フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ダッジ・チャレンジャーで235キロ、傍聴した! | トップページ | 傍聴券抽選、当たり券は7枚! »

2018年6月 7日 (木)

駅ですれ違いざまに肩をぶつけてきた若者は!

 万引きを重ねに重ね、とうとう公判請求(正式な裁判への起訴)をされて執行猶予付き懲役刑に。その猶予中に万引きをやり、今度は懲役の実刑に。控訴して、なんとか再度の執行猶予に。それから3カ月後、また万引き! すべてを捨てまっしぐらに刑務所へ向かうかのような。刑務所もまた通過点、でなければいいのだが。

 6月6日(水)午後、その女性被告人の控訴審判決があった。控訴棄却以外あり得ないが、見届けねばなるまいよと裁判所へ。

 ほか、気になるのをいろいろ傍聴した。

 「暴行」の新件(東京地裁、大川隆男裁判官)。
 開廷2分前に行くと、傍聴席は空っぽ無人なのに総務課広報の素敵なお姉様が腕章を付けて1人立っていた。えっ?
 弁護人いわく、地下鉄某駅のホームで意図的に肩をぶつけてきた若者を取り押さえたら、若者は俄(にわか)に被害者に変身、「助けてください」と周囲に、という経緯なのだそうだ。若者は某有名私立大学の学生。証人出廷することになる。
 あとでネット検索してみたがヒットなし。でも、じゃあなぜ広報のお姉様が? うむぅ、謎だ。次回、絶対傍聴しなければ。 ※下の動画は本件とは無関係、かどうか現時点では不明。

 「道路交通法違反」の控訴審判決(東京高裁、芦澤政治裁判長)。
 酒気帯びで罰金30万円。その免許取消処分中の無免許運転、一審は懲役5月、執行猶予3年。被告人は土地家屋調査士で、執行猶予でも懲役刑を受けると登録が取り消されるのでどうか罰金刑に、という事件だった。
 昔だと、この程度は略式による罰金で済んだ。ところが…という話はメルマガほか私の著作の読者氏以外は──つまりほぼすべての人は──知らない。知らない者は損をする、これは本当に本当だ。

 「道路交通法違反」の新件(東京地裁、倉知泰久裁判官)。
 無免許で執行猶予中の無免許運転。「情状に特に酌量すべきもの」があれば再度の執行猶予を付すことができる(刑法第25条第2項)。検察官は当然、そんなものはないのだと熱い論告をした。一方、弁護人の最終弁論からは第25条第2項が感じられず…。

 「道路交通法違反、出入国管理及び難民認定法違反」の判決(東京地裁、鈴木巧裁判長)。
 事件番号は合議事件のものだった。なんで合議なのっ? その興味で傍聴してみた。52席の広い法廷に傍聴人は私1人。むひひと意味不明な満足感(笑)。
 なぜ合議なのか、意外なことが分かった!

180606 ちなみにその隣の傍聴席20席の法廷は、同時刻から「強制わいせつ」の新件が入っていた。ぎっしり満席、廊下に行列が。
 52席と20席、法廷を交代しよう、という発想は裁判所には金輪際ない。「エロ見物の客に便宜を図る必要はない」との意見が裁判官会同で多かったから? いやそんな理由すらないのだろうと私は見る。

 そうして雨のなか、究極の居酒屋「昭和」へ。この日の酒肴は私が好きそうなものだらけ。全部食べたいが、如何せん1皿の量が多くて悔しいのなんの(笑)。
 画像は、最初にイッキに並べた3皿、茄子の味噌焼きと、ハンバーグと、さんまの野菜あんかけ。いずれも1皿チケット1枚。チケットは10枚綴りで1200円。そんなバカなっ! しかし本当なのである。

 ←6月7日17時30分現在、週間INが170で2位~。happy01

« ダッジ・チャレンジャーで235キロ、傍聴した! | トップページ | 傍聴券抽選、当たり券は7枚! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダッジ・チャレンジャーで235キロ、傍聴した! | トップページ | 傍聴券抽選、当たり券は7枚! »