなしい。こんなまともな人が、普通よりずっとまともな人が、どうしてそんなこをやってしまったの! と思わされることが多い。

 酒という薬物はじつは非常に怖い(場合がある)のですよ、たとえばこんなふうに、と検察官、裁判官が社会に対し発信したらいいのに、と私なんかは思うが、彼らは絶対そんなことしない。被告人として法廷へ出てきた者を粛々と相場どおりの有罪にして終わるだけだ。
 裁判的には、泥酔しており記憶がないとかぜんぜん許されない。

 山口達也さん、酒の怖さを知る者が本気でサポートしなければ、さらに飲んで次の犯罪をやるか、体を壊して早死にするか、テレビ報道を見ているとそんな感じがしないでもない。

 とにかくね、酒飲み諸氏にはとりあえずミヤフローラEXをお勧めしたい。山口達也さんがもっと早くにミヤフローラEX(ミヤリサンU錠)を知っていたら、展開はまた違っていたのではないか、と思う。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、4月は以下の12号を発行し終えた。

第2093号 ドリフト族の107キロ超過、意外な判決!
 ドリフト族がナンバーを外して一般道を167キロで走ったと大報道された事件。被告人はバカな子どもかと思いきや、私なんかよりずっと立派な男子なのだった。どうせ執行猶予の事件ゆえ手抜き弁護はいいとして、わざわざ別期日をとったうえでの異例な判決に私は驚いた! ゲシュタポ判事として今後注目か。

第2092号 夜、夫は娘(女子高生)の陰部をなめていた
 また出てきた“強姦パパ”の事件。どんな理由で娘に口淫、性交をさせ、何を言ったか、そしてなぜ発覚したか、嗚呼、そんなことがあっていいものか!

第2091号 マラソンの原裕美子さん、摂食障害は重そう
 昨年11月に万引きで執行猶予判決を受け、3カ月でまた万引き。悪質と世間は責めるが、同種の裁判を多く傍聴してきた私は言いたい、万引き病者にはごく普通のことなのだと。見届けるべく前橋地裁・太田支部へ通うことになりそう。

第2090号 息子の彼女に売春させた母親と注目検事!
 被告人の印象はお洒落な美熟女…。そんなことより検察官が超個性的というか、刑事弁護に慣れてないらしい弁護人とのやり取りにびっくり! 東京地裁にすごい立会(りっかい)検察官が現れた!

 以下の2号は4月20日にお知らせした

第2089号 「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件
第2088号 判決を前に保釈され同種犯行を重ねた男!

 以下の3号は4月16日にお知らせした

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 4月中に購読登録すると、以上12号が全部無料でどどっと送信されるはず。
 5月になると、以上12号はバックナンバーの扱いとなり、月額108円(12号全部で108円)となる。無料か108円か、あんまり違わないかもしれない。ソク購読解除をしなければ、5月分について月額108円が課金されることになる。、

※ 画像は4月27日(金)の昭和。上の画像の左側は、ネギとか茄子とか野菜を豚肉で巻いて焼いたやつ。旨いのだよぅ。右側は茄子の煮浸し、最高! 黒ホッピーセットとこの2皿でチケット4枚、480円相当。幸せだ~。heart04
 下の画像は、最近登場したカレーライス。チケット1枚、120円相当。マニア氏が食べた。旨かったそうだ。確かに旨そうな香りが漂っていた。てか酒飲みながらそんなの食べるかね、信じられないっ。

 ←4月30日2時50分現在、週間INが120で2位~。happy01 

2018年4月24日 (火)

原裕美子さんの二度目の万引きを傍聴に太田支部へ

1804248 ぎりぎりまで単行本の原稿を書き、あわてて飛び出したら、いつもの傍聴ノートと手帳を忘れたっ。しかし取りに戻る余裕はない。

 都営浅草線から東武鉄道へ乗り換えるなんて初めて。
 途中、浅草の神谷バーがあった。お~。30年かもっと前か、可愛い娘ちゃんとあそこで電気ブランを飲んだことがあるよ。などと思い出にひたる余裕もなく、浅草は外国人だらけだった。すごいねっ!

1804247 浅草から群馬県の太田へ向かう、東武鉄道の特急に乗った。全席指定席で、別に特急券を買わねばならないのだった。ひ~。
 そうして雨の中、前橋地裁・太田支部へ。

 昨年11月、マラソンの原裕美子さんの万引きの裁判が宇都宮地裁・足利支部であった。私は傍聴し、メルマガ第2005号「女子マラソン選手の万引き、足利支部へ!」、第2006号「足利の検察官も裁判官もどうなってんだ!?」、第2007号「これを温情判決と感謝したらアウトですぞ!」で3号にわたってレポートした。
 即日判決。懲役1年、執行猶予3年だった。

1804244 今年2月9日、また万引きで捕まり、今度は前橋地裁・太田支部の法廷へ出てきたのである。

 足利支部のとき、傍聴席は48席。メディアで大きく報道され、裁判所がびびったのだろうか、傍聴券抽選となった。
 記者クラブのための記者席が12席、原さんのご両親の席が2席あり、私を含む一般傍聴人に与えられたのは34席。
 抽選に並んだのは15人ぽっちだった。

 傍聴券の抽選に人が押し寄せるのは、あれはメディア各社が“並び屋さん”を大量に雇うからだ。
 原裕美子さんはバラエティ番組とかで活躍している芸能人ではないし、事件は殺人でも色情でもなく、たかが万引き。東京から並び屋さんを大量動員して交通費まで払う意味はないのだ、と私は推認した。

1804246 ところが今回の太田支部は、傍聴席は18席! 一般傍聴人に与えられたのは、たった11席だった! 11席って、ちょと前代未聞の抽選といえるかも。
 それでも定員割れするだろうと私は予測した。もう二度目の万引き裁判、注目度は低かろうと。
 ところがところが! 11人を超え、12人、13人、おいおい、と思っているうち16人も! 年配のご夫婦っぽいカップルが何組もいた。

 私はもう何年も万引き病の裁判を追いかけている。レポートしている。本件もどうしても傍聴したい、レポートしたい! 往復たぶん5千円弱と5~6時間をかけ、抽選に外れましたと帰ることになるのかっ?

 抽選の締切りは15時20分。あ、当たった…。なんか気を失いそうだったね。

 足利支部のときは即日判決だったが、今回はそうじゃない。裁判官は奥山雅哉さん、かなり個性的な人だった。メルマガ次号でレポートしよう。今回は江川紹子さんが来なかったので、レポートするのは私だけかと。
 ただ、今日中の発行はもう無理。メルマガ執筆は基本的に4、5時間かかるのだ。明日午後、2013年に横浜地裁で無罪論告を受けたと報道された被告人、とたぶん同一人物だろう被告人の事件が東京地裁である。行かざるを得ない。その夜、刑事裁判と監視カメラについて(かな?)講演っぽいことをさせていただくことになっており…。なので明日午前中に発行できるよう、頑張ります!

 ←4月24日11時00分現在、ぎょっ、週間INが220で1位~。happy01 

2018年4月23日 (月)

大阪のレーザー式オービスLs型とLp型の図面

1804222 前号の当ブログ記事「東京航空計器のオービスからループコイルが消えた!」、かなり多くの方の目にとまったようだ。ありがとうございます。

 関連して、大阪の非常に不可解なオービス事情について、メルマガ第2090号「息子の彼女に売春させた母親と注目検事!」の編集後記に書いた。
 非常に不可解な流れの中で、ループコイル式ではなくレーザー式のTKK(東京航空計器製)オービスが登場するのである。

 当ブログでは今回、前号の「仕様書」から、「オービスⅤ Ls [F型柱2車線]」と「オービスⅤ Lp [自立型]」の、その実際の外観がうかがえる図をご紹介しよう。

 どうです、Ls型は、オービスマップなどでLHと表記されるオービスと見た感じほぼ変わらないでしょ。
 ただ、ループコイルは埋設されておらず、かわりにレーザー式の小さな筐体が設置されているのである。

 撮影端末は2車線分あるのに、レーザー式の測定装置はひとつ。ひとつで同時に2車線をカバーできるのか。あるいは、今日は右側の車線、明日は左側の車線というふうに切り替えるのか。

 Lp型は、従来の道端のオービスに比べて細長い。だいぶスリムだ。
 ただ、ループコイルは埋設されておらず、筐体の下側の長方形の開口部からレーザー式の速度測定を行うのである。

1804221_2 おそらくこの開示文書のLp型だろう、8833jpさんがまとめたというサイトに画像と動画がある。
 どうやら私は、そのサイトをマニア氏からお教えいただき「ぎょっ、なんだそれ!」となり、大阪府警に開示請求して今回の文書をゲットしたのだ。
 8833jpさん、そして読者氏、マニア氏に大いに感謝する。もう感謝しきれない。折原崇文検事のこともそうだが、マニアな方々はほんと大したもんだ。ありがとうっ!

 ところで、やはり8833jpさんのスクープ情報、北海道の国道の道端にLSM-100(TKKのレーザー式速度測定機。通常はパトのルーフに搭載される)に酷似した装置があり、付近道路にループコイルの埋設跡があるという件。
 あれは──近日発売の『ラジオライフ』で詳述したが──警察庁も北海道警察もあずかり知らぬことらしい。考えてみれば、TKKが勝手にそんなことをやっちゃっていいのか? 取締りをするわけじゃないんだからべつにいいじゃん、とも言えるけど、「最新型のLSM-100が道端に設置されたぞ!」という調子でネットで話題になっているようで、うーん、大丈夫なのか?

 ま、とりあえずそんなところで。
 明日、東京地裁へ行こうかどうしようか悩んでいる。明後日は前橋地裁・太田支部へ行かねば。
 その翌日は、2013年に一部無罪になった被告人の、出所後の再犯かと思われる事件がある。さらにその翌々日は、渋谷のスクランブル交差点を暴走したと大報道された事件が…。
 単行本、ヤバイ。絶対ヤバイ。担当編集者氏(その出版社の社長氏)に泣きのメールを入れなければ? 嗚呼…。

 ←4月23日1時20分現在、週間INが160で久しぶりに1位~。happy01 

2018年4月22日 (日)

東京航空計器のオービスからループコイルが消えた!

 スピード違反取締りのジャンルにおける大スクープであるっ!

1804214_2 大阪に妙なオービスらしき装置がある、何だろと、画像付きの情報をマニア氏からいただいた。ほほ~、なるほど、確かに妙な装置だ。何だろ…。

 そんな発端だったかと記憶する。私は大阪府警に対し、情報公開条例に基づき開示請求することにした。オービスについての開示請求はちょっとコツがある。長年の経験から、請求件名を工夫して開示請求した。

 そうしてゲットしたのが、まずは「速度違反自動取締装置設置工事(豊中警察署ほか1署管内)」の「建設工事請負契約書」だ。

1804212_5 契約日は2017年12月5日。工期は2017年12月5日~2018年3月15日まで。受注者は東京航空計器株式会社(TKK)。請負代金は5508万円
 オービス2台(2カ所)と、その撮影画像を受け取る中央装置の契約書だ。TKKにしては安めだな…。 →右の画像、申し訳ない、何をどう試しても逆さになる。どしてっ?

 もう1通はその「仕様書」。
 真っ黒墨塗りがやたら多い。ぱらぱらめくった私は「どっかーん!」と叫んで椅子から飛び上がり、天井に突き刺さった、というのはうそだけどさ(笑)、墨塗りが少ないページにこうあったのだ。目ん玉おっぴろげてよぅく見てくださいね。

 「速度違反自動取締装置 オービスⅤ Ls [F型柱2車線] 端末装置 基本仕様書」
 「速度違反自動取締装置 オービスⅤ Lp [自立型] 端末装置 基本仕様書」

1804213 オービスⅢLx が最新型と思っていたら、Ⅳ(ギリシャ数字の4)を飛ばして「Ⅴ」(ファイブ)って何だよっ。
 よく見たら「計測部」が「スキャンレーザーセンサ」ではないかっ!!!

 ループコイル式のオービス(オービスマップなどで言うところの「LH」)によく似て、しかしループコイルを埋設せずレーザー式で測定するオービスが登場したのである。それもLSMシリーズじゃなく「オービスⅤ(ファイブ)」として。どっかーん! 飛び上がって天井に突き刺さりたくもなるでしょっ。

 けどこの装置、大丈夫なのかね。理由は、近日中に発売の『ラジオライフ』に書いた記事に関係する。
 ほか、大阪府警がオービスⅤを導入したことの意味等々についてたぁっぷり語りたいことはあるが…。

 ←4月22日0時00分現在、週間INが130で2位~。happy01

2018年4月21日 (土)

空前絶後のキャラ立ち検察官が登場!

 4月20日(金)、ドリフト族が一般道を107キロ超過でかっ飛ばしたとか報道された事件を傍聴に東京地裁へ行った。

 そしたら、女性を被告人とする「児童福祉法違反、売春防止法違反」の新件があった。
 いわゆる立ちんぼを買った不特定の遊客は男子中学生だった? 謎なので傍聴してみた。以下は今年1月29日付け日刊ゲンダイ。なんとこの事件なのだった。

根性焼きまで…長男のカノジョに売春強要した鬼母の所業
 “金ヅル”が転がり込んできたとでも思ったのだろうか。
 当時17歳だった家出少女(18)に売春をさせたとして、無職の■■■■子容疑者(55)と、少女と交際していた長男A(18=いずれも東京都■■区)が29日、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで警視庁に逮捕された。
 逮捕容疑は2016年12月、長男の彼女に「豊島区のホテルへ行ってこい」と命令し、ツイッターで募った50代の男と性交させ、現金4万5000円を得たとされる。
 少女は同年10月からAと交際を開始。翌11月に家出。親子が住む都営アパートの一室に居候するようになった。一緒に暮らすようになってすぐに殴る蹴るの暴行を受けるようになったという。

 報道よりずっと詳しい話が出てきた。記号を含め6文字でまとめれば「なんだそれ!」というか。
 んなことよりっ! 「わりはらたかみ」と名乗った(そう聞こえた)公判立会(りっかい)検察官が、んまぁ空前絶後のキャラ立ちなのだった。司法修習でも、いや高校大学時代から超有名人だったはず。刑事裁判に慣れないらしい弁護人とのやり取りが、裁判傍聴師的には「うわぉ!」だった。裁判官がすぐ止めたけどね(笑)。
 私はこの検察官(男ですょ)、めちゃめちゃ好きだ。嫌いだけど好きだ。黒板を爪でひっかく感覚というか、うまく言えない。興奮した。

 続けて別の法廷で、開廷表の被告人氏名欄に「甲」と記載された「監護者性交等」の新件があった。
 以下は昨年7月13日施行の改正刑法に新設された条項。

(監護者わいせつ及び監護者性交等)
第百七十九条
 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第百七十七条の例による。

 第177条は「強制性交等」。法定刑は5年以上の有期懲役だ。
 この事件名を開廷表に見るのは、少なくとも私は初めてだ。傍聴してみた。これも「なんだそれ!」だった。具体的に何をやったか、どう発覚したか、当ブログのような公開の場所に書くのははばかられる。

 それを途中で抜けて、107キロ超過の「道路交通法違反、道路運送車両法違反」の法廷へ行ったわけ。
 被告人は、バカな若いヤンキー君かと思いきや、なかなかに立派な若者君で、私は感心しました。
 ちなみに担当裁判官は、以前東京地裁にいた井下田英樹さん。私は傍聴ノートに「ナチ風七三分け」と書いた。その髪型と訴訟指揮を直に見れば「今井はそう書いたか、わはは」と思ってもらえるはずだ。 ※「監護者性交等」の次回期日はマニア氏に教えてもらった。ありがとうっ。

 井下田さんの個性を、しかし「わりはらたかみ」検察官は百倍、いや万倍超える! すごい立会検察官が来たもんだ。楽しみでしょうがない。heart04

1804202016 以上3件、どれもメルマガでレポートしたいが、今月はもう予定が詰まっている。一部5月になるかと。

 帰りの電車で、先日警視庁でコピーしてきたものを見て、あそうだと思いつき、座席に座ったままスマホで撮影。自宅Wi-Fi の環境下でパソコンに送信してみた。わりとスムーズにいった。少しずつ操作に習熟しつつある。
 画像はそのように撮影送信したものの一部、「ストーカー規制法違反等の措置状況」だ。送致とは検察送致、送検のこと。受理した検察が、不起訴にも罰金刑(略式)にもしなかったものが東京地裁の法廷へ出てくるわけだ。どれくらい出てくるかは、東京地検の「被疑事件罪名別月表」で分かる。

※追記: 読者氏から情報をいただいた。私は「わりはらたかみ」と聞こえたが、折原崇文検事ではないかと。いろいろ調べるとどうやらその可能性が高い。ありがとうございます!
※さらに追記: 折原崇文検事(法廷での役割は検察官)で間違いない。

 ←4月21日1時20分現在、週間INが100で2位~。happy01 

2018年4月20日 (金)

「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件

 「駐車禁止の対象から自動二輪車を除外、道路状況に応じて 警察庁が通達」と4月18日付けRseponse。
 その記事中にこんな部分がある。

自動二輪車に配意した駐車規制の見直しも推進する。規制を行っている路線のうち、自動二輪車の駐車需要が高いにもかかわらず、周辺に駐車場が十分に整備されていない場所では、自動二輪車が四輪車より小さいことを踏まえ、規制の対象から自動二輪車を除外することが可能かの検討するよう求める。

また、路線の交通実態に応じて駐車禁止規制の廃止、自動二輪車を対象とする駐車可規制と駐車方法の指定、自動二輪車を対象とする時間制限駐車区間規制の実施による見直しについても検討するよう、求めている。

 通達とはこれだ。
 https://www.npa.go.jp/laws/notification/koutuu/kisei/kisei20180416.pdf

 警察庁の過去のやり方をふり返れば、今後どうなるか明らかと思う。
 二輪専用の駐車スペースが一部に少し設けられ、そして二輪の駐禁取締りがガツンと厳しくなる…。

 2006年6月1日に駐禁取締りの民間委託と駐車監視員の制度がスタートしたとき、取締りは従来の倍に、つまり300万件くらいに増やすと言われた。
 2007年は、新しい放置違反金の納付命令が約235万件、従来と同様の切符処理が約65万件、合計ほぼ300万件だった。
 放置違反金は、取締りを行った都道府県の財源になる。財源不足の折、天恵だと報じられたこともある。

 ところがその後、取締り件数はぐんぐん減り続けた。
 2017年は、放置違反金の納付命令が約106万件。切符処理が約24万件
 放置違反金は都道府県の財源になる一方で、都道府県は取締りの民間委託費を支出しなければならない。
 そんな中で放置違反金が半分以下に減ったのである。放置違反金が大して入らず民間委託費だけ出ていき赤字だ! というまでいっちゃった地方があるか私は未調査だが、駐車監視員による稼ぎが少なくて警察官が頑張っている地方はあるようだ。

 近い将来、速度違反の取締りも民間委託するに当たり、都道府県に受け入れてもらえるよう、放置違反金の収入を増やそう、民間委託は儲かるのだという形を示そう、そのために、これまで控える地域もあった二輪の取締りを、がつんと増やそうとした。二輪をがんがん取り締まることを正当化するために、二輪の駐車スペースを整備するポーズをとっておこうとした、そういうことと私は読む。
 深読みすぎますかね(笑)。

 そんなことも考えつつメルマガ「裁判傍聴バカ一代」、4月は以下の8号を発行した。

第2089号 「どぶろっく」のネタが現実化した強姦事件
 2010年と2013年に傍聴した万引きのご婦人が、また万引きで法廷へ出てきた。盗むつもりはなかったと無理ムリ否認…。  プラス、驚きの侵入強姦を傍聴。「セックスしたくなったらいつでも言ってくれていいんだよ」と、自分の名前を告げて去り…。

第2088号 判決を前に保釈され同種犯行を重ねた男!
 突拍子もない高額の愛人契約を持ちかけ、デリヘル嬢などから大金を巻き上げる詐欺師。判決期日が何回か流れたと思ったら、なんと判決前に保釈されて姿をくらまし、同じ詐欺を重ねたのだった。その舞台装置が…。

 以下の3号は4月16日にお知らせした

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。
1804171 4号のうち2号は、一般道で170キロ近く出した「ドリフト族」のスピード違反と、マラソンの原裕美子さんの万引きの、私にしか書けないレポートになる予定。
 ほか、2013年に一部無罪を受けた男の再犯の判決に、大報道された交通事件の控訴審判決等々4月は傍聴予定が詰まっている。嗚呼忙しいっ。sweat01

 スマホに替えて2週間。「昭和」の酒肴をスマホ撮影・保存し、メールに添付して自分のパソコンに送信する、ということに成功した! けどすっげめんどくさい(泣)。
 画像左は、見て明らかなとおりトンカツ。右は煮物。いずれも1皿チケット1枚、チケットは10枚で1200円。どうです、インスタ映えしますかね(笑)。

 ←4月20日3時10分現在、週間INが80で2位~。happy01 

2018年4月16日 (月)

あんな判決、あんな弁護をしなければ…!

 私が単行本を初めて上梓したのは1990年。そのメインは、反則金の納付は任意であり、払わなければ不起訴で終わる可能性が極めて高いこと、だった。
 そういう事実はもとから普通にあったのに誰も、かどうか少なくとも世間一般の方々は知らず、たぶん私が初めて大っぴらにしたのだ。

P1020390 その後、何かの占いで、私は新たに何かつくるより、すでにあることを分かりやすく伝えることのほうに向くのだと聞いた。嗚呼なるほど、と納得したっけ。

 そしてここ数年、クレプトマニア、窃盗症、いわば万引き病の裁判に私は熱中している。
 万引き病なんてあるのか? 長く傍聴していると分かってくる、確かにある! そうしてその万引き病を悪化させているのが、じつは検察官、裁判官なのだという驚きの事実。世間の誰もが知らない“裏側”へ大興奮で突っ込んでいく、1990年頃と似た感慨を私は覚えて…。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」はここ3号、重度の摂食障害、万引き病の事件が続いているが、それ専門のメルマガじゃない。スピード違反で失職とか、相変わらず決まりきったパターンの交通死傷事故とか、オレオレ詐欺の使い捨ての受け子とか、下着ドロ、チンコ出し、精液かけ等々の法廷で、裁判官を検察官を弁護人を被告人を証人を傍聴人を、私は見張っているのだ。メルマガの読者諸兄に私自身も見張られながら。そういえば4月19日(木)、テレビ朝日の「※注芸人調べ 」という番組で見張られるかもしれない。ええっ!?

 そんなわけで4月は以下の6号を発行した。

第2087号 クレプトマニア感動判決は袴田事件のせい?
 前号からの続き。控訴審の大島隆明裁判長は検察官の控訴を棄却=原審の罰金刑を維持。その理由がもう、検察官のいつものバカげたテンプレートをことごとく否定するものだった。あり得ない! じつは大島裁判長はあの袴田事件の再審の、検察がした即時抗告を担当している。そのことが影響したとすれば…!

第2086号 罰金50万円は軽すぎて不当と検察控訴!
 これも重度の摂食障害。体型がもう尋常じゃない。万引きで保護観察付き執行猶予中にまた万引きをやり、普通は当然に懲役の実刑なのだが、原審の裁判官はなんと罰金刑に。罰金刑だと執行猶予は通常取り消されない。罰金刑は量刑不当だと検察が控訴し…。

第2085号 あんな判決、あんな弁護をしなければ…!
 万引きの被告人は、もとは美人だろうにガリガリに痩せて骸骨顔、重度の摂食障害なのだ。公判請求(正式な裁判への起訴)は初めてゆえ鉄板で執行猶予なのに、弁護人は専門病院での治療を約束させ、裁判官は無知な善意からなのだろう、執行猶予に保護観察を付けた。そのために、嗚呼、なんてこった!

 以下の3号は4月8日にお知らせした

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして月末まであと6号が順次送信される。初月無料なので試しに読んでみてください。面白すぎてヤメられなくなると、翌月から月額108円が課金されます。1号108円じゃなく月額108円、そんなバカな!

  ←4月16日0時30分現在、週間INが100で3位~。happy01 

2018年4月12日 (木)

袴田事件、即時抗告審の大島隆明裁判長、すごい判決をやった!

 メルマガの女性読者氏から情報をいただき、分かりました、私が必ず傍聴しましょう、と傍聴してきた。

 4月11日(水)16時、東京高裁、第8刑事部、805号法廷(42席)、大島隆明裁判長裁判官、菊池則明右陪席裁判官、板津正道左陪席裁判官、「窃盗」の判決。

 ただの窃盗じゃない。万引きで執行猶予中にまた万引きをやり、普通はもう実刑判決のところ、再度の執行猶予、ただし保護観察付きとなった。保護観察中にまたやれば、次はもう法律上、実刑しかない。
 ところが、重度の摂食障害の被告人(若めの女性)はまた万引きをやった! という事件である。
 その摂食障害の重度さ、被告人の後ろ姿から無惨なほど明らかだった。

裁判長 「主文、本件控訴を棄却する。主文は以上のとおりです」

 あ~ぁ、原判決は懲役の実刑。前刑の執行猶予は取り消され、長く刑務所へ落ちるのだ、無惨だなぁ…。
 と思ったらなんとびっくり、これは検察控訴なのだった! 原判決は、懲役の実刑ではなく、罰金刑の実刑だったのだ! 罰金刑を破棄して懲役刑の実刑にすべきだと、検察官が控訴したのだった! ※罰金刑なら前刑の執行猶予は通常取り消されない。量刑の階段は1、罰金刑→2、執行猶予付き懲役刑→3、懲役の実刑と決まっており、2のあとに罰金刑なんて滅多にあるこっちゃない。

P1050109 大島裁判長は、原審の罰金刑を維持した。なぜ?
 その理由がもう、思い出しても涙が出そうになる! 私は長年にわたり病的窃盗、クレプトマニアの裁判を「うっわ、なんだこれ!」と狙って傍聴してきたが、今回のような論法、言いぶりを聞いたことがないっ。
 こんなこと言っちゃ申し訳ないが、あり得ない素晴らしい判決だったと思う。どゆことっ?

 じつはこの大島隆明裁判長は、袴田事件の再審の、再審決定に対して検察官がした即時抗告、を審理する裁判長なのである。
 そんな裁判長が、摂食障害の万引きについて素晴らしい判決を…。これをどう読むべきなのか。そこも含めてメルマガ次号で。いやそこも含めちゃうと前編、後編になるかも。

 とにかくね、こういうのをレポートするのが私の社会的役割と承知している。同種事件を扱う弁護人、検察官、裁判官は…ま、強要はしません、お好きにどうぞ。

※ 画像は下駄コレクション。能登半島は輪島の履き物店で、何年にもわたって買ったのだ。1足4千円くらいだっけ。東京だと9千円くらいするでしょ。私はいちばんの鼻緒が好きで、これは何足か買った。
 猛暑で豪雨のときとか、私はときどき下駄で裁判所へ行く。音を立てないようそっと歩いているので、裁判所でも乗り換えの駅でも電車内でも誰も気づいてないはずだ、うむ。

 ←4月12日1時00分現在、週間INが120で2位~。happy02

2018年4月 8日 (日)

まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか

180329_2 政府は自衛隊をイラクへ派遣した。派遣できるのは「非戦闘地域」だけだった。政府は国会で、自衛隊を派遣したのは「非戦闘地域」であると答弁した。
 しかし実際は戦闘地域だった。そこで自衛隊は、政府に忖度(そんたく)して、戦闘地域であることが記された日報を隠した。見事なシビリアンコントロールだ。

 ところが今になって自衛隊は、日報はじつはありましたと出してきた。どういうつもりだ、バカですか。「今自分が何をなすべきか強く自問してほしい」との防衛大臣の訓示は、隠すべきものはきちんと廃棄し、自民党政権への信頼を揺るがすことは二度とないように! という意味以外にとりようがない。
 だってさ、自衛隊をイラクへ派遣したあのとき、じつは戦闘地域だと分かる日報を出したら自民党政権はどうなってたと思うの。忖度で隠してくれた自衛隊に大いに感謝しなければならない。

 てか本当に忖度か? 自衛隊だってバカじゃない。自民党の大ボスに対し「こんな日報がござぇやすんですが、如何いたしやしょう、いひひ」とかあったんじゃないの? 黒ホッピーのセットが2万円くらいの高級料亭で。
 とすれば、日報を今頃出してきた防衛省の意図は!  
 全く専門外なので頓珍漢かもしれないが、私だってたまにはそんなこともちらり思ってみたりなんかするのである、えっへん。

※ 画像は宅飲みの酒肴というか夕食。ほうれんそうのおひたしと、ネギたっぷり麻婆豆腐と、半額だった赤魚の何か。最高だね。

 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」は、4月は以下の3号を発行した。

第2084号 崖の上のポニョ、刑事裁判は紙の上の正義
 「傷害」の被告人は若い女性だった。仲間複数人が学生君に対し「(その女性を)強姦しました」と書かせ、パンツを脱がせて撮影するにあたり、殴る蹴る等したという事件らしい。ただ、部総括判事を裁判長とする合議で、検察官も3人。おかしい。もしかしてこれは…!

第2083号 直ちに看破された詐欺、受け子は不能犯か
 高齢者に対し息子を装って電話をかけ現金を要求する、典型的なオレオレ詐欺。ところが本件では、高齢者はすでに死去、電話を受けたのは息子自身だった。最初から見破られていた詐欺の受け子は…。

第2082号 まぁどうなってもいいや、死ぬか犯罪やるか
 裁判員裁判ではない「強盗致傷」。すべて投げやり、ニヒルに微笑む被告人だったが「どうすればよかったと思います? 思うことないの?」と尋ねられ、しばし沈黙ののち「はー!」と絞るように息を吐き出し、泣いた! 泣いて何か叫んだ!

 いま購読登録すると、以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと9号が順次送信される。初月無料だ。
 4月は、追起訴続々、最悪の愛人契約詐欺師の事件と、一般道を167キロで走って逮捕されたドリフト族の事件と、マラソンの原裕美子さんの再犯の事件などを傍聴予定だ。

 スマラーになって4日目。スマホにメールが着信し、返信した。Cメールかと思われるが、Twitterの direct message のようなスタイルだ。見やすい。これ便利じゃないの。
 夏までには、世間で話題のLINEができるようになれるか。いやべつにならなくてもいいかな。

 ←4月8日12時30分現在、週間INが100で2位~。happy02

2018年4月 6日 (金)

自殺幇助と承諾殺人

 「西部邁さん遺体、両手緊縛 自殺手助けか、警視庁捜査」と3月15日付け東京新聞。そして4月5日、「西部邁さんの自殺を手助けした疑い、知人の2人を逮捕」と朝日新聞。
 以下は刑法だ。

(自殺関与及び同意殺人)
第二百二条
 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。

 「自殺幇助」を2件、「承諾殺人」を2件、私は過去に傍聴した。
 2005年2月の「自殺幇助」の被告人は、若めの女性だった。けっこう美人で、子ども3人あり、前科なし。
Img_1425 ダブル不倫。被告人は離婚したが、男のほうは妻子を捨てきれず、死にきれない男の自殺を被告人が幇助した、というのが検察官の主張。論告を聞いていると、被告人は弱い男を死なせた悪い女、のような。求刑は懲役2年。
 一方、被告人のほうでは、男の自殺および心中を、止めたことはあっても自ら持ちかけたことはない、と主張。最終弁論を聞いていると、男はぜんぜんダメダメじゃないか、とも聞こえ…。
 男の妻の意見陳述はこうだった。
「…主人は号泣して電話を切りました。■■さん(被告人)に豹変されると、どうしても手をつけられなくなると言っていました。2人でしたことなら、主人は罪をつぐなったのだと思います。残りの半分は■■につぐなってもらいたいです」
 私の脳裏に「天城越え」が流れた。判決は懲役2年、執行猶予4年だった。 ※画像は天城峠じゃない。安房峠またはその周辺だ。

 2010年4月の「自殺幇助」の被告人は、30代の男性だった。メルマガ第123号「助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される」でレポートした。一部拾えば…。

 被告人は大学院を卒業し、裁判官になろうと司法試験を目指した。が、受験には失敗した。母親が亡くなり、司法試験はあきらめざるを得なくなった。
 書店に就職したが退職、次の仕事が見つからず…。

 夏ごろ、携帯電話のサイトで被害女性(18歳、以下女子高生)と知り合った。
 サイトは、精神的に悩みを持っているような人が集まるところで、初めは軽い興味からアクセスした。言い方は悪いが、自分より下の人がいるんだなと…。

 女子高生とメールのやり取りをした。学校の愚痴を聞いたりしていた。
 精神的に悩みを持ったサイトで知り合ったので、自殺をやったことがあるかと尋ねてみた。ほんの興味で。
 自分が自殺するなら凍死と言ったところ、凍死なら具体的にどうするんですかと尋ねられ、話が具体的になっていった…。

 自分が自殺願望を持ったのは、人生に対して、生きることに対して、疲れてしまったから。大きな悩みは、借金だった。奨学金の返済もあり、積もり積もって500万円くらいになっていた。仕事のこと、父親の介護のこと…。
 しかし自分1人ではどうしても踏ん切りがつかなかった。

 女子高生と八甲田山で凍死しようと考えた。睡眠導入剤を飲んで酒を飲んで、雪の上に寝る、という方法で。
 しかしうまくいかず、烏帽子岳へ行ったがうまくいかず…。
 “自殺マニュアル”を見て、車の中でガス自殺をしようと思った。
 青森から東京へ向かう新幹線の中で、“自殺マニュアル”を見た女子高生が、より完璧な首吊りがいいと言った。

 ホテルなどを転々としながら、ロープの結び方をネットで調べつつ、首吊りの場所を探して東京中を彷徨(さまよ)った。公園を探し、八王子のほうへ行ったりした。
 そのうち女子高生が、表でやるのは寂しくて嫌だと言い、ホテルを探して彷徨った。

 池袋のホテル■■■■405号室に入室した。
 被告人としては、お互いに首吊りの準備をして、ぎりぎりまで行ってヤメようと思った。やはり死への恐怖に勝てなかった。
 「もしヤメると言ったらどうする?」と尋ねてみた。女子高生は「先延ばしにするのか、ヤメて次はどうするのか」と言った。「普通の生活に戻りたい」と答えると、女子高生は「それは嫌だ」と言った。
 女子高生だけ死ねば自分は自殺幇助で捕まるか、自分も自殺するしかないから、ヤメてくれと言った。
 「もしヤメるなら1人でやる」と女子高生は言った。

 ロープを輪状に結び、両端をベッドの足にくくりつけ、女子高生を縊死させた。あれであっさり人の命はなくなるんだなと思った。
 10分くらいで戻るとホテル従業員に言い、退去。このあとどうするか考えながら、ずっと歩いた。戸塚署へ行き…。

 甲11号証は、女子高生が書いた日記。検察官が一部を読んだ。

 1月24日 バイバイ、なんだかつらい。
 1月25日 in 東京、助けて、このまま死ぬのかな、怖い、殺される。
 1月26日 in 八王子、今ネットカフェ、今日の夜、殺される、助けて、逃げたい。

 なんという悲鳴! 被告人の供述とのなんという落差!

 2件の「承諾殺人」は、表面的にいえば心中崩れと介護殺人。だが2件とも被告人とそれぞれの被害者(とされる母親)が可哀想すぎて、傍聴席から鼻水をすする音が聞こえる事件だった。

 ところで突然ですけど、事情と勢いってものがあり、ついに私もガラケー同盟から抜けた。スマラーになった。
 スマホ、めんどくせっ! 電話の着信をうまく受けられない。Cメールを送れない。どうしよぅ…。

 ←4月6日18時00分現在、週間INが130で2位~。happy02

2018年4月 4日 (水)

自分がストーカーだと認めない理由

 以下は4月3日付けテレ朝ニュース。

客として乗せ住所知る…菊池桃子さんにストーカーか
 元タクシー運転手の男は、客として乗せた菊池桃子さんに好意を募らせていました。
 ■■■■容疑者(56)は先月31日、女優の菊池桃子さんの自宅に押し掛け、インターホンを押すなどのストーカー行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、■■容疑者は去年、偶然、客として菊池さんを乗せたことで自宅を知ったということです。その後、複数回にわたり自宅に押し掛けたため、警視庁が警告を出していました。■■容疑者は、菊池さんのブログに「結婚したい」などとも投稿していて、「色々話したいことがあった」などと容疑を認めています。

 菊池桃子さんのブログ「私設heart04研究所」(←こういう表記でいいのかな)に「ストーカー事件について」としてコメントが載っている。
 「菊池桃子ストーカー「報復可能性も」識者が心理分析」と、これは4月3日付け日刊スポーツ。へぇ、アドラー心理学、読んでみようと思ったす。
※ 以下は楽天のアフィリエイト。代金の一部が私に入る仕掛けだが、ずっと入金ゼロが続いている。crying

 超絶マニアックデータその1を調べてみたところ、事件名に「ストーカー行為等の規制等に関する法律違反」とある事件を私は67件傍聴していた。事件名は「住居侵入」や「傷害」だけども中身的にはストーカー事件だ、とデータ上すぐ分かるものが10数件あった。

 備考欄から一部拾えばこんな感じだ。は被告人が女性。

■ かつて交際した26歳女性につきまとい懲役1年保護観察付き執行猶予4年を受けて4カ月目の犯行。
■15年前につきあった女性に話を聞いてもらいたく、ひまわりの花束を持ってベランダへ。
■人気モデル相沢えみりさんに対する執拗なストーカー。
■テレビ゙で見て好意を抱きマンションへ侵入等。粘着質。
■お見合いパーティで知りあった女性に振られ、ウソの婚姻届けを。
46歳の男と不倫。その別れ話のもつれから。男の妻から不貞で500万円を賠償請求され。
■54歳女性に対し、好きである気持ちを何とか伝えようと、明確に拒絶されているにも関わらず。
■同性愛のサイトやイベントを主催する男性に大量のメールを送り、冷たくされ、脅迫。
■ライブハウス経営者。自己の浮気で去った女性に怒り、執拗かつ悪質なストーカー。
■キャバクラホステス(24歳)に対し、金を注ぎ込んだのに相手にされないと嫌がらせ。執行猶予付きでの懲役刑だと失職するので罰金刑にしてほしい。
■厚労省の同僚職員を脅迫して猶予判決後、2chで探偵に頼んでストーカー行為。真っ向否認。
■ママさんバレーで知り合った女性と不倫。発覚して離島へ帰ったが女性が追って来て妻とは離婚。東京へ出て女性から別れを切り出され…。
■同棲中に暴力をふるって逃げられ、もう一度付き合え、別れたいなら手切れ金をよこせと裸体写真を。
■28歳で大学8年生。塾講師のアルバイトで知った女性に対し。よくしゃべりまくる被告人。
■見張り行為と押しかけ行為の解釈で否認。執行猶予付きでも懲役刑だと不動産の免許を失う。
■統一教会で合同結婚した女が脱会し、行方を捜して車にGPSを付け。
別に交際相手がおり、被害男性に恋愛感情はないと否認。
若い新人女性検察官、最悪! 被告人立派、よく言った! 「男のほうが悪いだろっ」とばりばり思える事件。
■小学校教員、同僚女性教員を誹謗中傷。否認。
女ストーカー。確かにやったことは執拗だけど、「幸せな結婚をしたい。リミットはあと数年。刑務所へ行くと子どもを産めなくなる」と。
■電車内で見かけた女子中学生14歳に痴漢し、つきまとい。家庭は崩壊寸前。
■不倫関係の女から別れを告げられ、真意を確かめたくてつきまとい。
■痴漢サイトを見て、痴漢犯人に好意を寄せてくれると思って16歳少女を追い回し、離婚され…。
■73歳生活保護のアル中が、52歳の理容師に恋をして「うちへ飲みに来い」と執拗に。頭壊れてる。
■元交際相手が別の男性に支配されており助けなければならないと。
■婚姻を隠していた女から堕胎費、土産費を騙し取られ、挙げ句ストーカーで逮捕され。女のほうが悪いのでは?
■高齢者のストーカー。別れの理由をどうしても知りたかった。結局、前科前歴すべて酒。抑制が外れるんだとか。
中央省庁の役人に執拗にメール、電話をなんと母娘で。否認。
経済学者に女ストーカー。懲役4月、満つるまで算入、執行猶予2年。
■自分が店長を勤める飲食店のアルバイト女性(22歳)の部屋に小型カメラ、ボイスレコーダーを仕掛け、発覚して手紙多数を。妻子持ち。
■元交際女性に復縁を断り、女性が引っ越すやその父親を木製バットでぼこぼこに。覚せい剤精神病。

 法廷へ出てくるストーカー犯はたいてい警察からストーカー規制法に基づく警告を受けている。それでもストーカー行為、つきまとい等をして逮捕されるのである。なぜ?
 同法はこんなふうに定めている。

(定義)
第二条
 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
 一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
 二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
 四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
 五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
 六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
 七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
 八 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、その性的羞恥心を害する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下この号において同じ。)に係る記録媒体その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し若しくはその知り得る状態に置くこと。
 前項第五号の「電子メールの送信等」とは、次の各号のいずれかに掲げる行為(電話をかけること及びファクシミリ装置を用いて送信することを除く。)をいう。
 一 電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第一号に規定する電気通信をいう。次号において同じ。)の送信を行うこと。
 二 前号に掲げるもののほか、特定の個人がその入力する情報を電気通信を利用して第三者に閲覧させることに付随して、その第三者が当該個人に対し情報を伝達することができる機能が提供されるものの当該機能を利用する行為をすること。
 この法律において「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等(第一項第一号から第四号まで及び第五号(電子メールの送信等に係る部分に限る。)に掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してすることをいう。

(つきまとい等をして不安を覚えさせることの禁止)
第三条
 何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならない。 

 第2条第1項の柱書きに「恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で…」とある。
 この部分で、「恋愛感情はないです。怨恨の感情なんてもちろんないです。だから私はストーカーじゃないです」となる被告人が多いようだ。

183272 確かに本人としては、そうした感情はないつもりなのかもしれない。
 だが、本人の内心なんて関係ないのである。本人が殺意をいくら否定しても、頑丈鋭利な刃物で相手の身体の枢要部を複数回刺せば、殺意は認定される。「殺人」または「殺人未遂」で有罪とされる。それと同じだ。

 多くの被告人は法廷で、憑きものが落ちたように神妙になり反省、悔悟を述べる。被害者には今後一切接触しない、引っ越すなどと約束し、執行猶予判決を受けて去る。

 ストーカー規制法違反で検挙され、送致されてきた事件を、検察はどう処理しているのか。
 手元に東京地検の「被疑事件罪名別月表」がある。その記載人員を見てみよう。以下、「公判」とは公判請求、つまり正式な裁判への起訴。「略式」とは略式命令請求、つまり罰金処理だ。
 2015年は…。
 8月 公判=4人、不起訴=6人
 9月 略式=4人、不起訴=1人
 10月 公判=2人、略式=1人、不起訴=5人
 11月 公判請求=4人、略式=3人、不起訴=2人
 12月 公判請求=7人、略式=4人、不起訴=3人

 私はこの月表を2006年からゲットしている(途中少し抜けがあるかも)。2006年の同じ月を見てみると…。
 8月 不起訴=1人
 9月 公判=1人
 10月 公判=2人
 11月 不起訴=1人
 12月 公判=3人 不起訴=1人

 年末には既済を増やすのか、って話じゃなくてぇ、近年ストーカー犯をばんばん立件するようになった、のかもしれない。
 とまぁ、日々起こる事件について裁判傍聴師にコメントさせればこんなめんどくさい話になるわけですよ。sweat01

※ 画像は例によって究極の居酒屋「昭和」の酒肴。どれも旨そうで一気に4皿も取っちゃったの図。これでチケット4枚、チケットは10枚綴りで1200円。やんなっちゃうよね~。

 ←4月4日17時30分現在、週間INが140で2位~。happy02

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »