フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 川崎支部の自転車死亡事故、傍聴券は12枚… | トップページ | 警視庁が新型オービスを導入、くらくらする報道 »

2018年7月14日 (土)

交通トラブル、逮捕容疑は殺人、一審は正当防衛を認め、しかし…!

 7月13日(金)、ばりばり窃盗症、クレプトマニアと思われる女性の「窃盗」の判決から傍聴した。
 万引きで執行猶予中に、缶コーヒー1本等販売価格合計435円を万引きしたが、20万円を支払って示談、ようやくしっかり病識を持つに至ったようで入院治療を開始…。

 同種裁判をさんざん傍聴してきた私から見て、再度の執行猶予は十分あり得ると思えた。ところが東京簡裁の吉田要裁判官は、量刑相場の階段を厳格に上らせ、実刑とした。とはいえ後ろめたかったのだろう。実刑が相当だとする理由をかなり長々述べた。行為責任主義病、量刑相場病こそ治療の対象と、私は思う。

 続いて、昨年9月に第1回公判があった「詐欺」の被告人の、なぜか今頃の、しかもなぜか厳重警備の勾留理由開示を傍聴した。

 警視庁の捜査員をかたり、「あなたとやり取りした警察官が逮捕された」「保釈金が必要です」などと嘘を言い、女性から現金360万円をだまし取ったとして無職の男2人が逮捕されました。

 などと昨年6月にテレビ朝日が報じたらしい事件だ。
 最近注目の守下実裁判官、との掛け合いが非常に、なんというか! この被告人、アウトロー界ではおそらくかなりの有名人かと。

 午後、ばったりお会いしたある女性マニア氏から教わり、なんと、「上西小百合氏に賠償請求 元府議「テレビで虚偽」」と報じられた「損害賠償等請求事件」の、上西小百合被告の本人尋問を傍聴した!
 ハキハキとよくしゃべる人だった。阿部賞久原告の本人尋問のとき、上西さんは被告席にいたわけだが、そのお顔が…! 際だったキャラの持ち主といえる。

1807131 メディア報道に慣れている方は「上西さん、何か犯罪をやったのか」という印象を受けるかも。違います。民事裁判では訴えた側を「原告」、その相手方を「被告」というのです。刑事裁判では、訴える(起訴する)のは検察、起訴された者を「被告人」というのです。そしてメディア報道は徹底的に「被告人」を「被告」と称して動じないのです。ある元裁判官氏も憤慨してました。

 画像は昭和。茄子のチーズ焼きと、鶏の腿焼きっていうのかな。いずれも1皿チケット1枚。チケットは10枚綴りで1200円。
 
 最後に、いわゆる交通トラブルの「傷害致死」の、控訴審判決を傍聴した。
 原審(裁判員裁判)はなんと正当防衛、過剰防衛を認めたんだね! なのにその重い量刑は何なのっ。
 こりゃ大事件じゃないかとあとでネット検索してみた。が、「殺人容疑」で逮捕されたという発表報道しか見つけられなかった。原審の認定が報道されればネットでがんがん無断転載され死亡被害者を貶める匿名コメントが踊ったろうに、見当たらない…。

 んで控訴審は、正当防衛も過剰防衛も成立する余地はないとした! なら原判決破棄か? いやそれがそうじゃないのである!
 近頃話題の交通トラブルが発端の事件であるうえ、原審も控訴審も非常に興味深い。ところが、控訴審判決も現時点では報道が見つからない。

 私のメルマガしか報じない裁判が全国に日々どんだけ埋もれているのか。責任の重さに身が引き締まる思いですとかそんなの超えて、気が遠くなる…。遠くなる私がアホで、私独りが世間から遠ざかるのか。べつにいいけど(笑)。
 メルマガ「裁判傍聴バカ一代」、7月は以下の5号を発行した。

第2125号 何度服役しても出ればアコム無人君へ行き
 同種前科9犯。前刑出所後すぐまた無人君へ行き…。この人の人生は一体何なのだろう。  プラス、酔って路上に横臥していた40歳男性を轢いて逃げた事件。逃げの部分は未必的故意にとどまるとされたが…。  プラス、農業体験ツアーの10代女子に対し地元の73歳男性が強制わいせつ行為、とされる事件。間もなく夏休み。同種事件がワイドショーを賑わすことになるのか。

第2124号 みんなで談合、こんな裁判は受けられない!
 うわ、ヤバイ被告人なんだなっ! ばりばりそう分かる態勢で「窃盗」の新件が始まった。手錠・腰縄で現れたのは、金髪交じりの55歳男性。起訴状では職業は土木作業員だそうだが本人は断固「OLです」と答えた。守下実裁判官との互いに大声の掛け合い、見応えがあった!

第2123号 傷害致死の控訴審、逆転無罪がヤバイっ?
 父親を死亡させたとされる事件。一審の裁判員裁判は懲役3年。証拠調べはしないのが基本の控訴審なのに、なんと一審で尋問した専門医をまた尋問! 検察官はしつこく食いついて裁判長から止められ、新たな反証を検討したいと言い出した! こんな展開、滅多にない。もしや…!
 
第2122号 催涙スプレー使用の強制わいせつ未遂は…
 わいせつ目的で女性に催涙スプレーをかけた、「強制わいせつ致傷」で逮捕、などと実名報道された事件、の判決を傍聴した。びっくり、事実認定に、わいせつ目的もわいせつ行為も一切なかった。しかしわいせつ事件としての実名報道(の転載)は永遠に残るのだ。

第2121号 麻酔科医長、酒気帯び2件とも逆転無罪!
 ネットにある情報によれば、なんとも悪質な麻酔科医長。だがっ、酒気帯び運転は2件とも無罪! 今後、損害賠償等の民事訴訟になっていくのだろうか。てゆっか酒気帯び2件が2件ともなぜ無罪? なるほどねぇ、という理由なのだった。

 いま購読朗読すると、以上5号がどどっと送信される。そして7月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。購読解除しなければ翌月から108円というのは、1号の金額じゃない。月額だ。んな馬鹿な(笑)。
 次号はどうしよう。レポートしたい事件が多すぎてほんと困るっす。

 ←7月14日18時30分現在、週間INが160で3位~。happy02

« 川崎支部の自転車死亡事故、傍聴券は12枚… | トップページ | 警視庁が新型オービスを導入、くらくらする報道 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎支部の自転車死亡事故、傍聴券は12枚… | トップページ | 警視庁が新型オービスを導入、くらくらする報道 »